タグ別アーカイブ: 2004年

レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli

現CEOのヨアン・ヴィー・クヌッドストープ氏がレゴ社の低迷期である2004年にトップに就任した際に行った改革の1つが、開発デザイナーへの厳しい制限でした。それまでは自由度を高めることで創造性を確保しようと、レゴのパーツの形や色、数はデザイナーに一任していたのです。

クヌッドストープ氏はこのやり方を改め、1つの製品で使えるパーツの数に制限を課します。デザイナーからは「自由度が制限されれば、製品の創造性も損なわれる」と反論しましたが、同氏は「制約があるからこそ革新が生まれるのだ」と言下に断ったのでした。

これはレゴの製品そのものにも通じる精神です。1つの製品には限られたパーツしか入れられていません。しかし子供達はその中で創意工夫し、大人では想像もつかないようなオブジェを作り上げます。限られた状況の中で知恵と創造力を振り絞るからこそ、真のブレークスルーが見つかるのです。

引用元: レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli.

彗星着陸機「フィラエ」、再起動に成功 7か月の眠りから覚める | 科学衛星 | sorae.jp

最初の通信では300を超えるデータ・パケットが受信でき、分析が行われた結果、今回のデータが送られてくるよりも前から、フィラエはすでに目覚めていたこともわかったという。ただ、今日まで通信することができなかったとされる。

フィラエに搭載されたメモリーには、実際に再起動してからの間に取得された、8000を超えるデータ・パケットが記録されているという。運用チームは現在、このデータをダウンロードするため、次の通信可能な機会を待っているとのことだ。

フィラエは2004年3月2日、母機であるロゼッタに搭載され、アリアン5 G+ロケットで打ち上げられた。そして10年を超える航海を続け、2014年8月6日に目的地であるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着した。ロゼッタの調査によってフィラエが着陸する場所が選ばれ、そして11月13日0時33分(日本時間)、彗星表面に到達した。

しかし、機体を彗星表面に固定するために器具がうまく作動せず、3度バウンドした後、起伏の多い岩場と思われる場所に落ち着いた。また機体も大きく傾いていたこともあり、太陽光が十分に当たらず、太陽電池による発電が十分にできない状態だった。しかし、あらかじめ充電されていたバッテリーを使って活動を開始し、当初予定していた観測はほぼすべて完了した。

そして着陸から約57時間後、バッテリーが切れたフィラエは活動を停止し、休眠状態に入った。しかし、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は今後徐々に太陽に近付いていく軌道に乗っているため、フィラエに当たる太陽光の量も増えることから、太陽電池の発電によってバッテリーが再充電され、再起動する可能性はあると予測されていた。

引用元: 彗星着陸機「フィラエ」、再起動に成功 7か月の眠りから覚める | 科学衛星 | sorae.jp.

Google幹部の座を捨てソフトバンクに転身 孫正義氏が後継指名、アローラ氏はどんな人物か (2/5) – ITmedia ニュース

アローラ氏とは一体どんな人物なのか。

故郷はインド北部でネパールと国境を接するウッタル・プラデーシュ州。1968年2月に父親がインド空軍の家庭で生まれ、ヒンドゥー教の聖地で知られるバナラシのバナラシ・ヒンドゥー大学で電気工学を学んだ後、渡米して奨学金を受けてボストン大学で理学修士号、ノースイースタン州立大学で経営学修士(MBA)を取得し、さらに公認証券アナリスト資格も取得して、卒業後は通信業界アナリストとして活躍した。

1999年にはドイツテレコムに入社し、子会社のTモバイル・ヨーロッパで取締役、CEOを歴任。2004年にグーグルに転職した。グーグル時代のアローラ氏の年収は総額で5000万ドル(60億円)以上だったと報道されている。グーグル共同創設者でCEOのラリー・ペイジ氏は「グーグル社員はもとより、私にとっても類いまれなるリーダーだ」と高く評価しており、グーグルでは最高額の報酬を得ていたといわれる。

引用元: Google幹部の座を捨てソフトバンクに転身 孫正義氏が後継指名、アローラ氏はどんな人物か (2/5) – ITmedia ニュース.

バークシャー・ハサウェイの役員、スーザン・デッカーがネット広告市場の過当競争に警鐘 – Market Hack

その記事によると2004年から2014年の間に、ネット広告市場の規模は130億ドルから1,420億ドルに増えました。これは年率換算+27%です。

これに応じてネット広告がグローバルの広告市場全体に占める割合も、4%から26%へと増えました。つまり広告主は紙などの従来の媒体からネット広告へ予算をシフトしているわけです。

問題はグローバルの、すべての広告市場で見た場合、10年間の年率換算成長率は僅か+1%に過ぎないという点です。

スーザンは「これは理屈に叶っている」としています。なぜなら消費者が広告に接する時間は限られているし、企業が宣伝広告費に割ける予算は、ほぼ一定だからです。

すると地上波、ラジオ、紙メディアなどの既存媒体から、あとどのくらいネット広告がマーケットシェアを奪えるか? ということに注意を払いはじめるべきだというわけです。

過去10年間のネット広告市場の成長率は+27%だけど、過去3年間の成長率は+19%、+17%、+15%と着実に減速してきているというわけです。

ドットコム・ブームの当時、或るウェブ・スタートアップがビジネスを始めるにあたって必要な初期費用は250万ドルでした。しかし最近は5万ドルもあればウェブサイトを立ち上げることが可能です。

つまり「世界を変えるぞ!」という痛いノリでウェブ企業を始める軽い奴らはゴマンと居るわけです。スーザンは「お手軽にウェブ企業を始められるという事実に注目するのではなく、グーグル、フェイスブックなどのすでにエスタブリッシュされた大企業からビジネスを奪うのがどんなに困難になっているか? という事実に、もっと注意を払うべきだ」としています。

実際、スタートアップ企業が黒字化するまでに必要とした年数は:

グーグル 3年

ヤフー 4年

フェイスブック6年

ツイッター 8年

ユーチューブ 10年(但しグーグルの一部門)

ジロー 11年

トリップアドバイザー 11年

と、だんだん長くなっています。

引用元: バークシャー・ハサウェイの役員、スーザン・デッカーがネット広告市場の過当競争に警鐘 – Market Hack.

誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約) | On Off and Beyond

アルカイダ誘拐の歴史

アルカイダは設立当初は裕福な支援者からの援助で運営されていたが、現在ではヨーロッパからの身代金が主たる資金源と考えられている

2003年に人質32人の身代金としてドイツが500万ユーロ払ったのが「アルカイダ誘拐ビジネス」の始まり

2004年にはアルカイダ活動員が誘拐のハウツーガイドを発行

身代金の多くは、民間企業を通じて払われるか、途上国支援金名目で支払われる。イエメンのアルカイダへの支払いはオマーンかカタール経由になることもある

現在では誘拐は計画的に行われており、逃走用ガソリンを逃走路に埋めておく、人質が女性だった場合にモスリムの誘拐犯とその女性の体が触れ合わないためのマットレスを用意するなど周到

引用元: 誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約) | On Off and Beyond.

本の虫: Linux Torvalds、最近のCPUのPage Faultのコストにご不満の様子

syscallトラップのパフォーマンスは興味深いものだ。

15年前[訳注:この記事が書かれたのは2004年なので、1989年頃]、IntelとMicrosoftと会議があった(残念ながら、私はこの会議に参加していなかったので、この話は伝聞なのだが)

Microsoftというのは、Intelの最大の顧客のひとつなので、Intelの代表はよくMicrosoftを訪問して、最新のプロセッサーを紹介したり、カーネル開発部に新しいプロセッサーの機能をサポートするようロビーしたり、どのような機能を追加すれば、もっとも役立つかという知見を吸い上げたりしていた。

この会議で、Intelの代表がたずねた。「でさ、たったひとつだけ、速くして欲しいところがあるとすれば、どこ?」

躊躇なく、カーネルの開発主任が答えた。「無効命令のfaultingの高速化」

Intel社員は笑い転げた。「いやぁ、Microsoftのエンジニアは愉快でいらっしゃる」というわけで、会議は冗談で締めくくられた。

研究所に戻った後、IntelのエンジニアがWindowsカーネルのプロファイルをしたところ、驚くなかれ、彼らはWindowsがかなりの時間を、無効命令例外をさばくためにつかっていることを発見したのである。何だと! ひょっとして、Microsoftのエンジニアは冗談を言ったのではなかったのか?

冗談じゃない。

この当時の80386チップで、V86モードからカーネルモードに移行する最速の方法は、無効命令を実行することだったのだ! そのため、Windows/386は、無効命令をsyscall trapに使っていたのであった。

この話の教訓? よくわからない。たぶん、何か物を作ったならば、それが作成者の意図しない方法で使われるだろうということか。

引用元: 本の虫: Linux Torvalds、最近のCPUのPage Faultのコストにご不満の様子.

発足10年、花王「データ経営」支える隠密組織  :日本経済新聞

2004年にプロジェクトとして発足し、現在では6人のデータサイエンティストからなる組織、DBM室だ。花王のデータ経営を支える本丸。マーケティング開発部門マーケティング開発センター傘下にあるが、DBM室は“隠密組織”とされ、これまでその正体を外部に明かしたことはない。

仕事のスローガンも特徴的。「No Analysis, No Strategy(分析なくして、戦略なし)」「No Action, No Success(行動なくして、成功なし)」「No Algorithm, No Solution(アルゴリズムなくして、解決なし)」「No Assumption, No Suggestion(仮説なくして、提案なし)」である。

引用元: 発足10年、花王「データ経営」支える隠密組織  :日本経済新聞.

芸能人の「生涯年収」ランキング、トップは小室哲哉の約97億円。 | Narinari.com

関東圏以外で放送されているよみうりテレビの情報番組「ミヤネ屋」が、1985年〜2004年までの20年間に公表された長者番付をもとに「生涯収入ランキング」を作成。それをブログ「ワイド芸能ショー」がまとめているなりよ。どのようなランキングになっているのか、ベスト10を見ておくと。

1位 96億6270万円 小室哲哉

2位 74億1447万円 石橋貴明(とんねるず)

3位 69億3780万円 桑田佳祐(サザンオールスターズ)

4位 64億4151万円 稲葉浩志(B’z)

5位 62億1399万円 松本孝弘(B’z)

6位 55億7712万円 松本人志(ダウンタウン)

7位 54億5331万円 浜田雅功(ダウンタウン)

8位 50億5953万円 宇多田ヒカル

9位 48億9903万円 森進一

10位 48億9300万円 長渕剛

※役者のトップは三田佳子の47億8197万円(全体11位)。

引用元: 芸能人の「生涯年収」ランキング、トップは小室哲哉の約97億円。 | Narinari.com.

200言語が話される都市、マンチェスター « WIRED.jp

英国の都市マンチェスターでは、住人の間で話されている言語は200に上る。これは前回の推計から33%増加している。

「マンチェスターには、世界で最も多様な言語文化がある」と話すのは、今回の調査を準備したマンチェスター大学のヤロン・マトラス教授だ。

人口が500,000人を超えるマンチェスターは、2011年に行われた最新の国勢調査で、英国で最も急成長している都市であることが判明した。1990年代の人口減少から一転し、10年前に行われた前回の調査から人口が19%増加したのだ。2027年までに、さらに20%の増加が期待されている。

マンチェスター住民のうち、英語をまったく話せない人は3%しかいない。英語を第2言語とする住民のうち80%は、英語をうまく、あるいはとてもうまく話すことができると答えている。

第2言語として最も広く話されているのはウルドゥー語(パキスタンとインド北部で使われている言語)で、そのあとに、アラビア語、中国語、ベンガル語(バングラデシュおよび西インドで使われている言語)、ポーランド語、パンジャブ語(インドとパキスタンにまたがるパンジャブ地方の言語)、ソマリ語(アフリカ東部ソマリ族の言語)と続く。

南アジアの言葉が優勢なのは、グレーター・マンチェスターにおいて、同地域の出身者が最大の少数民族グループであることの表れだ。

英国全体だと、英語に次いで最も話されている言語はポーランド語になる。これは、ポーランドが欧州連合(EU)に加盟した2004年以降、同国からかなりの数の移民が来ていることを反映している。

ロンドンの各特別区では100言語以上が話されており、また、いくつかの推計によると、ロンドンの学校全体では300言語以上が話されているという。

引用元: 200言語が話される都市、マンチェスター « WIRED.jp.

自然エネルギー:水素を常温で「液化」、大量水素社会へつながるか – スマートジャパン

トルエンを使って水素を「液化」する そこで考え出されたのが、水素を別の物質に加えて、必要に応じて取り出す手法だ。水素吸蔵合金やハイドライドへの貯蔵がある。ハイドライド法には無機物、つまりカルシウムやマグネシウムなどの金属に加える方法の他、有機物に加える方法もある。有機物を使った有機ハイドライド法は、重量当たりの水素密度で見ると水素吸蔵合金よりも良いが、無機ハイドライドよりも低い位置にある。体積当たりの水素密度では他の手法よりもいくぶん劣る。しかし、大量貯蔵、大量輸送を前提にすると、密度に劣ることよりも液体として貯蔵、輸送できることが重要だ。信頼性・安全性も高くできることから有望視されてきた。 有機ハイドライドの課題は反応が遅いことだ。有機物に水素を加える反応はよいものの、有機物から水素を取り出す反応が遅い。ここに革新を加えたのが千代田化工建設だ。2004年に白金ナノ粒子を使った脱水素触媒を開発した。これは世界初の実績だという。次は大規模化だ。

引用元: 自然エネルギー:水素を常温で「液化」、大量水素社会へつながるか – スマートジャパン.