タグ別アーカイブ: Amazon

AmazonのEC事業とクラウド事業の利益率いえますか?|決算が読めるようになるノート|note

Amazonの本業は?

冒頭のクイズへの回答を整理しておくと、

EC事業の営業利益率は4.5%程度

クラウド事業の営業利益率は25%程度

というのが答えでした。覚えておきましょうね。試験に出ます(嘘)。

さて、勘が良い方はもうお気づきかもしれませんが、EC事業は(グロス)売上は大きいですが、利益率が高くありません。他方、クラウド事業は利益率がECの6倍くらい。

これまで、Amazonと言えばECの会社だと言うのが正しかったと思いますが、四半期で見て

EC事業の営業利益が$1B(約1200億円)YoY +27%

クラウド事業の営業利益が$687M(約824億円)YoY +186%

という数字を見てしまうと、営業利益ベースでは、クラウド事業が(北米)EC事業を抜く日もそう遠くない、とも言える気がします。

引用元: AmazonのEC事業とクラウド事業の利益率いえますか?|決算が読めるようになるノート|note.

俺たちは自分の入る墓穴を、せっせと自分で掘っていたんだろうか。 – 間違いだらけの備忘録

俺たちは自分の入る墓穴を、せっせと自分で掘っていたんだろうか。

Ads by Google

Amazonアウトレットストア

地獄への道は善意で舗装されている

引用元: 俺たちは自分の入る墓穴を、せっせと自分で掘っていたんだろうか。 – 間違いだらけの備忘録.

疑惑浮上の家電通販サイト「まいど」運営会社が破産 負債75億円 – ITmedia ニュース

帝国データバンクによると、家電通販サイト「まいど」運営企業と関係会社が4月27日、自己破産を東京地裁に申し立て、28日に破産手続き開始決定を受けた。負債総額は2社合計で約74億9000万円。

2社は、「まいど」を運営していたディーケイシー(東京都大田区)と、DMC(東京都台東区)。

ディーケイシーは1998年設立。自社サイトのほか、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどに出店して家電通販を手がけ、2014年3月期の売上高は約116億円に上ったという。13年には「ヤフーベストストア」AV部門で第1位になったなどと公表していた。

だがサイトは今年3月に突然閉鎖。架空発注を繰り返し、ヤフーのポイントを大量にだまし取っていた疑惑が浮上したためとみられ、ヤフーは詐欺罪で告訴する準備を進めているという。

引用元: 疑惑浮上の家電通販サイト「まいど」運営会社が破産 負債75億円 – ITmedia ニュース.

iLEAP x JUNGLECITY.COM 「私が25歳だったころ」堀剛さん(Amazon.com ディベロップメント・マネジャー) | シアトル情報サイト Junglecity.com

ひとつ僕が思うのは、自分の人生の中のすべてのことは基本的に「運」だということ。今でこそ家族がいて、子育てして、仕事して生活してるけど、全然違う方向に行ってたかもしれない。あの引きこもりのままだったらどうなってたかな、あのときあの人と会わなかったらどうなったかなと、たまに思います。ぼくが何かしたからここまで来たのではなくて、「いろいろラッキーなことが起きた」。基本的にはそういうふうに考えています。でも、何でもいいからやらなきゃ、運は回ってこないと思っています。

引きこもりがちだった高校生の頃は、先生が毎日「学校、来いよ」って、電話をかけてきてくれて、見守ってくれました。電話に出ないときには、迎えに来てくれることもありました。僕の人生における大事な出会いの一つです。だから今ふり返ると、あの高校の先生と出会えてよかった、あの彼と出会えてよかった、あそこで大学入れてラッキーだった、あそこであの人に会えてラッキーだった。すべてほとんどラッキーな出来事です。

だから基本的にはどうにかなる。それを本当にそう思えるかどうかだけど、僕は本当にラッキーだと思う。出会いってそうでしょ?一つ一つ自分の人生を考えてみて、僕が勝ち取ったものだとは思わない。自分もいろいろやったとは思うけど、そんな人なんていくらでもいるわけだから。そこにチャンスと運があって、良かったなと思います。そしてこれからもそんなふうに思い続けたい。楽しそうなことをしていきたい。落とし穴があっても(いろいろ落ちてます、実際(笑))、「あぁ、落とし穴があったのか。気づかなかったよ」という感じかな。成功するためには失敗を積み重ねていくしかないと思っているから。気の持ちようですね。

引用元: iLEAP x JUNGLECITY.COM 「私が25歳だったころ」堀剛さん(Amazon.com ディベロップメント・マネジャー) | シアトル情報サイト Junglecity.com.

CoreOS、Google Ventures等から1200万ドルを調達―Docker管理ツールKubernetesをエンタープライズへ | TechCrunch Japan

CoreOSはDockerに特化したLinuxディストリビューションで、主なターゲットは大規模なサーバー群だ。同社は今日(米国時間4/6)、 Google Venturesがリードし、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Fuel Capital、Accel Partnersが参加したラウンドで1200万ドルの資金を調達したことを発表した。これでCoreOSの調達資金総額は2000万ドルになる。

これと同時にCoreOSはTectonicをローンチした。これはCoreOSにGoogleのオープンソースのコンテナ管理と統合運用のツールKubernetesを加えた商用ディストリビューションだ。

〔KubernetesはMicrosoft、IBMなどもサポートし、昨年Azureにも組み込んでいる。〕これによりCoreOSはエンタープライズ版Kubernetesをフルサポートした初のOSとなる。この新しいディストリビューションは現在、限定ベータテスト中だが、大企業がコンテナ・ベースの分散インフラに移行するのを容易にすることを目的としている。

CoreOSのCEO、Alex Polviはプレスリリースで「われわれがCoreOSをスタートさせたのはGoogleのインフラを万人に提供したかったからだ。今日発表したTectonicによってそれが実現した。世界中のエンタープライズはGoogleのインフラと本質的に同等の安全、確実な分散コンテナ・インフラを構築し、運用することができるようになる」と述べた。

GoogleのKubernetesのプロダクト責任者、Craig McLuckieは「Googleの顧客はCoreOSを利用すればインフラの構築にあたって、特定のプロバイダにロックインされることなく、相対的なメリットの比較によって自由にクラウド・プロバイダを選択することができるようになる」と述べた。

GoogleはCompute Engineサービスで、CoreOSを1年前からサポートしている。Googleは最近、クラウド・プラットフォームにおけるコンテナの利用に力を入れており、CoreOSとの提携(および同社への投資)は、AmazonやMicrosoftと競争して進取的な大企業をGoogleクラウドに惹きつけるために大いに理にかなった戦略というべきだろう。

引用元: CoreOS、Google Ventures等から1200万ドルを調達―Docker管理ツールKubernetesをエンタープライズへ | TechCrunch Japan.

ネットの「物乞い配信」で書類送検、これってAmazonの「ほしい物リスト」もアウトなの? 弁護士に聞いてみた – ねとらぼ

内田・鮫島法律事務所の高瀬亜富弁護士に話をうかがったところ、ネット上での「物乞い」はやり方によっては軽犯罪法の「こじき」に該当する違法な行為で、「1日以上30日未満の拘留」「1000円以上1万円未満の科料」が科せられる可能性があるとのこと。ただし、軽犯罪法で罰せられる「こじき」とは「同情をかって金品を求める行為」を指すもの。単にAmazonの「ほしい物リスト」を公開するだけなら、同情をかう行為が存在しないため、「こじき」には該当しないとのことです。今回のケースは「僕、お年玉もらってない」などという発言が同情をかう行為ととられたのではないかとしています。

また、過去には「反復継続的に物乞いをした」ことで初めて「こじき」行為にあたるとしたように読める判例もあるそう。男性は過去にも同じような物乞い行為を行って香川県警から注意を受けていたとされており、注意を無視して物乞い行為を繰り返したことが、警察の書類送検という判断に影響を与えた可能性が高いと考えられるそうです。

ほかにも自分の銀行口座を公開するネット乞食サイト「金くれ」のようなものもありますが、こうしたサイトでも他人の同情をかって振込みを要求するユーザーの行為はグレーだとのこと。ネット上に一定期間コメントが残ることを「反復」ととるか、「1度投稿しただけ」ととるかの判断が難しいそうです。

人気配信者などに限らずネット上で金品のやりとりをする行為は最近では珍しくなくなってきており、今回のケースは弁護士の間でも驚く珍しい事案だったそう。この男性の場合は「同情をかう行為」「反復継続的な物乞い」という2点の考え方から「こじき」にあたるといえそうだとのことです。

引用元: ネットの「物乞い配信」で書類送検、これってAmazonの「ほしい物リスト」もアウトなの? 弁護士に聞いてみた – ねとらぼ.

Amazon、出品者向け短期融資「Amazonレンディング」開始 最短3営業日で最大5000万 – ITmedia ニュース

Amazon.co.jpは2月20日、法人販売事業者向けの短期融資サービス「Amazonレンディング」を始めた。オンラインで手続きし、最大5000万円を最短3営業日で調達できる。 Amazonマーケットプレイスに出品している事業者に向け、仕入れや流通などAmazonでのビジネスの拡大にかかる費用を融資する。手続きはオンラインで完了し、初回申し込み時は最短5営業日、2回目以降は最短3営業日で入金される。必要なタイミングでスピーディに調達できるのが特徴としている。 融資額は10~5000万円で、金利は年率8.9~13.9%。返済期間・回数は、3カ月(3回)/6カ月(6回)の2種類。 返済はAmazonアカウントから毎月自動で引き落とされ、早期に返済した場合は手数料はかからない。

引用元: Amazon、出品者向け短期融資「Amazonレンディング」開始 最短3営業日で最大5000万 – ITmedia ニュース.

アマゾン、仏で書籍の「1円配送」開始 無料化禁止法に対抗 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米インターネット小売り大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が、フランス国内での無料配送を禁止する法案を同国議会が可決したことへの対抗策として、1ユーロセント(約1.4円)での書籍配送を開始することを決めた。

 仏議会は先月、小規模の書店の保護を目的として、アマゾンなどのネット小売り大手による書籍の無料配送を禁止し、現行法の下で許されている最大幅である5%の値引きを認める法案を可決。新法は今月8日に発効した。

 アマゾンの利用者らには現在、1セントでの配送サービスが提供されている。仏アマゾンの「よくある質問」ページには、新法が発効して以降、「残念ながら書籍の無料配送ができなくなりました」とした上で、「よって私たちは、皆様の注文する書籍の最低価格を系統的に保証するため、アマゾンが発送する書籍を含む注文1件につき、1セントの配送料を設定しました」と説明されている。

引用元: アマゾン、仏で書籍の「1円配送」開始 無料化禁止法に対抗 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

アマゾン、仏で書籍の「1円配送」開始 無料化禁止法に対抗 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米インターネット小売り大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が、フランス国内での無料配送を禁止する法案を同国議会が可決したことへの対抗策として、1ユーロセント(約1.4円)での書籍配送を開始することを決めた。

 仏議会は先月、小規模の書店の保護を目的として、アマゾンなどのネット小売り大手による書籍の無料配送を禁止し、現行法の下で許されている最大幅である5%の値引きを認める法案を可決。新法は今月8日に発効した。

 アマゾンの利用者らには現在、1セントでの配送サービスが提供されている。仏アマゾンの「よくある質問」ページには、新法が発効して以降、「残念ながら書籍の無料配送ができなくなりました」とした上で、「よって私たちは、皆様の注文する書籍の最低価格を系統的に保証するため、アマゾンが発送する書籍を含む注文1件につき、1セントの配送料を設定しました」と説明されている。

引用元: アマゾン、仏で書籍の「1円配送」開始 無料化禁止法に対抗 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

大手サイト、PCからのアクセスは軒並み2けたの減少率 楽天、Amazonなどスマホが逆転 ニールセン調査 – ITmedia ニュース

PCからの利用者の多いサービスのトップ5は「Yahoo!」「Google」「FC2」「YouTube」「Microsoft」。トップ10のすべてが前年比で2けたの減少率となっており、比較的PC利用の多い「楽天」(15%減)「Amazon」(14%減)などのECサイトや動画サイト「YouTube」(18%減)も大きく減少を見せている。

一方、スマートフォンからのネット利用者数は10月時点で約4400万人にのぼり、前年同期から約900万人増加。1位「Google」と2位「Yahoo!」はスマートフォンからそれぞれ月間約3400万人が利用し、ともに前年比で30%以上増加した。

引用元: 大手サイト、PCからのアクセスは軒並み2けたの減少率 楽天、Amazonなどスマホが逆転 ニールセン調査 – ITmedia ニュース.