タグ別アーカイブ: 頭がよい

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった – しのごの録

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった – しのごの録: 「頭がよい」というのは単に、「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」ということを言い換えているに過ぎないからです。君は、自分は燃え尽きてしまった、あるいは、燃え尽きてしまうかどうかの岐路に立っているという風に感じています。でも実際には、燃え尽きることにするかしないかを決断する岐路に立っているのです。これが決断であるということを認めるのは怖いことです。なぜならそれは、君にはなにかをする責任があるということですから。でも、それは力が湧いてくる考え方でもあります。君にできるなにかがあるということですから。

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった – しのごの録

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった – しのごの録: 「頭がよい」というのは単に、「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」ということを言い換えているに過ぎないからです。