タグ別アーカイブ: 2011年

米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社]

米国の刑務所には、日本の自動車部品メーカーの幹部ら51人が収監されているのだ(2015年3月9日現在)。米国の独占禁止法に違反する「価格カルテル」で摘発され、有罪判決を受けた人々である。

米司法省による日本の部品メーカー幹部の摘発がはじまったのは2010年頃から。記者が入手した資料によると、2011年9月に古川電機工業の社員3人が約10年間にわたってカルテルにかかわっていたとして2億ドルの罰金が課せられ、幹部3人が禁固刑に処された。

続いて矢崎総業に4億7000万ドルの罰金が課せられ、幹部6人が禁固刑に。他にもデンソー、日本精機、パナソニック、日立オートモティブシステムズ、三菱電機、三菱重工、東洋ゴム、ブリジストン、日立金属、日本ガイシなど計34社、51人に禁固刑が科された。

米国は他の先進国、資本主義国の中でも、自由競争を妨げるような行為に対する取り締まりが厳しい。ライバル企業間であっても、担当部署の人間同士が頻繁にあって情報交換したり、他社と調整しながら製品開発したりする日本の企業文化は米国には馴染まないのかもしれない。

だが、それだけで米国で有罪判決を受けた人間の大部分が日本人であり、日本企業であることの説明がつくだろうか。

こうした実態に疑問を投げかけた議員もいる。自民党の三原じゅんこ参議院議員だ。ことし3月16日の予算委員会で、宮澤洋一経産相(当時)にこう問うている。

<グローバル競争の中で闘う日本の企業戦士51名が、現在アメリカの刑務所に数珠つなぎにされております。具体的に申し上げると、我が国の自動車部品メーカー、これがアメリカの反トラスト法、この法律の下でカルテルを行ったというアメリカの司法省の摘発で30社51名にのぼる日本人社員が起訴または収監されているんです>

引用元: 米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社].

ヘビの口から這い出るヘビ | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版サイト

写真は、大きなヘビに丸飲みにされた小さなヘビが見事口から脱出するところだ。撮影場所はギリシャのキルケラ島である。

この出来事を写真に収めたのはオランダ人のディック・ムルダー。キルケラ島の家の庭で死んだヘビを拾ったあとのことだった。

「死んだヘビをベランダに置かれているのを嫌がっていた妻が、ヘビは死んでいない、まだ動いていると悲鳴を上げたんです」と、彼は電子メールで当時の様子を振り返った。「本当に死んでいるよ、と妻をなだめました」が、よくよく見ると様子が違っていた。

「急いでカメラを取りに行き、ベランダに戻ると、小さなヘビの頭が見えたんです」

やがて、小さなヘビは体をくねらせながら脱出し、見るからに無傷な様子でそのまま野生に帰って行った。

「私の知る限りでは、救い主であるうちの猫“デーモン”を避けていったようです」

なりゆきはこうだ。大きなタイリクシマヘビ(学名:Elaphe quatuorlineata)がナミヘビ科の一種である小さなダールズ・ウィップ・スネーク(学名:Platyceps najadum)を飲み込んだあと、ムルダーのペットの猫に殺された。そこで、ウィップ・スネークが命からがら逃げ出したというわけだ。タイリクシマヘビはギリシャに多く生息するナミヘビ科ナメラ属の一種で、この仲間は主にネズミを捕食することから“ネズミヘビ”とも呼ばれる。2011年のことだった。

引用元: ヘビの口から這い出るヘビ | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版サイト.

気球による格安宇宙旅行、米企業が初テスト飛行に成功 « WIRED.jp

気球を使って成層圏への旅客飛行を目指すWorld View社(Paragon Space Development Corporation社から独立した米国企業)は6月18日(米国時間)、ニューメキシコ州ロズウェルで行った初めてのテスト飛行を成功させ、同時に、パラフォイルによる飛行高度の世界記録も更新した。

5時間に及んだテスト飛行では、まず気球によって、丸い地球の曲線と漆黒の宇宙空間が見える高度約36,000mまで上昇した後、15,000mまで下降し、そこで気球を切り離して、パラフォイルで地上へ戻った。通常、地球に帰還する宇宙船などのパラフォイルが開かれるのは、高度9,000m前後だ。

World View社は2011年から研究開発を続けており、これまでの主な作業はシステムに用いる各コンポーネントの小型版のテストだった。完全なシステムは2014年6月に初めて組み上げられ、今回、最初のテスト飛行が行われた(以下の動画)。ただし、今回テスト飛行に成功したのは、2016年に初飛行を予定する最終的な形の気球の1/10サイズの機体だ。

実機は、複数の乗客を乗せ、地球と宇宙空間を全方向に見晴らす、約2時間の「セーリングにも似た」空の旅を提供することになる。計画では、夜明けに地上を出発し、地球の向こうから太陽が上がってくるドラマティックなシーンが見られるはずだ。

引用元: 気球による格安宇宙旅行、米企業が初テスト飛行に成功 « WIRED.jp.

ゲームで遊ぶだけで年収4億円を稼ぐ、スウェーデン人YouTuber « WIRED.jp

「ピューディパイ」(PewDiePie)の別名で知られるスウェーデンのYouTubeスター、フェリックス・チェルベリが、広告収入で毎年240万ポンド(4億円超)相当を得ていることを明らかにした。

現在24歳のチェルベリ氏は、『Wall Street Journal』(WSJ)紙のインタヴューで、自分が制作する動画の実入りのよさに驚いていると話している。同氏は、お喋りしながら各種のヴィデオゲームをする様子を映した動画を1日に2回アップロードしている。

「ヴィデオゲームをしながら、人々に、できるかぎり楽しんでもらうようにしている」とチェルベリ氏は述べている。「ヴィデオゲームをして生計が立てられるというのはある意味で驚きだ。初めてそれに気づいたときには涙が出そうになったくらいだ」

21歳の大学生だった2010年に、スウェーデンのヨーテボリでYouTubeへの動画投稿を始めて以来、チェルベリ氏のチャンネル「PewDiePie’s channel」は成長を続けた。2011年には、YouTubeに専念するため大学を退学。現在は、2,700万人もの登録者を集めている。

引用元: ゲームで遊ぶだけで年収4億円を稼ぐ、スウェーデン人YouTuber « WIRED.jp.

仲居さんにセンサー装着 がんこフードの「科学接客」  :日本経済新聞

着物に身を包んだ接客スタッフである“仲居さん”にセンサーを装着し、その行動を1週間記録することにした。接客スタッフそれぞれの行動データをPC(パソコン)に取り込み、3D(3次元)のコンピュータグラフィックス(CG)で再現した店舗に、スタッフの動きを可視化。POS(販売時点情報管理)データも組み合わせ、「接客スタッフがどの時間帯にどこにいて、どれだけの注文を受け付けたのか」を2011年1月に分析した。

その結果、夜の時間帯にスタッフが接客エリアにいる割合は、40%を割ることが分かった。本来なら接客に専念するはずだが、忙しさのあまり、調理場から料理を運ぶ配膳係の仕事を手伝っていたのである。

「接客時間がかなり少ない…」。結果に愕然とした現場関係者は、直ちに対策を講じた。調理場から料理を運ぶ配膳係を増員し、役割分担を改めて明確にした。

産総研と実施したセンサーによる行動分析を通して接客戦術を見直し、成果を出す

さらに午後2~5時は、注文が少ない時間帯であるという調査結果に着目。その時間帯は、接客を最小限にとどめて、夜の繁忙時間のための準備に振り向けることにした。

■接客強化で注文件数が4割アップ

改善の効果はてきめんだった。夜間の接客時間を多く取るようにしたことで、注文の件数は以前よりも約4割増えた。接客エリアの滞在時間をあえて減らした午後2~5時の注文件数も減らなかった。

調査では、接客スタッフの店内の移動距離も測定した。トータルの移動距離は、改善の前後で変わらず。スタッフの作業負担を増やさず注文の件数を拡大できたわけだ。

その後も改善活動を続けた。センサーによる接客スタッフの位置情報と、POSデータによる注文の受付件数を分析し、接客スタッフの最適な配置計画に役立てた。

引用元: 仲居さんにセンサー装着 がんこフードの「科学接客」  :日本経済新聞.

突然始まった国内向けiTunes Match レコード会社は「時代の流れ」 – ITmedia ニュース

iTunes Storeに楽曲を配信し、iTunes Matchにも参加している大手レコード会社などに取材したところ「Apple側からサービスの説明を事前に受けており、iTunes Storeへの配信の延長として捉えている」と答えた。「米国でスタートした2011年とは国内の音楽市場の状況も大きく変わっており、ユーザー動向を踏まえた時代の流れ」(あるレコード会社)という。

ユーザーの所有楽曲ファイルがサーバ上にアップされる点については「個人利用の範囲というApple側の見解に準じる」ということで合意しているようだ。違法ダウンロードファイルが正規ファイルに置換される可能性について、あるレコード会社は「違法視聴自体はこれまでも懸念であり、同サービスの開始で特段大きな問題に変わったわけではない」という。別のレコード会社からは「そもそも海賊版や違法ダウンロードを使って音楽を聞いている人が有料サービスを使うのかは未知数」という意見もあった。

レコード会社が加盟する日本レコード協会は「まずはレコード会社ごとの判断ありき」という立場。「サービス開始後、具体的な問題が生じた際は各社と連携して協議する」としている。

楽曲著作権を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)は、「Appleとはこれまでも同サービスを含め楽曲データの扱いについて協議を進めてきているが、開始にあたってApple側から特段連絡は受けていない」という。楽曲利用・配信について、レコード会社が持つ著作隣接権(原盤権)についてはあくまでレコード会社との合意によるもので、著作権に関してはこれから具体的に取り扱いを決めていくという。基本的には運用に関し前向きな姿勢で「アーティストの権利を守りつつ、ユーザーの利便性やニーズを汲んで整えていきたい」としている。

引用元: 突然始まった国内向けiTunes Match レコード会社は「時代の流れ」 – ITmedia ニュース.

長時間労働、マルチタスク、先延ばし…巷にはびこる生産性の誤解を科学で解く : ライフハッカー[日本版]

国際労働機関が2011年に発表したこちらの論文(PDF)では、生産性と労働時間の関係に関する複数の研究をレビューしています。その核となる結論は、「長時間労働が生産性を高めることはなく、むしろ逆効果である」「こなせる仕事量は減り、こなした仕事もベストとは言えない(やり直しや修正が必要になることもある)」というものでした。

同じことが、他の論文でも言われています。欧州生活労働条件改善財団の論文(PDF)では、EU加盟国のうち16カ国において、労働時間や職種が比較的フレキシブルな、一般的にはパートタイムと呼ばれるような人たちの方が、より労働時間が長い人たちよりも仕事に没頭し、生産性も高く、余暇の時間を楽しんでいることが指摘されています。

この論文では、「労働市場参加率」は高い(すなわち、多くの人が働いているが必ずしも1つの仕事を続けているわけではない)が個々の労働時間が短い欧州型モデルと、雇用率が高く(1つの仕事で継続的に雇用されている)労働時間も長い米国型モデルを直接対比しています。

同論文では、雇用形態(フルタイム/パートタイム)にかかわらず、スイートスポットは週に30時間前後であると結論付けています。その時間を超えると、仕事と生活の質が低下し始めます。多くの人が週に50時間近く働いている現状を考慮すると、とても皮肉な結果と言えるでしょう。

引用元: 長時間労働、マルチタスク、先延ばし…巷にはびこる生産性の誤解を科学で解く : ライフハッカー[日本版].

車両後方カメラ、義務化へ:米国ではバック時の事故で毎年210人が亡くなっている « WIRED.jp

米運輸省は3月31日(米国時間)、2018年5月以降に製造される約4.5トン以下のすべての車両に、後方確認用カメラの搭載が義務付けられると発表した。

この新規則はバック時の事故による被害低減を目的とするもので、後方確認用カメラは、約3×約6メートルの範囲が視界に入るものでなければならない。「画像サイズ、画像表示時間、反応時間、耐久性、機能停止」など、仕様に関する必要条件も盛り込まれる見込みだ。

この規則はもともと、2008年にジョージ・W・ブッシュ元大統領が署名し、2011年末までに施行されることになっていた。しかし、その審査は2012年2月、同年末まで延期され、その後さらに期限を決めずに延期されていた。

ABC Newsによると、報道当時の米国では、バックしてきた車両に轢かれた子どもの数は1週間に50人にのぼり、そのうちの1人から2人が命を落としたという。米道路交通安全局(NHTSA)によれば、米国ではバック時の事故で毎年210人が死亡している。

NHTSAは、新規則によって死者と物的損害が減ることで、2億6,500万~3億9,600万ドルの損害が防止できると推定している。

引用元: 車両後方カメラ、義務化へ:米国ではバック時の事故で毎年210人が亡くなっている « WIRED.jp.

てくろぐ: ついに本気を出した、IIJのネット中継サービス「マルチデバイスストリーミング/Live」

甲子園大会の中継は2011年から毎年実施していて、回を重ねる毎に規模が大きくなっています。2013年夏は、ピーク時で総帯域80Gbps・同時接続数11.8万という記録を樹立しました。

引用元: てくろぐ: ついに本気を出した、IIJのネット中継サービス「マルチデバイスストリーミング/Live」.

間違って別人の新居を内装、楽しみにしていた新年を新居で過ごせず。 | Narinari.com

中国紙楚天都市報などによると、この一件は湖北省孝感市安陸市でのこと。郭さんは結婚後、内モンゴル自治区の包頭市で商売を営んでいたが、数年前に妻が病気を患ったことから、2011年に地元の湖北省安陸市内に新居を購入することにしたのだという。

契約後、郭さんは仕事や妻の病状などの関係で包頭市に戻ったため、新居の内装工事が始まったのは2012年末になってから。そのときも時間的にあまり余裕はなく、郭さんは不動産屋からカギを手渡されるとすぐに内装業者を探し、材料などを準備、また慌ただしく包頭市に戻ってしまった。

しかし、これがいけなかった。郭さんが契約した不動産屋の担当者はそのとき、別の部屋のカギ(部屋番号は同じだったが、棟が異なっていた)を誤って渡しており、それを受け取った郭さんはそのまま内装業者に渡し、別の部屋で工事が始まってしまったのだ。

新居から遠く離れて確認する術がない郭さんはそんな“間違い”が起きているとはつゆ知らず、最終的に今年7月になって不動産屋から連絡が入って初めて自分も気が付くという有様だった。

もちろん自分の確認ミスとは言え、相当な額の内装費を支払っている手前、郭さんは「お金は払ったのに、自分の新居は何も内装工事が進んでいない」状態に納得がいかない。2013年中に内装はすべて済ませ、「旧正月は新居で一家団欒」を夢見ていただけに、不動産屋を相手取り、損害を賠償するよう詰め寄った。

不動産屋は不動産屋でカギを渡し間違えたことは認めつつ、「確認を怠った郭さんにも問題がある」と反発。間違えて内装した部屋は胡という人物の持ち家だったが、不動産屋はその胡さんにも5万元(約87万円)の損害賠償を支払うこととなり、郭さんにまで高い損害賠償を支払うのは何としても避けたいようだ。

現在もこの問題は未解決のまま。郭さんも胡さんも新居に住めない状況が続いているという。

引用元: 間違って別人の新居を内装、楽しみにしていた新年を新居で過ごせず。 | Narinari.com.