タグ別アーカイブ: 2002年

なぜか、ビール会社が「製糖」の常識を覆す!|食の安全|JBpress

サトウキビやトウモロコシを原料とするバイオマスエネルギーには、1つの作物を食料に使うのか、燃料に使うのかという食料競合の問題があります。

野村 まず、私たちが取り組んだのがサトウキビの品種改良です。2002年から独立行政法人・九州沖縄農業研究センターと共同で、多収性品種の開発に取り組みました。2005年度から5年間沖縄県の伊江島で栽培試験を重ね、同じ面積で2倍の収穫が可能な「高バイオマス量サトウキビ」の開発に成功しました。

― 2倍の収穫ができれば、当面、食料競合の問題は回避できるということですね?

野村 実は、そう簡単ではないのです。サトウキビには「ショ糖」と「還元糖」という2種類の糖が含まれます。サトウキビジュースからショ糖を取り出して結晶化させたものが砂糖になります。残った糖蜜には、ショ糖の残渣と還元糖が含まれていて、これを発酵させるとアルコールになります。どちらの糖もアルコールの原料になりますが、製糖工程においては、還元糖はショ糖の結晶化を阻害するジャマモノ物質なのです。

引用元: なぜか、ビール会社が「製糖」の常識を覆す!|食の安全|JBpress.

サッカーやバスケでは強い選手を集めすぎると逆に成績が悪くなるという調査結果 | スラッシュドット・ジャパン サイエンス

才能ある選手が多く所属すればするほどそのスポーツチームは強くなると思われるが、強い選手が多すぎて逆効果になることはないのだろうか。コロンビア大学と世界トップクラスのビジネススクールとして知られるINSEADの共同研究により、この疑問への答えが導き出されたとのこと(Huffington Post)。

研究ではまずバスケットボールを対象とし、2002年から2012年までの期間、すべてのNBAチームのレギュラーシーズンのデータをもとに、各選手が勝利にどれ程貢献できるかを導きだした。すると、才能ある強い選手が多ければ多いほどチームの成績が良くなるのだが、ある一定の人数を超えると成績が悪くなることが分かったとのこと。自分のエゴよりもチームを優先することで生まれるチームワークが損なわれてしまうからだという。これは、チームワークが重要とされるサッカーでも、FIFAのデータをもとに分析したところ、同じ結果が導き出されたとのこと。

だが、「団体スポーツの仮面を被った個人スポーツ」と呼ばれる野球では、チームワーク以上に各プレーヤーのパフォーマンスが試合結果に及ぼす影響が強い。そこで、野球でもMLBのデータをもとに同様の分析を行ったところ、バスケットボールやサッカーとは結果が異なり、強い選手が多く所属しすぎているために勝てなくなるということはないことが分かったとのこと。

引用元: サッカーやバスケでは強い選手を集めすぎると逆に成績が悪くなるという調査結果 | スラッシュドット・ジャパン サイエンス.

ベルギー最高齢アスリートが安楽死、シャンパンで乾杯して旅立つ (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

ベルギーで「最高齢アスリート」として親しまれてきたエミール・パウウェルス(Emiel Pauwels)さん(95)が安楽死を選択し、家族や友人約100人とシャンパンで乾杯をした後に旅立った。

ベルギー上院、子供の安楽死認める法案を可決

7日のベルギーのメディアは、前日の6日に自宅で家族や友人、スポーツクラブの仲間たちに囲まれ、微笑みながら乾杯しているパウウェルスさんの姿を伝えた。

フラマン語の現地日刊紙ヘット・ラーツテ・ニウス(Het Laatste Nieuws)によると、パウウェルスさんは6日、「後悔はしていないし、死への恐怖感はまったくない。わたしの人生の中で最高のパーティーだ。友人全員に囲まれて、シャンパンと共に消えていくのが嫌だなんて人がいるかい? 」と語った。「注射薬を持って医師が来たとき、わたしは満たされた人生を送ったと思いながら、この世を去る」

パウウェルスさんは末期の胃がんのため、この数か月間は寝たきりになっていた。昨年3月に行われた高齢者欧州選手権の屋内60メートル走で優勝したのが、アスリートとして残した最後の大きな成績だった。

ベルギーでは2002年に安楽死が合法化され、12年には1432件が報告された。現在は安楽死の対象を、12歳を超える子供にも拡大することが検討されている。

引用元: ベルギー最高齢アスリートが安楽死、シャンパンで乾杯して旅立つ (AFP=時事) – Yahoo!ニュース.

ヴォズロジデニヤ島 – Wikipedia

細菌兵器実験場

かつてはソ連がつくった大規模な細菌兵器の実験研究所があり、1930年代から研究が開始され、1954年から1992年までの間に開発していた炭疽菌、天然痘、野兎病、ブルセラ症、ボツリヌス菌、ベネズエラウマ脳炎、ペストなど、40種類以上の各種細菌がここで実験された。

1992年に旧ソ連関係者が去った後、現地では金目になる物質目当てに略奪が起き、施設が荒らされた事でそうした脅威が外部に流出した可能性が懸念されたが、現在まで続く近辺の住民への健康被害は、それ以前より及んでいるとされる。

911テロ事件以降、大量に残存する炭疽菌が対テロの見地から国際問題化していた。アメリカ政府はウズベキスタン政府との間にこの島の細菌兵器の処理に関する協定を交わし、ブライアン・ヘイズ(アメリカ国防総省国防脅威削減局の生化学技術者)の指揮する113人の処理チームが派遣され、2002年の春から夏の3カ月間にかけて、100–200トンの炭疽菌が中和された。作業に投じられた費用はおよそ500万ドルだった。チームは炭疽菌を中和した後にこの島を去ったが、それ以外の病原の試料や製品が、未処理のまま今も残っているとされる。

引用元: ヴォズロジデニヤ島 – Wikipedia.