タグ別アーカイブ: VC

シリコンバレーの不況は、もうそこまで来ている – Market Hack

つまり株式市場の投資家は、儲からないIPOに辟易としており、軽いノリでIPOしてくるクソ企業の案件に食傷しているわけです。

ユニコーンといえば聞こえがいいけど、要するにそれらの企業はいつまでたっても大人に成長できないダダッコみたいな未熟な企業で、VC近辺ではいまだにチヤホヤされているけれど、公開市場の投資家の見る目は厳しいです。

先日、ユニコーンのひとつ、ギルト(GILT)が、ピーク・プライベート・バリュエーションの僅か1/4で身売りし、関係者を「あっ!」と言わせました。

いい加減、目をさました方がいいですよ。

引用元: シリコンバレーの不況は、もうそこまで来ている – Market Hack.

雲になったコンピュータ: VCからみたIoTスタートアップTop 10(3)

VC投資のトップにランクされたViewはスマートガラス(Smart Glass)を開発するスタートアップだ。スマートガラスとはオフィスなどの建物内の温度を一定に保つためにガラスの透明度を変えるインテリジェンス付きガラスのこと。スマートガラスは多層構造を採り、内部層の電圧を制御してガラスの透明度を変化させる。Viewの開発するダイナミックグラス(Dynamic Glass)は、エレクトロミックセラミック技術を採用する。実際のダイナミックグラスは外側と内側の特別な隙間と特殊加工の材質によって、光線のゆがみ(Solar Deflection)を作り出し、極力、日光をはじき返す(下図左)。外側部は1マイクロンの薄さの金属酸化物の多層構造となり、これがエレクトロミックセラミック構造となって、ガラスの透明度を変化させる(下図右上)。ガラスに微量な電圧が加えられるとイオンが層間を移動してガラスの内部構造を変えて色合いを変化させる(下図右下)。

Viewのダイナミックグラスは、多様なコントロールが可能だ。簡単な話、スマホやタブレットから部屋毎に多段階の透明度制御が出来る。それだけではない。ダイナミックグラスには3つの制御エンジンがある。反射制御(Glare Control Module)と熱制御(Heat Control Module)、そして日光制御(Daylight Control Module)だ。反射制御はリアルタイムに日光の角度を計算してガラスの濃さを制御する。熱制御は太陽のエネルギー計算からエアコンのエネルギー節約を行い、日光制御は各方向尾の建物外壁に取り付けた光センサーによって透明度を制御する。

引用元: 雲になったコンピュータ: VCからみたIoTスタートアップTop 10(3).

起業支援者なんだけど、普段は言わないことを書く。酔ってるから。 – はてな匿名ダイアリー

①ハイエンド起業家

大抵が社会に適合できなさそうなギーク(IQ MENSAレベル 常人では理解できないスピードで思考するため単体では会話にならない)と、

その人間の言葉を翻訳するビジネスマン(IQ120位、ギークの言葉が理解できる数少ない人間であると同時に、常人にも回転数が合わせられる、MBA・コンサル等)の二人以上のチームになっている。

そして、大抵はビジネスマンが自分の立身出世のため、ギークをそそのかし、

ギークはギークで大金を使って自分のやりたいことをするために起業する。

起業家ブームを作り出した人たちだ。

彼らは、基本的にリスクを取らず、市場が見えて、サービスインするまで、

どこかの大企業や研究所に属していることも多いために、ギリギリまで僕らのアンテナに引っかかってこない。

しかし、ぶち上げてからは滅茶苦茶早い。

彼らの目的は、「名声を得、大金を得て好きなことをする」ことだ。だからこそ、VCはいとも簡単に騙される。

事実ギークが作る商品の技術力は高くて、MBAが作るビジネスモデルは完璧だ。

だから社内稟議はスイスイとおるし、融資部の許可もおりやすい。

結果として、ぶち上げてから数年で国内でも新しい分野に台頭し、第一人者になるか

大失敗をしたベンチャーの烙印を押される形で世の中に知れ渡る。

どちらに転んだとしても、彼らは目的が達成された時点で早々にビジネスをたたみ

次の好きなことか、起業前と同じくらいの条件のところに転職する

引用元: 起業支援者なんだけど、普段は言わないことを書く。酔ってるから。 – はてな匿名ダイアリー.

愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話

「どこどこにシリコンバレーを作る」といった話を聞くと、上記の図のどこの部分の話をしているのか?というのが大事です。なぜならシリコンバレーというのはアメリカスタイルのVCが増えましたとか政府が特区を作りましたとかそういった個別の話ではなく、全体の話です。

これはバスケでいうと二つ目のNBAを作る!みたいな話で視聴者がいっぱいいるならできるんでしょうけどそんなにいないと一極集中しちゃうという事だと思います。ここでいう視聴者は資本市場であり、その中身は年金基金とかであって、彼らみたいなニュートラルな投資家のみなさんがシリコンバレーのサイズを決めているわけです。で、世界の資本市場レベルでみるとシリコンバレーというのは半径車で30分のちっぽけなエリアにとどまっており、それ以上のサイズに広がるだけの需要は資本市場はいまのところはありません。というのも、結局資本市場が見ているのはIRR(投資収益率)であって、必要以上に投資したらリターンが下がるだけである中、VCというのは上位5%~10%を除くと対してリターンが出ていないという世界で、そもそも一極集中は避けられないほどの規模です。そういった中で、あえてシリコンバレーの二つ目を作るとしてそれは資本市場の誰が求めているからなのか?というのが最初の重要な問いになるでしょう。

引用元: 愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話.

VMware KB: BIOS UUIDs in vCloud Director are not unique when virtual machines are deployed from catalog templates

You can now configure an option within the vCloud Database to correct this issue. To configure the database, use the option CloneBiosUuidOnVmCopy.

1 (true) means to keep the existing BIOS UUID, and is the default value.

0 (false) means to generate a new BIOS UUID.

引用元: VMware KB: BIOS UUIDs in vCloud Director are not unique when virtual machines are deployed from catalog templates.

Horizon View Configuration Tool – VMware Labs

The vCT ships as a virtual appliance with all the required VMware components to set up your Horizon View environment. After providing a Windows Server 2008 R2 SP1 ISO, an ESX host (not managed by vCenter), a few parameters, and licenses, the tool will provision your environment dynamically and automatically. The vCT deploys the following components:

Virtual machine with Active Directory Domain Controller configured (or you may integrate with the existing DC in your environment)

Virtual machine with Horizon View Connection Server installed

Virtual machine with Horizon View Composer installed

vCenter Server Appliance virtual machine deployed and configured

引用元: Horizon View Configuration Tool – VMware Labs.

360度のヴァーチャル訓練システム「VIPEホロデッキ」 « WIRED.jp

VIPE Holodeckは、360度のヴァーチャル訓練システムだ(ホロデッキは『スタートレック』シリーズに登場する、現実とほとんど変わりのないシミュレーテッドリアリティの世界をつくりだせる架空の装置のこと)。

既製の商用ハードウェアとゲーム技術を用いて(従って低価格で)、シミュレーション、訓練、ミッションリハーサル、データ視覚化など、ミッション中心のさまざまな用途に使える、再現度の高い没入型の環境を提供する。

Kinectを組み込んだVIPE Holodeckのナヴィゲーション・センサーは、2013年に、米国陸軍研究所(ARL)のシミュレーション訓練技術センター(STTC)が主催する年に1度のコンペ「Federal Virtual Challenge」のナヴィゲーション部門で第1位になった。このセンサーを使うと、没入型の環境において、這う、歩く、走る、止まる、ジャンプする、横に動くといった動作が可能になる。

VIPE Holodeckは、チーム訓練のほか、文化と言語の訓練、陸上、空中、および遠隔プラットフォームの対応などの、LVC(live, virtual and constructive)シミュレーションと訓練の演習に対応できるという。

引用元: 360度のヴァーチャル訓練システム「VIPEホロデッキ」 « WIRED.jp.

VMware KB: vSphere handling of LUNs detected as snapshot LUNs

As of ESXi/ESX 4.0, it is no longer necessary to handle snapshot LUNs via the CLI. Resignature and Force-Mount operations have full GUI support and vCenter Server does VMFS rescans on all hosts after a resignature operation.The snapshot LUNs issue is caused when the ESXi/ESX host cannot confirm the identity of the LUN with what it expects to see in the VMFS metadata. This can be caused by replaced SAN hardware, firmware upgrades, SAN replication, DR tests, and some HBA firmware upgrades. Some ESXi/ESX host upgrades from 3.5 to 4.x due to the change in naming convention from mpx to naa have also been known to cause this. However, this is a rare occurrence.

引用元: VMware KB: vSphere handling of LUNs detected as snapshot LUNs.

VMware KB: Troubleshooting and Frequently Asked Questions for space reclamation in VMware Horizon View 5.2.x

For the space reclamation feature to work correctly, ensure that:

VMware Tools provided with vSphere version 5.1 or later are installed on the virtual machine.

The virtual machine is using virtual hardware version 9 or later.

In the View Administrator console, the Reclaim VM disk space option is selected for the vCenter Server. For more information, see Allow vSphere to Reclaim Disk Space in Linked-Clone Virtual Machines in the VMware Horizon View 5.2 Administration Guide.

In the View Administrator console, the Reclaim VM disk space option is selected for the desktop pool. For more information, see Reclaim Disk Space on Linked-Clone Desktops in the VMware Horizon View 5.2 Administration Guide.

The virtual machine is powered on before you initiate the space reclamation operation.

There is space that can be reclaimed. This space exists when data is deleted from the guest OS. Sending files to the Recycle Bin does not delete them.

The virtual machine is using SCSI disks.

Change Block Tracking (CBT) is disabled on the parent virtual machine.

引用元: VMware KB: Troubleshooting and Frequently Asked Questions for space reclamation in VMware Horizon View 5.2.x.

vSphere Data Protection Direct-to-Host Emergency Restore | VMware vSphere Blog – VMware Blogs

It is important to understand the requirements and limitations around using Emergency Restore:

DNS must be available and configured properly for the VDP appliance and the vSphere host on which the VDP appliance is running.

Emergency Restore can only restore a VM to the vSphere host on which the VDP appliance is running.

A restored VM is placed in the root of the vSphere host inventory.

VM is restored as a new VM – ensure that the name provided for the VM is not already in use on the vSphere host to avoid overwriting and existing VM.

Restored VM will be in a powered off state – the VM can be manually powered on after the restore is complete.

The vSphere host running the VDP appliance must be disassociated from vCenter Server for Emergency Restore to work. This can be accomplished by using the vSphere Client (not vSphere Web Client) connected directly to the vSphere host. “Disassociate host from vCenter Server…” is located in Host Management on the Summary tab (when the host is selected in the left window panel of the vSphere Client). This must be done prior to performing the Emergency Restore.

引用元: vSphere Data Protection Direct-to-Host Emergency Restore | VMware vSphere Blog – VMware Blogs.