タグ別アーカイブ: GPS

地雷に注意 ボスニアで「ポケモンGO」利用者に警告 – BBCニュース

今月6日に米国などで発売された「ポケモンGO」では、スマートフォンのGPS情報をもとに、現実世界のさまざまな場所でポケモン(ポケット・モンスター)を捕まえてプレーする。

ボスニア・ヘルツェゴビナで地雷除去に取り組む慈善団体「ポサビナ・べズ・ミナ」は、「ポケモンGO」利用者が危険地域に立ち入ったという情報を受けて警告を出した。

同国では、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争によって残された地雷で、少なくとも600人が死亡している。紛争終結から20年たった今も、約12万個の地雷が残っているとみられている。

ポサビナ・べズ・ミナはフェイスブックで、「ポケモンGOの一部の利用者がポケモンを捕まえようと、地雷の危険がある場所に行っているとの情報を受け取った」とし、「そのようなことをしないよう市民に求める。危険な地雷原を指定する区割りに従い、知らない場所には立ち入らないよう求める」と述べた。

米フロリダ州では今週、ポケモンGOをしながら他人の敷地内に入った10代少年2人が住人に銃で攻撃された。住人は2人を強盗と勘違いしたと話している。

一方で、良い事例もある。英国中部のサウス・ヨークシャー州では16日、ポケモンGOで遊んでいた人たちが窃盗現場に出くわし警察に通報。男2人が逮捕された。

引用元: 地雷に注意 ボスニアで「ポケモンGO」利用者に警告 – BBCニュース.

GPSが届かない地下でも、「地磁気」で現在位置が分かる―Yahoo!地図 - インターネットコム

GPSの電波が届かない地下でも「地磁気」を使って現在位置を特定できる機能を、ヤフーの地図アプリケーション「Yahoo!地図」が導入した。国内初の試みとしている。まずはAndroid スマートフォンで利用できる。

この機能が使える地域は新宿駅、渋谷駅、東京駅の改札外。ナビゲーション機能を使えば、電車を降りてから目的地へ向かう最適な改札口や駅出口も案内してもらえる。

フィンランドのIndoorAtlasという企業の技術を使っている。スマートフォンの磁気センサーを利用し、地磁気から高精度な位置を特定する。今回の対象エリアでは最小誤差1mの精度を出せるという。

地上から地下への移動だけでなく、地下1階から地下2階へのフロア移動時なども、現在地の地図が次の階層に自動で切り替わる。

これに合わせYahoo!地図に掲載していた全国の地下街マップも刷新している。地図の範囲を拡大し、複層階の地図を、全国の主要駅やその周辺の地下街などで表示できるようになった。

引用元: GPSが届かない地下でも、「地磁気」で現在位置が分かる―Yahoo!地図 - インターネットコム.

誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約) | On Off and Beyond

ちなみに、冒頭のNew York Timesの記事によれば、現在の身代金の支払いは「スーツケースに詰めたキャッシュ」で行われるようだ。いわく

砂漠の指定地についた政府エージェントの衛星携帯電話に次の指定地のGPS座標をSMSで指示、次の指定地に着いたら再度GPS座標をSMS、これを3回以上繰り返したのち、受取人が登場。地面に広げた毛布の上にあぐらをかいて座り全札をカウントした上で、小分けにして異なる地点に埋め座標を記録。

これって、去年最終回を迎えたアメリカテレビ史上に残る傑作ドラマBreaking Badのお金の受け渡しの手順にそっくり。実は「犯罪者だったら知っていて当然な一般的な知識」だったりするのでしょうか。

引用元: 誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約) | On Off and Beyond.

自転車泥棒に盗ませるGPSつき「餌バイク」が配備中 – サンフランシスコ | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

これらのオトリ自転車などの費用には、市から$75000(764万6025円) の予算が与えられているそうです。サンフランシスコ市が最初に始めたわけではなく、アメリカの複数の市や大学でこういった捜査が実施されているのだとか。2008年から取り組んでいるウィスコンシン大学では、オトリ捜査とソーシャルメディアの組み合わせで、自転車窃盗の被害報告が40%減少したという数字もあります。

いずれの場合にしても、GPSとソーシャルメディアという二つの技術が、安くなってり誰でも使えたりするようになったことが、このオトリ捜査を生み出したのは間違いないようです。

どこの国でも自転車泥棒はダメですが、アメリカで気軽にそのへんの自転車を盗んで乗り回すと、即見つかって逮捕されたりするかもしれないですね。日本でオトリ捜査はやらないと思いますが、安く・小さくなったGPSをモノにつけることで、これまで思いもしなかったことができる、というのは他にもいろいろ出てきそうです。

引用元: 自転車泥棒に盗ませるGPSつき「餌バイク」が配備中 – サンフランシスコ | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.

運転の様子をデータ化して把握するiOSアプリケーションのDriving Curve | TechCrunch Japan

一方でDriving Curveの方は「シンプルさ」を強みに勝負に挑む。自分のドライブパフォーマンスに興味はあっても、複雑なデバイスを使うのはごめんだと感じている人は多い。

「必要なのはスマートフォンだけです。導入障壁を著しく下げることで、より多くの人に使ってもらうことを心がけました」と、Duoyuan Chenとともにアプリケーションを開発したTim Huangは言う。「細かなマシンデータを採取するのではなく、人の振る舞いを数値化することに注力したのです」。

使い方も簡単だ。運転を始める際にスタートボタンを押す。するとGPS衛星やiPhoneの加速度計を利用してスピードなどの測定を行う。

そして目的地に到着すればストップボタンを押す。するとドライブ中の加速やブレーキングの様子、燃費効率、移動距離などを教えてくれる。

引用元: 運転の様子をデータ化して把握するiOSアプリケーションのDriving Curve | TechCrunch Japan.

アレス、SIMフリーで通話もできる腕時計型Androidスマホ「EC309」 -INTERNET Watch

親機としてスマートフォンが必要な腕時計型デバイスとは異なり、EC309は単独でスマートフォンとしての使用が可能。microSIMカードを装着でき、3G(W-CDMA方式)による通話および通信いずれもサポートする。

OSのバージョンはAndroid 4.0で、Google Playからのアプリダウンロードに対応する。CPUはデュアルコア仕様(1.2GHz)。RAMは512MB、ストレージは4GBフラッシュメモリ。タッチスクリーン液晶の解像度は240×240ドット。本体部サイズは47.5×42.0×13.0mm(幅×奥行き×高さ)。重量は76g。

このほか、GPS、重力センサー、Wi-Fi、200万画素カメラ、Bluetooth 4.0などの機能を搭載する。通話時間は最大180分、スタンバイ時間は約100時間。本体カラーバリエーションはブラックとホワイト。

引用元: アレス、SIMフリーで通話もできる腕時計型Androidスマホ「EC309」 -INTERNET Watch.

全天球カメラ「RICOH THETA」の国内発売が決定 – デジカメ Watch

リコーイメージングは、全天球イメージを撮影できるカメラ「RICOH THETA」(リコー・シータ)を11月8日に発売する。価格はオープンプライス。店頭価格は4万円台半ばの見込み。

二眼屈曲光学系を採用し、1度のシャッターで全天球イメージを撮影できるカメラ。フォトキナ2012でのコンセプト展示から、CP+2013での国内参考展示を経て、IFA2013で「THETA」として正式発表された。その際、国内販売は未定としていた。

撮影画像はWi-Fi経由でスマートフォンに転送・閲覧可能。リモート撮影もできる専用iPhoneアプリ「RICOH THETA for iPhone」を用意している。また、年末までにAndroid OS用も提供予定という。スマートフォンのGPS情報でジオタグを付与することもできる。

引用元: 全天球カメラ「RICOH THETA」の国内発売が決定 – デジカメ Watch.

世界初のドローン(無人航空機)による宅配便サービス「Zookal.com」 – GIGAZINE

Zookal.comのCEOであるアフマッド・ハイダーさんは、トラックなど従来の運搬システムの速度に疑問を抱いており、ドローンを使って教科書のデリバリーを行うことを決定しました。

ドローンによる配達を開始することで、配送時間を最速で数分まで短縮することができ、オーストラリアで小包を当日配達すると29.95ドル(約3000円)必要なところ、ドローン配達では2.99ドル(約300円)と、配送コストも10分の1まで抑えることができるとのこと。

また、配送場所の指定はAndroidのスマートフォンアプリから行うことができるため、GPSによって屋外でも任意の場所への配達が可能。11月から開始するテスト運用を開始した後にはAndroid以外のスマートフォンアプリのリリースも計画しています。

Zookal.comでは、いまのところ2台のドローンを所有しており、さらに4台のドローンも発注済み。合計6台のドローンによって2kgまでの荷物を、シドニーの3km圏内の運用範囲で配達予定。動力には再充電可能なリチウムポリマー電池を使用。

ドローンなどの無人航空機は、CASA(オーストラリア民間航空安全局)の承認を取得している最中です。Zookal社のドローンには遠隔コントロール技術や、障害物や人間、動物との衝突を回避する技術を特注しており、ハイダーCEOは「オーストラリアは商用ドローン産業を創り出す世界有数の場所になるでしょう」と話しています。

なお、連邦航空局(FAA)がドローンの使用者に罰金を課すなどアメリカではドローンの飛行規定について議論が行われているところですが、Zookal.comはドローン配達をアメリカで展開することも計画中とのことです。

引用元: 世界初のドローン(無人航空機)による宅配便サービス「Zookal.com」 – GIGAZINE.

「ハイテク手荷物タグ」英国航空が導入へ « WIRED.jp

英国航空とDesignworks社は7月から、スマートフォンとつながり、再利用可能な電子インク利用の荷札タグのテストを始める。近距離無線通信(NFC)を使ってアプリで飛行情報をこの荷札に送信すると、目的地とバーコードが電子ペーパーの画面に表示される。GPS機能はないが、画面は既存の手荷物スキャナーに対応しており、そのため空港にすでにあるインフラを新しくする必要がない。

英国航空の推定によると、このタグを利用する旅行者は、荷物を預けるのが1分以内で済むようになるという。

引用元: 「ハイテク手荷物タグ」英国航空が導入へ « WIRED.jp.

グーグル「Spanner」:世界中のサーヴァーをGPS利用で同期 � WIRED.jp

グーグル「Spanner」:世界中のサーヴァーをGPS利用で同期 � WIRED.jp: このシステムは、スマートフォンなどに利用されるGPSアンテナと、極めて正確な原子時計を搭載したサーヴァーネットワークに接続されている。GPSアンテナや原子時計をサーヴァーに組み合わせることで、サーヴァー間でのデータ同期をより正確に行えるようになったという。