タグ別アーカイブ: CM

ボンカレー、広告宣伝費6割減でも売上増:日経ビジネスオンライン

レトルトカレーの代名詞、大塚食品の「ボンカレー」のテレビCMと聞いて思い浮かぶのは、松山容子か、ボンカレーゴールドの王貞治か、あるいは松坂慶子か。世代によって答えは変わろうが、いずれにしても有名人を起用したテレビCMを長年放映してきた、マス広告の象徴のような存在だ。発売から48年を数えるロングセラー商品である。

そのボンカレーが2013年に45周年を迎えて以降、テレビCMから撤退している。広告宣伝費を実に6割減らしたが、それでも売り上げは微増で推移しているという。CM撤退はマイナスに作用せず、代わって取り組んだ長尺の動画広告が、ターゲットに据えたワーキングマザー(ワーママ)に訴求した格好だ。

同社製品部レトルト担当プロダクトマネジャーの垣内壮平氏は、「アンケート調査をすると、ボンカレーの認知率は9割を超えている。テレビCMは新商品を広くアピールするには向いているが、15秒や30秒では生活者にとってボンカレーがどういう存在でありたいか、メッセージを伝えることは難しい。そこで今までの広告宣伝スタイルを見直し、PR中心で進めていこうと方向転換を図った」と説明する。

引用元: ボンカレー、広告宣伝費6割減でも売上増:日経ビジネスオンライン.

沢口靖子、最後のリッツパーティー開催 生配信&一般観覧も可能 | ORICON STYLE

ヤマザキナビスコのクラッカー『リッツ』が今月を持って製造終了することを受け、1988年より28年にわたって同商品のCMに出演し、その中で「リッツパーティー」を開催してきた女優の沢口靖子が、今月19日に“最後のリッツパーティー”を開催することが16日、明らかになった。

同社は今年2月、米モンデリーズ・インターナショナルとの製造・販売ライセンス契約を今年の8月末で解消し、45年以上も製造・販売してきたビスケットの「リッツ」や「オレオ」など4商品の製造を終了すると発表。9月1日より商号をヤマザキビスケットに変更する。

「リッツ」の終了に伴い、CMで友人たちと「リッツパーティー」を開催し、上に食材を乗せて食べる「オン・ザ・リッツ」を楽しんできた沢口を心配する声が、ネット上で大きな話題に。「沢口靖子がリッツパーティーをできなくなるのは一大事じゃないか!」「これから沢口靖子は何でパーティーをするの?」など、沢口とリッツパーティーの行く末を心配する意見が飛び交った。

そんな自身のイメージの一部ともいえる大事なイベントに区切りをつけるべく、“最後のリッツパーティー”の開催が決定。会場の東京・六本木のEXけやき坂スタジオに沢口が登場し、思い出話や過去のCMを振り返る。また、この模様は午後9時よりインターネットTV局「Abema TV」の『Abema Prime』にて生放送され、スタジオの一般観覧も可能となる。

なお、沢口は同社が9月から発売する新製品『ルヴァン』のCMキャラクターを務めることが決定している。沢口が新CMで“オン・ザ・ルヴァン”や“ルヴァンパーティー”をするのか、こちらも注目が集まる。

引用元: 沢口靖子、最後のリッツパーティー開催 生配信&一般観覧も可能 | ORICON STYLE.

消費者金融よりもテレビCMが目立つ、三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン。その背景をわかりやすく解説します。 – クレジットカードの読みもの

ただこの法律はあくまで貸金業(消費者金融やクレジットカード会社のこと)を規制するためのもの。もうおわかりかもしれませんが、銀行が個人にお金を貸す場合を規制する法律ではありません。

消費者金融:貸金業法の規制の対象

クレジットカード会社:貸金業法の規制の対象

銀行:貸金業法の規制対象外

そのため、改正貸金業法が施行された後には下記の表のような状況になりました。消費者金融は法律によってガチガチに規制されているのに、銀行がお金を貸す場合にはほぼなにも制約がない状況になったのです。

比較項目 消費者金融 銀行カードローン

貸出可能金額 年収の1/3まで 規制なし

収入証明書の提出 50万円以上の貸出で必要 提出の必要なし

専業主婦への貸出 ほぼ不可能 問題なく可能 

こうなると当然ながら、お金を借りたい…という時には消費者金融よりも銀行のカードローンを優先して借りる人が増えていく結果に。

なにせ銀行から借りる場合には収入証明書は不要だし、銀行からなら安全そうなイメージもある。どちらから借りたいかといえば、誰もが銀行のカードローンを選びますよね。そんな状況じゃ、消費者金融の貸出が細ってしまっているのも仕方ないところだと思います。

引用元: 消費者金融よりもテレビCMが目立つ、三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン。その背景をわかりやすく解説します。 – クレジットカードの読みもの.

サンフランシスコの住宅市場 – 山形浩生の「経済のトリセツ」

「実は……サンフランシスコとかで、その手の訴訟がやたらにあって、いま市内ではマンションがまったく建たなくなってるんだよねー」とのこと。

訴訟で? ぼくはてっきり周辺住民の建設反対訴訟かなんかだと思ったら、全然ちがった。

「いまは、マンションが建ったら、そこの住民管理組合が必ず建設会社を訴えるんだよ。施工に瑕疵があったといって、お金を取ろうとする。それが派手になりすぎて、もうどこの業者もマンションなんか建てなくなったんだ」

なんと! でも、施工に瑕疵がないことだってあるだろ?「必ず」ってことはないだろ?

「いや、『必ず』なの! 絶対に、あら探しすれば何かしら瑕疵なんて見つかるから! そしてそれ以上に、それ専門の法律事務所があって、あらゆる住民管理組合にそれをけしかけるの!おまえがテレビCMで見たのと同じだよ」

えー!!!! でも、管理組合だってそんなのいやじゃないの?うちはそんな卑しい真似しない、という倫理観のある管理組合だっているだろうに。

「それがねえ……」と友人は、言いにくそうに言った。「そうするとその法律事務所は、管理組合の委員長をつかまえて『お前はこの訴訟をしないことにより、この管理組合が得べかりし利益を逸失させている、ついては他の住民に対して、お前に対する損害賠償訴訟を起こすようけしかけるぞ』と脅すんだよ。住民は多いし、だれかがそんな訴訟に乗ってくる可能性はそこそこある。そんなの万が一おこされて負けたら、破産確実。みんなビビる。このオレだってやらざるを得なかったもん!」

うーん。アメリカは訴訟大国というのは、国民がみんな訴訟好きだということかと思っていたけれど、ちがうんだねー。訴訟しないから損害賠償! その発想はなかった。こうして、訴訟が訴訟を生み、法律事務所がマッチポンプ的に訴訟を作り出す世界があるのか……

引用元: サンフランシスコの住宅市場 – 山形浩生の「経済のトリセツ」.

サンフランシスコの住宅市場 – 山形浩生の「経済のトリセツ」

最近サンフランシスコにでかけることがあった。先進国は久々でなかなか新鮮ではあった。途上国が基準になってるもので、停電しないだけで感心したりするからぼくの感覚は当てにならないんだが、一つびっくりしたのは、テレビをつけたとき。ケーブル以外の、特に夜のネットワークテレビのCMが、弁護士事務所ばかりになっちゃっているのだ。

しかもその内容は、すべて「集団訴訟をしましょう! うちの事務所がすべてお手伝い! XX社の製品をこの時期に買った人はただちにお電話を!」というものばっか。うっひー。

そういえば、しばらく前にうちに突然、集団訴訟のお誘いがきたことがある。アメリカにいた頃に作った銀行口座をまだ残してあるんだけれど(小切手を切れるのは便利なときがあるもんで)、その銀行の利用者すべてに対して、何やらお手紙を送りつけてきているらしい。なんでも、その銀行が外貨取引かなんかのサービスを始めたときに、元本割れの危険性とかについて十分な説明を行わなかった、というもの。でも、ぼくはそのなんとかサービスなんか使ってもいないんだけど……

そう思って先を読み進めたら、ちゃんとそれが書いてある。心配ご無用! 別に実際に被害があったりする必要はない。その説明不足によって、あなたはひょっとすると損害を受けるリスクに曝されていた!したがってそれについて、銀行を訴えて損害賠償をむしり取る正当な権利がある!あなたは同封の同意書にサインして送り返すだけ! あとは当法律事務所にお任せを! あわよくば大金が転がり込みますぞ!

たぶん、読者のみなさんの多くは、こんなのを読んだだけでゲンナリすることだろう。たいがいの人は、この発想自体に嫌悪を示す。でも、当然ながら、たぶんこんなものでも大量に送ったら、ひょっとして自分に得があるかもと欲を出す連中が一定の割合いて、訴訟が成立しちゃうんだろう。

引用元: サンフランシスコの住宅市場 – 山形浩生の「経済のトリセツ」.

「正露丸」ラッパのメロディー音を商標に 大幸薬品が出願 – ITmedia ニュース

大幸薬品は、「正露丸」のCMで使用しているラッパのメロディー音を商標登録を出願した。商標法の改正で音や色などの商標が認められるようになったのを受け、「音商標によるブランドイメージの保護を目指す」としている。 同社によると、ラッパのメロディは1951年にラジオCMで初めて使用。製品パッケージにあしらわれているラッパのマークを想起させ、メロディと店頭にあるパッケージをリンクさせる「ブランディング戦略」だったという。 出願したのは、CMに使っているトランペットによるメロディー(音譜と音声ファイル)。除菌製品「クレベリン」の歌詞付きサウンドロゴも出願した。 商標法の改正で、企業が使っている音や色を単独で商標として登録できるようになり、4月1日から出願受け付けが始まった。

引用元: 「正露丸」ラッパのメロディー音を商標に 大幸薬品が出願 – ITmedia ニュース.

ロイターニュース&マネー トップページ

米ファストフード大手マクドナルド(MCD.N: 株価, 企業情報, レポート)は4日、米国部門が今後2年をかけ、ヒトに使用される抗生物質を投与し飼育された鶏肉の購入を段階的に中止していく方針を発表した。

マクドナルドの北米サプライチェーンのシニアバイスプレジデント、マリオン・グロス氏は、新たな措置をめぐり、米食肉加工最大手タイソン・フーズ(TSN.N: 株価, 企業情報, レポート)など、国内の鶏肉業者と連携していると語った。

鶏ふ化場での抗生物質投与も対象となるが、ヒトに使用されないイオノフォア抗生物質を「節度を持って使用している」養鶏所の鶏肉については、今後も購入していくという。

今回の措置が実施されるのは、米国内の約1万4000店。海外で展開する約2万2000店は含まれない。

抗生物質の効かない薬剤耐性菌「スーパーバグ」の感染への懸念が高まる中、消費者擁護団体や公衆衛生の専門家の間からは定期的に家畜に抗生物質を投与する慣行を批判する声が上がっている。

マクドナルドの発表した方針は、食品・レストラン大手による最も積極的な措置で、養鶏所が今後慣行の転換を迫られる可能性もある。

また、業績悪化が続いているマクドナルドにとっては、今回の措置を追い風にイメージ一新を狙いたいところだが、イオノフォア抗生物質の使用もすでに禁止しているメキシコ料理チェーンの米チポトレ・メキシカン・グリル(CMG.N: 株価, 企業情報, レポート)やベーカリーカフェチェーンの米パネラ・ブレッド(PNRA.O: 株価, 企業情報, レポート)などの措置に比べると見劣りする内容だ。

タイソンはロイターに対し声明で、マクドナルドの決定に支持を表明。さらに、ヒトに作用する抗生物質の投与を2011年以降、84%超削減し、今後も減らしていく方針を明らかにした。

引用元: ロイターニュース&マネー トップページ.

米国のテレビ局が密かに映画やドラマを加速圧縮再生、CM時間を水増し (動画) – Engadget Japanese

米国で多数のケーブルTV局が、CMの時間を増やすためドラマや映画を「加速再生」していることが話題となっています。

映画のテレビ放送などでは、枠に押し込みつつコマーシャルも挿入するため場面やクレジットをカットすることが古くから慣行となっていますが、今回あらためて話題となったのは、再生速度そのものを数%ほど加速して「圧縮再生」する手法。

上は『サインフェルド』の再放送と過去の放送を並べて比較した動画。上が近年の再放送(ライブ放送)、下が10年前の録画。

最初は微妙なズレですが、すぐにオリジナルがシーン単位で引き離されてゆきます。三分ほどの再生時間で差は約15秒。元は30分枠で放送時間23分のため、1話につき2分ほどコマーシャルが増えている計算です。

リンク先の Wall Street Journal によると、コマーシャル時間を増やすために圧縮再生していることが分かった米国のケーブルネットワークはタイム・ワーナー傘下の TBS、Viacom傘下の TV Land など。

加速されていた番組にはサインフェルドやフレンズなどのテレビドラマだけでなく、古典映画の『オズの魔法使い』他も含まれています。

こうしたことがおこなわれる背景には、米国のケーブルテレビ局の加入者はNetflixなどネットのオンデマンドストリーミングサービスに押されて年々低下おり、減ってゆく収益を埋め合わせるためコマーシャルを増やす傾向があることが挙げられています。

引用元: 米国のテレビ局が密かに映画やドラマを加速圧縮再生、CM時間を水増し (動画) – Engadget Japanese.

スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese

ゲーム『スーパーマリオワールド』の世界における表面重力は地球の約8倍(78m/s2、7.96g)であり、おそらくは太陽系外の巨大ガス惑星上に構築されたプラットフォーム上のできごとである可能性が高いとする計算結果を、米ニューヨーク大学の宇宙物理学者 Gabe Perez-Giz 氏が発表しました。

といっても真面目な論文でマリオ世界の実在を論じたわけではなく、米国の公共放送ネットワークPBSで始まった物理・科学教育番組 PBS Space Time のウェブ向けミニエピソードの話です。本編約6分は下に貼り付けた動画でごらんください。

要するに重力加速度とはなにか、地球では9.8m/s2 だがこうやって求められます、数式ではこうなります、では応用としてマリオのジャンプ力の秘密を 仮に実在する環境だったどうなるか? で計算してみましょうとの趣向です。

マリオの縦方向ピクセル数と半公式な身長(150cmちょっと)からゲーム画面内のスケールを割り出し、ジャンプの距離と速度から割り出した結果、スーパーマリオワールド(SNES / スーパーファミコン版)での重力加速度は、マリオのジャンプと落下の速度から計算して 78m/s^2。つまり地球の表面重力の約8倍。

重力が弱いからふわふわと高くまで飛んでいるわけではなく、人間ではただ横たわるにも耐え難い大重力のなかで凄まじい脚力を以ってジャンプしているからこそあの高度と速度という結果になりました。さらにそこまで大重力の惑星は地球型では存在が難しく、太陽系外の巨大なガス惑星上に何らかの力で支えられた平坦なプラットフォーム上のできごとであろう(と考えれば一応辻褄はあう)と結論づけています。

引用元: スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese.

動画広告レートが急に落ち込む 収入「激減」にユーチューバー嘆く : J-CASTニュース

「ユーチューブの収益が、えらく下がってます」

   2015年1月4日公開の動画でこう切り出したのは、ユーチューバーのシバターさん。プロレスラーでもあり、動画では自身の試合からゲームの実況、さらに他のユーチューバーの著書を酷評するような少々過激な映像まで内容はさまざまだ。

   以前からシバターさんは、収益について「1再生0.1円」と話してきた。1日数十万再生あり、金額についてはおおよそ平均値のデータが取れていると話す。これが2014年12月以降、1再生あたり0.025~0.05円に落ちているのだそうだ。現状ではユーチューブのみで生計を立てているが、今のペースだと2015年1月は赤字になる見通しだと嘆く。ユーチューブは広告料レートの金額を公表していないが、シバターさんの指摘に賛同する他のユーチューバーもいた。

   「動画投稿だけで暮らす」ユーチューバーは近年、国内で注目の存在だ。人気の高いHIKAKIN(ヒカキン)さんや「バイリンガール」で知られる吉田ちかさんは、ユーチューブ自体のテレビCMにイメージキャラクターよろしく登場した。2014年12月25日放送の「モーニングバード!」(テレビ朝日系)は、HIKAKINさんの動画の総再生回数を約14億回、推定収入は「1再生0.1円」換算で1億4000万円と報じた。動画チャンネルを開始したのが2006年12月30日なので8年間の累計とみられ、単純計算で年収1750万円となる。

   仮にユーチューブが広告料のレートを1再生あたり0.05円、あるいは0.025円に下げているとしたら、トップユーチューバーにとっても痛手のはず。だが彼らには別の収入源があるようだ。2014年12月22日付の日経ビジネスオンラインは、「人気ユーチューバーの多くはユーチューブからの広告収入に加え、企業と直接、広告宣伝契約を締結し収益を得ている」と報じた。先述の吉田さんの場合も、「ネスレ日本や花王など10社以上の会社と契約」しているという。

引用元: 動画広告レートが急に落ち込む 収入「激減」にユーチューバー嘆く : J-CASTニュース.