タグ別アーカイブ: 順序

「我孫子」「丁寧」 中日ネットユーザーが驚く五輪選手の苗字–人民網日本語版–人民日報

世界最高レベルのスポーツの祭典である五輪には、非常に多くの選手が世界各国・地域から参加している。驚くような名前の持ち主がたくさんいても驚くには及ばない。開催中のロンドン五輪で陸上競技女子棒高跳びに出場した日本の我孫子智美選手は、「我孫子(中国語で『私の孫』の意味)」という苗字ゆえに、中国のネット上で話題を集めた。中国各紙が伝えた。

我孫子選手が最初に中国人の間で話題になったのは、2010年広州アジア競技大会女子棒高飛び競技の時だ。この時、中国の李彩霞選手が金メダル、李玲選手が銀メダルに輝いた。しかし、授賞式で注目されたのは、金・銀メダルの栄冠に輝いた両選手ではなく、銅メダルを取った我孫子選手だった。

会場の電光掲示板に受賞選手の名前が表示された時、会場全体に大きなどよめきが沸き起こった。観客の眼は一斉に、「我孫子智美」という名前に釘付けとなり、その後ひとしきり、「我孫子智美」はネットで人気検索ワードとなった。

その理由は、「我孫子(あびこ)」という苗字を中国人がそのまま読むと「私の孫」という意味になるためだ。長幼の順序を重んじる中国では、「我孫子」はののしり言葉としても使われ、中国語で「あなたは我孫子だ」というと「オマエは俺の孫だ」と侮辱したことになる。そんな特殊なニュアンスを含んだ言葉なのだ。

引用元: 「我孫子」「丁寧」 中日ネットユーザーが驚く五輪選手の苗字–人民網日本語版–人民日報.

大企業病の作り方、治し方 : タイム・コンサルタントの日誌から

では、大企業病を治す方法はあるのか? パーキンソンの処方は、こうだ。「ホテルの所有者がながいこと留守にしたあと、帰ってきて、ホテルが荒れ放題だったと知った事態にくらべてみることができる。・・これを直す手段はいろいろあるが、いちばん早くて、いちばん効果的なのは、二百人のお客を招いて、カクテルパーティをひらき、三日後に宴会をやり、さらに二日後に舞踏会をやると宣言することである。(中略)他の組織も少なくとも一時的にはこれと同様の方法で甦らすことができる。三つの段階に分けた新計画を宣言するのが手だ。第一段階は社員の能力の範囲内でよい。第二段階は相当困難なこと、そして第三段階は明らかに不可能なことだ。こうした順序で、こうした内容の仕事に直面すれば、どんな組織でも元気をふるいおこすにちがいない。」p.274この処方箋が、ほんとうに巨大な組織にきくのだろうか? わたしには疑問も残る。だが、彼の主張はわかる。それは、企業は永遠に成長し続けることはできない。拡大には退廃が、不可避的に内在する、ということだ。

引用元: 大企業病の作り方、治し方 : タイム・コンサルタントの日誌から.

HTTP/2 入門 – Yahoo! JAPAN Tech Blog

先ほど、リクエストとレスポンスを同時並行で処理するためのストリームの仕組みについて説明しましたが、ストリームには優先度を設定することもできます。優先度を設定することで、クライアントはサーバーに対してどのリクエストを優先的に処理して欲しいのかを伝えることができます。もしサーバーが正しく優先度を処理できれば、クライアントは期待した通りの順序でリソースを受け取ることができます。

例えば、ブラウザーがCSSファイルと画像ファイルを並行してリクエストしている場面では、レンダリングへの影響が大きいCSSファイルを先に取得する必要があります。このような場面で、クライアントはCSSファイルへのリクエストを送信しているストリームの優先度を上げることで、CSSファイルを優先的に取得できる可能性があります。

引用元: HTTP/2 入門 – Yahoo! JAPAN Tech Blog.

LevelDB入門 (基本編) – from scratch

アプリケーションから直接使うデータストアとして使う場合、LevelDB自身はシンプルなデータ操作しか提供していないので、リッチな機能を提供している他のデータストアとは若干レイヤーが違います。

LevelDBをバックエンドとして使う独自のデータストアを作る、という使われ方が多いです。

InfluxDBは内部的にLevelDBを利用していますが、こういった使われ方ですね。

ちなみにInfluxDBはkeyにtimestampが付くようになっているので、LevelDB内部ではkeyの順序でsortされ、時系列順に並びます。LevelDBは順番にReadするsequential readとwriteヘビーにも向くデータストアになっているため、InfluxDBのようなtimeseries DBのバックエンド向きであると言えるでしょう。

またRiakもバックエンドにLevelDBを利用しています。RiakはLevelDBに対してクラスタリングやデータ復旧といったの耐障害性、使いやすいREST APIなどなどを機能として付与し、LevelDBを分散環境でも利用できるように機能拡張された使い方だと言えます。

また、構造が非常にシンプルで軽量なので、サーバーサイドのバックエンドとしてだけではなく、クライアントサイドのバックエンドとしても使えます。ChromeのIndexedDBにも使われてますし、Objective-CやAndroid-Javaでもbindingsが存在しているところを見るとクライアントサイドの軽量永続化データストアとして使われることが多いようです。

引用元: LevelDB入門 (基本編) – from scratch.

マルチホーム コンピュータのデフォルト ゲートウェイ設定

デフォルト ゲートウェイの順序付けを制御する最も単純な方法は、コントロール パネルの TCP/IP プロパティでデフォルト ゲートウェイを 1 つだけ追加し、それ以外のゲートウェイは、すべてコマンド ライン ユーティリティの Route.exe を使用して追加することです。各ゲートウェイに固有のコストを指定することにより、ゲートウェイの順序を容易に決定できます。

引用元: マルチホーム コンピュータのデフォルト ゲートウェイ設定.

いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ、デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論 – GIGAZINE

飲み屋に行くとすごいこと言うんです。仕事終わるとすごいこと言うんです。仕事の最中は黙って何も言わないですね。黙って何も言わないくせに何も考えてないかっていうと、当てると皆さんすばらしいこと言うんです。僕はそれは卑怯だと思いまして、自分が考えていることを、その場で決められた時間の中で他の人とシェアしないのはプロとして犯罪に近いと考えています。イタリアでそれをやると二度と会議に呼ばれません。ところが日本はそれをやって、黙っている方が会議に呼ばれるという、これは悪しき慣習だと思います。

面白いのは日本の議論の仕方っていうのが、何かと個人攻撃になってしまうこと。これは日本の言葉の作りっていうものがどうしても目上とか目下とか、男性とか女性とか、自分の相手に対する相対的な位置を示す感情を表す言葉があるのに対して、英語とかイタリア語っていうのは非常に少ない言葉で情報の内容を的確に相手に伝える言語の作りなんです。だから、誰が何を言うかってことは重要なじゃなくて、その話の内容の方が重要だって順序になってる。だから日本語で、実は個人攻撃にならない議論の仕方というのは非常に高度な議論力が要るというふうに思います。僕はこれを小学校で教えられなかったので、社会人になって必死の思いでイタリアで勉強しました、議論の仕方というのを。この「議論の仕方」をひとつの技術として、僕らは学ばなくちゃいけないんだなってつくづく思いました。

引用元: いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ、デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論 – GIGAZINE.

漢(オトコ)のコンピュータ道: データベースアプリケーション開発を炎上させる負のスパイラル

なぜ人は正規化を蔑ろにするのか。そのことについて近年私の中でひとつの大きな発見があった。「正しいデータベース設計をするぞ!」と意欲的に取り組んだとしても、多くの人が挫折を経験するようになる罠が、リレーショナルデータベースには存在するのである。それは、「全てのテーブルを正規化できるわけではない」という点である。言い換えると、テーブルには正規化できるものと出来ないものがあるということだ。この点を見逃してしまうと、本来は正規化できない、あるいは正規化するに値しないようなテーブルを正規化しようとしてしまうことになるが、それは当然うまくいかない。すると「正規化理論なんて実践では適用できない」「正規化など意味がない」と言った考えにとりつかれてしまうことになる。

ところで、正規化できるテーブルとそうでないものの違いは何であろうか。実は、正規化できるテーブルというのは、そこに含まれるデータが「事実の集合」として表現できるものである。この「集合」というのがポイントなのだが、集合の要素には重複がなく、要素同士に順序がなく、NULLが含まれていない。そのように「集合」としてデータを表現できるものだけが正規化の対象になる。

ところが、世の中には集合で表現できないデータ構造であふれている。例えばグラフや履歴(時系列)データというものは、集合というデータ構造では表現出来ない。これを無理に集合に当てはめ、正規化しようとしても上手く行くはずがないので、時間の無駄である。

引用元: 漢(オトコ)のコンピュータ道: データベースアプリケーション開発を炎上させる負のスパイラル.

スティーブ・ジョブズ氏の命日によせて:Appleの元エンジニア、綱渡りだった初代iPhoneデビューを語る – ITmedia ニュース

同氏は当時、iPhoneの通信関連を統括する上級マネジャーを務めており、デモの準備チームに参加した。だが、その段階のiPhoneはまだ動作が非常に不安定で、100回近く行ったリハーサルでは何かしら必ず問題が発生し、完ぺきなプレゼンテーションを目指すジョブズ氏は失敗のたびに担当者に「おまえはクビだ」あるいは「もし(本番で)失敗したらおまえのせいだ」とどなったという。

本番では、ジョブズ氏は流れるような動作でiPhoneで電話をかけ、メールを送信し、Webサイトを表示させたが、実は各操作の順番によってはiPhoneがフリーズすることもあり、本番での操作の順序は試行錯誤の結果編み出されたものだったという。

また、不安定なWi-Fi機能の接続のリスクを少しでも減らすために、AirPort(Apple製の無線ルータ)の周波数を米国では使えない日本のものに変え、参加者が会場に持ち込むWi-Fi対応端末からのアクセスを回避したとグリノン氏は語った。

ご記憶のように、2007年1月9日のジョブズ氏によるiPhoneのデモは素晴らしいものだった。グリノン氏をはじめとするチームのメンバーは客席から進行を見守っていたが、グリノン氏は緊張に耐えるためにポケットにスコッチを忍ばせ、自分に責任があるパートが無事終了するたびに1ショットきめていたため、デモが終了したときにはすっかり酔っ払っていたという。

引用元: スティーブ・ジョブズ氏の命日によせて:Appleの元エンジニア、綱渡りだった初代iPhoneデビューを語る – ITmedia ニュース.

コラム – クラウド時代のオープンソース実践活用 | 第29回 Systemdは全てを統べる・・・?!|CTC教育サービス 研修/トレーニング

Systemdのもうひとつの特徴に、処理の「並列化」があります。さまざまな処理の依存関係を定義すると言いましたが、これは、「Aを実施するなら、Bも実施するべき」、つまり、「どちらか一方だけを実施しても意味がない」という事を表します。「AとBのどちらを先に実施するべきか」という順序関係は規定しません。

したがって、特に順序関係の指定がない限り、依存関係のある処理は、まとめて同時に実行されます。最近のシステムは、マルチコアによる並列処理が得意ですので、スクリプトで1つ1つの処理を順番に実行する場合に比べると、全体の実行速度は格段に向上します。特に、システム起動時の時間短縮にはめざましいものがあります。クラウド環境で新たなLinuxを頻繁に起動する場合などには、うれしい機能改善です。もちろん、実行順序の指定が必要な処理については、依存関係とは別に、順序関係を定義することも可能です。

引用元: コラム – クラウド時代のオープンソース実践活用 | 第29回 Systemdは全てを統べる・・・?!|CTC教育サービス 研修/トレーニング.

薩摩の教え、採用版|日本人1000万人が英語を話す、そんな日をつくる日記

愛知県出身の友人が教えてくれたものに、「薩摩の教え」というものがある。

<男の順序>

一、何かに挑戦し、成功した者

ニ、何かに挑戦し、失敗した者

三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者

四、何もしなかった者

五、何もせず批判だけしている者

僕は、採用に関しては、下記の順序だと思う。

<採用の順序>

一、最適な人を採用する

ニ、採用しない

三、最適ではない人を採用してしまう

引用元: 薩摩の教え、採用版|日本人1000万人が英語を話す、そんな日をつくる日記.