タグ別アーカイブ: Gmail

Google、ドメイン販売に参入へ – TechCrunch

過去数年間、ドメインを買うためにGoogleを探した人は、 このサポートページを見たはずだ。「Google自身はドメイン名の登録あるいはホストを行っていない」。その後、何社かパートナーが紹介される。

今日、それが変わる。

先ほどGoogleは、ドメイン登録サービスの小規模なプライベートベータを開始した。その名もふさわしく “Google Domains”。ここで、大部分が完成していないランディングページを見られる。

そして何というタイミングか、去る6月9日、GoDaddyが2006年以来迷い続けてきたIPOをついに申請した。その2週間後、Googleはドメイン登録市場に参入する計画を公式に発表した。これまでGoDaddyは、Googleが推奨するパートナーの一人ですらあったのに。気分のいいものではない。

Googleは、最終的にどんなサービスを提供するのかまだ検討しているようだが、これまでに公表されたものをいくつか挙げる。

無料プライベート登録。Whois検索で名前、住所等を隠すために、有料サードパーティーサービスを使わなくてよい。

無料メール転送。好きなアドレスからGmailの受信箱に転送できる。

無料ドメイン転送

最大100サブドメインをサポート

向こう数年のうちに出現するであろう、クレイジーなドメイン拡張子をすべてサポートする(.guru、.club等)

この動きは十分理にかなっており、むしろGoogleがここまで時間をかけたことの方が驚きだ。ドメイン販売は、膨大な利益を生むヒジネスではないと考えられているが、Googleの品揃えにとっては明らかな抜けだった ― 欠けたバズルピースに近い。独自ドメイン用にメールが必要? Googleにある。ドメインの分析? それもある。ドメインそのものをGoogleから買う? ノー。

引用元: Google、ドメイン販売に参入へ – TechCrunch.

米Google、送受信者以外読めないGmail暗号「End-To-End」プロジェクトを発表 -INTERNET Watch

エンドツーエンド暗号化とは、メール送信者が暗号化してウェブブラウザーで送信した暗号を、メール受信者がウェブブラウザー上で解読するまで誰も読むことができないという意味だ。理論的に暗号鍵保有者以外は誰もメールを読むことができないため、鍵をなくした場合には誰であれ二度と解読できないことになる。

これまでのエンドツーエンド暗号化ソフトには「PGP」や「GnuPG」等が有名だ。しかしこれらのソフトを利用するには高度な技術力が必要で、お世辞にも誰もが利用できるソフトとは言えなかった。「End-To-End」は、オープンな標準規格「OpenPGP」を使った同等の暗号化機能を誰もが利用できるようにすることを目標とする。

公開されたソースコードはまだアルファ版だ。Googleでは、まず公開することにより、十分にテストと評価が行われ、安心して使用できるレベルの安全性が確認されることが重要だと考えている。それでGoogleは「End-To-End」を「Vulnerability Reward Program」に加えた。これはセキュリティ脆弱性発見者に賞金を与えるGoogleのプログラムだ。

「End-To-End」が採用したのは、新たに開発されたJavaScriptによる暗号化ライブラリ、OpenPGP標準規格、IETF RFC 4880。機能としては鍵生成、暗号化、復号化、デジタル署名、署名検証を有する。

暗号化はメール本文のみで、添付ファイルには適用されない。なお、もともとOpenPGPによるメールでは、メールタイトルと受信者リストは暗号化されない。また、現時点で「End-To-End」はChrome拡張機能として実装されているため、拡張機能のないモバイル向けChromeでは利用できない。

文字化け対策は行われているが、まだ完全でないそうだ。特に日本語利用者には改良が必要となりそうだ。

引用元: 米Google、送受信者以外読めないGmail暗号「End-To-End」プロジェクトを発表 -INTERNET Watch.

Web 開発における「新しい原則」 | Atlassian Japan

シングル ページ アプリ (SPA) は新しい概念ではありません。2004 年に Gmail がこの概念を広めましたが、以来あまり導入は進んでいません。一言で言うと、シングル ページ アプリは 1 つのページで完全に動作する Web アプリを指します。従来の Web アプリはページからページへと遷移します。各ページはリモート サーバーで動的に生成されます。通常、ブラウザーに配信される Web ページは比較的静的であり、ページに表示するデータややり取りを処理するプログラム的なロジックはあまりありません。

それに対し、シングル ページ アプリはプログラム的ロジックや計算のほとんどをブラウザーに託します。シングル ページ アプリではサーバーが Web ページを組み立てることは通常ありません。代わりに、Web アプリは基本的にブラウザー上で完全に “実行” されています。ブラウザーとサーバー間の唯一のやり取りは、アプリの実行に必要なデータの交換だけです。これはすべてページの更新や再読み込みなしで発生します。

高速で高品質なブラウザーが出現したことにより、シングル ページ アプリの設計と構築がかつてなく容易に行えるようになりました。過去何年かの間に、Web フレームワークや JavaScript ライブラリがこの新しいパラダイムに対応すべく進化してきました。この点については後でもう一度触れたいと思います。

シングル ページ アプリにより、”リアルタイム” アプリの作成も可能になりました。リアルタイム アプリは生きているアプリであり、ユーザーが操作することなくアプリ自身が更新を行います。ここ数年でブラウザー ベンダーはリアルタイム アプリをサポートする機能の作成に尽力し、リアルタイム アプリの構築を格段に容易にする規格 (Web ソケット) を作成しました。

引用元: Web 開発における「新しい原則」 | Atlassian Japan.

自前のメールサーバーを使っていても多くのメールはGmailユーザーの友人経由でGoogleに捕捉されている、という話 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

毎週受け取ったメールの総数(赤)と、そのうちヘッダからGoogleのサーバーを経由していたとわかったメールの総数(青)をプロットしたものが上のグラフです。毎週の変動が多いですが、グレイでプロットされた移動平均を見ると、Googleに知られているメールの割合が年を追うごとに少しずつ増えて、最近では1/3のメールがGmailに絡んでいることがわかります。銀行やオンラインショップからの案内メール等はGmailから発信されていないことが多いだろうことを考えると、それ以外の普通のメールではGmailから発信されている割合はさらに高くなるのではということ。

また、自分が返答したメールについて、返答した元のメールの発信がGmailからであれば、返事もGmailを経由して返っていると仮定してカウントしたところ、今は半数ぐらいのメールはGmailのサーバに向けて送っている = 自分の返事したメールの半数はGoogleに読まれ得る、という数字が出たとのこと。ヒルさんがGmailを選んだのは彼の周囲でGmailユーザーが多いだろうと考えてのことで、HotmailやYahoo! Mailなど他のメールサービスでも同じような話はありますし、それらのどこからも見えていないメールの割合はだいぶ小さくなるのかもしれません。

引用元: 自前のメールサーバーを使っていても多くのメールはGmailユーザーの友人経由でGoogleに捕捉されている、という話 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.

Rauru Blog » Blog Archive » 大企業が GMail を使う言い訳

しかし発想を変えれば、これが新しいビジネスチャンスになるのかもしれない。「言い訳のネタ」を売るビジネスである。日本の大企業は GMail が嫌いなわけでは必ずしも無い。言い訳ができれさえすれば、最大の障害は取り除かれる。

「大企業をバッシングから救う言い訳として社会的に通用するためには何が必要か」という点をまず突き詰めて考えてみるべきだろう。GMail がSSLクライアント証明書をチェックすれば良いのか。ストレージを個別に用意すればいいのか(物理的には同一ドライブだが暗号化などで論理的に分けるという手もある)。各企業と個別に機密保持契約を結べばいいのか。何かあったときの損害賠償規定が必要となるのか。こうしたものを用意して SaaSパッケージとして提供すれば、日本の大企業の抵抗もかなり低くなるのではないか。

もちろん Google 本体がそういったものを相手に合わせて個別に用意するというのは、おそらく Google のポリシーに反する。とすれば、SIerという日本的な会社を間に挟んで、Google サービスを個別カスタマイズして売る、という形が現実的だろう。フリーの GMail と違って金はかかるが、言い訳を買えると見れば日本の大企業は喜んで金を出す。

引用元: Rauru Blog » Blog Archive » 大企業が GMail を使う言い訳.

高齢者へのiPad導入を阻んだiOSのUI/UXの話 | 株式会社たからのやま

ここからは各論として、高齢者の様子を観察して、彼らがつまずいた箇所を色々と。高齢者目線に立つと、iOSのあのシンプルで「直感的な」インターフェースは不親切極まりないようです。特にボタンなどインターフェースに関わる部分が小さくてタップ出来ない人が初心者の方には多かったようです。操作系は慣れの部分が多いとは思いますが・・・

1,アプリのダウンロード
 AppStoreからアプリを選択して出てくる画面、ここから先の導線が分からない。「正解」である「無料」という箇所が、ボタンのようなタップできるデザインになっていない、しかも小さ過ぎる。

2,ナビゲーションバー内のボタン
 右上に表示される「次へ」などのボタンが小さい。普通にhtmlのフォームのような大きなボタンにならないものか。ダイアログ内を読んだり入力したりした後に、彼らの目線は右上に向かない。

3,反応が分からない
 Wi-Fiに接続させるため、任意のSSIDを選択してもらったのだが、読み込み中を示す回転するアニメーション(「throbber」)の意味が彼らには分からない(しかも小さい)。自分の操作が間違っているのか、ネットがたまたま遅いだけなのか、iPadが壊れているのかすら分からない。無事に接続できたとしても、チェックマークがさり気なく付くだけでは分からない。ゲームのように「無線LANの接続が完了しました! 次はxxxの設定をしましょう。『次へ行く』」みたいなダイアログを表示させるべき。

4,セキュリティ
 必要があってセキュリティを強固にしているわけだが、メールアドレスに当たるユニーク(一意)なIDと、パスワード(Appleの場合、半角大文字を一つ、数字も入れて。同じ文字を3回続けてはいけない。)の入力のハードル。

 携帯電話の販売店が、Androidの購入者にGoogleアカウント(GMail)取得用のIDとパスワードを書かせるという「事件」がかつてあったが(今やっているのか分からないが)、高齢者にメールアドレスと、付随するそれなりに複雑なパスワード決めて入力させるのは、困難を極める。かと言って、見ず知らずの店員に全てを教えるのもセキュリティ上の懸念を生じさせる。その後のパスワードの直し方を知らない。信頼出来る誰かが代行するのがいいのだろうか。

5,秘密の質問
 この項目には、過去の事象を入力させることが多い(例:中学校の時の親友の名前)が、これを見た高齢者が一言。「そんな古いこと覚えてないよ(笑」

6,緊急連絡用のメールアドレス
 AppleID取得時に聞かれる緊急連絡用のメールアドレス。そもそもメールアドレスがないからiCloudメールを取得した上で、AppleIDを取得しようと試みているのだが・・・

高齢者へのiPad導入を阻んだiOSのUI/UXの話 | 株式会社たからのやま.

Googleの精神―ラリー・ペイジ、「競争なんてくだらない。イノベーションこそすべて」と吼える | TechCrunch Japan

私は多くの会社の経営のやり方は深刻に間違っているのではないかと心配している。メディアの報道を読むと、Googleは、あるいはテクノロジー企業の多くはいつも互いに競争していることになっている。まるでスポーツの試合の記事のような報道の仕方だ。しかし競争のみから何か本当に優れたものが出てきたためしはほどんどない。

毎日会社に来てやることといえば、自分とほぼ同じようなことをしている同業のライバルの頭をどうやったら思い切りひっぱたけるかなどと考えるだけの仕事のどこが面白いのだろう? そんことをしているからほとんどの会社は次第に衰退していくことになるのだ。つまらない改良をいくつか加えているとはいっても、毎日基本的に同じことを繰り返しているだけだ。よく知ったことだけやっていれば失敗しないと思うのは人情だが、逐次的な改良を繰り返していればいつか必ず時代遅れになる。特にテクノロジーの世界では非逐次的な、劇的なイノベーションがよく起こるのだからなおさらだ。

だからCEOとしての私の重要な仕事は社員を逐次的改良ではないようなイノベーションに立ち向かわせることだ。たとえばGmailだ。Gmailを発表したときわれわれはまだ純然たる検索エンジン企業だった。それだけでもメール・サービスに乗り出すのは冒険だったが、Gmailは当時のどのウェブメールと比べても100倍以上の無料ストレージを提供した。こういうプロダクトは逐次的な改良をやっている頭からはとうてい発想できないものだ

引用元: Googleの精神―ラリー・ペイジ、「競争なんてくだらない。イノベーションこそすべて」と吼える | TechCrunch Japan.