タグ別アーカイブ: 長期

就職選考6月解禁、来年から前倒し…経団連調整 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

経団連は、2017年春入社の大学生を対象とした大手企業の採用活動で、面接など選考活動の解禁日を8月から前倒しする方針を固めた。 現在より2か月早め、4年生の6月を軸に調整する。選考解禁日は16年春入社組から、従来より4か月遅い8月に変えたばかりで、日程見直しは2年連続となる。8月より前に選考を始める企業が相次ぎ、採用活動の長期化や中小企業での内定辞退の増加など、就職活動に混乱が生じたことに配慮した。 経団連は、大学側や政府とも調整し、11月中にも会社説明会や選考日程などを定めた会員企業向けの新たな採用指針案を決める。会社説明会の解禁日は、すでに会場を押さえている企業も多いため、現在の3月から変えない予定だ。

引用元: 就職選考6月解禁、来年から前倒し…経団連調整 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).

極ZERO酒税 国税当局返還に応じず NHKニュース

「サッポロビール」のビール系飲料「極ZERO」が、税率の低い「第3のビール」に該当するかどうかで会社側と国税当局の見解が分かれている問題で、国税当局は「サッポロ」が再度求めていた115億円の酒税の返還に応じられないと回答していたことが分かりました。会社側は「国税不服審判所」への審査請求も含めて対応を検討しています。

サッポロは、おととし6月、税率が低い「第3のビール」として発売した「極ZERO」について、第3のビールに該当しない可能性があるとして、国税当局に115億円の酒税を自主的に納めました。

しかしその後、社内で検証したところ「第3のビール」に該当するとして、国税当局に酒税の返還を求める異議の申し立てを、ことし1月に続き6月にも行っていました。会社側によりますと、今月22日付けで国税当局が115億円の返還には応じないという内容の回答をしていたことが分かりました。

これについてサッポロは、「外部の専門家の意見を聞いて対応を決めたい」としています。具体的には、独立した機関である「国税不服審判所」への審査請求を含めて対応を検討していて、対立はさらに長期化する可能性があります。

サッポロは「極ZERO」について製造方法を変更したうえで、去年7月から税率がやや高い「発泡酒」として販売しています。

引用元: 極ZERO酒税 国税当局返還に応じず NHKニュース.

極ZERO酒税 国税当局返還に応じず NHKニュース

「サッポロビール」のビール系飲料「極ZERO」が、税率の低い「第3のビール」に該当するかどうかで会社側と国税当局の見解が分かれている問題で、国税当局は「サッポロ」が再度求めていた115億円の酒税の返還に応じられないと回答していたことが分かりました。会社側は「国税不服審判所」への審査請求も含めて対応を検討しています。

サッポロは、おととし6月、税率が低い「第3のビール」として発売した「極ZERO」について、第3のビールに該当しない可能性があるとして、国税当局に115億円の酒税を自主的に納めました。

しかしその後、社内で検証したところ「第3のビール」に該当するとして、国税当局に酒税の返還を求める異議の申し立てを、ことし1月に続き6月にも行っていました。会社側によりますと、今月22日付けで国税当局が115億円の返還には応じないという内容の回答をしていたことが分かりました。

これについてサッポロは、「外部の専門家の意見を聞いて対応を決めたい」としています。具体的には、独立した機関である「国税不服審判所」への審査請求を含めて対応を検討していて、対立はさらに長期化する可能性があります。

サッポロは「極ZERO」について製造方法を変更したうえで、去年7月から税率がやや高い「発泡酒」として販売しています。

引用元: 極ZERO酒税 国税当局返還に応じず NHKニュース.

「ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録:朝日新聞デジタル

中国の税関当局が冷凍肉の密輸グループを摘発したところ、1970年代、80年代の肉が流通していたことが分かった。食品の安全問題には事欠かない中国だが、「ゾンビ肉」として話題になっている。国営新華社通信などが伝えた。 税関当局は全国で20以上の密輸グループを摘発。鶏の手羽先や足、牛肉など10万トン以上、計30億元(約593億円)相当の肉を没収した。一部の包装に、70年代、80年代に生産されたとの記録があったという。 報道によると、密輸肉の原産国は米国やブラジルなど。長期保存の経緯は明らかでないが、中国メディアは「戦時用に備蓄されていた肉ではないか」などと推測している。湖南省の摘発例では、いったん香港に集められた後、ベトナム経由で密輸。途中、冷凍車を使わずに溶けて腐り、再び冷凍された肉もあった。 牛肉の市場価格は通常、1キロ80元(約1600円)程度だが、密輸肉はその半値程度だった。北京、天津、重慶の各市や、河南、四川、湖南、広東など各省のスーパーやレストランに流通していたとみられる。 肉は検疫を受けていないため、鳥インフルエンザや口蹄疫(こうていえき)などに感染していても、その%

引用元: 「ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録:朝日新聞デジタル.

ムーアの法則が、スタートアップの成功あるいは死を意味する理由 | TechCrunch Japan

「私の考えは、ます製品や何かをしたい領域を決め、それが理にかなっているなら、新たな事業を始める。つまり、今日の多くの起業家はものごとに逆のアプローチをしているように思える。彼らは新しい会社を起こすことを決め、それから利用できるアイデアを探し始める。それが大成功することもある、例えばGoogleのように。多くの場合、線香花火のように、短期間成功したあと他の何かに取って代わられる。もし私が現在および未来の起業家にアドバイスを贈るとすれば、今やろうとしていることを元に長期的事業を作る方法を探しだすことだ ー 短期的成功だけでなく。

引用元: ムーアの法則が、スタートアップの成功あるいは死を意味する理由 | TechCrunch Japan.

SECの新ルールで、先見の明を持つアーリーアダプターが投資家になる | TechCrunch Japan

Reg A+は、個人が先見の明で利益を得ることを可能にし、ブランドに対するロイヤリティに見返りを得ることができる。アーリーアダプターが企業のカスタマーに留まることはない。心酔した企業のステークホルダーとなり、企業の最大の成功が投資した個人の経済的な成功と連動するようになる。

カスタマーにとっても魅力的な制度だが、同時に企業にとってもアーリーアダプターから資金調達できることは魅力的だ。Reg A+により、企業はビジネスの経済的な成功を得るための道筋でブランドのエバンジェリストに協力を得ることができる。

Regulation A+は、カスタマーと企業の関係を再定義するポテンシャルを持ち、アーリーアダプターと投資家の線引を曖昧にするだろう。

更に、カスタマーがシェアを保有することで、彼らのブランドに対するロイヤリティを高めることができる。カスタマーとシェアホルダーを兼ねる個人は、企業の長期的な成功に興味を持っている。彼らの投資ポートフォリオに有利になるようにお金を使う、つまり投資した会社サービスを利用することが予想される。上場企業の株式の調査からも、株式を所有している企業にカスタマーは54%多く費用をかけ、倍ほど他の人に紹介することが示されている。

引用元: SECの新ルールで、先見の明を持つアーリーアダプターが投資家になる | TechCrunch Japan.

広島原爆:「黒い雨」体験者の肺にウラン残存 – 毎日新聞

報告によると、女性は原爆投下時、爆心地から西約4.1キロで黒い雨が激しく降った広島市高須地区にいた。出産直後で動けず、約2週間、近くの畑で取れた野菜を食べたり、井戸の水を飲んだりして過ごした。82歳で肺がんと胃がんを、84歳で大腸がんを発症。爆心地から比較的離れた場所にいながら、原爆被害の特徴とされる多重がんに罹患(りかん)したことから、内部被ばくの影響が疑われた。

女性の手術の際に切除された肺のがん組織と非がん組織、隣接するリンパ組織が広島大に保存されていることが分かり、同グループが解析を実施。乳剤に浸し、放射線が走る跡(飛跡)を撮影したところ、主に肺がん組織で核物質が放出するアルファ線の飛跡を確認した。飛跡の長さや他の放射性物質の半減期などと比較し、核物質は広島原爆由来のウラン235の可能性が非常に高いとしている。

確認した飛跡の数を基に算出した放射性物質の量は、肺のがん組織が1立方センチ当たり0.0049ベクレル、非がん組織が同0.0004ベクレル。組織を切除した98年までの53年間の推定被ばく線量は、それぞれ1.2シーベルトと0.1シーベルトとなる。

長期間の累積線量が肺のがん化にどう影響したかは比較対象がないため明らかではないが、がん組織と非がん組織では顕著な差があった。リンパ組織からの検出量は、ほぼゼロだった。

内部被ばくに関する研究は緒に就いたばかりだ。研究の中心となった鎌田七男・広島大名誉教授は「科学的・物理的にも証明が難しい内部被ばくの実態を、1人の症例から目に見える形で明らかにできた」としている。

引用元: 広島原爆:「黒い雨」体験者の肺にウラン残存 – 毎日新聞.

九州旅客鉄道が多角化で成功美談のまやかし…甚大な民業圧迫 – ライブドアニュース

一方、そんなJR九州に対し、民間企業からは「民業圧迫」との批判も多い。同社の成長を支えたのは、民営化の際に国から渡された実質補助金ともいわれる経営安定基金3877億円だった。毎期100億円前後の運用益で鉄道の赤字を穴埋めし、年60億円の市町村税減免という特典もあった。そのため、「多角化で民間企業が手がける市場に新規参入する前に、まずは経営安定資金を全額、国へ返還し、民間企業同様に市町村税も払い、同じ土俵で相撲を取るべき」(九州不動産業界筋)と批判された。

同様の批判は政府からも上がっており、当初財務省は、「上場するのであれば経営安定基金は返還すべき」との姿勢だったが、結局、株式公開後も返還しない方針で政治決着が図られた。同基金を九州新幹線の施設使用料の一括前払いと、鉄道・運輸機構の長期借入金償還の原資に充てる。

上場後は、100億円前後の経営安定基金の運用益がなくなる。その分を何で穴埋めするのか。駅ビルやマンションなどの不動産事業が柱になるのは間違いないとみられており、それが駅ビルやマンションへの積極投資の理由でもある。

「不動産会社が鉄道事業を兼業しているようなもの」(九州不動産業界筋)とも評されるJR九州は、まもなく上場を迎える。

引用元: 九州旅客鉄道が多角化で成功美談のまやかし…甚大な民業圧迫 – ライブドアニュース.

創業者CEO諸君、まず自分をクビにせよ | TechCrunch Japan

1) 新しいビジネス・チャンスをいち早く認識することができる。自由時間があれば、市場の新しいトレンドを吸収し、共感する余裕ができる。読んだり、聞いたりした情報を咀嚼し、関連する広く可能性を探ることによって、新しい大きな機会をライバルより早く発見することができる。

2) ビジネスをどのように成長させていくべきか、数年単位で長期的に考えることができる。特定の職務分野に縛り付けられていてはそうはいかない。.

3) 自分の会社には潜在的にどんな危険があるかを考えることができる。

4) 自分のプロダクトではなくビジネスについて考えることができる(プロダクト指向のCEOは往々にしてこの2つを混同する)。

5) 適正な人材をそれぞれぞれの職務分野の責任者に配置しているかどうか考えることができる。

そういうわけで私はすべてのファウンダー、CEOに「どうしたら50%の自由時間を作り出せるか?」と自問するよう強く勧める。まずは (a)CEOが自由時間を得ることがいかに組織にとって価値があるかを十分に認識し、(b)適正な人材を採用して自分がやっている職務を代替させる、という2点が必要になるだろう。

ファウンダー、CEO諸君、さまざまな個別職務から自分をクビせよ。やってよかったと実感するはずだ。

引用元: 創業者CEO諸君、まず自分をクビにせよ | TechCrunch Japan.

ボーイング787に248日問題、電源停止で制御不能の恐れ – Engadget Japanese

米国の連邦航空局がボーイングに対して、旅客機 Boeing 787 " Dreamliner " の電源系を少なくとも248日ごとに再起動することを求める耐空性改善指令を出しました。

理由はボーイング787の電源系を制御するソフトウェアに不具合があり、248日を超えて稼働し続けると動作を停止してしまい、機体の制御が不可能になる危険性があることから。

248日以内の再起動が必要な理由について、FAAの改善指令では「ソフトウェアの問題」としか形容していないものの、『248日』はコンピュータやエレクトロニクス製品でたまに見かける数字です。

サーバやルータなど長期間の連続駆動が想定される機器で問題となる248日問題は、連続稼働時間などを記録する内部のカウンターに符号付き32bit整数を使ったため、2の31乗(2147483648) / 10ミリ秒単位カウントで2147万4836秒、日にして248.551日で溢れてしまい、想定外の動作を引き起こす現象のこと。符号なしで二倍の『497日問題』のほうは、Windows Server 2008 や Windows Vista, 7 でも話題になりました。

ボーイング787の場合は248日を超えて通電し続けると発電機を制御するシステムがセーフモードに入り、一斉にAC電源が落ちて飛行中ならば制御不能になる恐れがあるとされています。ボーイングはこの問題を解決するパッチ提供に向けて作業中ですが、適用の時期などは明らかになっていません。

引用元: ボーイング787に248日問題、電源停止で制御不能の恐れ – Engadget Japanese.