タグ別アーカイブ: 革新

ASCII.jp:短命に終わる「失敗商品」を買う一定の消費者グループが存在

マサチューセッツ工科大学(MIT)は12月23日、短命に終わってしまう「いわゆる失敗商品」を買う一定の消費者グループが存在するという論文を発表した。

これはMITスローンマネジメントスクールなどの研究者によるもので、いわゆるマーケティング分野のビッグデータ解析。2003年~2005年の間に発売された8809種を調査、3年で店舗から引き上げられた商品を失敗商品とした(3年間で約40%の新商品が生き残った)。

消費者購入履歴と商品寿命を照らしあわせ、『ある種の消費者グループ』が売上に占める比率が多いほど、その商品は短命に終わるという明確な傾向を発見した。その消費者グループが売上の20~50%を占めれば成功確率は31%減少し、さらにその消費者が商品を3回買えば成功の見込みは56%減る。そもそも3年間生き残る新商品が40%なので、そこから56%減れば商品は終わったも同然と言える。

消費者と製品寿命から導き出した傾向であるため循環論法(短命商品を買う傾向にある消費者が買う商品は短命に終わる)に見えないこともない。が、これは特定の商品ジャンルに依存しないのがポイントで、不人気飲料好きの消費者が買えば、それがスナックであっても歯磨き粉や洗剤であっても失敗に終わる可能性が高い。

それら消費者がなぜ失敗を予知可能なのかは不明だが、おそらく「メインストリームな商品」に馴染まず「ひどい製品」に鼻が効くのではないかとしている。他の研究者は、この研究はかなり新しい現象の発見であり、マネジメントを革新する可能性もあるという。

発表したMITの研究者は、この研究はある意味「クリスタル・ペプシ」を飲んでいた自伝的なものだという(クリスタルペプシは1992年に新商品として発売されたものの1年で終了した)。MITの紹介記事では、たとえとしてコーヒーコーラ「フリトレー・レモネード」や「オレオ・スイカ味」なども併記している(いずれも近年の北米市場においてひどい失敗作として歴史に残る)。

引用元: ASCII.jp:短命に終わる「失敗商品」を買う一定の消費者グループが存在.

レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli

現CEOのヨアン・ヴィー・クヌッドストープ氏がレゴ社の低迷期である2004年にトップに就任した際に行った改革の1つが、開発デザイナーへの厳しい制限でした。それまでは自由度を高めることで創造性を確保しようと、レゴのパーツの形や色、数はデザイナーに一任していたのです。

クヌッドストープ氏はこのやり方を改め、1つの製品で使えるパーツの数に制限を課します。デザイナーからは「自由度が制限されれば、製品の創造性も損なわれる」と反論しましたが、同氏は「制約があるからこそ革新が生まれるのだ」と言下に断ったのでした。

これはレゴの製品そのものにも通じる精神です。1つの製品には限られたパーツしか入れられていません。しかし子供達はその中で創意工夫し、大人では想像もつかないようなオブジェを作り上げます。限られた状況の中で知恵と創造力を振り絞るからこそ、真のブレークスルーが見つかるのです。

引用元: レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli.

月の満ち欠けを楽しめるボウル – 革新的発明と製品情報

月の満ち欠けを表現することが出来るボウル「「Moon Bowl」。内側の形状は緻密に計算されたので、お酒を注ぐと、水面の形が三日月から半月へと少しずつ大きくなり、最後は満月が現れてくる。黒と白の2色から選べて、晩酌におススメ。お友達へのプレゼントとしても素敵。

引用元: 月の満ち欠けを楽しめるボウル – 革新的発明と製品情報.

超高吸水性に優れたアスファルト – 革新的発明と製品情報

イギリスのLafarge Tarmac社は、すごく吸水性に優れたアスファルト「Topmix Permeable」を開発した。1分間に4000リットルの水を吸収・排水することができて、浸透性は1㎡あたり600リットルとなっていて、どんな大雨でも大丈夫。大雨や洪水の影響を受けやすい地域で広く使われていると、災害を未然に防ぐことが出来る。

引用元: 超高吸水性に優れたアスファルト – 革新的発明と製品情報.

赤ちゃんの泣き顔のある大気汚染広告 – 革新的発明と製品情報

煙に赤ちゃんの顔が浮かび上がったアイデア広告。工場から排出される煙をスクリーンにして、遠くから見ると、かなり不気味な感覚を与えて、中国国内の大気汚染問題に警鐘を鳴らすとのこと。

引用元: 赤ちゃんの泣き顔のある大気汚染広告 – 革新的発明と製品情報.

魚を観察しやすい半球ボール – 革新的発明と製品情報

池に浮かぶことができる半球ボール。水をいっぱい入れたボールに餌をあげておくと、魚がその餌を食べるときに、はっきりと魚を見えるようになり、なんとなく面白そう。

引用元: 魚を観察しやすい半球ボール – 革新的発明と製品情報.

超小型折り紙ロボット – 革新的発明と製品情報

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、この自分自身を折りたたむことができる超小型折り紙ロボットを開発した。、1辺1.7センチのサイズを持って、重さは0.31グラムだけで、自分自身を折りたたんだり、水泳したり、自重の倍の荷物を運んだりすることができて、とてもすごい。

引用元: 超小型折り紙ロボット – 革新的発明と製品情報.

自動化粧可能なロボット – 革新的発明と製品情報

たった30秒だけで、流行のセレブの化粧を施してくれる自動化粧ロボット「MODA」。専用のアプリから好きなセレブの写真を選んで送信した後に、本体の中に顔を入れると、「INK」と呼ばれる塗料で自動的にメイクアップすることができる。肌が敏感な人でも安心して利用可能とのこと。

引用元: 自動化粧可能なロボット – 革新的発明と製品情報.

新しいMacBook向けのUSBハブ – 革新的発明と製品情報

新しいMacBookで使えるUSBハブ「Hub+」。MacBookとマッチするデザインを持って、2ポートのUSB-Cや3ポートのUSBやMini Display PortやSDXCカードスロットなどを備えて、さらに400mAhのモバイルバッテリーを内蔵し、デバイスに充電することができて、実用性が高そう。

引用元: 新しいMacBook向けのUSBハブ – 革新的発明と製品情報.

FAX広告トラブル増加 規制緩く苦情5年で2倍に:朝日新聞デジタル

望まない人にもFAXで商品などのチラシを送る「FAX広告」に関するトラブルが増えている。消費者庁によると、昨年度は12月末時点で約910件と過去最多ペース。過去5年で2倍近くになった。迷惑メールのような規制がないことが背景にある。

■コスト下がり大量送信

通販でリンゴの購入を勧める内容で「安心・安全」「安く新鮮」などと書かれていたが、興味がなかった男性は、「インクや紙がもったいない」と地元の消費生活センターに相談した。

東京都内にあるFAX広告の代理店の男性経営者によると、FAX広告の料金はA4で1枚4~6円。技術革新でコストが10年前の4分の1以下になった。通信会社のシステムで1時間に約3万件送信できる。「FAXは電子メールと違い一度は必ず見てもらえる。郵送のDMと比べて費用対効果が高く特に中小企業に人気だ」。こうした代理店は国内に少なくとも20社はあるという。

この代理店が扱うのは主に法人向けだが、客からは個人宅向けの要望もある。男性は「客が名簿を持ち込む場合は個人宅が含まれていることもある」と言う。

引用元: FAX広告トラブル増加 規制緩く苦情5年で2倍に:朝日新聞デジタル.