タグ別アーカイブ: 関連性

ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

同大によると、アナンド教授は、脳や神経系の疾患に対する治療法を開発する過程で、培養された脳を用いることにより、薬剤が精神に及ぼす影響をより簡単で倫理的な実験で調べることができるようになることを期待しているという。同教授と共同研究者は、脳培養システムを製品化することを目的とした新興企業をオハイオ(Ohio)州に共同で設立している。

 アナンド教授は、自身の研究に関する同大の報告書の中で「この脳モデルの効力は、人間の健康に非常に明るい未来をもたらすものだ。なぜなら、治療法を試験・開発するための選択肢として、齧歯(げっし)動物を用いる以外の、より的確で関連性の高い選択肢が得られるからだ」と指摘している。

 また、これは神経科学研究全般にとっても恩恵となる可能性がある。この脳を利用することで、ゲノム研究においては、現在用いられているコンピューターモデルではない実践型のアプローチを実行できるからだ。このことについては、「数学的相関法や統計的手法はそれ自体、因果関係を特定するには不十分だ。実験システム、つまり人間の脳が必要なのだ」と説明している。

引用元: ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

海外の反応プリーズ : 日本のアニメを見て、「PADS」という病気になっちゃう人がいるらしい!! 【海外の反応】

※ポスト・アニメ・デプレッション・シンドロームとは、アニメシリーズを見終わった後に、気持ちが落ち込んでしまう事、略してPADS。

常にそのアニメの事を考えるようになったり、それに対してとても深い考えを持ったり、周りの人間の事を気に留めなくなったり、気分が物憂げになったりといった症状などが含まれる。

その原因としては、アニメと自分との間に関連性を感じていたから、登場人物にあまりにも大きな結びつきを感じていたから、などが挙げられる。

引用元: 海外の反応プリーズ : 日本のアニメを見て、「PADS」という病気になっちゃう人がいるらしい!! 【海外の反応】.

ポルノを大量に鑑賞する男性、脳の特定部位が小さい傾向=独研究 | 世界のこぼれ話 | Reuters

ポルノをたくさん見る男性は、報酬や意欲に関係する脳内の領域が小さく、活動も鈍い傾向があると、ドイツの研究チームが発表した。医学専門誌「JAMAサイキアトリー」に掲載された。

研究を発表した独マックス・プランク人間発達研究所のシモーネ・キューン氏は、今回の研究成果について、脳の大きさや性的刺激に対する反応と、ポルノ鑑賞に関連性があることが初めて立証されたとしている。

調査はベルリンで21―45歳までの健康な成人男性64人を対象に行われた。それによると、ポルノをたくさん鑑賞する男性は、報酬や意欲に関係する脳の線条体が小さい傾向があることがわかったという。またそうした被験者は、視覚的に性的刺激を受けても、脳があまり反応を示さなかったという。

ただキューン氏は、ポルノ鑑賞が脳を萎縮させるのか、それとも特定の脳のタイプを持った人がポルノ鑑賞を好むのか、この結果だけではわからないと指摘。したがってポルノ鑑賞がただちに健康に悪影響を及ぼすとは断定できないとしている。

引用元: ポルノを大量に鑑賞する男性、脳の特定部位が小さい傾向=独研究 | 世界のこぼれ話 | Reuters.

原因はやはりウオツカ… ロシア男性の早死原因:朝日新聞デジタル

ウオツカの飲み過ぎがロシア人男性の早死にの原因になっていることが、約15万人の調査で裏付けられた。英オックスフォード大やロシアがん研究センターなどが1月31日、英医学誌ランセットに発表した。

ロシア3都市の計15万人を約10年間追跡したところ、ウオツカを週3本(1本500ミリリットル)以上飲む男性の場合、既往歴がなくても35~54歳で死亡する割合が35%となり、週1本未満の場合の16%とは大きな差が出た。

8割以上の死因が、肝臓やのどのがんなど飲酒と強い関連を持つ病気か、自殺や事故、暴力など。ウオツカを週3本以上飲む男性の9割は喫煙者でもあり、飲酒と喫煙が寿命を縮めているらしい。研究チームでは「歴史的にみて、ロシア人の死亡率はウオツカの規制とともに変動してきたという関連性が裏付けられた」と話している。

世界保健機関(WHO)によると、ロシア人男性の平均寿命は63歳で、開発途上国並みの水準。15~54歳での男性死亡率が25%に上り、1割未満の英国とは差がある。15~54歳の男性死亡率は、ウオツカの生産・販売が規制された1985年から数年間下がったが、ソ連崩壊(91年)の前後に急上昇。2000年代後半から再び下がっているという。

引用元: 原因はやはりウオツカ… ロシア男性の早死原因:朝日新聞デジタル.

日本の成人、読解力・数的思考力でトップ EU下位で危機感 国際ニュース:AFPBB News

日本の25~34歳の中卒者は、スペインやイタリアの同年代の大卒者よりもはるかに高い読解力を持っていることが分かった。

 数的思考力でも同様に、日本が他を圧倒した。基本的な和算に困難があることを指すレベル1以下は、日本ではわずか8.1%だったが、フランスでは28%、イタリアとスペインでは30%を上回った。

 欧州委員会のアンドローラ・ワシリウ(Androulla Vassiliou)委員(教育・文化・多言語・青年担当)は、今回の調査で「生産年齢にある欧州市民のうち、5人に1人で読解力が低く、4人に1人で数的思考力が低いことが確認された。われわれの希望する雇用、生産性、イノベーション、競争力、社会参加のレベルを達成するためには、欧州はこの問題に迅速な対策をとらなければならない」と述べた。

 また、ITを活用した問題解決能力では、スウェーデンが1位で、フィンランドと日本が続いた。

■読解力と雇用に関連性

 報告書によると、読解力の高い人は低い人と比べて賃金が60%高かった。また失業率は読解力の低い人ほど高く、レベル4または5の人が4%だったのに対し、レベル1以下の人は7%だった。また読解力の低い人は健康面で劣り、市民参加が少なかった。

 さらに報告書は、「外国語を母語とする移民は現地出身の人よりも読解力、数的思考力、ITを活用した問題解決能力の習熟度が大幅に低かった」と述べている。

引用元: 日本の成人、読解力・数的思考力でトップ EU下位で危機感 国際ニュース:AFPBB News.

部署の垣根を超えた交流で新しいアイデアは生まれるか – WSJ.com

複数の研究では、同僚が互いに近くで仕事をしていることと、協力関係の増大の間に関連性があることが分かった。ミシガン大学の研究者が最近、172人の研究専門の科学者を対象に調査を行ったところ、同じ建物を共有し、日常的に移動する動線――実験室やオフィス、一番近いトイレ、エレベーターといった場所へ移動する際の動線――が重なる場合は、より顕著に協力し合うことが分かった。動線が重なる部分が100フィート増えるごとに、協力関係が20%上昇するという。

引用元: 部署の垣根を超えた交流で新しいアイデアは生まれるか – WSJ.com.

イーライ・パリザー:危険なインターネット上の「フィルターに囲まれた世界」 | Video on TED.com

つまりインターネットに対する 我々の見解は実は間違っているのかもということです 放送社会の 創設神話はこんな感じです 「放送社会では 門番である編集者によって 情報の流れがコントロールされていました でもインターネットが現れ 門番を追い払ったので 素晴らしいことに 私たちは 繋がり合えるようになりました」 でも今 実際にはそうなっていません 私たちが目にしているのは どちらかと言うと 人間の門番からアルゴリズムの門番に バトンが渡されている状況です そして問題なのはアルゴリズムは 編集者が持ち合わせていた倫理観念を まだ持っていないということです ですから世界の情報をアルゴリズムが監修して 私たちが何を見て 何を見ないか決めるのなら アルゴリズムが関連性以外の要素も 使用するようにしなくてはなりません 見たくないものや難しいもの 重要なものなども提示するようにしなくてはだめです

引用元: イーライ・パリザー:危険なインターネット上の「フィルターに囲まれた世界」 | Video on TED.com.

日本人研究者によれば数学の学習にはIQよりモチベーションが重要

日本人研究者によれば数学の学習にはIQよりモチベーションが重要: IQなどの知能は生徒の学習能力を測る上で重要な指標と考えられているが、別の研究によれば、大学生の化学の成績を予測する上で、入学前のSATテストの成績より自信の方が2倍も関連性が強いという結果になっている