タグ別アーカイブ: LED

あの「PC-98」が高値で売られ続けていた、その意外な使われ方 血相変えて修理に来る人も (withnews) – Yahoo!ニュース

ちなみにNECによると、PC-98の保守期間は2010年10月に終了している。新品の買い替えが不可能なうえにパーツ供給もないため、ユーザーは既存の機器やパーツを修理しながら使い続けるしかない。

そのためミシマでは、倉庫にPC本体だけで約1千台を確保。CADのデータを読み書きするためのフロッピーディスクドライブは2千台近くあるという。仕入れ時にはジャンク品同然だったりするものも、分解して部品交換したり顧客の求める仕様にカスタマイズしたりしながら、きちんと動くようにして一日に数台のペースでコンスタントに売っている。

「生産ラインが止まった」駆け込む工場担当者も

こういった専門業者に頼るしかない現場のニーズは切実だ。なかには「PC-98が壊れたせいで生産ラインが止まってしまった」と、アタッシェケースに入れて持ち込み修理に駆け込んできた工場担当者もいたという。

周辺機器も引っ張りだこだ。1万800円の未使用品のマウスは在庫切れ。ハードディスクは内蔵タイプの80MBモデルが1万2960円だ。

業務用のバーコードリーダーは4万8600円。LED式の最新型を、変換アダプターを介してPC-98に接続できるように加工している。自動車部品工場で、出荷時のタグの読み取りに用いられるという。

引用元: あの「PC-98」が高値で売られ続けていた、その意外な使われ方 血相変えて修理に来る人も (withnews) – Yahoo!ニュース.

東京ドーム、照明をLEDに切り替え – ITmedia ニュース

東京ドームは1月22日、アリーナの照明をLED化すると発表した。照明機器はパナソニックが納入し、2017年3月までに段階的に切り替える。

東京ドーム内部

パナソニックが納入するLED照明「HID2000形」

今年3月に外野に約400台、17年3月に内野に300台を設置。従来のHID(メタルハライド)ランプで設計した場合と比べ、消費電力を約54%削減できるという。瞬時に点灯できる上、明るさを調整できるなど、運用面などでもメリットがあるという。昨シーズンから福岡ヤフオク!ドームと横浜スタジアムが導入している。

1988年の東京ドーム開業以来初めてという大規模リニューアルの一環。バックネット裏の観客席には日本初という革張りシートを設けるほか、内野観客席のひざ前スペースを広げるなどの改良を19年1月まで段階的に進める。総事業費は約50億円。

引用元: 東京ドーム、照明をLEDに切り替え – ITmedia ニュース.

米無人機、殺害した9割以上が「標的ではない」:「第2のスノーデン」のリーク « WIRED.jp

ニュースサイト「The Intercept」は10月15日(米国時間)、アフガニスタンやイエメンなど諸外国の標的を殺害することを目的とした米国の無人航空機(UAV)攻撃に関連する新たな文書を公開した。

無人機作戦を行っているCIAと統合特殊作戦コマンドに関するこの暴露には、例えば、2012年の5カ月間における米国無人機による殺害のうち、実に90パーセントがもともとの標的以外の人々だったこと(北アフガニスタンでは155人が無人機で殺されたが、そのうち標的とされていたのは19人であり、残りの136人については「EKIA(enemies killed in action)」と分類されていること)や、誰を攻撃対象にするかを米国政府が選ぶ恐ろしいプロセス(個人ターゲットのプロフィール情報リストは「ベースボールカード」と呼ばれていた。また、攻撃は携帯電話のSIMカードを対象として行われることが多い)や、最終的には大統領へとつながる承認の指揮系統の詳細を示す一次証拠などが含まれている。元英国民だった人物が、彼を捕獲する機会はたびたびあったにもかかわらず、無人機による攻撃で殺害されたという情報もある。

Interceptは、エドワード・スノーデンが所有する国家安全保障局(NSA)の文書の残りを分析・発表することを目的のひとつとして開設されたメディアだ。開設には、スノーデン・レポートを『ガーディアン』紙に掲載したジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドらが関わっている。

引用元: 米無人機、殺害した9割以上が「標的ではない」:「第2のスノーデン」のリーク « WIRED.jp.

小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南ア (ナショナル ジオグラフィック日本版) – Yahoo!ニュース

1500以上の化石、ヒトとアウストラロピテクスの特徴をあわせもつ

南アフリカ・ヨハネスブルク郊外の洞窟でヒト属(ホモ属)の新種が発見され、ホモ・ナレディ(Homo naledi)と名付けられた。頭が小さく、部分ごとに原始的な特徴と現代的な特徴をあわせもつという。米ナショナル ジオグラフィック協会付き研究者で南アフリカ・ウィットウォーターズランド大学の古人類学者リー・バーガー氏らが、9月10日付け学術誌「eLife」に発表した。

発見現場はヨハネスブルク北西およそ50キロにあるライジング・スター洞窟。この一帯は、20世紀前半に初期人類の骨が多数出土し、「人類のゆりかご」と呼ばれるようになった。研究チームは2013年以降ここで1550以上の骨を発見。これはアフリカ大陸では過去最大規模で、少なくとも15体分に相当するという。

新旧入り交じる特徴
 頭骨、顎、肋骨、多数の歯、それにほぼ完全な状態の足の骨。年老いた成人や未成年者の骨、さらには幼児のものとみられる小さな脊椎も見つかった。復元モデルを分析すると、部分的には驚くほど現代的な特徴を備えていたが、アウストラロピテクス属よりもさらに類人猿に近い、原始的な特徴も見られた。

 たとえば、手の骨のつながり方はとても現代的なのに、なぜか指だけは樹上で生活する動物のように曲がっていた。肩の骨も猿人に近い。脚の骨では、大腿骨のつけ根はアウストラロピテクス属と似ているが、下に行くにつれて現代的になる。足の形態にいたっては、私たちの足とほとんど区別がつかない。

「腰に線を引いて上は原始的、下は現代的と分けられそうでした」と、米デューク大学の古生物学者スティーブ・チャーチル氏は言う。「足の骨だけ見つけたら、現代のアフリカの奥地にいる狩猟民族の骨だと思うでしょう」

 だが、頭の骨は極めて原始的だった。全体的な形態はヒト属に分類できるほど進化したものだったが、脳容量はわずか500立方センチほどとホモ・サピエンスの半分にも満たない。大きな脳は、知能を頼りに生存するように進化した種の特徴であり、ヒト属の証しと言ってもいい。であれば、これはヒト属の骨ではないことになる。

「脳はとても小さいのに、それを支えている体は決して小さくはないのです」。成人男性は身長約150センチ、体重約45キロで、女性はそれより少し小柄だと推測された。「こうした証拠から、アウストラロピテクス属からヒト属に進化する移行期に位置する種と考えられます」と、バーガー氏は語る。

引用元: 小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南ア (ナショナル ジオグラフィック日本版) – Yahoo!ニュース.

使いやすいLED付きテント – 革新的発明と製品情報

スタンドにLEDをビルトインしたテント「mtnGLO Tent」。単4電池3本で駆動し、スイッチボックスをクリックすれば、テントの中を明るく照らしてくれる。照明を半分の明るさにすることもできて、アウトドアに便利。

引用元: 使いやすいLED付きテント – 革新的発明と製品情報.

顔認識システムを防ぐメガネ – 革新的発明と製品情報

顔認識システムを無効にしてくれるメガネ。目と鼻のまわりに赤外線LEDを備えて、人の目には見えないが、写真を撮ると、顔認識に必要な部分が明るく光って、プライバシーを守ることができそう。

引用元: 顔認識システムを防ぐメガネ – 革新的発明と製品情報.

盗撮しないでよ…IPカメラ内蔵の電球が登場 : ギズモード・ジャパン

新たにSengledが「2015 International CES」にてリリースした「Snap」は、720pのHD映像に対応するIPカメラやマイク、スピーカーまで内蔵されたLED電球となっており、室内の人の動きなどを検知して自動録画できるようになっています! 録画映像は、ネットワーク経由でクラウドにアップロードされているため、遠隔再生で常にSnapが取り付けられた室内をチェック可能とのことですよ。撮影中はインジケーターランプが光り、はっきりと周囲に録画中であると示されるようにはなっているようですが、これは気づかないうちに勝手に撮られちゃう人も続出するのでは?なお、すでにSengledは、JBL製のBluetoothスピーカーを内蔵し、さりげなく天井からサウンドを奏でられる「Pulse」および「Pulse Solo」LED電球を発売しているほか、Wi-Fiルーター機能を搭載し、室内にアクセスポイントを提供できる「Boost」LED電球も好評販売中です。ユニークなスマート電球の最新ラインナップに加わる、ネットワークカメラ内蔵のSnapも、防犯用途を中心にして、きっと需要は大きいんでしょうが、くれぐれも使い方にはご注意を。

引用元: 盗撮しないでよ…IPカメラ内蔵の電球が登場 : ギズモード・ジャパン.

米動画配信のNetflix、Chaos MonkeyのおかげでAmazon EC2のメンテナンスリブートを難なく乗り切る - Publickey

NetflixがChaos Monkeyで試していたシステムの中には、同社がバックエンドデータベースとして採用しているNoSQLのCassandraも含まれていました。実は同社の今回のブログはこの部分がいちばんの見所になっています。

Last year we decided to invest in automating the recovery of failed Cassandra nodes. We were able to detect and determine a failed node. With the cloud APIs afforded to us by AWS, we can identify the location of the failed node and programmatically initiate the replacement and bootstrap of a new Cassandra node.

昨年、私たちは落ちたCassandraノードの自動リカバリに取り組むことを決断した。落ちたノードを検出することは可能であり、AWSによるクラウドAPIでそれがどのロケーションなのかを判別できるため、それを置き換え、新しいノードを立ち上げるプログラムを実現した。

この自動化を実現した上で、Chaos MonkeyによるテストにはCassandraが加わり、サーバが落ちても動作し続けるように検証が続いたそうです。

この結果、今回のAmazon EC2のメンテナンスでは、運用中の2700を超えるCassandraノードのうち218がリブートされ、そのうち22ノードのリブートが失敗したにもかかわらず自動的に復旧が行われ、全体としてはダウンタイムゼロでAmazon EC2のメンテナンスリブートを乗り切ったと報告されています。

Netflixのブログは、「パーシステントレイヤー(データベースのような永続的データを担当するレイヤー)であっても、レジリエンス(障害などへの対応力や回復力)の計画を持つべきだ。もしCassandraをChaos Monkeyのテストに加えていなかったら、今回の話は別の結果に終わっていただろう」と結んでいます。クラウド上に展開したシステムをどのように設計し、テストすべきなのか、大きな示唆を与えてくれているのではないでしょうか。

引用元: 米動画配信のNetflix、Chaos MonkeyのおかげでAmazon EC2のメンテナンスリブートを難なく乗り切る - Publickey.

後絶たぬ鉄道自殺 ホームドア普及でも歯止めかからず (1/2) – ITmedia ニュース

ホームからの飛び込みなどによる鉄道での自殺が後を絶たない。国土交通省によると、平成24年度は全国で631件(30分以上の遅延などを生じる)で前年より30件も増えた。自殺の抑止効果もあるとされるホームドアの普及も進むが、歯止めがかからない状態だという。「根本的な策は見えない」。鉄道関係者らは頭を痛めている。

輸送障害の件数の推移

今月8日午前、首都圏の鉄道担当者は人身事故の一報に時計を確認し、思わずため息をついた。事故が起きたのは埼玉県ふじみ野市の東武東上線踏切。男性が遮断機をくぐり抜け準急電車にはねれ、死亡した。自殺とみられるという。午前10時28分。「以前は影響の大きくなるラッシュ近辺の自殺はなかった。最近は一般論も通用しないくらい頻繁に起きる」(担当者)

国交省によると、輸送障害のうち、自然災害や車両故障など鉄道会社内部の要因を除いた、自殺を含む「部外要因」の件数は増加傾向にある。平成4年度は636件だったが、14年度は1096件。24年度は2千件を突破し、2231件に達した。

増え続ける事故に、小田急電鉄は飛び込みの多い駅や踏切に、自殺の抑止効果が高い青色LED照明を取り入れた。乗務員の巡回も強化している。

引用元: 後絶たぬ鉄道自殺 ホームドア普及でも歯止めかからず (1/2) – ITmedia ニュース.

時計として使えるUSB扇風機 – 革新的発明と製品情報

USB扇風機と時計が融合したアイテム。羽根には小さなLEDが付いていて、それが回転すれば、アナログ時計が浮かびあがってくる。秒針でもはっきり見えて、なんとなく面白そう。

引用元: 時計として使えるUSB扇風機 – 革新的発明と製品情報.