タグ別アーカイブ: LED

1日にレタス3万個製造、完全自動化の工場建設へ 京都 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

野菜工場事業を展開する「スプレッド」(本社・京都市下京区)が、栽培を完全自動化したレタス製造工場を、けいはんな学研都市内の京都府木津川市木津川台9丁目に建設することを決めた。2017年夏ごろから出荷を開始し、生産規模は1日あたり3万個、年間売り上げは約10億円を見込む。

同社は同府亀岡市に世界最大級をうたうレタス製造工場があり、日産2万1千個。新工場はこれを上回る規模となり、年間の生産量は1090万個におよぶ。約1ヘクタールの敷地のうち約4400平方メートルに工場や研究開発・実験室を建設し、総投資額は約16億~20億円。

新工場では、レタスの栽培に専用のLED照明や独自の空調システムを採用する。これによって、1個あたりのエネルギーコストを亀岡プラントに比べ30%削減。育苗から収穫までの栽培工程を自動化することで、人件費も50%削減できるという。また、工場内で栽培に使う水の98%をリサイクル可能にする。来年春ごろに着工する予定で、雇用人数は検討中。

同社は現在、亀岡プラントで生産された4種類のレタスを「ベジタス」ブランドとして、首都圏や関西のスーパー約2千店に出荷している。

引用元: 1日にレタス3万個製造、完全自動化の工場建設へ 京都 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース.

青色LEDでミカンを守る 腐敗を抑える効果:朝日新聞デジタル

青色発光ダイオード(LED)を使ってミカンをカビから守る取り組みが静岡県農林技術研究所果樹研究センター(静岡市清水区)で続いている。

県特産のミカン「青島温州」は年末に収穫し、1、2カ月ほど保管すると具合よく酸味が抜け、食味が増すが、貯蔵中に約2割は腐ってしまう。

同センターでは、青色の光を当てたオレンジが腐敗しにくいという米国の研究結果に注目。昨年実際にLEDを照射し腐敗度合いを試したところ、ミカンの腐敗の速度が通常の半分以下に抑えられたため、今年は昨年12月に収穫した約360個のミカンでテストをしている。

山家一哲・主任研究員は「効果的な照射方法や適当なLED製品など実用化に向けた課題をどうクリアするかがこれからの課題」と話している。

引用元: 青色LEDでミカンを守る 腐敗を抑える効果:朝日新聞デジタル.

「場末のスナックみたい」 大阪で青色LEDバス運行中:朝日新聞デジタル

大阪市中心部を光で彩る「大阪・光の饗宴(きょうえん)」に合わせて、大阪市交通局がメーン会場の御堂筋で「イルミネーションバス」を運行している。25日まで。 青色LEDなどで飾られた車内には自動車部長が作った曲が流れる。JR大阪駅前~なんば間を午後5時20分から1日7往復している。大人210円。 職員の手作り感満載で「場末のスナックみたい」との声も上がるが、予想より乗客が多く、増便した。座って楽しむには午後7時以降がおすすめだという。

引用元: 「場末のスナックみたい」 大阪で青色LEDバス運行中:朝日新聞デジタル.

LED信号機 “大雪で見えづらい” NHKニュース

LED信号機 “大雪で見えづらい” NHKニュース: ドライバーから信号が見えづらいという声が相次いでいます。これは、LEDの信号機は電球のように熱を出さないため、レンズの表面やひさしについた雪が溶けにくいからで、警察官が長い棒を使って信号機についた雪を落とす対応に追われています。警察によりますと、この冬、住民の要請を受けて信号機の雪下ろしに出動した箇所は、すでに400を超えているということです。警察は、雪がつきにくいようにレンズの表面の凹凸をなくした信号機や、レンズの内側に熱を出すシートを入れた信号機の開発をメーカーと協同で進めていて、大雪でも交通に影響が出ないようにしたいとしています。