タグ別アーカイブ: Africa

グーグルの海底ケーブル、サメに食べられていた : ギズモード・ジャパン

海底に光ファイバーケーブルを敷くのって、それだけで壮大な事業です。自社で海底ケーブルを持っているグーグルが今、そのうち数千マイル分を追加で補強せざるをえないことがわかりました。お腹を空かせたサメが、世界の大事なケーブルをランチ代わりにしているからです。

海底ケーブル補強プロジェクトについては先週、Google Cloud Roadshowというイヴェントで発表されました。グーグルは10万マイル(約16万km≒地球4周!)以上もの専用光ファイバールートを世界中にはりめぐらしているのですが、その一部の傷ついた部分が対象となります。グーグルのクラウドチームプロジェクトマネジャーのDan Belcher氏は、ケーブルを「ケブラーのような素材」でコーティングして補強する予定だと語りましたが、それ以上詳しいことは明かされませんでした。

でもどうしてサメがケーブルを食べようとするんでしょうか? Network Worldでは、oAfricaによる「ケーブルから出る電子インパルスが、サメのエサとなる生き物が出す電流に似ているせいではないか」という仮説を紹介しています。

短距離の地上ファイバーや昔ながらの銅線ケーブルでは、知覚できるような電磁場をケーブルが出すことはなかった。が、海底ケーブルは海底のリピータに高電圧を伝える必要があるため、ケーブル沿いや周辺に電場・磁場が生じてしまう。…[略]…サメの中には、その電場を苦しむ魚から出るものだと勘違いしてケーブルを食べようとするものがいるのだ。

ケブラーみたいなコーティングをしても電場が出なくなるわけではありません。でも従来よりはるかに堅牢になることで、グーグルにとってもサメにとっても、安全なケーブルになることが期待されています。

引用元: グーグルの海底ケーブル、サメに食べられていた : ギズモード・ジャパン.

Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす? | Agile Cat — in the cloud

Google has developed its own wireless technology, which it hopes to deploy with local companies in Southeast Asia, and sub-Saharan Africa. Efrati says Google plans to provide wireless access to a billion people who are currently without Internet.

Google が開発する独自のワイヤレス・テクノロジーとは、Southeast Asia および Saharan 以南の Africa の、現地企業に対して提供されるものである。 インターネットへの接続を持っていない、数億人とも言われる人々に、Google はワイヤレス・アクセスを提供する予定だと、 Efrati はいう。

Google wants to use airwaves previously reserved for TV companies for its network. It’s also developed balloons and blimps that go in the air and transmit signals for hundreds of square miles.

Google は、このネットワークのために、すでに TV 会社がリザーブしている電波を使用したいと考えている。さらに、数百平方マイル四方の人々に信号を送信するために、気球や飛行船も開発している。

引用元: Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす? | Agile Cat — in the cloud.