タグ別アーカイブ: CEO

3歳の少女が便座の上に立つ悲しき理由|メンズファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN

ミシガン州トラヴァースシティに住む、育児グッズ販売会社「Silikids」の創業者 兼 CEO、ステイシー・ワーマン・フィーリーさんも、3歳になる娘がトイレの便座の上に立ってじっとしている様子を見て、最初はおもしろがっていた。かわいいイタズラだと思い、写真を撮って夫に送りもした。

しかし、便座の上に立つ理由を娘から聞いたワーマンさんは戦慄することになる。

少女の通っている幼稚園では「ロックダウンドリル」と言われる侵入者対策訓練が行われていた。犯人から逃れ、トイレに隠れた時に何をするべきか。

「下から覗かれたときに見つからないように便座の上に立ち、息を潜めてじっとしていなさい」

そう教えられた少女は、自宅で便座に立って復習していたのだ。

フィーリーさんはFacebookで便座の上に立つ娘の写真と共に、政治家に向けてメッセージを発信した。

「政治家の皆さん、ご覧ください。これはあなたの子どもであり、孫であり、ひ孫であり、将来生まれてくるすべての子どもの姿です。この子たちはあなたたちの決定によって成り立つ社会で生きていくのです。銃規制が犯罪を100%抑止できるとは誰も思っていません。しかし、もしかしたら1%か2%、ひょっとしたら50%くらいは防げるかもしれません。やってみない限り、これは誰にもわかりません」

「なぜ(銃を購入する際に)身元調査をしないのですか。銃登録のデータベースはどこにあるのですが。なぜ大容量マガジンが軍隊だけではなく、一般への販売も許可されているのですが。本当にそれは身を守ったり、狩猟をしたりするために必要なのでしょうか」

米国では銃による犯罪が後を絶たない。フロリダ州オーランドのナイトクラブで起こったテロでは49人が死亡し、史上最悪の銃乱射事件となってしまった。いつ、どこで銃声がするかわからない社会では、幼児といえども自分の命を守るための訓練をしなければならないのだ。

引用元: 3歳の少女が便座の上に立つ悲しき理由|メンズファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN.

「マイクロソフトを嫌っていたのではない、われわれが嫌われていたのだ」――Rubyまつもとゆきひろ氏が語る、MSの壁 – ITmedia ニュース

「マイクロソフトの前CEOであるスティーブ・バルマーはデベロッパー、デベロッパー、デベロッパーと叫んでいた。しかし彼らが愛していたのは、マイクロソフトのデベロッパーだった。そこで叫ばれていた『デベロッパー』とは、マイクロソフトのエコシステムに入って、そのツールを作ってくれる人のことだった。オープンソースやUNIX文化のデベロッパーに対しては、マイクロソフトは『おまえなど知らん』と態度を変えた。オープンソース側としては、移植性がほしいのでLINUXでもWindowsでも動くツールを提供したい。だってWindowsを使っている人が多いから。だけど、マイクロソフトはそのために必要なAPIやシステムコールを提供してくれなかった。私が本当にアンチマイクロソフトだったかというとそんなことはない。実際問題として、マイクロソフトの方がわれわれを嫌っていたのだ」

引用元: 「マイクロソフトを嫌っていたのではない、われわれが嫌われていたのだ」――Rubyまつもとゆきひろ氏が語る、MSの壁 – ITmedia ニュース.

アマゾンが秘密にする物流センターの正体 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

絶えず買い物の体験向上に革新を起こすアマゾンだが、1995年の創業当時はシアトル郊外のガレージがオフィスだった。そこから今日に至る歴史の中で同社を成功に導いたのは創業者兼CEOのジェフ・ベゾスにほかならないが、もう一人特筆すべき人物がいた。世界最大の小売り企業・ウォルマートのディストリビューション担当バイスプレジデントだったジミー・ライトだ。

ライトは1997年にアマゾンに入社し、CLO(Chief Logistics Officer)兼ロジスティクス担当バイスプレジデントまで昇格した。しかし、彼は約一年でアマゾンを去っている。ウォルマートが、取引機密や流通などの情報を意図的に盗んだとしてアマゾンを提訴したことがきっかけとされている。ただ、彼の実績は大きかった。ライトが入社した当時のアマゾンは、何しろ物流センターを創業の地のシアトルに1つだけしか持っていなかった。しかし、彼がいたことでアマゾンは5つ目となるジョージア州マクドノーで当時最大の物流センター(7万4000㎡)を開設することができた、

初期の頃、アマゾンは2000アイテムのみを保管していた。ほぼすべての商品は卸(日本で言う取次業者)または出版社に受注後、即発注し、物流センターに届いたら、消費者に送るという商流だった。ライトはこの仕組みを変えた。

引用元: アマゾンが秘密にする物流センターの正体 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準.

(2/2)シリコンバレーNextレポート – Googleは企業向けクラウドに本気、鍵を握る「VMware元CEO」に聞く:ITpro

そうですね。顧客は「今」を生きています。そして多くの顧客がGoogleに対して「その技術はクールなんだろうけれども、私が今抱えている課題を解決できるの?」という疑問を抱いていたと感じています。

私は「顧客の今の課題」を解決することを愛しています。これからは、今までのやり方を変えなくても、Googleの最新技術によって顧客の今の課題を解決できるということを、顧客に対して示していきます。

引用元: (2/2)シリコンバレーNextレポート – Googleは企業向けクラウドに本気、鍵を握る「VMware元CEO」に聞く:ITpro.

MicrosoftとGoogle、世界での法的争いを終了すると発表 – ITmedia ニュース

米Microsoftと米Googleが、世界での法的争いを終了することで合意に達した──。両社が発表した声明文に基いて米Re/codeが4月22日(現地時間)に報じた。

Microsoftは声明文で「当社の法的優先度の変化を反映し、Googleに対する提訴を取り下げることで合意した。今後も事業と顧客のための競争は精力的に続ける」と語った。

Googleも「両社は精力的に競い合うが、法的にではなく、製品の品質で競いたい。その結果、特許契約に続けて、われわれはお互いへの訴訟を取り下げることで合意に達した」という声明文を発表した。

両社はこれまで、人材引き抜きや特許侵害などの係争を繰り広げてきた。

Microsoftは、Android端末メーカーの特許侵害での提訴、他社のGoogle提訴への協力も行っている。

だが、両社は2015年9月30日、米国と欧州で係争中だったすべての特許訴訟を取り下げることで合意したと発表している。

Microsoftの前CEO、スティーブ・バルマー氏

Microsoftの前CEO、スティーブ・バルマー氏は、競合企業をあからさまに攻撃することが多かったが、2014年2月に同社CEOに就任したサティア・ナデラ氏はサービスのマルチプラットフォーム化を推進し、Android向けOfficeやSkypeを提供している。

引用元: MicrosoftとGoogle、世界での法的争いを終了すると発表 – ITmedia ニュース.

Martin Casado氏が、今だから話せること(1):「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由 (3/3) – @IT

第三の点ですが、買収される前に、Greene氏に相談しました。「買収されることになると思います。アドバイスをください」と聞くと、「一番重要なのは、セールスチームを維持することよ。製品が革新的であるほど、別の会社の営業チームは売ることができないから。VMware vSphereを売ることに慣れている人がネットワーク仮想化を売るのは難しい」と答えてくれました。そこで、買収交渉の初期は(元CEO)Paul Maritz(ポール・マリッツ)氏、その後Gelsinger氏に、「専任の営業チームを持ちたい」と訴え、受け入れてもらいました。これも成功には欠かせないことだったと思います。

引用元: Martin Casado氏が、今だから話せること(1):「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由 (3/3) – @IT.

インテル、グローブ元会長の壮絶な人生 歴史に翻弄された半世紀からパソコン伝道師に | JBpress(日本ビジネスプレス)

1つの産業が安定期だとすれば、経営者にとって「規定演技」で高得点を挙げることは何よりも重要だ。だが、揺籃期や成長期だとすれば、その産業がどう世の中に貢献できるか強い信念を持ち、常に世の中の動向、社会、人類の発展にまで考えを巡らせる「フリー演技」も重要だ。

 グローブ氏が経営者だった時代のマイクロプリセッサーとはそういう時代だった。

 経営ノウハウを語るCEOはたくさんいる。だが、自分が手がける事業が人類社会にどれほど貢献できるかを常に考え、それを熱く語り続けるはそれほどいるか。

 グローブ氏は、マイクロプロセッサーとパソコンの伝道師であり、本物の、ビジョナリストだった。

引用元: インテル、グローブ元会長の壮絶な人生 歴史に翻弄された半世紀からパソコン伝道師に | JBpress(日本ビジネスプレス).

iRobotが同社伝統の軍事部門を切り離して別会社に | TechCrunch Japan

Robotの国防部門はここに、今後は独立の企業になることを、喜びをもって発表いたします。その企業は非上場のロボット製造企業になり、国防と国民の安全と産業市場のニーズに完全に特化した事業を行ってまいります。

新しい企業は現iRobot国防部門のチームが率い、CEOのSean Bielatは元iRobotの国防部門の役員で、合衆国海兵隊の将校でもあります。iRobotの国防部門担当SVP Tom Frostが、新会社の社長になります。彼らが一緒に仕事をすれば、15年の歴史を持つiRobotの高品質なロボットの設計技術と、評価の高い強力なサポートが、損なわれることなく継承されるでしょう。

その新しい会社はArlington Capital Partnersが出資し、国との契約による、軍事国防関連の生産に従事する。家庭用ロボットの事業部は、そのままiRobot本体に残る。

このような分社化は、いくつかの点で興味深い。まず第一に、それぞれのビジネスを別々の企業に隔離するから、とくに国防方面の顧客は連絡窓口などで迷うおそれがなくなる。さらにまた、これによってiRobotの企業イメージが改善され、お掃除ロボットと軍事技術との関連が徐々に意識されなくなり、プライバシーや安全性の面での消費者の不安もなくなる。わが家の掃除機が、合衆国陸軍第一ロボット師団のロボット兵として登録されていたら、おそろしいもんね。

引用元: iRobotが同社伝統の軍事部門を切り離して別会社に | TechCrunch Japan.

世界のクラフトビールを「自宅で醸造」できるキット(動画あり) « WIRED.jp

シアトルに本拠を置くPicoBrew社はこのほど、ビールの自家醸造キット「Pico」を発表した。

あらかじめパッケージ化された原材料を使って、ビールづくりを完全自動で行ってくれるので、失敗することはほとんどない、とPicoBrew社は言う。さらに、PicoにはWi-Fi接続機能が備わっているので、世界各地から好みのレシピをダウンロードできる。

PicoBrew社の創設者でもあるビル・ミッチェル最高経営責任者(CEO)は「CES 2016」でWIREDの取材に応じ、「これはビールのアプリストアです」と説明した。

ミッチェルCEOによると、このプロジェクトの目的は、人々にもっと手軽にビールの醸造を楽しんでもらうだけではない。世界各地にある地ビール醸造所が、近くに住んでいない人に対してもビールを試飲してもらえるようにすることにあるのだという。例えば、ポートランドを訪ねておいしいインディア・ペールエール(IPA)を飲んだなら、家に戻ってオンラインでそのレシピと原材料を注文して、自分で醸造できるのだ。

PicoBrew社のストアには、近くはカナダから遠くはペルーまで、100以上のクラフトビール醸造所がそれぞれの自慢のレシピを提供している。顧客はこのストアで、5リットルの樽ビールをつくるのに必要な原材料セットを注文できる。

引用元: 世界のクラフトビールを「自宅で醸造」できるキット(動画あり) « WIRED.jp.

スタックの誤謬―大企業が新分野参入でいつも失敗する理由を考える | TechCrunch Japan

スタックの誤謬はある意味で人間性の本質に基づくものだ。われわれは自分が熟知している分野こそ価値があると考えたがる。読者が仮に巨大なデータベース企業でチップを設計しているとしよう。CEOがあなたに「われわれはIntelやSAPと競争できるだろうか?」と尋ねたとする。「私がチップを開発したのはRDBソフトを走らせるためでそれ以上のことは分かりません」と正直に答えるエンジニアはまずいないだろう。逆に、それまでに蓄積されたチップ設計のノウハウをもってすれば、その上にERPアプリを走らせるという新たなレイヤーを重ねるのは簡単だと考えるに違いない。ERPなどといっても所詮はテーブルとワークフローにすぎない。

成功を阻むボトルネックは、ツールの詳細を知らないことによるのではなく、顧客のニーズを理解できないところに存在する。データベースのエンジニアは顧客が必要とするサプライ・チェーンの管理についてほとんど何も知らず、企業がどんなソフトを必要としているか理解できない。もちろんそうした分野を知っている専門家を雇い入れることはできる。だがそれは〔その企業の〕コア・コンピテンシーを向上させることにはならない。

引用元: スタックの誤謬―大企業が新分野参入でいつも失敗する理由を考える | TechCrunch Japan.