タグ別アーカイブ: 魔法

クラレ「魔法の樹脂」、生ゴミを1日で液体肥料に 微生物がゴミ分解 セブン-イレブンに導入 (1/3) – ITmedia ニュース

洗濯機ほどの大きさの生ゴミ処理機に、数十万個入った白いクラゲールに食品の残りなどを入れる。内部で水をかけながらかき混ぜると、クラゲール1粒に約10億個棲む微生物がゴミを分解し、1日後に跡形もなくなる。

クラレがベンチャー企業、シンクピア・ジャパン(横浜市)と共同開発した生ゴミ処理機は、こんな魔法のような仕組みを可能にした。クラゲールは、クラレが世界で初めて事業化した機能性樹脂「ポバール樹脂」からつくる。独自の製造技術で1粒に約0.02ミリの穴を複数開けた網目状にして、微生物をより多く棲みやすい構造にしたのが特徴だ。

従来はコメのもみ殻の表面に微生物を棲ませる方法や、生ゴミを温風などで乾燥して堆肥にする処理法があった。クラゲールは網目状にすることで同じスペースに棲む微生物を増やし、「もみ殻の表面だけを使う従来の処理機に比べて大幅に小型化できるうえ、乾燥する機械に比べて電気代が抑えられる」

引用元: クラレ「魔法の樹脂」、生ゴミを1日で液体肥料に 微生物がゴミ分解 セブン-イレブンに導入 (1/3) – ITmedia ニュース.

近藤麻理恵さん、「世界で最も影響力のある100人」に:朝日新聞デジタル

米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」が16日発表され、「片づけコンサルタント」として活動し、「ときめく片づけ」シリーズで知られる近藤麻理恵さん(30)が選ばれた。

近藤さんは物に感謝しながら片づける方法を紹介してきた。著作を多く刊行するサンマーク出版によると、昨年10月に米国で出版した「人生がときめく片づけの魔法」が67万部超のベストセラーに。「kondo」を近藤さん流に片づける意味の動詞として使う人もいるという。イタリアやフランスでも刊行され、世界でシリーズ累計300万部の人気になっている。

サンマーク出版の担当者は「片づける姿勢に踏み込んだ処分方法が受けている。これまでの消費文明への反省もあり、物を擬人化して、感謝を込めて捨てる精神が受けているのだと思います」と話した。

日本からはほかに、作家の村上春樹さんも選ばれた。

引用元: 近藤麻理恵さん、「世界で最も影響力のある100人」に:朝日新聞デジタル.

米国のテレビ局が密かに映画やドラマを加速圧縮再生、CM時間を水増し (動画) – Engadget Japanese

米国で多数のケーブルTV局が、CMの時間を増やすためドラマや映画を「加速再生」していることが話題となっています。

映画のテレビ放送などでは、枠に押し込みつつコマーシャルも挿入するため場面やクレジットをカットすることが古くから慣行となっていますが、今回あらためて話題となったのは、再生速度そのものを数%ほど加速して「圧縮再生」する手法。

上は『サインフェルド』の再放送と過去の放送を並べて比較した動画。上が近年の再放送(ライブ放送)、下が10年前の録画。

最初は微妙なズレですが、すぐにオリジナルがシーン単位で引き離されてゆきます。三分ほどの再生時間で差は約15秒。元は30分枠で放送時間23分のため、1話につき2分ほどコマーシャルが増えている計算です。

リンク先の Wall Street Journal によると、コマーシャル時間を増やすために圧縮再生していることが分かった米国のケーブルネットワークはタイム・ワーナー傘下の TBS、Viacom傘下の TV Land など。

加速されていた番組にはサインフェルドやフレンズなどのテレビドラマだけでなく、古典映画の『オズの魔法使い』他も含まれています。

こうしたことがおこなわれる背景には、米国のケーブルテレビ局の加入者はNetflixなどネットのオンデマンドストリーミングサービスに押されて年々低下おり、減ってゆく収益を埋め合わせるためコマーシャルを増やす傾向があることが挙げられています。

引用元: 米国のテレビ局が密かに映画やドラマを加速圧縮再生、CM時間を水増し (動画) – Engadget Japanese.

かちかちアイス溶かす魔法スプーン 鋳物業者が開発 ハーゲンダッツの目にとまりドイツで好評販売中 – MSN産経west

かちかちに凍ったアイスクリームでも簡単にすくえる-。富山県高岡市の鋳物メーカーが開発したアイス専用スプーンが好評だ。熱伝導率が高いアルミを使い、体温でアイスを溶かす。まるでスプーンが吸い込まれるような使い心地が、世界的なアイスブランド「ハーゲンダッツ」の目に留まり、5月から、ベルリンの店舗で販売されている。

開発したのは昭和22年に創業した高田製作所。当初は仏具専門だったが、最近では、インテリア小物や食器の製造販売も手掛けている。常務の高田晃一さん(40)や担当のデザイナーがアイスを食べようとしたときにスプーンが刺さらなかった実体験から開発を思い立った。

材質には、同社が扱う銅やスズと比較して熱伝導性の高いアルミを採用。長さ約10センチのへら状で、取っ手の部分には体温を滞留させるため約2センチの厚みを持たせ、熱がスプーンの先端まで伝わるようにした。

試行錯誤を経て3年前に発売。今では、生産が追いつかないほどのヒット商品に。計算されたデザインからもたらされる機能はハーゲンダッツから高く評価され、ベルリンに加え、近くパリ店にも置かれる予定だ。

高田さんは「高岡発の技術を認められたようで、うれしい。世界中のアイス好きの心を満たしたい」と話している。

引用元: かちかちアイス溶かす魔法スプーン 鋳物業者が開発 ハーゲンダッツの目にとまりドイツで好評販売中 – MSN産経west.

世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版

世界自然保護基金(WWF)インターナショナルのジム・リープ事務局長は「私たちは地球が持続的に生産できる量より資源を50%多く消費している。方向転換を図らない限り、この数字は急速に増えるだろう。2030年には地球が2つあっても足りなくなる」と話す。

しかし、人類の歴史には奇妙な特徴がある。それは、人間がそのような限界を何度もぶちやぶってきたというものだ。結局のところ、サウジアラビアの石油相がかつて言ったように、石器時代は石がなくなったから終わったわけではない。生態学者はこれを「ニッチ構築」と呼ぶ。ニッチ構築とは、人間(実は人間以外の一部の動物もそうなのだが)は何らかの方法で自分たちの生息環境の生産性を高め、新たな機会を作り出すことを指す。農業はその典型だ。私たちは自然の恵みに頼ることをやめる代わりに、さらに大きな恵みを人工的に作り出した。

これと同じ現象を経済学者はイノベーションと呼んでいる。経済学者が生態学者の何にいら立っているかと言えば、生態学者が限界が静的なものであることを前提に物を考えるからだ。鯨油が枯渇し始めたころ石油が発見されたことや、農場の収穫高が横ばいになったときに化学肥料が登場したこと、ガラス繊維が発明されると銅の需要が落ち込んだことを生態学者は理解できないようだ。

生態学者も同じように経済学者に不満を感じている。経済学者は成長に限界があるという現実に向き合わなくても済むように「市場」や「価格」という迷信のような魔法を信じている、と生態学者は感じている。生態学者の会議で拍手喝采を浴びたければ、経済学者を侮辱する冗談を言えばいい。

引用元: 世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版.

Amazonに無料オンラインゲームストア 初の「Amazonログイン」導入、アイテム購入も – ITmedia ニュース

Amazon.co.jpは5月13日、「Amazonフリーオンラインゲームストア」をオープンした。無料のオンラインゲームやブラウザゲームを紹介しており、一部はAmazonアカウントでログインできる。

カプコンの「百年戦記 ユーロ・ヒストリア」「鬼武者Soul」、マーベラスAQLの「剣と魔法のログレス」「ブラウザプロ野球NEXT」など、基本無料のPCオンラインゲームをラインアップする。

一部ゲームには、Amazonアカウントでログインし、ゲーム内アイテムをAmazonの決済機能を使って購入できる「Amazonログイン」を日本で初めて導入。現在は「百年戦記 ユーロ・ヒストリア」「鬼武者Soul」で利用でき、今後対応タイトルを拡大していく。

引用元: Amazonに無料オンラインゲームストア 初の「Amazonログイン」導入、アイテム購入も – ITmedia ニュース.

『アナと雪の女王』少女を搾取するポップスター・プリンセス | k.onoderaの映画批評

マテル社が、バービー人形の売り上げやグッズ販売を目的に、レインメーカー・アニメーションに様々な要望を送り、仕事を依頼したように、ディズニー・カンパニーの上層部が、マーケティング・リサーチを利用した要望を、現場に押し付けたのは、おそらく同じような構図だろうということだ。
そうでなくて、脚本家や現場の人間から、「ダブル・ヒロイン」だとか、妙にポップスター的なミュージカルシーンを中心に作品をつくるというアイディアが、自発的に出てくるとは考えにくいからである。

さて、これの何が問題か。人によっては、「需要と供給が合致してる状況の何が悪いの?」「作品が商品で何が悪い?」と言うかもしれない。
確かに、「消費者が望むものをつくる」ことは、資本主義社会の常であり、また、おもちゃ会社とアニメ業界との相互依存関係も、世の常ではある。
「機動戦士ガンダム」だって、おもちゃ会社の要請に従って、最低限の要望に沿うような設定を作った上で作劇をしている。
だが、ここで重要なのは、現場がそのような「売らんかな主義」を押し付けられて作品をつくることになったとしても、それをあくまで「最低限」に留めることはできるということであり、それがつくり手の矜持であり誠意であるということだ。
受け手を喜ばせる事がいつでも誠実ではない。つくり手がその時信じてる事を、必要あらば、スポンサーやおもちゃ会社をだまくらかし、受け手が期待していなかったものを作ることができる。例えば、「新世紀エヴァンゲリオン」という作品がそうだった。しかし商業主義に毒されてる観客は、不幸にもそれこそが不誠実だという錯覚に陥ることもある。
観客の要望は多くの場合、漠然として貧困なものだし、その様な集合的欲望に沿うものを作るというのは、作家をその枠に縛る弊害がある。子供に向けたアニメであれば、消費物を超え、大きな驚きと、人生に深い影響を及ぼすのは、彼らが見たことの無い新しい価値観を、作り手の側が提示することではないだろうか。

そして、そのような観客を喜ばせる要素を優先させることで、前述したような設定の不備や、脚本がいびつになってしまうという弊害が、実際に起こっているというのは、間違いない事実だ。
エルサは一人で山の上に上り、氷の城をつくり閉じこもる。魔法で氷を作り操ることができるが、それ以外の、人間が生きる上での能力を全く持っていない彼女が、誰もいない場所で生活することは、不可能なはずである。
アレンデール王国にしろ、氷の城にしろ、ただの漠然とした「城」という貧困な概念しか感じとれない。しかし、それを観る観客が求めるところの多くは、おそらくその表層部分にしか興味がない、だから描く意味がない、これで十分だという判断なのだろう。

『アナと雪の女王』少女を搾取するポップスター・プリンセス | k.onoderaの映画批評.

子どもがウソをつかずに本当のことを言いたくなる魔法の言葉 : ライフハッカー[日本版]

実に効果的なのが、「もし覗いてたとしても怒らないから、本当のことを言ってくれると嬉しいな」というような言葉。そう言うことで、子どもに免責を与えると同時に、正しい立場に戻るための道筋を提示できるのです。Talwar氏はこの最新の研究結果について、「小さい子がウソをつくのは親を喜ばせたいから」と説明しています。"真実が親を喜ばせる"という事実は、もともと"良い報せ"というウソによって親を喜ばせようと思っていた子どもの考えと、真っ向から対立するのです。

引用元: 子どもがウソをつかずに本当のことを言いたくなる魔法の言葉 : ライフハッカー[日本版].

閉園後のディズニーランドを貸し切った謎解きプログラムが限定開催 – CNET Japan

オリエンタルランドは11月5日、同社が運営する東京ディズニーランドを舞台にした初の謎解きプログラム「魔法にかけられた夜の王国 奪われたハピネスを取り戻せ!」を開催することを発表した。日程は2014年1月19日、2月6日、2月13日の3日間限定となっている。

パーク閉園後の東京ディズニーランドを舞台とした夜の貸し切りプログラムで、各日1000人ずつ、計3000人限定。ゲストは、このプログラムだけに用意されたディズニーならではのオリジナルストーリーに登場する主人公となって、各テーマランドをめぐりながら手がかりを集め、数々の謎を解き明かしていくというもの。

専用パスポートは11月19日より発売。通常時間も東京ディズニーランドが楽しめる1デーパスポート付きで価格は1万500円。応募者多数の場合は抽選で、購入時には本プログラムのレベルにあわせた難解な謎が2問出題。その正解数によってチケット購入の当選確率が変動する仕組みとなっている。販売場所などについては、11月7日に開設される特設ページで案内するとしている。

引用元: 閉園後のディズニーランドを貸し切った謎解きプログラムが限定開催 – CNET Japan.

世界初、砂漠で農業「魔法の砂」…雨水再利用も : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

炊飯器の内釜などを表面加工する技術を応用し、水は通さずに空気だけを通す砂の層を作ることに成功した。地面に染みこんだ雨水を回収して再利用できるほか、塩分を含んだ地下水の土壌への浸入も防げるという。 農業関連のノウハウを持つ商社などと連携し、アフリカや中東、中央アジアなど、農作物の栽培が難しい乾燥地域での農園造成サービスなどを提供する計画で、2016年度の事業化を目指す。 炊飯器の内釜は、焦げや汚れがこびりつかないよう、はっ水性物質でコーティングしている。これをヒントに砂粒の表面を数ナノ・メートル(ナノは10億分の1)の厚さのはっ水性物質で均等に包むことで、砂の層(約5センチ)にはじかれた水は染みこまず、浮き上がる仕組みを開発した。

引用元: 世界初、砂漠で農業「魔法の砂」…雨水再利用も : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).