タグ別アーカイブ: Casual Thoughts

メールに返信をしないアメリカ人のメンタリティ – Casual Thoughts

「メールでアメリカ人に問い合わせをしているが返信がこない」、というのは外資系企業に勤めていればよくある話。その内容が難しければ難しい程、返信率は悪くなる。もちろん、日本人でもレスの遅い人、しない人はいるが、度合いの問題。アメリカ人の場合はかなり気合をいれて、しつこくプッシュしないと返事がもらえないことが多い。

一番良いのは電話をすることで、電話をしてみると「おぉ、あの件ね、見た見た」みたいな感じで話が進むことが多い。メールで聞いていることを一々電話しないといけないのはかったるいし、時差や言語の問題があって容易ではないし、そもそも「お前、見てるんなら返信くれよ」という思いもある。

でも、そういうことで頭を痛めている人は、理解しておいたほうが良い彼らのメンタリティがある。それは「何度もプッシュされないということはきっと大事なことではないんだ」という考え方だ。メールを出して返信がしばらくこないものが、プッシュなしで返ってくることは殆どない。そういう場合は「返信しなくても何も言われないということは、解決したか、大して重要なことではないんだ」と彼らはまず考える。また、アメリカ人は自分が問い合わせていることについては、必ず席に立ち寄ったり、電話で念押しをする。そういう直接的な督促に日々触れている彼らは、日本から送られてきた、オリエンタリズムがほのかに漂う英語でかかれた、少し理解の難しいメールは、どうしても放っておきがちになる。

また「何度もプッシュ」というのも大事な要素で、相手に遠慮して一度のプッシュで「答えてくれない、、、」と諦めてはいけない。時差の関係で電話が難しい場合は、毎日「親切に督促してあげる」ことが大事だ。メールへのレスが遅い人でも4日連続プッシュして返信がなかったということはまずない。お困りの皆さん、しつこくいきましょう。

引用元: メールに返信をしないアメリカ人のメンタリティ – Casual Thoughts.

女性役員のいる会社は競争力がある?そんなつまらん議論はやめたほうが良い – Casual Thoughts

一部重箱の隅という話もあるが、何で「the 30% Club」に自分がこんな反感を覚えるのかというと、私自身がダイバーシティによる女性登用が逆噴射しているケースを何度か見たことがあるからだ。「有能な人をより活躍できるポジションに」という原則に異は全くないのだが、「the 30% Club」みたいな「比率をあげることが正」みたいが議論になると「有能ではないのに女性だから役員になる」というケースがどうしてもでてきてしまう。それは組織にとっても不幸だし、本人にとって一番不幸な話だと思う。 実際にパフォーマンスも発揮できてなく、「あぁ、あの外人役員はダイバーシティ枠ね」みたいな陰口を叩かれている人を見たことが何回かあるが、数字ありきだからそういうつまらない話になるのだと思う。

数字ありきでとにかく「役員比率をあげよう」という話ではなく、有能な女性が経営陣として活躍できるまでのキャリアを積んでいく道にある、様々な障害を取り除こうという個別具体的な議論をもっとすべきだ。妊娠・出産という多くの女性が直面する必然的なライフイベントがもたらすインパクトの軽減とか(アメリカ女性は産休、育休のアメリカの制度としての少なさに皆不満をもらしている)、何時から何時まで職場にいたことを評価するのではなく、あくまで労働の成果を評価し、時間と場所の制約から解き放つワークスタイルの確立とか、強面のおばさんが集まって話すべき内容はもっと他にあるんではなかろうか。なお、大変蛇足ではあるが、ということが趣旨であり、女性登用率の向上そのものを苦々しく思っているおじさんの溜飲を下げるために本エントリーを書いたわけではないので、あしからず。

引用元: 女性役員のいる会社は競争力がある?そんなつまらん議論はやめたほうが良い – Casual Thoughts.

”How are you?”考 聞かれたら何と答える? – Casual Thoughts

”How are you?”と聞かれたら何と答えるのがよいのか、というのは私もよく聞かれることなので、オフィスの数名の同僚とアメリカの”How are you?”事情について話してみたので、本エントリーではその内容をまとめてみたい。

どうやって返すのが良いのか

”I’m doing well”, “Great”, “So, so”, ”Good”, ”Fantastic”, ”O.K.”, ”Not so bad”という7つの返答パターンを書いた紙を渡し、「Worstが0点、Bestが10点で、どれがどれくらいの良さを表すのか点数をつけてみてくれない?」と頼んでみると、前提条件を色々つけながらも、数名が実際に点数をつけてくれた。人によって点数はばらつきはあったが、良い順に並べると大体下記のような感じ。"Great, how are you?"のようにそれぞれの後に"how are you?"とつける場合は多い。

1. Fantastic.

2. Great.

3. I’m doing well.

4. Good.

5. O.K.

6. Not so bad.

7. So, so.

ざくっと言うと真ん中の5~6点に”I’m doing well”、”Good”が位置し、4~5点に”O.K.”が位置するという感じだった。ただ、にこやかに明るく言う”No so bad!”と、ぼそっと言う”Good”ならば前者の方がより良いので、「状況や言い方によるので一概に点をつけれないよ」というのが殆どの人が言っていたこと。なのであくまで参考ということで。

ちなみに、私は”O.K.”ってもっといいのかと思っていたのだが、”Can be worse, can be better”で良くも悪くもというニュアンスで使われることが多い模様。確かに仕事で「この進め方で良い?」と質問され、”O.K.”と答えると怪訝な顔で「えっ、じゃぁどうしたいの?」みたいな感じで突っ込まれることが多い。

引用元: ”How are you?”考 聞かれたら何と答える? – Casual Thoughts.

30代の軌跡 ビジョンとチャレンジ、その結果えたこと – Casual Thoughts

一日は24時間しかなく、その多くの時間は仕事をしているので、仕事の中で英語を活用する環境を整えることが、英語力の強化には必要不可欠だと今でも思う。

引用元: 30代の軌跡 ビジョンとチャレンジ、その結果えたこと – Casual Thoughts.

30代の軌跡 ビジョンとチャレンジ、その結果えたこと – Casual Thoughts

「現状のプロセスは今いる方のベストの努力の結果であり、その努力に敬意を払いながら、新しい視点でそのプロセスをみることができる者の役割として改善を推進し、その機会を与えてくれた今いる方に感謝をする」

引用元: 30代の軌跡 ビジョンとチャレンジ、その結果えたこと – Casual Thoughts.