タグ別アーカイブ: DNA

できればやり直したい焼豚のはなし|DNA of DeNA

誰かの期待に沿うように頑張っているとこのような顛末になることがある。ちょっとしたサービス精神から始まった小さな演技でだんだん身動きできなくなり、イップスになり、生産性が落ちる上に自分の好きなものを手放さなければならなくなる。一人として悪意ある人はいないのに、誰も幸せにならない。 焼豚は嫌いだが大事なことを教えてくれた。なるべく嫌なことは嫌だとあらかじめ言って、これからはできるだけ正直に生きようと思う。

引用元: できればやり直したい焼豚のはなし|DNA of DeNA.

メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

トラフサンショウウオ属のサラマンダーのうち、メスだけで生殖できる系統は600万年以上前に枝分かれしていることから、この方法には何らかの利点があるに違いないとデントン氏は言う。そうでなければ、これほど長期にわたって系統が保たれるはずがないからだ。

手がかりの1つが、メスのみのサラマンダーは、集団に属さない近縁種のオスが生息地に残していく精子からDNAを盗むということだ。メスはそのDNAを卵の授精に使うわけではなく、自分自身のゲノムに単に加えるのだ。(参考記事:「精子は“兄弟”認識、群れで卵子目指す」)

したがって彼女たちの中には、たいていの動物のように染色体を2本1対ではなく、3本、あるいは4本を1組として持つ者がいる。

引用元: メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト.

細胞に機能追加するプログラミング言語、MITが開発 – ITmedia ニュース

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、DNAに作用し、大腸菌に新たな機能を追加する“細胞用プログラミング言語”を開発した。コンピュータでプログラミングをするのと同じ感覚で、テキストベースで設計するのが特徴だ。

MITのサイトより

グルコース濃度や酸素レベルに応じ、意図した反応を返すようにプログラムできる。デジタル回路を設計する言語「Verilog」をベースとし、DNAの各部位や役割、他の部分との連携など、遺伝子工学の知識がなくても設計可能だ。「高校生でも、望み通りのプログラムを組める」とうたう。

研究チームによる初回テストでは、60種類の回路をプログラムし、うち45個が正常に機能したという。ほとんどの回路は1種類の機能しか持たないが、異なる3種類の機能を持ち、優先度に応じて反応を返す回路も設計した。

従来、DNA回路の開発には数年を要したが、同言語を使えばボタンを押すだけで、すぐにテストでき、研究時間の短縮にもつながるという。

現在は大腸菌でしか機能しない言語だが、他の菌との互換性も持たせる展望。将来的には、がん細胞を検知すると抗がん作用のある酵素を作り出す機能などへの活用を見込む。ユーザーがWeb上でプログラムを設計できるインターフェースも用意する予定だ。

引用元: 細胞に機能追加するプログラミング言語、MITが開発 – ITmedia ニュース.

30年半凍結後に蘇生=南極のクマムシ、最長記録―回復遅いが産卵も・極地研 (時事通信) – Yahoo!ニュース

南極の昭和基地近くで採取し、30年半にわたって零下20度で凍結保存していたコケから微小な動物「クマムシ」を取り出したところ、蘇生して産卵もしたと、国立極地研究所の辻本恵特任研究員らが14日発表した。

乾燥して生命活動が止まる「乾眠」状態では、室温で9年保存後に蘇生した例があるが、大幅に上回る最長記録となった。

クマムシは昆虫などの節足動物に近い緩歩(かんぽ)動物で、さまざまな種が陸上の土や海、川などに生息する。乾眠状態では100度以上の高温や高圧、宇宙の真空と強い放射線に耐えた記録がある。

辻本氏は「解凍、給水後に動いたかな、と気づいた際は感動した。DNAの損傷や修復について調べ、凍結状態でも長期生存できるメカニズムを解明したい」と話した。論文は国際的な低温生物学誌に掲載された。

引用元: 30年半凍結後に蘇生=南極のクマムシ、最長記録―回復遅いが産卵も・極地研 (時事通信) – Yahoo!ニュース.

受け継がれるDNA、ジダン次男がヘッドバットで退場 (GOAL) – Yahoo!ニュース

血は争えない。「ジネディーヌ・ジダンの息子がヘッドバットで退場した」と、各国で盛り上がっている。

元フランス代表のジダンは、2006年のワールドカップ決勝でイタリア代表のマルコ・マテラッツィに頭突きを見舞った。この事件は今でも有名だが、その遺伝子が息子にも受け継がれていたというのだから驚きである。

ジダンには4人の息子がおり、いずれもレアル・マドリーの下部組織でプレーしている。今回は次男でGKをしている17歳のルカが退場となった。

レアル・マドリーの下部組織とアトレティコ・マドリーの下部組織のダービーマッチ。両チームともヒートアップする中でルカは、頭が出てしまった。

父親のマテラッツィに対する頭突きとは違い、相手の額に頭を押しつけるような形だったものの、伝説的な選手の息子が同じ過ちで退場となったことは、大きな注目を集めている。プレーヤーとしての才能も受け継いでいることに期待したい。

引用元: 受け継がれるDNA、ジダン次男がヘッドバットで退場 (GOAL) – Yahoo!ニュース.

クマムシに大量の外来DNA、驚異の耐久性獲得の一助に? 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

クマムシは、遺伝子の「水平伝播」によって外来遺伝子を獲得する。これは、DNAを親から継承するのではなく、生物種間で遺伝物質を交換することを指す。ブースビー氏は「遺伝子の水平伝播はより広く受け入れられ、知られるようになってきており、進化と遺伝物質の継承、ゲノムの安定性についての知識を変えつつある」と語る。

外来DNAは無作為にゲノム内に取り込まれるとみられるが、ゲノム内に残るこのDNAのおかげで、クマムシは非常に過酷な環境でも生存できるのだという。

研究チームによると、クマムシのDNAは、極度の乾燥状態などの極めて強いストレスにさらされると細かく断片化される。細胞に水分を戻すと、DNAを格納している細胞核と細胞膜は一時的に物質を通しやすい状態になり、水分子以外の大型分子も容易に通過できるようになる。細胞が水分を取り戻すにつれて、クマムシ自身の断片化したDNAが修復されると同時に外来DNAが取り込まれ、異種生命体から伝播される遺伝子の「パッチワーク」が形成される。

「よって、生命の『系統樹』について考えるのではなく、生命の『クモの巣』や、枝から枝へと横断する遺伝物質を考えることが可能になる」とブースビー氏は説明した。

引用元: クマムシに大量の外来DNA、驚異の耐久性獲得の一助に? 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表 – ITmedia ニュース

つまり日本のミジンコは、(1)遺伝的に北米産ミジンコと同じ、(2)北米産ミジンコとの雑種だが、国内で有性生殖をした形跡がない──ことから、日本固有種ではなく北米からの外来種と結論付けた。日本の池に住むミジンコは、北米から来た4個体の雌から単為生殖だけで増え続けたクローンということになる。

ミトコンドリアDNAの変化を調べて時間的な手がかりを推定する手法(分子時計)によると、4タイプのうち西日本で採取された2タイプはごく近年のものだと分かった。一方、日本に広く分布する残り2タイプは、700~3000年前に日本に来たらしいことが推定された。

最近やってきた2タイプについては外来魚の放流などが考えられるが、ずっと以前に住み着いた2タイプの侵入ルートは謎だ。渡り鳥に付着していたのだとしら、定期的に侵入することでもっと遺伝的に多様になっているはずだという。

有性生殖には、遺伝子組み換えにより変化し続けることで寄生などに対抗するメリットがあるという説(赤の女王仮説)がある。絶対単為生殖型の生物はクローン(コピー)であり、遺伝子組み換えがないため新たな病気などに弱く、ミジンコでは約1000年で集団が寿命を迎えるという計算もあるという。日本のミジンコは雄を受け入れられないため、「もし新たな移入個体がなければ、ミジンコは日本からやがて消えてしまうことになる」という。

引用元: 日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表 – ITmedia ニュース.

DARPAの誘導ライフル弾EXACTO、連続発射動画を公開。初心者も動く標的に命中 – Engadget Japanese

DARPA が昨年初公開した EXACTO EXtreme ACcuracy Tasked Ordnance は、弾丸自体にスラスターや制御機構を埋め込み、目標の位置や動きを認識する光学誘導システムと連携させ、発射後に目標を追跡させる兵器技術。動いて回避しようとする標的にも誘導・追従するほか、風など外部の影響による弾道のズレも修正します。DARPAいわく、狙撃でもっとも重要な初弾の有効性を大幅に向上させ、従来よりもさらに遠距離からの狙撃を可能にするとともに、外して反撃されることによる味方の人的被害も抑えることが狙い。新たに公開されたEXACTOの実射試験映像では、熟練した狙撃手がEXACTOシステムを用いることで、加速して動く避ける標的にも連続して的中させる様子、さらにシステムを使用したことがない狙撃手でも動く標的に命中させる様子を示しています。EXACTO誘導弾の発射に使われたのは通常のライフル。一方でライフル弾に組み込まれたスラスターや制御システムについて、また光学ガイダンスシステムについては、軍事技術とあって詳細は公開されていません。

引用元: DARPAの誘導ライフル弾EXACTO、連続発射動画を公開。初心者も動く標的に命中 – Engadget Japanese.

一卵性双生児の DNA 識別方法、英大学が開発。双子がらみの犯罪捜査に活用 – Engadget Japanese

ちなみに、いくら一卵性双生児といっても遺伝子によらない部分の特徴は異なります。たとえば指紋やほくろの場所、瞳の虹彩パターン、腕の静脈パターンなど。このため指紋や虹彩などをつかった生体認証システムは、簡単に一卵性双生児を見分けることが可能です。

引用元: 一卵性双生児の DNA 識別方法、英大学が開発。双子がらみの犯罪捜査に活用 – Engadget Japanese.

一卵性双生児の DNA 識別方法、英大学が開発。双子がらみの犯罪捜査に活用 – Engadget Japanese

一卵性双生児であってもまったく同じ環境でまったく同じように育たないかぎりは、その育った環境や生活習慣によって遺伝子配列が化学反応を起こす「DNA メチル化」現象に差が現れます。DNA メチル化そのものは正常な反応であるものの、この差が HRMA による実験では遺伝子の水素結合が切断する温度の違いとなって現れます。

この方法を使えば、もしも犯罪現場で採取された容疑者の DNA が一卵性双生児のものであっても、2~3時間程度あれば容易に二人のうちどちらのDNAなのかを判別できることになります。

ただ、この方法には比較的多くのサンプルが必要です。もし採取した DNA の量が少なかった場合は、はっきりとした判別ができない場合も考えられます。また鑑定対象の年齢が低く、DNA メチル化が進んでいない場合も識別は難しいことが予想され、どんな場合でも使える鑑定方法とは言い切れないのが残念なところです。

引用元: 一卵性双生児の DNA 識別方法、英大学が開発。双子がらみの犯罪捜査に活用 – Engadget Japanese.