タグ別アーカイブ: Windows 10

【山田祥平のRe:config.sys】MicrosoftはWindowsの聖域を壊せるか – PC Watch

それでも世の中にはレガシーでなければ困るという人たちがたくさんいるのは事実だ。企業などの現場では特にそうで、Microsoftがそのボリュームを捨てられるはずもない。

だからOfficeはいつまでたってもデスクトップアプリ最優先で、UWP版がメインにはなりそうもない。本気でUWPにシフトさせようと考えているなら、Microsoftだって既存機能の全てをUWP版Officeに実装しようと努力するはずだ。会議の招集もできず、過去のメモも参照できないようなアプリに、Outlookという名前を付けてはいけない。これじゃずっと昔のOutlook Expressだ。その名前がいったいどれだけ世の中を混乱させたか。そんなアプリしか標準添付されないWindows 10 Mobileを、どうやって企業に薦めようというのだろうか。それとも、Microsoftはプラットフォームカンパニーだから、アプリの開発はサードパーティに任せたととればいいのか。

Microsoftと言えど、壊せるものと壊せないものがある。聖域としての禁漁区にどう挑むか。そこが負け知らずの領域だけに、どうアプローチしていくかがMicrosoftの将来を左右していくことになるだろう。

引用元: 【山田祥平のRe:config.sys】MicrosoftはWindowsの聖域を壊せるか – PC Watch.

Microsoft Edge と Windows 10 のプロキシを設定する | いろんなサーバー設定研究所

Windows 10 と Microsoft Edgeのプロキシ設定まとめ

Microsoft Edgeのプロキシ設定はWindows 10のシステム設定から行います。

また、この設定はInternet Exprorerにも反映されます。

ただし、WinHTTP Proxyの設定は従来通りnetshコマンドから行う必要があります。

でもWindows 10 のシステム設定でプロキシ設定の項目ができた事で、Edge、IE、chrome、Opera、Firefox全ブラウザのプロキシ設定が一か所で行えるようになりました。

引用元: Microsoft Edge と Windows 10 のプロキシを設定する | いろんなサーバー設定研究所.

Windows 10 (バージョン 1511) における Sysprep 実行時の注意点 – Ask CORE – Site Home – TechNet Blogs

通常クリーンインストールを行った場合、上記の説明通り、新規ユーザーが初回ログオンする際には、OS 既定のプロビジョニング パッケージをもとにユーザーごとのパッケージが生成され、ユーザーにストア アプリがインストールされる形になりますので、端末ごとにプロビジョニングされたパッケージとユーザーにインストールされたパッケージの整合性とれている状態になります。この状態で Sysprep を実施すれば問題ありません。

しかし、マスター イメージ作成中に、インターネットに接続可能な状態にしておくと、前述のおすすめのアプリ (たとえば Candy Crush Soda Saga) が自動インストールされ、かつ、これらのアプリは OS 既定のプロビジョニング パッケージには含まれていないため、プロビジョニングされていないパッケージがユーザーにインストールされているということで、Sysprep の実行に失敗いたします。

引用元: Windows 10 (バージョン 1511) における Sysprep 実行時の注意点 – Ask CORE – Site Home – TechNet Blogs.

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(42):Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論 (1/4) – @IT

Windows 10はまだ誕生したばかりであり、Windows as a Serviceという新しいコンセプトはまだまだ認知されていないようです。Windows as a Serviceには「Current Branch(CB)」「Current Branch for Business(CBB)」「Long Term Servicing Branch(LTSB)」の三つの「Branch(分岐)モデル」が用意されていますが、これらをWindows Updateのタイミングの違いと認識しているのなら誤解があります。

例えば、CBとCBBの違いは、“CBは完全に自動更新”“CBBはアップデートのタイミングを調整できる”というのは完全に間違いです。

各Branchモデルの違いを簡単にまとめると次の表1ようになります。

Branchモデル 内容

Current Branch(CB、最適化モデル) コンシューマー向けのモデル。セキュリティ更新とバグフィックスは都度提供。新機能はリリースと同時に提供。LTSBを除く全てのエディションの既定

Current Branch for Business(CBB、企業向け最適化モデル) ビジネスユーザー向けのモデル。CBのおおむね4カ月後にBranchが始まり、セキュリティ更新とバグフィックス(不具合の修正プログラム)は次の次のBranchが始まるまでのおおむね8カ月間、都度提供。HomeおよびLTSBを除く全てのエディションで選択可能

Long Term Servicing Branch(LTSB、固定化モデル) 基幹業務システムなどミッションクリティカルなシステム向けのモデル。セキュリティ更新とバグフィックス(不具合の修正プログラム)は10年間のサポート期間中、都度提供。Enterprise LTSBのみ対象

表1 Windows 10(Windows as a Service)で用意されている三つのBranch更新モデルの違い

引用元: その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(42):Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論 (1/4) – @IT.