タグ別アーカイブ: Hyper-V

フラッシュを搭載するだけでは不十分:「ストレージの世界のアップル」を目指す、米ティントリCEO – @IT

「2014年末までには、ハイパーバイザから独立した製品になる。これにより、1台のVMstore上に、ESXi、KVM、Hyper-Vの仮想マシンを混在できるようになる。スナップショット、レプリケーション、クローンといった機能は、これらすべての仮想化環境に対してまったく同じように適用できることになる」。

ティントリは2015年の株式公開に向けた最後の資金調達を2014年2月に実施。これに基づいて、日本を含む世界市場における本格的な事業展開を始めている。

引用元: フラッシュを搭載するだけでは不十分:「ストレージの世界のアップル」を目指す、米ティントリCEO – @IT.

GA of Hyper-V Recovery Manager (HRM) – Windows Virtualization Team Blog – Site Home – TechNet Blogs

To re-emphasize, your VMs are not replicated to Windows Azure. HRM is a service hosted in Azure which acts as the “control plane”.

引用元: GA of Hyper-V Recovery Manager (HRM) – Windows Virtualization Team Blog – Site Home – TechNet Blogs.

ライセンスをOS単位に変更:サーバの自動管理ツール、日本HPがバージョンアップ版を販売開始 – @IT

Operations Orchestration 10は、各種サーバを管理・運用するのに必要なITプロセスを自動化するツール。テンプレートと呼ぶ作業内容を従来の4000種から5000種以上に拡充し、新たにAmazon EC2やOpenStackなどのパブリッククラウドリソースや、vCloud Director、Hyper-V、KVMなどのサーバ仮想化製品に対するテンプレートを強化した。GUIを利用して、ユーザー自身でテンプレートを作成することも可能。価格は管理対象のOSが1インスタンス当たり6万7200円(同)で、2013年8月1日に販売を開始する予定である。

引用元: ライセンスをOS単位に変更:サーバの自動管理ツール、日本HPがバージョンアップ版を販売開始 – @IT.

コラム – Hyper-V の部屋 | 第7回 Windows Server 2012 R2 Preview が公開されました!|CTC教育サービス 研修/トレーニング

Windows Server 2012 R2 PreviewのHyper-Vはライブマイグレーションも強化されています。これまでのTCP/IPベースのデータ転送に加えて、データ圧縮を行ってTCP/IPでデータ転送を行うオプションや、SMB 3.0ベースのデータ転送も選択可能になっています。SMB3.0を活用すると、SMBが持つRDMA(Infinibandなどの技術)やSMBマルチチャネルなどの機能を利用してより効率的にデータ転送を行うことができるようになります。

このように、Windows Server 2012 R2 Previewの環境になると、ネットワークの帯域が潤沢な場合は今まで通りの方法、帯域が狭い場合は圧縮を有効化、RDMAが利用可能なハードウェアを利用している場合は SMB3.0を利用するなど、よりシステムに適した方法を選択することができます。

このほかに、Windows Server 2012のHyper-VからWindows Server 2012 R2 PreviewのHyper-Vへのライブマイグレーションも可能になっています。これによりHyper-V環境のバージョンアップを簡単かつスムーズに実行できるようになっています。

引用元: コラム – Hyper-V の部屋 | 第7回 Windows Server 2012 R2 Preview が公開されました!|CTC教育サービス 研修/トレーニング.

【Windows Server 2012研究所】 Hyper-Vがさらに進化するWindows Server 2012 R2 -クラウド Watch

Windows Server 2012のHyper-Vでは、キーボード(i8042)、マウス、ビデオ(S3ビデオ)などのエミュレータが動作していた。しかしWindows Server 2012 R2のHyper-Vでは、これらのエミュレーション層をVMBus上で動作するリモートデスクトップに変更している。

リモートデスクトップを使用することで、キーボードやマウス、ビデオなどのエミュレーションが個々の仮想マシンごとに必要なくなった。システム全体でリモートデスクトップを利用することで、パフォーマンスが向上する。

引用元: 【Windows Server 2012研究所】 Hyper-Vがさらに進化するWindows Server 2012 R2 -クラウド Watch.

2013年SMB(中小中堅企業)における仮想化データ保護報告書 | 仮想環境(VMware & Hyper-V)エンジニア技術ブログ

報告書の結論として、SMBの85%がバックアップとリカバリでのコストに関する課題をかかえていて、83%が機能の欠如、80%が複雑性を経験しています。

他の結果として:

●SMBでのリカバリー:仮想サーバは物理サーバよりも少し早い結果。

SMBの仮想サーバのリカバリはそれぞれで4時間21分、4時間51分で、物理サーバよりも少し速くなっています。

●Eメールなどの個別ファイルのリカバリーは12時間8分を要しています。SMBの62%はしばしば個別ファイルまたはアプリケーション・アイテムの抽出する必要以上にリカバリする必要があります。

●SMBのバックアップ・ツールの67%は複雑性を付加する可能性のあるエージェントを使用し、それらのSMBの76%はエージェントの複雑な管理、低パフォーマンス、バックアップとリカバリの両方における頻繁なファイルなどの問題に直面しています。

●SMBの63%は会社が成長すれば、今のバックアップ・リカバリー・ツールではデータとサーバの容量では効率が落ちると考えています。

●SMBの41%はITフェイル時でのダウンタイムは1時間当たり15万ドル以上としています。停電では、決められた回復時間では、これらの企業ではに60万ドル以上の費用が係るとしています。

●バックアップ・マシンの17%以上のリカバリー率はリカバリー時間とダウンタイムのコストを増加させています。8%のみがテストのことを考えていることは驚きではありません。

●現在、平均SMBの33%の仮想インフラはバックアップをしていません。

●SMBの55%が2014年までに仮想サーバ用のバックアップ・ツールの変更を予定しています。

引用元: 2013年SMB(中小中堅企業)における仮想化データ保護報告書 | 仮想環境(VMware & Hyper-V)エンジニア技術ブログ.