タグ別アーカイブ: IT

「技術的革新について話すだけのヤツはクソだ、黙って手を動かせ」とLinux生みの親のリーナス・トーバルズが語る – GIGAZINE

トーバルズ氏は近年のIT業界について「イノベーションのことばかり語られる業界はくだらないものです。誰でもイノベーションを起こすことができます。口だけの『Think Different』は無意味です。語る暇があれば仕事に取りかかるべきでしょう」と話しています。また、トーバルズ氏は「成功したプロジェクトは『99%の努力』と『1%のイノベーション』でできています」と説明。

引用元: 「技術的革新について話すだけのヤツはクソだ、黙って手を動かせ」とLinux生みの親のリーナス・トーバルズが語る – GIGAZINE.

クラウドに次に必要なものは? — Medium

ほとんどの人が自分で1万台のサーバで同時に計算をさせ、今までできなかったものができると思っていない。ほとんどの人がアプリケーションの書き方をクラウドをより活かせる書き方をすることで今までどうしても出来なかったものでも実現できると思っていない。自分が思うクラウドの本質は、アイデアのある人の能力を引き出す・ITインフラストラクチャ的な制約からある程度開放されることで大きなベネフィットを出すことにあると思う。ここをどうやれば実現できるのか、これはユーザー企業でないと出来ないと思う。これが、悩ましいし楽しい。

引用元: クラウドに次に必要なものは? — Medium.

頭脳放談:第193回 IoTのWi-Fiインターネット接続を考える – @IT

IEEE 802.11ahの特性は、かなりIoT寄りになっているものの、従来路線の延長上にあるものといえる。しかし、「Passive Wi-Fi」の方はかなり過激な「無線LAN」である。準拠しているのは最初に普及した無線LAN規格ともいえるIEEE 802.11bであるのだが、消費電力を4桁落としたという過激さである。

その秘密をひと言で言ってしまえば、自分(ノード)からは電波を出さないからだ。電波を出すのはAC電源で駆動された専用の搬送波の出力装置である。各ノードは自分の持ったアンテナとスイッチを使ってその搬送波を「変調」することで従来型の無線LANアクセスポイントへと情報を送信するのだ。原理的にはスイカとかパスモとかの非接触型カード、各種の無線タグに使われているRFIDに似ている。双方アクティブ(自分で電波を発することができる)なノード間の通信であるはずの通常型の無線LANにパッシブなバックスキャッタを挿入してしまったというところが発想の大転換だ。

引用元: 頭脳放談:第193回 IoTのWi-Fiインターネット接続を考える – @IT.

Google Cloud Platform Blog: Adventures in SRE-land: Welcome to Google Mission Control

But at Google, Mission Control is not a place. It’s a six month rotation program for engineers working on product development to experience what it’s like to be a Site Reliability Engineer (SRE). The goal is to increase the number of engineers who understand the challenges of building and operating a high reliability service at Google’s scale.

引用元: Google Cloud Platform Blog: Adventures in SRE-land: Welcome to Google Mission Control.

4500万件の納税記録の分析により億万長者は税金を高くしても引っ越ししないことが判明 – GIGAZINE

ある種のIT系起業家にとって、税率の低いニューハンプシャー州やテネシー州は、シリコンバレーの代わりにはなりません。ウォールストリートの弁護士はウォールストリート街の近くに居を構える必要があります。有名な俳優や映画監督は、カリフォルニア州のハリウッドと同じ地名でも、フロリダ州のハリウッドに住む意味はありません。巨額の利益を得るビジネスがやりづらくなるため、富裕層は単に租税回避のために遠方の地へ移住してしまう可能性が低くなるということです。

引用元: 4500万件の納税記録の分析により億万長者は税金を高くしても引っ越ししないことが判明 – GIGAZINE.

How that will Decipher the actual Pieces of paper Assignment

How that will Decipher the actual Pieces of paper Assignment
Countless tutors come up with ones own assignment prompts otherwise. By some measures, you could improved are aware of the demands with the homework. 続きを読む

Martin Casado氏が、今だから話せること(2):「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔 (3/3) – @IT

――テクノロジストで起業しようとしている人に、どんなアドバイスをしますか?

Casado氏 まず、「大きな市場を相手にしろ」ということです。とても重要なことです。小規模な市場を相手にしてはいけません。データセンターネットワーキングは100億ドルの市場です。

次に、「企業の価値を決めるのは価格設定だ」ということです。テクノロジストは、製品を安価に提供したり、無料でばらまいたりすることを考えがちです。これをやってしまうと、事業を構築するのが不可能になってしまいます。

最後に、「Niciraは今度こそ死ぬ」と何度考えたか分かりません。2008年にも、2009年にも、何度も失敗しました。でも、あなたが自分のやっていることを本当に信じられるなら、おそらくどんなことでもできるでしょう。

自分がやろうとしていることを本当に信じていないなら、あなたに従うべき人に信じてもらえません。信じていないなら、(起業を)するべきではありません。チームの絆を保ち続けられませんから。

引用元: Martin Casado氏が、今だから話せること(2):「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔 (3/3) – @IT.

Martin Casado氏が、今だから話せること(2):「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔 3/3 – @IT

レッドハットモデル、つまりオープンソースソフトウェアを提供し、サポートサービスで儲けるというやり方は、他の多数の企業が取り組んできましたが、成功につながったところは非常に少数です。次に「オープンコア」と呼ばれる、一部をオープンソースとしてオープンソースでない部分を残すモデルがありますが、これもあまり成功例がありません。 成功しやすいと考えられるのは、オープンソースソフトウェアを見せながら、このソフトウェアをサービスとして提供するというモデルです。GitHubはいい例です。Gitはオープンソースですが、GitHubはサービスです。こうしたやり方で成功できる可能性はありますし、多くの企業がどうやるかを考えている最中です。これが非常に新しい、破壊的な動きで、個人的に大きな興味を持っています。

引用元: Martin Casado氏が、今だから話せること(2):「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔 3/3 – @IT.

Martin Casado氏が、今だから話せること(1):「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由 (3/3) – @IT

第三の点ですが、買収される前に、Greene氏に相談しました。「買収されることになると思います。アドバイスをください」と聞くと、「一番重要なのは、セールスチームを維持することよ。製品が革新的であるほど、別の会社の営業チームは売ることができないから。VMware vSphereを売ることに慣れている人がネットワーク仮想化を売るのは難しい」と答えてくれました。そこで、買収交渉の初期は(元CEO)Paul Maritz(ポール・マリッツ)氏、その後Gelsinger氏に、「専任の営業チームを持ちたい」と訴え、受け入れてもらいました。これも成功には欠かせないことだったと思います。

引用元: Martin Casado氏が、今だから話せること(1):「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由 (3/3) – @IT.

Martin Casado氏が、今だから話せること(1):「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由 (2/3) – @IT

――IT業界では、新しい技術が生まれるたびに、「ハイプ(hype:流行)」を作り上げようとする人が出てきます。ベンチャーキャピタルも参加して、これを増幅する役割を果たしたりしています。ハイプは必要だと思いますか?

Casado氏 非常に素晴らしい質問だと思います。ハイプは、ビジネスを理解せずに、テクノロジーを語ろうとするときに生まれることが多いと思います。私がネットワーク業界を素晴らしいと思っている理由は、エネルギーにあふれ、混沌が存在することです。テクノロジーに関する議論の90%が無駄だったとしても、あるいは90%が間違っていたとしても、そうした環境から、アイディアは開花し、革新が生まれるのだと思います。

当初、私はハイプを不快に思っていました。「良いアイディアがつぶされる」「人々はちゃんと理解してくれない」と考えていましたから。しかし今では、人々が興奮を覚えることは重要だと思っています。ハイプがベンダーの都合ばかりでなく、顧客を含めたコミュニティを巻き込むものであれば、健康的な現象だと考えます。「エネルギーと興奮」は健康的です。間違っていたとしても。

引用元: Martin Casado氏が、今だから話せること(1):「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由 (2/3) – @IT.