タグ別アーカイブ: EU

パイント・グラス – Wikipedia

英国では生ビールを英式計量(英: Imperial measure、Pint#Effects of metricationを参照)で販売しなければならない。英国の法律では1パイントのビールが実際に1パイントであることを保証するために一定の手順を規定している。これは所謂「計量ディスペンサー」(計量検定済ポンプ)を使用することで保証されるが、より一般的には認定された1パイント・グラスを使用することで保証されている。最近まではグラス表面に王冠マークと番号がエッチングされていたが、EUの指導でEU域内と同調して現在はCEの文字と共に「PINT」の文字をエッチングしなければならないようになっている(保守党は、王冠とCEの双方のマークを使用するようにという運動を行っている[2])。番号は、グラスの容量を認定した当局と関連している[3][4]。この他の計量検定された何らかの手段を使用せずに容量の決まっていないグラスでビールを販売することは違法である。ハーフ=パイントや1/3パイントのグラスもあり、同じ法律で規定されている。

引用元: パイント・グラス – Wikipedia.

信号ナシ・速度無制限でブッ飛ばせる「自転車ハイウェイ」が誕生へ – GIGAZINE

ドイツには速度無制限区間があることで知られる高速道路「アウトバーン」がありますが、新たに「自転車用アウトバーン」とも呼べる自転車専用の高速道路の建造が始まっています。最終的な全長は100km以上になり、最初の5kmが完成済み。主要な10都市と4つの大学につながる予定で、労働者や学生が自転車通勤することで運動不足を解消できるほか、都市部の渋滞緩和、大気汚染の改善、などのメリットが期待されています。

幅が4メートルの自転車専用の高速道路には信号がなく、追い越し車線も設けられており、自動車道の交差点がある場所には、地下道または陸橋が設置されるため、自転車でよどみなく走行できるように設計されています。道路から2km圏内に200万人が生活しており、照明があるため夜間も走行可能で、冬季は除雪も行われるとのこと。

すでに建造済みの5kmの建設費用は、欧州連合(EU)が50%、ノルトライン・ウェストファーレン州が30%、地域開発団体RVRが20%という割合で分割されています。最終的に100km以上の自転車用高速道路を設けるには、1億8000万ユーロ(約235億円)が必要になると試算されており、資金調達が大きな課題となります。電動自転車や電動アシスト自転車の需要増加による援助も期待されており、自転車用高速道路が完成すれば、「毎日5万台の自動車の走行減少につながる」と、RVRは予想。ドイツ国内旅行の10%が自転車で行われていることから、ドイツ自転車協会(ADFC)は、「自転車インフラ」という交通インフラの一種として「政府の輸送関連予算の最低10%を受け取れるはず」と主張しています。

引用元: 信号ナシ・速度無制限でブッ飛ばせる「自転車ハイウェイ」が誕生へ – GIGAZINE.

100年前の条約はまだ生きていた。オランダ大使館で聞いた日本人が知らない特権 | ライフハッカー[日本版]

── 日蘭通商航海条約が復活するきっかけとなった、松風館の裁判について詳しく教えていただけますか?

カイパース氏:松風館はオランダのロッテルダムにある日本をテーマにした文化会館で、2012年に日本茶室と庭園の建設のために日本から宮大工を招聘しました。当時、日本人がオランダで働くためのハードルは高く、EU諸国で適切な人材がいなかったと雇用主が証明する必要がありました。その上さらに、労働許可を取得する必要がありました。これはオランダ国内の雇用機会を守るための仕組みですが、松風館の場合は日本独特の建築技術が必要とされることから、宮大工の雇用には労働許可の取得は必要ないと考えていました。しかし、オランダ労働局はこの就労を違法として6万ユーロ(約780万円)の罰金を課しました。

その後、松風館はこの労働局の判断を不服として裁判を起こすことになるのですが、これは自然な成り行きだったと思います。松風館は財団法人ですから、罰金が高すぎて払えなかったという背景もあるでしょう。

そして、裁判の中で松風館側の弁護士が展開したのが、1912年に締結された日蘭通商航海条約を根拠として「オランダにおける日本人の労働許可取得は必要ない」という主張でした。この主張が認められて、松風館は勝訴しました。

── 日蘭通商航海条約について、オランダ政府はその時点まで知らなかったのですか?

カイパース氏:知りませんでした。私は企業誘致局で働いていますので、もし既に知っていたら仕事で必ず利用していたはずです。なので誰も知りませんでした。まさにサプライズです(笑)。

引用元: 100年前の条約はまだ生きていた。オランダ大使館で聞いた日本人が知らない特権 | ライフハッカー[日本版].

陸上金メダリストの「女性化」にキレた米FOXニュースのご乱行 | アメリカ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

保守系の米報道番組FOXニュースは、やはりLGBTがお嫌いなようだ。陸上競技のオリンピック金メダリストで4月にトランスジェンダー(体と心の性が一致しない人)だとカミングアウトしたブルース・ジェンナーを、放送で侮辱しまくったのだ。

ジェンナーが女性的になるための整形手術を受け、ケイトリン・ジェンナーとなってファッション誌バニティ・フェアの表紙を飾ったのがよほど我慢ならなかったらしい(報道によると、ジェンナーは性転換手術はまだ受けていない)。FOXの男性キャスターたちは、カミングアウト後は自分のことを「ケイトリン」「彼女」と呼んで欲しいというジェンナーの希望をあざ笑うかのように、彼女を繰り返し「彼」と呼び、バニティ・フェアの表紙に「なんだよこれ!」と毒づいた。

解説者のチャールズ・ペインを紹介する際には、ふざけて「シャーリーン・ペイン」と女性名で呼んで笑いを取る始末。ジェンナーについての意見を求められたペインも「こんな時代だからね」と、現代を退廃したローマ帝国末期になぞらえた。

金メダリスト カミングアウトする前のブルース・ジェンナー(右)と当時の妻クリス(2009年) STEVE MARCUS-REUTERS

FOXほど悪質でなくとも、他のメディアも似たり寄ったりだ。AP通信はジェンナーを「彼」としてツイートし、後から削除。ニューヨーク・ポスト紙は「HERE "SHE" IS」(これが"彼女"だ)と揶揄した。

引用元: 陸上金メダリストの「女性化」にキレた米FOXニュースのご乱行 | アメリカ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

ミス・ユニバース代表の宮本さん、日本が変わること期待 | エンタテインメント | Reuters

2015年ミス・ユニバース日本代表となった宮本エリアナさん(20)は、日本人の母と米国人の父を持つ。自分が日本代表に選ばれたことで、日本人のアイデンティティに対する考え方が変わることを期待している。

宮本さんは日本生まれの日本育ちで、アフリカ系アメリカ人の父を持ついわゆるハーフ。173センチの長身と濃い肌の色は日本人としてはめずらしい容姿。

宮本さんは、自分のバックグラウンドでは優勝できないと思い、当初コンテストの応募は考えていなかったという。ただ、自分と同じハーフの親しい友人が自らの命を絶ったことをきっかけに、応募を決心したという。

宮本さんは「日本人に受け入れられていない気がする。そのため、自分を受け入れることもできないと」と友人から相談を受けていたと明かし、「友人のためにもうちょっと世の中を、日本の世の中を変えたいと思った」と述べた。

先月日本代表に選ばれてからネットには、宮本さんの容姿について「日本人らしくない」など、心ないコメントが多く寄せられた。

宮本さんは、日本の公立学校に通っていた時も、容姿についてよくからかわれた。レストランでは英語のメニューを出されるなど、いつも外国人扱いされるという。

ただ、一橋大学の研究者ドボルザーク・グレゴリー氏は、状況は変わりつつあると指摘。日本人とは異なる様々な顔の人が日本語を話し、日本の社会でうまくやっていける、ということを若い人は受け入れつつある、との見方を示した。

宮本さんは、日本は変わろうとしているので、もっと変われるよう貢献したい、と意気込みを語った。

引用元: ミス・ユニバース代表の宮本さん、日本が変わること期待 | エンタテインメント | Reuters.

欧州電力界、日食で「前例ない試練」 太陽光発電ほぼ全停止へ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

欧州では、20日に起きる日食によって太陽光発電が一時的にほぼ全て停止する見込みで、電力各社はこの「前例のない」試練への備えを進めている。

 欧州送電系統運用者ネットワーク(European Network of Transmission System Operators for Electricity、ENTSO-E)はこのほど、「問題が起きるリスクを完全には排除できない」と発表。現在の太陽光発電量は、欧州で最後に日食が観測された1999年当時の発電量の100倍に達している。

 ENTSO-Eは「日食は以前にも起きているが、光起発電設備の導入増加を受け、適切な対応策を取らなければ問題発生リスクが深刻化する恐れがある」「欧州電力システムの安定した運用に、日食関連の影響が及ぶことが予想されるのは今回が初めてだ」と警告している。

 日食は、20日午前9時から正午にかけ、ポルトガルからフィンランドに至る欧州全土を横断する。午前中に日食が太陽を隠すまでの時間が快晴の場合、日食によって発電量が3400万キロワット(kW)急減する恐れがある。これは、中規模の従来型発電所80か所分の発電量に相当する。日食が始まるまでの空が快晴の場合、太陽光発電量の減少率は最大75%に達する可能性がある。

 欧州各国の送電網を運用する電力各社は、太陽光を発電源とする電力が一瞬にして失われる事態に備えるため、前例のない危機管理計画の導入を図ってきた。

引用元: 欧州電力界、日食で「前例ない試練」 太陽光発電ほぼ全停止へ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

格差拡大を非常に憂慮、過去100年で最大水準近く=イエレン議長 | Reuters

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は17日、所得や富の格差拡大を「非常に」憂慮しているとの認識を示した。地区連銀主催の会議での講演原稿で明らかになった。

最近の市場のボラティリティーや金融政策には言及しなかった。

議長は「過去数十年間の格差拡大を要約すれば、富裕層の所得や富が著しく増大する一方、大半の所得層では生活水準が低迷している状態と言える。このことは明白だ」と指摘した。

そのうえで「こうした傾向が、わが国の歴史に根ざした価値観、中でも米国民が伝統的に重きを置いてきた機会の平等に照らしてどうなのかと問うことが適切だ」と話した。

FRBが前月公表した調査によると、米国の所得格差は昨今の金融危機で拡大し、富は上位3%の富裕層に集中していることが分かっている。

イエレン議長は、過去2年の住宅価格の持ち直しが低所得層の富の回復に寄与したとの認識を示した。

一方で、高等教育の費用増加など、機会均等の欠如を招く原因について複数言及。ビジネス形成の鈍化が生産性を抑制する可能性があり、経済機会への新たな脅威になっていると指摘した。

また学校予算に関し他国との比較に言及したほか、一部推計によると「所得と富の格差は過去約100年で最大の水準に近い」とも述べた。

議長は、この会合で質問は受け付けず、最近の市場急落を受けた米経済の見通しにも言及しなかった。

引用元: 格差拡大を非常に憂慮、過去100年で最大水準近く=イエレン議長 | Reuters.

ボスマン判決 – Wikipedia

ボスマン判決以降、クラブにとっては従来の移籍金によるビジネスを行う事は難しくなった。現在では、5年や6年という長期間の契約を結んで、残った契約を買い取ってもらう方法で実質的な移籍金を得ている。逆に選手側では、移籍のハードルを低くするために長期の契約を結ばない者もいる。

一方で、EU域内の選手保有が制限されなくなった事を受けて、EU内のビッグネームの選手をかき集める事も可能になり、選手の流動化、リーグのマネーゲーム化、国際化が急激に加速することになった。ただし、こうした強化策が可能なのはごく一部のクラブに限られている。

2005年4月には、EUでの労働条件についてEU協約を結んでいるEU域外諸国(ロシアなどの東ヨーロッパ諸国、およびイギリスやフランスの旧植民地であったアフリカ諸国の多くがこの協約を結んでいる)についても、ボスマン判決が適用される旨の判決が欧州司法裁判所で下された。

引用元: ボスマン判決 – Wikipedia.

ボスマン判決 – Wikipedia

ボスマン判決の由来となったジャン=マルク・ボスマン(Jean-Marc Bosman)は、ベルギーリーグ2部のRFCリエージュの選手であったが、1990年同クラブとの2年契約が完了し、その後オファーのあったフランス2部リーグのUSLダンケルクに移籍しようとした。ところがRFCリエージュがこの移籍に難色を示しボスマンの所有権を主張して移籍を阻止しようとした。これに対してボスマンはクラブに対して所有権の放棄を求めてベルギー国内の裁判所に訴え出た。この訴訟はボスマンの全面的な勝訴に終わった。

ここまでであればボスマンとRFCリエージュだけの問題で終わっていたのだが、ボスマンは更にヨーロッパサッカー連盟(UEFA)を相手取って

クラブとの契約が完全に終了した選手の所有権を、クラブは主張できない(つまり契約が終了した時点で移籍が自由化される)事の確認

EU域内であればEU加盟国籍所有者の就労は制限されないとしたEUの労働規約を、プロサッカー選手にも適用するべきである

とする内容の訴えを欧州司法裁判所に起した。

この訴訟は様々なプレッシャーを受けながらも、結局ボスマン側の勝訴に終わり上2点の要求は完全に認められた。これによりボスマンは、サッカー選手としてのキャリアに華々しさは無いものの、1990年代後半以降のヨーロッパのサッカーシーンにおいて最も有名なサッカー選手の一人となった。

引用元: ボスマン判決 – Wikipedia.

もはや日本人はプレミアでプレーできない!? : コラム | J SPORTS

この新規定の制定の背景には、イングランド代表の弱体化があり、その理由として、プレミアリーグでプレーするイングランド人選手の出場率が全体の3分の1に満たないという現実がある。そのために何らかの規定を設ける必要があったのだろう。

だが実態はEU籍選手がイングランド人選手の出場機会を奪っているケースがほとんどだ。しかしEU籍選手のイングランド流入を止めることは、EU法に抵触するためできない。そこで非EU籍選手が「スケープゴート」にされたのである。FAとしては、「イングランド人の出場機会を守るために規制しています」と言いたいのだ。もっとも、自ら「非EU選手は、あまりに平凡な選手が多すぎた」と理由を挙げており、イングランド人選手の出場機会を奪っている、という論理は成り立たないのだが…。

引用元: もはや日本人はプレミアでプレーできない!? : コラム | J SPORTS.