タグ別アーカイブ: ASIC

ネット広告のクリック数のうち88~98%はボットによるものだと判明 – GIGAZINE

アドリアン・ニール氏とサンダー・コーウェンホーヴェン氏の調査した結果、Google・Yahoo!・LinkedIn・Facebookの広告をクリックしていたボットには複数の種類が存在することが判明しています。ボットは大まかに分けると6種類存在したそうで、それらは以下の通り。

◆Basic(基本型)

広告プラットフォーム上にて、広告キャンペーンなどをターゲットに走る「指定されたURL」にのみHTTP GETリクエストを送るボット。

◆Enhanced(改良型)

特定の広告のためのHTTP GETリクエストを広告サーバーから受け、AJAXを使用してウェブブラウザのロードイベントを記録します。これが標準のロードイベントとは異なる場合、HTTP GETリクエストを送っているのはEnhanced型のボットとのこと。

◆Highly Enhanced(高度改良型)

クライアント側のコード実行が既知のコードと一致しない場合は、高度なJavaScriptプロセッサーメトリクスを使用するボット。

◆Advanced(進化型)

人間の基本的な動作を真似るもの。

◆Highly Advanced(高度進化型)

人の動作を真似るボットは、ロードしたページを数秒間表示したままにしたり、マウスやキーボードを使用したり、ページを上下にスクロールしたりします。しかし、ボットが行うような擬似的な無作為性はクラスター分析で検知可能とのこと。

◆Humanoid(ヒト型ボット)

ベジェ曲線やB-スプライン曲線などを使用して高度に人間の行動を真似るボット。

そして7日間の調査結果は以下の通り。各広告ネットワーク上での広告クリックは88~98%がボットによるもので、特にGoogleの広告ネットワーク上では98%がボットによるクリックです。また、Yahoo!やLinkedInの広告ネットワーク上には基本型のボットが存在しない、というのも大きなポイント。

引用元: ネット広告のクリック数のうち88~98%はボットによるものだと判明 – GIGAZINE.

Ustreamは企業顧客重視へ移行, 無料アカウントのビデオは30日で自動削除へ | TechCrunch Japan

先週Ustreamは、無料アカウントのユーザ全員にメールを送り、ビデオの保存とアーカイビング(長期保存)の方法を変える、と告げた。広告が入る無料のUstream Basicアカウントでは、ビデオは30日保存され、その後自動的に削除されるのだ。

一方、有料アカウントでは、ストレージの容量無制限、というプランが加わった。月額$19ドル99セントの会費を払うと、30日という制限はなくなる。でもProバージョンにアップグレードしないユーザには、自分のビデオをダウンロードしてユーザ自身がオフラインで保存するオプションが提供される。

無料ユーザのビデオアーカイビングを淘汰することは、企業アカウント重視への移行の一環だ。昨年同社は、機能を増強して、メディアや一般企業の顧客を増やしてきた。

協同ファウンダでCEOのBrad Hunstableによると、同社の最大の成長源は大手メディア企業だ。また、全視聴数のうち、アーカイブされたビデオの比率はとても小さい。だから、アーカイブはなくなってもかまわない。

“うちの強みはあくまでもライブのブロードキャスティングであり、そのこと自体は変わっていない”、と彼は言う。“ビデオを保存するための場所はたくさんあるが、うちの場合は視聴数の80%がライブだ”。

また同社のライブストリーミングサービスは、メディア企業以外でも使われ始めている。一部の企業は、自社ブランドの露出性を高めるためにライブストリーミングを利用しているが、そのほか、顧客やパートナーや社員たちとのコミュニケーションのためにビデオを使っている企業もある。

“ここ数年では、LinkedInやSonyといった一般企業がまるでメディア企業のようにうちのサービスを利用するようになっている。たとえば公開企業が決算報告をビデオでやる例があり、また社内放送に利用しているところもある”。

引用元: Ustreamは企業顧客重視へ移行, 無料アカウントのビデオは30日で自動削除へ | TechCrunch Japan.

VMware は OpenFlow を静観する_1 � Agile Cat — in the cloud

VMware は OpenFlow を静観する_1 � Agile Cat — in the cloud
私が指摘したいのは、Cisco たちの世界で、ASIC の開発に時間と神経が浪費されていることであり、また、ソフトウェアとコントロールにおける大半の部分が、x86 の領域に移行していることである。 データセンター・ギアにおける大半が、その方向へ向かっている。 F5 [Networks]  デバイスを見てみれば、その大半が x86 だと理解するだろう。 ファイヤーウォールとロードバランサーが集約される、Cisco ASA を見ると良い。 それは、完全に x86 ベースとなっている。私たちは、いくつかの Cisco ルーター・バージョンを持っているが、それらは x86 上で走るエンベデッド・ハイパーバイザーにより機能し、また、たくさんの VM を実行している。 いくつかの Cisco デバイスを確認してみれば、それらがエンベッドされたハイパーバイザーにより動いていることが解るだろう。 多くの人々が、そのことを認識していない。 しかし、Cisco の世界であっても、ハードウェアの役割が増大しているのは、x86 ベースの商用チップのパートである。 もう少し上手い言い方をすると、X86 および普及品のシリコン・チップが、データセンターにおけるサーバーとネットワークを構築していくことになる。