タグ別アーカイブ: win-win

レンディングクラブ(LendingClub)で、あなたも銀行になれる 稀に見る金融サービス業界でのイノベーション – Market Hack

レンディングクラブ(ティッカーシンボル:LC)が近くニューヨーク証券取引所にIPOされます。

この企業は金融サービス・セクターとしては極めて稀な、イノベーションを持ち込む企業と言えます。

同社は個人投資家からお金を集め、それを個人の借り手に融資するという業務を行っています。

普通、アメリカの消費者がクレジットカードでお金を借りると金利は約22%します。その一方で米国の銀行の普通預金口座にお金を預けても利子は0.06%程度しかつきません。

すると極めて単純化して言えば、この二つの金利の差を銀行がポケットに入れているわけです。

これは結構、暴利ですね。

オンライン・マーケットプレースを利用すれば伝統的な銀行より借り手は安い金利でお金を借りることができるし、貸し手ももっと高い利子をチャージすることが出来ます。

その理由はオンライン・マーケットプレースは費用比率が低いからです。銀行の費用比率が5~7%なのに対して、レンディングクラブの費用比率は2%に過ぎません。

いま借り手がクレジットカードをやめレンディングクラブから借り直すと金利が22%から14.8%に下がります。

いま貸し手が銀行の普通預金をやめレンディングクラブに出資すると利子は0.06%から8.6%に増えます。

このように資金の出し手にとっても、借り手にとってもWIN-WINの関係が築けるのです。

レンディングクラブにとって目先のターゲット・マーケットはクレジットカード融資残高のうち特に金利が高い3,900億ドル相当です。

これに加えて将来は3.3兆ドルとも言われる消費者金融市場、さらに13兆ドルをいわれる中小企業向け金融などがターゲットになります。

お金の出し手は個人だけでなく大学の基金などの機関投資家も含まれています。

レンディングクラブの特徴はサービスが早い、効率が良い、リスクがハッキリわかる、透明性が高い、隠れたフィーが無い、などです。

引用元: レンディングクラブ(LendingClub)で、あなたも銀行になれる 稀に見る金融サービス業界でのイノベーション – Market Hack.

「IT奴隷化に反旗を翻そう」 VASILY技術顧問 まつもとゆきひろ氏インタビュー | VASILY DEVELOPERS BLOG

SIの、お客様の為にシステムを作るっていう構造が、Win-Winになりにくい。顧客は出来るだけ安く、出来るだけ良い物を作ってもらいたい。作る方は出来るだけ少ない仕事で出来るだけ沢山お金を貰いたい。一緒の方向を向いていないんですよ。作る方も最初に作りますって言った仕様を満たす最低ライン出せば良くて、納めてしまえば終わりで、お客様が成功したかなんて関係ないんですよね。ほとんどの会社はシステムを売ってはいないから間接部門なのでコスト部門なんですよ。社内でも切れ切れって言われていて、ちょっとでも安くしないとって物なので買い叩かれるのですけど、それだとエンジニアは幸せになりませんよね。最悪のビジネス構図です。なので、SIはもう見捨てるしかないかなと。システムインテグレーションっていう業種が壊滅したらもうちょっとマシになるんじゃないかな。

引用元: 「IT奴隷化に反旗を翻そう」 VASILY技術顧問 まつもとゆきひろ氏インタビュー | VASILY DEVELOPERS BLOG.

吉永康樹のCFO News � 栄光 vs 進学会 株主総会控え深まる対立 ー 続き

吉永康樹のCFO News � 栄光 vs 進学会 株主総会控え深まる対立 ー 続き: 資本・業務提携と称して、20%から30%程度の資本を入れるケースが見られますが、中途半端に資本を入れてもあまり意味がないことを知っておく必要があります。

本当にシナジーのある業務提携であるなら、資本を入れなくてもwin-winの関係は構築できますし、資本の論理を働かせたいのであれば少なくとも過半の持分を取得すべきです。

Appreciate Happiness ブータン・ブログ ブータン首相フェローとは? What is Bhutan Prime Minister’s Fellow?

Appreciate Happiness ブータン・ブログ ブータン首相フェローとは? What is Bhutan Prime Minister’s Fellow?: 首相フェローのプログラムは、ブータンの発展に貢献する熱意のある若手の外国人を、ブータン政府の役人として一年間招聘するプログラムです。
政府としてはフェローの持つ経験や専門知識を生かすことができると同時に、その個人にとってはブータンのユニークなGNH政策と開発へのアプローチを体験できる、win-winのプログラムになっています。