タグ別アーカイブ: PCI Express

hasegaw blog: サーバーさんに本気を出してもらうために憶えておきたい設定項目

マルチプロセッサ構成ではPCI Expressバスのスロットに気を付ける

NUMAアーキテクチャのコンピュータではPCI Expressバスの利用時に接続先スロットに注意します。Nehalem以降のサーバでPCIeに何か挿すということは、どいつか特定のプロセッサの端にPCIeデバイスを繋ぐということです。大抵の場合は第1プロセッサに接続するほうがいいようです。OSによりますがデフォルトでは特に、最初のCPUコアで割り込みなどを捌こうとする傾向がありますので、第1プロセッサに繋いでおいたほうが比較的無難です。特に二番目以降のプロセッサにPCIeデバイスを繋いだ場合には、デバイスがいる側でドライバが動いているか等確認しましょう(アフィニティ)。UEFI/BIOSの設定からはかけ離れてきたので割愛します。

引用元: hasegaw blog: サーバーさんに本気を出してもらうために憶えておきたい設定項目.

【仮想化道場】転換期を迎える2014年のIntelのサーバー向けプロセッサ – クラウド Watch

Xeon Phiの最大の特徴は、コアがPentiumベースのx86プロセッサ+512ビット ベクトル演算機能となっていること。このコアを60個ほど搭載することで、並列コンピューティングにおいて高い性能を実現している。

22nmプロセスで製造されたXeon Phi 7120Pは、1.238GHz動作(ターボモード動作時は1.33GHz)のコアを61個内蔵している。メモリは8GB(DDR5)を搭載し、倍精度浮動小数点演算の性能は約1.2TFlops。

この製品をはじめ、現時点のXeon Phiは別のプロセッサのコプロセッサとして動作するため、PCI Expressのカードで提供されており、Xeon E5などの汎用プロセッサと組み合わせて利用される。

Xeon Phiで面白いのは、x86コアでLinux OSを独立して動かし、並列コンピューティング用のプログラムを処理できることだろう。このように、Xeon Phi自体がOSを持ち動作することは、NVIDIAやAMDのGPGPUとは大きく異なっている。

また、コアがx86アーキテクチャを利用しているため、GPGPUのように独自のプログラミング言語でプログラムを作成するのではなく、現在利用しているx86プログラミングがそのまま利用できるという点も、大きなメリットである。

ただし、どんなx86プログラムでもXeon Phiで動かせば性能が上がる、というモノではない。やはり並列コンピューティング用に開発されたプログラムをXeon Phi用にリコンパイルする必要がある。実際Intelでは、既存のXeon用のC/C++プログラミング用のコンパイラをXeon Phiに対応させて、Xeon Phi環境で最も効率が高くなるようにしている。

引用元: 【仮想化道場】転換期を迎える2014年のIntelのサーバー向けプロセッサ – クラウド Watch.

【笠原一輝のユビキタス情報局】PCI Express接続SSDへの移行を推進するIntel ~mSATAより薄い新モジュール仕様「NGFF」を提案中

NVM Expressはコントローラの新しい仕様だ。現在のSATAドライブで利用されているAHCIの仕組みは、もともとHDDを前提に設計されたもので、SSDのようなより高速なフラッシュメモリ用して設計されたものではない。このため、コマンドの実行のオーバーヘッドが大きかったりと、せっかく内部でフラッシュメモリが高速になったとしても、コントローラがボトルネックになってしまう懸念がでてきていた。そこで、Intel、Micron Technology、SanDisk、Samsung Electronicsなどのメーカーによりコンソーシアムが作られて策定された新しい規格がNVM Expressだ。

このNVM Expressを利用すると、どのメーカーのPCI Express SSDのコントローラでも、OSからは同じように見えるようになるので、1つのNVM ExpressドライバですべてのベンダーのPCI Express SSDをサポートできる。今のSATA HDDやSATA SSDがすべて同じAHCIドライバでサポートできるのと同じような環境を、PCI Express SSDでも実現できるのだ。

引用元: 【笠原一輝のユビキタス情報局】PCI Express接続SSDへの移行を推進するIntel ~mSATAより薄い新モジュール仕様「NGFF」を提案中.

ニュース – 分散FSでスケールするVMwareサーバー機の米Nutanixが日本法人を設立:ITpro

現行モデル(NX-3050)では、以前搭載していたPCI Express接続型のフラッシュストレージ(米Fusion-io製のioDrive)を省略し、SATA接続型SSDとHDDだけの構成としている。「バスがボトルネックになっていたわけではないので、SSDの容量を増やすことによって、PCI Express接続ストレージは要らなくなった」(ニュータニックス)。

引用元: ニュース – 分散FSでスケールするVMwareサーバー機の米Nutanixが日本法人を設立:ITpro.