タグ別アーカイブ: 金融機関

ATMなど外国人旅行者向け対応を充実 NHKニュース

海外からの旅行者が急増していることを受けて、金融機関の間ではATM=現金自動預け払い機の案内をより多くの言語で表示したり、海外で発行されたカードでも利用できるようにしたりして、外国人旅行者向けの対応を充実させる動きが広がっています。

日本を訪れる外国人旅行者が急増していますが、宿泊施設の不足に加え、ATMの使いにくさも課題として指摘されています。

こうしたなか、コンビニエンスストアなどでATMを展開している「セブン銀行」は、ATMの画面の表示や音声による案内を、これまでの英語や中国語など4つの言語に加え、新たにタイ語やインドネシア語など合わせて12の言語で行うことになりました。銀行では、これで外国人客の9割が利用しやすくなるとしていて、来月中旬までに全国2万台余りのすべてのATMで対応できるようにする方針です。開発責任者の松橋正明常務執行役員は、「日本は現金の利用率が高い国なので、現金をより便利に下ろしてもらうことが経済の活性化、観光の振興につながる」と話しています。

また、海外で発行されたキャッシュカードやクレジットカードで日本円を引き出したいというニーズを受けて、大手銀行のほか横浜銀行や京都銀行などの地方銀行もより多くの海外のカードが使えるATMの導入を進めることにしていて、外国人旅行者向けの対応を充実させる動きが広がっています。

引用元: ATMなど外国人旅行者向け対応を充実 NHKニュース.

米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路:朝日新聞デジタル

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が経営戦略を大転換している。もうけは大きいが振れも大きい金融事業からは事実上撤退し、原点の「ものづくり」への回帰を加速する。注力し始めたのは、もともと得意な製造業に、新たなデジタル技術を融合したビジネスだ。

「すばらしい経営判断だ」。GEに対し、最近は辛口が目立ったウォール街のアナリストたちがそろって称賛した。

GEは今春、大胆な「脱金融」のプランを示した。世界中に保有する総額2千億ドル(約25兆円)の金融関連資産を、今後2年間で一気に売却。2014年に全体の営業利益で金融事業の比率は4割以上だったが、18年までに1割以下に減らすと数値目標も公表した。

かわりに航空機エンジンやタービンに注力し、製造業回帰を鮮明にした。ジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)は「競争優位性がある領域に力を集結する。もっとシンプルな製造業をめざす」と語る。

金融事業は03年に全社の営業利益の56%に達した。好景気の時期はよかったが、08年のリーマン・ショック後に状況は一変。一時は資金繰りにも困り、09年に70年ぶりの減配に追い込まれ、最上級の格付けも失い、足かせになってきた。

「脱金融」の背景には、世界的な金融規制の強化もある。金融子会社GEキャピタルは、資産規模でみると米国7位の巨大金融機関だ。金融危機の再発を防ぎたい金融監督当局からは13年に「金融システムを安定させる上で重要な金融機関(SIFI)」に認定され、国際基準よりも高い自己資本比率の確保が求められることが予想された。規制に対応するコストもかさみ、株主の不満も増えた。

引用元: 米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路:朝日新聞デジタル.

プレミアム商品券換金に1カ月 商店悲鳴「現金足りぬ」 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

大分市で「プレミアム付き商品券」を使った買い物が急増した結果、店側が資金繰りに困るケースが出ている。大分市では、客から受け取った商品券を金融機関で換金するのに最長で1カ月かかり、小さな商店では手元の資金がおぼつかなくなることもあるという。

【写真】発売当日、プレミアム商品券の販売を待って長い列をつくる人たち=7月1日、大分市府内町2丁目のトキハ本店

佐藤樹一郎市長は7月30日の記者会見で、こうした事態は「予測できなかった」と述べ、週明けから緊急の融資制度を始めることを明らかにした。

大分市は7月1日、1万2千円分の商品券(500円12枚、1千円6枚)を1万円で、総額36億円分(30万セット)販売。スーパーや飲食店など約2500店舗で使うことができ、6日に売り切れた。

換金に当たっては、まず店が商品券を大分商工会議所に持ち込み、その後、国の交付金と市の予算を原資に金融機関が口座へ現金を振り込む。締め日は15日と月末で、振り込みに約2週間かかるため、店が売り上げを現金化できるまで最長1カ月かかることもある。

引用元: プレミアム商品券換金に1カ月 商店悲鳴「現金足りぬ」 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース.

三井住友銀、現金の持ち運びにロボットスーツ「HAL」活用 金融機関初 – ITmedia ニュース

三井住友銀行の連結子会社で、同行の各店舗に搬送する現金の仕分けや集配金を手がけるSMBCデリバリーサービスは5月から、サイバーダインの「ロボットスーツHAL 作業支援用(腰タイプ)」を金融機関として初めて導入すると発表した。重い現金を持ち運ぶ際の従業員の腰への負担を減らす狙いだ。

HAL 作業支援用(腰タイプ)は、腰に装着するバッテリー駆動のロボットスーツ。重量物を持ったときに腰部にかかる負荷を軽減できる。

搬送する現金は重く、特に高齢の従業員は体に負担がかかるケースがあったという。HALの導入により、作業時の腰への負荷を軽減できるとしている。

引用元: 三井住友銀、現金の持ち運びにロボットスーツ「HAL」活用 金融機関初 – ITmedia ニュース.

上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル

「息子」を名乗って地方で暮らす高齢者を東京に呼び寄せ、現金をだまし取る「上京型詐欺」に警察が警戒を強めている。新手の「特殊詐欺」といい、金融機関や郵便・宅配業者との連携にとどまらず、公共交通機関への働きかけを始めた。

日没が迫る羽田空港。飛行機を降りた70代女性がきょろきょろとまわりを見回していた。日本航空の旅客サービス業務などを担うJALスカイの阿部碧(みどり)さん(27)が声をかけた。

「熊本から来て夫とはぐれた。息子から1千万円を持ってくるよう言われた」

女性は夫ではない誰かと携帯電話で連絡を取り合っていた。阿部さんが電話に出て「息子さんですか」と尋ねると、「はい」と答えが返ってきた。近くのターミナル駅で落ち合うという。

だが、どうも不審に思えた。女性と夫を上司が交番に案内。上京型詐欺に巻き込まれていることがわかった。今年2月の話だ。「道案内をしていて話を打ち明けられた。詐欺がこれほど身近にあるとは思わなかった」。阿部さんは振り返る。

JR東海の車掌長宮本直幸さん(28)も、乗務する東京行きの新幹線で「息子に現金を届けに行く」というお年寄りから相談を受け、被害を防いだ。「新幹線に乗ってまでお金を届けに行き、被害に遭う人がいるとは。高齢者の切符を点検するときには注意したい」

上京型は非対面で相手をだます「特殊詐欺」の一つだ。現金を金融機関の口座に振り込ませる「振り込み型」、宅配便やレターパックで送らせる「送付型」といった手口別の分類では、被害者宅などで現金を直接受け取る「手渡し型」にあたる。

引用元: 上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル.

HDDのファームウェアに感染するマルウェアが登場、逃れる術はないことが判明 – GIGAZINE

セキュリティ対策ソフト大手のKasperskyカスペルスキーが「主要メーカー製のHDDの基本ソフトファームウェアに感染するタイプのマルウェアスパイウェアが見つかった」と発表しました。システムの仕組み上、このマルウェアをセキュリティソフトで駆除することは極めて困難とのことです。Kaspersky Labは、HDDのファームウェアに感染して情報収集をする新手のマルウェアを発見したことを明らかにしました。イラン、ロシア、パキスタン、アフガニスタン、中国、マリ、シリア、イエメン、アルジェリアなどの30カ国のPCからこのマルウェアの感染例が発見されたとのこと。このマルウェアを作成したのはEquation groupとよばれる大規模なハッカー組織で、感染ターゲットには各国の政府関係機関、軍事機関、通信会社、金融機関、原子力研究者、メディア機関、イスラム主義活動家などが含まれているとしています。

引用元: HDDのファームウェアに感染するマルウェアが登場、逃れる術はないことが判明 – GIGAZINE.

週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg

ウォール街の最も優秀で才能ある若手バンカーの一部は、高い報酬と名声が得られる大手金融機関の仕事から身を引き始めており、そのうちの多くが自分の会社を起業している。こうした傾向に関する正確な統計はないが、米国勢調査局のデータでは、ニューヨーク都市圏の25歳から34歳の金融・保険分野の就労者数は2013年4-6月(第2四半期)時点で10万9187人と、07年第2四半期から19%減少した。富と名声の代償私生活をあきらめることは長年、投資銀行で得られる富と名声の妥当な代償だと考えられてきた。大卒や経営学修士(MBA)取得者が年間10万ドル(約1020万円)から30万ドルの報酬を得られる2年間の銀行研修プログラムは誰もが参加したいと望んでおり、競争はなお激しい。ただ、こうしたトレードオフ(交換条件)に若者が疑問を抱く状況は驚きではないと専門投資銀行ロスチャイルドでアナリストを2年間務めた経験を持つパトリック・カーティス氏は指摘する。就職助言やネットワーキング関連のウェブサイト、ウォールストリートオアシス・ドット・コムを運営するカーティス氏(34)は「報酬には当然見合わない仕事だ。平均週90時間の労働、本当にひどい時は週120時間働く。割に合うかと聞かれれば、答%2

引用元: 週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg.

白元 御曹司社長が会社をつぶすまで 慶応→米ハーバードでMBA – 政治・社会 – ZAKZAK

防虫剤「ミセスロイド」の製造で知られる日用品メーカー「白元」(東京都台東区)は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。慶応から米ハーバードのMBA(経営学修士)という創業家出身の御曹司、鎌田真社長(47)が会社を率いたが、決算の不明朗さが指摘され、四代目にして有名会社を破綻させた。

負債総額は約255億円。事業は継続する。

パラゾールやアイスノン、ホッカイロ、ソックタッチなどのヒット商品を生み出し、非上場ながら知名度が高い白元。

鎌田社長は創業者の孫で、慶応大経済学部卒業後に都市銀行を経て白元に入社。その後ハーバード大でMBAを取得し、2006年に四代目社長に就任。マスクの「快適ガードプロ」などヒットを飛ばす一方、民放テレビ局の女子アナとの交際も報じられるなど華麗な交友関係でも知られた。

09年3月期には売上高301億1400万円と公表していたが、防虫剤市場でエステーに押されるなど競争激化で業績が伸び悩み、財務状態が悪化した。

13年に住友化学が白元の第三者割当増資に応じ、白元株の19・5%を保有する筆頭株主となった。今年1月には、主力商品「ホッカイロ」の国内販売事業を医薬品メーカー「興和」に譲渡するなど資金繰りに追われた。

その後、同社のずさんな経理処理が発覚。東京商工リサーチによると、決算内容に信憑(しんぴょう)性の問題が浮上、白元は金融機関に今年3月末から6月末までの返済猶予などを要請したが、銀行団は白元支援でまとまらず、取引先も事態を重く見たことから自力再建の道が絶たれた。

29日付で引責辞任した鎌田社長。同社のウェブサイトでは「強いリーダーシップと確かなマネージメントをもって、白元に関わるすべての人を幸せへと導く」とうたいあげているが、ハーバードの教科書に「正直」の文字はなかったのか。

引用元: 白元 御曹司社長が会社をつぶすまで 慶応→米ハーバードでMBA – 政治・社会 – ZAKZAK.

製造業進出先 中国トップ転落 NHKニュース

政府系金融機関が毎年、行っているアンケート調査で日本の製造業が有望な進出先と考える国として21年連続でトップだった中国が初めて4位に転落し、代わって東南アジアの国が順位を上げました。

この調査は国際協力銀行が海外に進出している日本の製造業の企業を対象に毎年、行っているもので、ことしは488社から回答がありました。

それによりますと、この先3年程度で有望な進出先として最も多くの企業が挙げた国は、インドネシアで去年の3位から初めてトップとなりました。

2位は去年と同じインド、3位は去年4位だったタイが入り、去年まで21年連続でトップだった中国は、初めて4位に転落しました。

中国を選ばなかった企業にその理由を尋ねたところ、人件費の上昇や労働力の確保が難しくなっていることや日中関係の悪化による政治的なリスクを挙げる企業が多かったということです。

中国が順位を落とす一方、上位20位の中にASEAN=東南アジア諸国連合の9つの国が入りました。

国際協力銀行の阿由葉真司課長は、「日本企業はASEAN地域を製造拠点として活用してきたが市場としても非常に有望だと評価し始めた結果だろう」と話しています。

引用元: 製造業進出先 中国トップ転落 NHKニュース.

【海の向こうの“セキュリティ”】 第87回:架空の新人「女性」職員を使った侵入テスト、成功率100% ほか – INTERNET Watch

これは架空の女性新人職員を装い、FacebookやLinkedInを介して対象機関の職員らに接触、当該機関内のネットワークに侵入できるかなどを試したものです。

 ソーシャルメディア上に作り上げた架空の女性を使った実験と言えば、3年以上前に報道された「ロビン・セージ実験(Robin Sage Experiment)」を記憶されている方もいると思います。Lakhani氏もこの実験がヒントになって、今回のテストを実施したのだそうです。

 テストで用いられた架空の女性の名前は「Emily Williams」。当該機関の近くにあり、職員の多くが利用しているレストラン「フーターズ」のウエイトレスの写真を、本人の同意を得た上で「Emily Williams」の写真として使っていたそうですが、誰も気付かなかったそうです。

 今回のテストでは、単にFacebookやLinkedInに架空のアカウントを用意しただけでなく、インターネット上で検索しても矛盾がないように、周到に「彼女」のプロフィールを用意しています。例えばMITの卒業生であるなど、当該機関の職員として相応しい経歴を設定し、他のウェブサイトやMIT関連の掲示板などにも情報を掲載しました。その一方で「大卒の28歳で10年の経験がある」という不自然さを残していたにもかかわらず、その点から今回の「嘘」がバレることはなかったようです。

 こうして周到に準備して作り上げた「彼女」をソーシャルメディア上に「誕生」させてから、わずか15時間で、対象機関の職員および下請け業者60名のFacebookアカウント、55名のLinkedInアカウントとつながりを持つことができ、また最初の24時間で仕事をオファーしてきた企業が3つもあったのだそうです。

 今回のテストは90日間に渡って行われましたが、Lakhani氏らの目的は、最初の1週間で達成できてしまい、残りの期間は「いつまで続けられるか」だけだったようです。

 こうして「彼女」は、技術的な手法は全く使わずに、対象機関のVPNアカウントを手に入れるなどして内部ネットワークに入れるアクセス権限を得ただけでなく、ノートパソコンまで手に入れることができたのです。しかし、Lakhani氏らは別の方法で侵入を試みました。

 今回のテスト期間中には感謝祭、クリスマス、大晦日といった大きなイベントがあったため、それに便乗して「彼女」から送られたソーシャルメディア上のメッセージを介したマルウェア感染により、ソーシャルメディアで繋がっている職員らの業務用PCに侵入しました。罠にかかった中には下請け業者もあり、しかもアンチウイルスベンダーの社員もいたそうです。

 さらにLakhani氏らは、Facebook上での他の職員らのやり取りで情報セキュリティ担当者の誕生日を知ることができました。しかし、その担当者はソーシャルメディアにアカウントを全く持っていなかったため、誕生日を知っていた職員らを装って、その担当者にバースデーメッセージを送りつけることでマルウェアに感染させ、機密情報へのアクセス権限を手に入れることができたのです。

 Lakhani氏らは今回と同様のテストを銀行やクレジットカード会社などの大手金融機関や医療機関などにも実施したそうですが、結果は完全に同じで、侵入テストにソーシャルメディアを組み合わせれば成功率は100%だとしています。しかも、高度な技術は全く必要としていません。

 今回のようなケースでは、初めの段階で人事部に確認すれば、すぐに偽者だと分かるにもかかわらず、誰もそれをしなかったという問題点をLakhani氏らは指摘しています。人は基本的に他人を信じて助けてしまう生き物であること、また「彼女」が最初の段階で接触したのは、対象機関の関係者の中でも機密情報を扱うような部署ではなく、その周辺の部署の人々であり、そのような人々が自分が狙われる可能性を全く意識していないことが問題だとしています。こうした周辺の人々を信じさせることを皮切りに、ソーシャルネットワークを徐々に大きくしていくことで、経営層はもとより、セキュリティ意識が高い職員ですら騙すことができてしまうのです。実際、今回のテストの対象機関ではすでにセキュリティに関する訓練を実施しており、職員の意識は低くなかった(と断言できるかは微妙ですが)にもかかわらず、それでもこのような「残念な結果」になったのです。

【海の向こうの“セキュリティ”】 第87回:架空の新人「女性」職員を使った侵入テスト、成功率100% ほか – INTERNET Watch.