タグ別アーカイブ: Ruby

「マイクロソフトを嫌っていたのではない、われわれが嫌われていたのだ」――Rubyまつもとゆきひろ氏が語る、MSの壁 – ITmedia ニュース

「マイクロソフトの前CEOであるスティーブ・バルマーはデベロッパー、デベロッパー、デベロッパーと叫んでいた。しかし彼らが愛していたのは、マイクロソフトのデベロッパーだった。そこで叫ばれていた『デベロッパー』とは、マイクロソフトのエコシステムに入って、そのツールを作ってくれる人のことだった。オープンソースやUNIX文化のデベロッパーに対しては、マイクロソフトは『おまえなど知らん』と態度を変えた。オープンソース側としては、移植性がほしいのでLINUXでもWindowsでも動くツールを提供したい。だってWindowsを使っている人が多いから。だけど、マイクロソフトはそのために必要なAPIやシステムコールを提供してくれなかった。私が本当にアンチマイクロソフトだったかというとそんなことはない。実際問題として、マイクロソフトの方がわれわれを嫌っていたのだ」

引用元: 「マイクロソフトを嫌っていたのではない、われわれが嫌われていたのだ」――Rubyまつもとゆきひろ氏が語る、MSの壁 – ITmedia ニュース.

Heroku Connect登場。Heroku PostgresがSalesfoece.comのデータベースと同期。RailsやJava、PHPなどで企業向けアプリ開発 - Publickey

これまでSalesforce.com/Force.comは業務向けカスタムアプリケーションの開発を非常に高い開発効率で実現できる一方、独自の開発手法や開発言語を習得する必要がありました。一方でHerokuはRubyやPythonなどのプログラミング言語とPostgreSQLデータベースという人気のあるオープンソース関連技術による開発と運用環境を実現し、ソーシャルメディアとの連係やモバイルアプリケーションなどの開発を迅速に行えます。

この両サービスのバックエンドデータベースが自動的に同期するようになったことで、これまで蓄積したSalesforce.com/Force.comのデータを同期したHeroku Postgresに対してSQLでアクセスできるようになり、あるいはHerokuでRuby on Railsなどで開発できるようになります。業務アプリケーションをモバイル対応にするなど新規開発において、オープンソースの技術を使った開発がより容易になるといえるでしょう。

引用元: Heroku Connect登場。Heroku PostgresがSalesfoece.comのデータベースと同期。RailsやJava、PHPなどで企業向けアプリ開発 - Publickey.

Linuxカーネルコンテナ向けユーザー空間ツール「LXC 1.0」リリース | SourceForge.JP Magazine

LXC 1.0は「重要なマイルストーンリリース」という位置付けで、また業務用途として利用できる品質を持つ初めての「プロダクションリリース」になるという。今回のリリースの特徴としてはコンテナセキュリティの強化や、一貫性のあるAPIおよびドキュメント、ツールセットなどの提供がある。

LXC 1.0では非特権コンテナが完全にサポートされたほか、APIも「安定版」となった。luaやPython 3、Go、Ruby向けの公式APIバインディングも提供される。バックエンドで利用するストレージのサポートも強化され、任意のディレクトリだけでなくbtrfsやzfs、lvmなども利用できる。

コンテナのクローンやスナップショットも利用可能になり、コマンドラインツールの改良、ドキュメントの整備なども行われている。

LXC 1.0のサポート期間は5年間で、この間、セキュリティおよびバグ修正アップデートを行うほか、1.0系からのリリースも継続するという。LXC 1.0は4月に公開予定の「Ubuntu 14.04 LTS」などにも含まれる予定。

引用元: Linuxカーネルコンテナ向けユーザー空間ツール「LXC 1.0」リリース | SourceForge.JP Magazine.

Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう

開発環境を整えていく過程で、「全てを思い通りに使いこなすにはかなり長い時間がかかる」と実感するかもしれません。実際、テキストエディタや IDE を使いこなせるようになるまでには、非常に長い時間が必要になります。例えば、Sublime Text や Vim にも専用のチュートリアルがあり、このようなチュートリアルを読み終えるだけでも数週間かかります。初めて開発する方は驚いたかもしれませんが、開発ツールの学習に時間をかけることは、いたって普通の事であり、開発者であれば誰もが通る道です。「良いアイディアが浮かんだから、ただ Rails で Web アプリを作りたいだけなのに、奇妙で古くさい Unix のエディタの使い方を覚えるだけで1週間もかかってる!」とイライラする事もあるでしょう。しかしながら、道具の使い方を覚えることが職人にとって当然の心得であるように、使用するツールについて学ぶことは大切なことです。払った努力に見合う見返りが、必ずあります。

引用元: Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう.

「今日使われているプログラミング言語の多くは、なぜ1990年前後に誕生したものなのか」に関する一考察 – kazuhoのメモ置き場

だから、汎用的な「文字列型」というのは「夢」にすぎなかった。CあるいはPascalにおける文字列(CのASCIIZ文字列あるいはPascalの文字列型)は、簡易な処理を書くため、あるいはOSやライブラリとやり取りをするための取り決めとしての側面が大きかったのである*2。

また、より簡易な処理を行いたい場合には、AWKのような「行ごとにデータを読み込んで処理」するという、それ専用に設計された処理系を使うアプローチが採られていた*3。

ところが、1990年代に入ると半導体技術の進歩により計算機の搭載メモリ量が増加し、「文字列処理におけるメモリ使用量」は最早問題ではなくなってくる。これを象徴するのが、テキストVRAMを前提とするCUIから、文字を画像へメモリ内で展開して描画するGUIへの移行である*4。

同様の影響はプログラミング言語においても現れた。プログラミング言語において汎用的な「文字列型」を導入しても、その言語の応用分野が狭まることはなくなったので、1990年前後に誕生したプログラミング言語である C++, Perl, Python, Java, JavaScript, Ruby は、いずれもその言語仕様の一部として汎用性のある「文字列型」を備えている。

今日、広く使われているプログラミング言語の多くが1990年前後に誕生したものなのは、決して偶然ではない。それら諸言語は、メモリ空間の拡大にともないテキスト処理の手法が変わるというタイミングで産まれた新しい生存空間に早期に進出し、根を広げたプログラミング言語なのである

引用元: 「今日使われているプログラミング言語の多くは、なぜ1990年前後に誕生したものなのか」に関する一考察 – kazuhoのメモ置き場.

AWS Summit Tokyo 2013 – naoyaのはてなダイアリー

間違いなく、当時は「エンタープライズテクノロジーをWeb開発で活かすには」という時代だった。

それが気づけば「Webテクノロジーをエンタープライズで活かすには」と、矢印の向きが逆転していた。

いろいろなことがあったんだと思う。インターネットビジネスの盛り上がりだとか、オープンソースの台頭、それにクラウド。多様性と競争環境という意味ではWeb開発 ・・・ この文脈ではコンシューマー向けサービス、の方がよりその条件が厳しく、激しかったということの結果ではないかと思う。肌感覚としては、J2EE が話題になっていた当時からそのスイッチが切り替わったのは Ruby on Rails や Ajax が突如トレンドになった2005年くらいだったんじゃないか、と勝手に思っている。

そして今それは "The Consumerization Of IT" (IT のコンシューマー化) というキーワードで語られるようになった。

ここ10年以上、ずっとコンシューマー向けの Web 開発に携わってきた自分としては確かにどこかでその矢印の向きが変わっただろうし、こうなったからにはいかにそのWebテクノロジーをエンタープライズでも取り入れていくかということが今後の競争においても重要なテーマなのではないかと思っていた。ただ、いかんせんエンタープライズの現場については自分は未経験に等しく両者を現場感覚で比較するということはできなかったので、はっきりとした自信は持てない所もあったのだが、こうして「Webテクノロジーをエンタープライズで活かすには」なんてタイトルのセッションが開催されているというのは既に世の中がその構図を受け入れて、その前提で話しをしているということなのだなと感慨深かった。

引用元: AWS Summit Tokyo 2013 – naoyaのはてなダイアリー.

Rails Hub情報局: 「なんでRubyなんか作った!? 迷惑だ!」に対するMatzの答え

Rails Hub情報局: 「なんでRubyなんか作った!? 迷惑だ!」に対するMatzの答え: モチベーションを笑ってはいけない。

Rails Hub情報局: 「なんでRubyなんか作った!? 迷惑だ!」に対するMatzの答え

Rails Hub情報局: 「なんでRubyなんか作った!? 迷惑だ!」に対するMatzの答え: 再現性がないんですよ。イノベーションは再現できないんです。