タグ別アーカイブ: CNET Japan

「30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと」:Hiroshi Maruyama’s Blog – CNET Japan

文書主義という考えがあります。官僚機構の中では、大量の文書が作られ、それが非効率性の一因にもなっています。私のいる組織でも、ありとあらゆる意思決定が、形式上会議を通して行われ、それがすべて文書化されています。明らかに一度しか使われないと思われる規定が、そのたった一度のためにルールとして制定されたりしているのです。しかし、この本で宇佐美さんは、文書主義は歴史の要請によって出てきたものだ、と教えてくれます。つまり、独裁政治が次々に倒れて民主主義の世界になると、ふたたび独裁政治を産まないように、「特定の誰かの指示によってではなく、『その国の国民全員で決めた文書』に基づいて政治を行うという原則」を体現したものが文書主義だと言うのです。

引用元: 「30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと」:Hiroshi Maruyama's Blog – CNET Japan.

飛行石が入っていそうな空中浮遊する盆栽「Air Bonsai」 – CNET Japan

エアギターというと、ギターなしでギターを弾いているかのように見せるお遊び。これに対し、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の日本発キャンペーン「Air Bonsai」(エア盆栽)は、文字通り空中浮遊する盆栽だ。

空中浮遊する盆栽(出典:Kickstarter)

Air Bonsaiは、通常の盆栽で植物を植える“鉢”のような形をした「energy base(エナジーベース)」と、植物を入れる「little star(リトルスター)」で構成される。little starがクルクルとenergy baseの上を2cmほど離れて浮遊するようすは、まさに「空中盆栽」といえる。

引用元: 飛行石が入っていそうな空中浮遊する盆栽「Air Bonsai」 – CNET Japan.

Twitterアカウントは4つ持ち–本音が言えない女子高生が向かう先 – CNET Japan

高校2年生女子A花はTwitterアカウントを4つ使い分けている。本名登録の表アカウント、中学時代からの親友たちしか知らない匿名の裏アカウント1、趣味のアニメについて情報を集めたり語ったりする裏アカウント2、怒りや不安などの黒い気持ちや愚痴などをぶつけるための裏アカウント3があるという。それぞれで人間関係や付き合いがあり、その時々で使い分けているそうだ。

「クラスの友だちは表アカウントしか知らないはず。仲良くしてるけど、他のアカウントのことは基本言わない。趣味が合う一部の子には、アニメのアカウントのことを教えることもある。一番心が許せるのが親友しか知らないアカウント。よく馬鹿話とかしている。誰も知らないのが黒アカウント。友だちには知られたくないけどどうしても誰かに聞いてほしいことをはき出している」。

LINEではないのは、「返事がほしいわけではないから」だ。LINEでは返事を求めているようで書きづらいが、Twitterなら返事を求めるわけではないが誰かが読んでいるというのがちょうどいいようだ。

では、本名の表アカウントではどんなことをツイートしているのだろうか。「クラスでは明るいキャラだから、面白いことしか言わない。ネタツイートとかしたり、クラスの友だちにからんだりしている」とA花。「クラスに面白キャラがいなかったから面白キャラになった。面白さしか求められていないと思うから、他の部分は他のアカウントで出している」。

A花は、表アカウントで出せない部分や周囲には求められていないと思う部分を、他のアカウントでカバーしている。「悩みがなさそうでいいね」と言われて腹を立てた時とか、将来に対する不安とか、両親と喧嘩した時の怒りなどは全部黒アカウントにぶちまけている。「4つのアカウント全部で私だから、全部のアカウントが必要。使い分けられなくなったらパンクする」。

引用元: Twitterアカウントは4つ持ち–本音が言えない女子高生が向かう先 – CNET Japan.

IBMの人工知能「Watson」、料理本を発売へ–考案したレシピを収録 – CNET Japan

コンピュータは人間を追い抜くのではないか、と懸念するあらゆる人にとって、IBMの「Watson」はコンピュータの優位性を示す興味深い事例だ。Watsonは既に米国のクイズ番組「Jeopardy」で人間を破った。今回は、創造的な食材の組み合わせで人間に感銘を与えている。今週、「Chef Watson」(Watsonの派生プロジェクトで、食べ物に重点を置いている)が独自の料理本を発売する予定だ。そのタイトルは、「Cognitive Cooking with Chef Watson: Recipes for Innovation from IBM & the Institute of Culinary Education」(Chef Watsonの経験的知識に基づく料理:IBMとThe Institute of Culinary Educationが提供する革新のレシピ)という舌を噛みそうな名前だ。

「Cognitive Cooking」には、Watsonのコンピュータ頭脳が生成した65種類のオリジナルレシピが収められている。IBMは、「このレシピ集のベースとなっているのは、フレーバー化合物や食べ物の組み合わせに関する理論、人間の嗜好性の心理に対するWatsonの理解だ」と話す。Chef Watsonの頭脳には、何千種類ものレシピや料理の材料、楽しい組み合わせ、食べ物の化学組成に関するデータが豊富に収められている。

Chef Watsonが得意にしているのは、独特の組み合わせを考え出すことだ。Watsonはコンピュータなので、「こんな味を組み合わせても上手くいくはずがない」「シーザーサラダでトルコ料理と韓国料理を組み合わせるなんてばかげている」といった条件反射的な心理的障壁がない。Watsonはデータとあらゆる可能性を扱うが、その結果、風変わりな人間のシェフでも思いつかない独創的なものが生まれることもある。

Cognitive Cookingには、トルコ風ブルスケッタ(ナスビとウルシ、パルメザンチーズ)、インド風ターメリックパエリア、スイス/タイ風アスパラガスキッシュなどのレシピが含まれる。これらのレシピを見ると、Watsonが世界の料理を積極的に組み合わせようとしていることが分かる。

「Cognitive Cooking」は米国時間4月14日にハードカバー版が発売される予定だ。

引用元: IBMの人工知能「Watson」、料理本を発売へ–考案したレシピを収録 – CNET Japan.

リバーシブル仕様の新USB規格「Type-C」、仕様策定が完了 – CNET Japan

USB 3.0 Promoter Groupが、新しいUSB規格の策定作業を完了したと発表した。

2013年12月に発表された「USB Type-C」と呼ばれる新たな仕様は、現行のUSBのデザインが抱える複数の問題点を解消する狙いがある。おそらく、最も歓迎すべき点は、リバーシブルなプラグの採用で(コネクタを)「正しい向き」にしなくてもよいことだろう。Appleの「Lightning」コネクタと同様、ポートに対して上下どちら向きでも挿入できる。

また、新しいUSBのデザインは、小さくモバイル端末にフィットすると同時に、ノートPCやタブレットにも使用できる頑丈な作りになっている。

USB 3.0 Promoter Group会長を務めるBrad Saunders氏は、「USB Type-Cコネクタに対する関心は、世界的なものになっているだけでなく、業界共通のものになっている」と述べた。「PC、モバイル、自動車、モノのインターネット(IoT)といった業界から、関係者がわれわれのところにやって来ており、この新たな規格に期待を寄せている。次世代のUSBコネクタを持続性の高い強固なソリューションとして標準化するため、業界リーダー間で広範で協力的な作業が行われてきたが、この仕様は、そうした取り組みが成就したものだ」(Saunders氏)

新たなUSB仕様は、「micro USB 2.0 Type-B」コネクタと同等の大きさで、ポートのサイズは8.4×2.6mmになっている。しかも、10Gbpsの「SuperSpeed USB」(USB 3.1)との互換性もある。また、最大100Wの「USB Power Delivery」にも対応し、スケーラブルな充電やUSB性能に対する将来的なニーズにも対応する。

当然のことながら、既存のUSBプラグやレセプタクルとの互換性はない。業界がゆっくりと新たな規格への移行に取り掛かる一方で、USB Type-Cは、さまざまな端末に使われている他のUSBポートと共存することになり、そして、まったく新しいケーブルやアダプタが提供されることで、消費者は既存のテクノロジとともに新たなコネクタを使用できるようになる見込みだ。

引用元: リバーシブル仕様の新USB規格「Type-C」、仕様策定が完了 – CNET Japan.

「Internet Explorer」の脆弱性、日本人ユーザーが対策ソフト公開 – CNET Japan

修正プログラムの提供を待つ間に、ソフトウェア技術者の西村誠一氏(@khb02323)が、この脆弱性の対策ができるフリーソフト「IE_Remove_VGX_DLL Ver0.1」を公開した。VGX.DLLの登録と解除(後述)が簡単にできるというもので、西村氏の運営するウェブサイトでダウンロードできる。 対策ソフト「IE_Remove_VGX_DLL Ver0.1」紹介ページ VGX.DLLを無効にすることは、修正プログラムの提供までの一時的な回避策として、マイクロソフトが推奨する方法の一つ。今回の問題をウェブサイトで取り上げた独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)でも、この方法を推奨している。 西村氏は、対策方法として推奨されている内容が専門知識のないユーザーにとっては難しいと考え、このフリーソフトを作ったとしている。「(VGX.DLLが)『ちゃんと解除できたのか?』、『ちゃんと登録できたのか?』が分かり難い問題点や、やり方をちょっと間違えると『解除が成功した様に見えて、実は解除が失敗してるケース』もある」とも記載している。

引用元: 「Internet Explorer」の脆弱性、日本人ユーザーが対策ソフト公開 – CNET Japan.

OAuthとOpenIDに深刻な脆弱性か–Facebookなど大手サイトに影響も – CNET Japan

シンガポールにあるNanyang Technological University(南洋理工大学)で学ぶ博士課程の学生Wang Jing氏は、「Covert Redirect」という深刻な脆弱性によって、影響を受けるサイトのドメイン上でログイン用ポップアップ画面を偽装できることを発見した。Covert Redirectは、既知のエクスプロイトパラメータに基づいている。

たとえば、悪意あるフィッシングリンクをクリックすると、Facebook内でポップアップウィンドウが開き、アプリを許可するよう求められる。Covert Redirect脆弱性の場合、本物に似た偽ドメイン名を使ってユーザーをだますのではなく、本物のサイトアドレスを使って許可を求める。

ユーザーがログインの許可を選択すると、正当なウェブサイトではなく攻撃者に個人データが送られてしまう。渡される個人データは、何を要求されるかにもよるが、メールアドレス、誕生日、連絡先リスト、さらにはアカウント管理情報にも及ぶ可能性がある。

アプリを許可したかどうかにかかわらず、標的になったユーザーはその後、攻撃者が選ぶウェブサイトにリダイレクトされ、そこでさらなる攻撃を受ける可能性がある。

引用元: OAuthとOpenIDに深刻な脆弱性か–Facebookなど大手サイトに影響も – CNET Japan.

ヤフー初の社員食堂「BASE6」がお披露目–業績で価格が変わるランチとは – CNET Japan

社員は料理を受け取る前に、備え付けられたタブレット端末に自身のスマートフォンをかざします。ヤフーの社員は約4500人いますが、BASE6は席数が約120席しかありません。そのため混雑軽減のために、同社の電子チケットサービス「PassMarket」を使ったネット予約制を採用しています。ランチメニューは週変わりとなっており、社員は月に4回まで社員食堂を利用することができます。

通常価格は1食540円ですが、3月末までは無料で提供するとのこと。また、4月以降は会社の業績に応じてランチ料金が変わる“業績連動型”を採用します。具体的には、前四半期の全社利益目標を達成すれば次の四半期のランチ料金が無料になり、未達成だった場合は410円(会社が130円負担)になるそうです。なお、食事の料金は給料から天引きされるため、財布を持ち歩く必要はありません。

引用元: ヤフー初の社員食堂「BASE6」がお披露目–業績で価格が変わるランチとは – CNET Japan.

フランスでタクシー運転手らが「Uber」車を襲撃 – CNET Japan

パリ発–複数のタクシー運転手が現地時間1月13日、パリ郊外でオンデマンド配車サービス「Uber」の車を襲撃した。Uberなどの企業による新手の競合サービスや新たな課税に抗議したものだが、このような行為によってその大義は損なわれている。居合わせた乗客の一人Renaud Visage氏が明らかにした。

Eventbriteの最高技術責任者(CTO)であるVisage氏は事件から数時間後、米CNETによる取材に対し、「無分別に車を攻撃するのは愚かなことだ。宣伝行為としてふさわしくない」と述べた。Visage氏は、次にパリ空港から帰宅する際には、タクシーではなく、Uber車を利用するつもりだと話した。

同氏によると、他の車の乗客の中には、車から道路脇に無理やり降ろされた人もいるという。

攻撃者らはUber車の窓ガラスを壊したり、タイヤを切り付けたりしたと、Visage氏や一緒にいた同僚のKat Borlongan氏は証言している。また、2人とも窓ガラスの破片で両手にけがを負ったという。

今回の襲撃は、タクシー運転手らが新たな課税に抗議するとともに、Uber、「LeCab」「SnapCar」「Allocab」などの配車サービスに異議を唱える中で起こった。これらのサービスは、スマートフォンアプリを使って迅速に車を捕まえられるようにするもの。タクシー業界のロビイストは12月、Uberのようなサービスに対し、実際に乗客をピックアップするまでに最低15分間の待ち時間を課す規則を設けることで大きな勝利を得た。この規則は、同国で1月1日から施行されている。

引用元: フランスでタクシー運転手らが「Uber」車を襲撃 – CNET Japan.

閉園後のディズニーランドを貸し切った謎解きプログラムが限定開催 – CNET Japan

オリエンタルランドは11月5日、同社が運営する東京ディズニーランドを舞台にした初の謎解きプログラム「魔法にかけられた夜の王国 奪われたハピネスを取り戻せ!」を開催することを発表した。日程は2014年1月19日、2月6日、2月13日の3日間限定となっている。

パーク閉園後の東京ディズニーランドを舞台とした夜の貸し切りプログラムで、各日1000人ずつ、計3000人限定。ゲストは、このプログラムだけに用意されたディズニーならではのオリジナルストーリーに登場する主人公となって、各テーマランドをめぐりながら手がかりを集め、数々の謎を解き明かしていくというもの。

専用パスポートは11月19日より発売。通常時間も東京ディズニーランドが楽しめる1デーパスポート付きで価格は1万500円。応募者多数の場合は抽選で、購入時には本プログラムのレベルにあわせた難解な謎が2問出題。その正解数によってチケット購入の当選確率が変動する仕組みとなっている。販売場所などについては、11月7日に開設される特設ページで案内するとしている。

引用元: 閉園後のディズニーランドを貸し切った謎解きプログラムが限定開催 – CNET Japan.