タグ別アーカイブ: 選挙

中国版AKB 「選挙ない国」で若者がSNH48総選挙に熱狂、投票数は昨年の4倍超 – 産経ニュース

日本のアイドルグループ「AKB48」の海外姉妹ユニットとして、上海で2年前にデビューした「SNH48」の人気が不動のものになりつつある。25日に開票された「第2回選抜総選挙」では、主に中国国内のファンらからの投票数が約69万票と、昨年の4倍以上に膨らんだ。 次のシングル曲を歌うメンバーを決めるファン投票だが、上海の男子大学生(21)は「高い得票数のメンバーは僕らファンを大事にしてくれると思う」と目を輝かせた。「選挙」が持つ意味を実感し始めたようだ。 共産党一党支配の中国は村レベルを除いて直接投票できる選挙制度はない。 今回の総選挙にはSNH48のメンバー73人が立候補し、投票は5~7月にインターネット上などで行われた。1位は約7万4千票を獲得した上海の高校に通う趙嘉敏さん(17)。 1票の投票権が付いた正規版CDは1枚78元(約1550円)だ。高得票数のメンバー16人がAKB48のシングル曲の中国語版を歌う。SNH48は上海に専用劇場を持っている。

引用元: 中国版AKB 「選挙ない国」で若者がSNH48総選挙に熱狂、投票数は昨年の4倍超 – 産経ニュース.

女性議員、政策本位のはずが…飲み会はしごの日々:朝日新聞デジタル

「遅くなりすみません」

今年2月の午後8時すぎ、甲府市中心部の居酒屋に、自民党の宮川典子衆院議員(36)が走り込んだ。

支持者の男性9人に「かわいいね」「ありがとうね」と迎えられ、ワイン片手に選挙の情勢を語る。1時間で切り上げ他の店へ。別の男性らと日本酒を酌み交わし、教育問題などを談議。午後10時、さらに1軒。終わった時、日付は変わっていた。当選2回の宮川氏に、飲み会回りは「支持を広げる貴重な機会」ではある。

衆院で小選挙区制度が導入されたのが1994年。同じ政党の候補者が争い、「金がかかる」などの批判を受けた中選挙区制から政策本位をめざした。

だが実態は。飲み会、冠婚葬祭、行事の参加――。

有権者との対話は政治家の基本だ。アルコールが入って、胸襟を開き話せることもあるだろう。だが政策本位より、飲み会出席競争に傾いてみえる時がある。有権者は、そういった面ばかりで政治家を評価していないだろうか。両方の制度で選挙をした高市早苗総務相(54)は「得票率の目標が中選挙区と違う。(行事に)出るかどうかが、大きな影響を受ける」。

夜の活動は、出産や育児との両立の問題を生む。ほかにも、セクハラの温床にもなる。複数の女性議員が「当選する前は、飲み会でセクハラされても文句は言えなかった」。少数派の女性というフィルターを通すと、政策本位と対極にある日本の政治土壌が見える。

引用元: 女性議員、政策本位のはずが…飲み会はしごの日々:朝日新聞デジタル.

女性議員、政策本位のはずが…飲み会はしごの日々:朝日新聞デジタル

「政治は夜動く」「料亭政治」という言葉がある。民主党の小宮山泰子氏(50)は先輩議員によく赤坂のクラブに連れて行かれた。党派を超え集まる議員と、グラス片手に政治の内幕や選挙の話。昼間の公式な場では知り得ない情報や本音が飛び交う。「政治の世界のコミュニケーションは夜」と知った。「相手の立ち位置や落としどころを探れる夜の場は、ポストにもつながる」とも感じた。

食事をして親睦を深めるのはよくあることとはいえ、それも程度問題だ。「女性は男性のように夜遅くまで飲み歩けない」との声もあった。女性が自分1人ということが多かった小宮山氏には、飲み会が「男同士の結束を確認する場」と感じられて入りづらく、「私がいない方が楽しめるんじゃないか」と申し訳なく思ったこともあった。

引用元: 女性議員、政策本位のはずが…飲み会はしごの日々:朝日新聞デジタル.

「筆談ホステス」斉藤さん当選 音使わぬ選挙戦に法の壁:朝日新聞デジタル

「筆談ホステス」として話題になった斉藤里恵さん(31)=日本を元気にする会=が、26日投開票の東京都北区議選(定数40)で、初当選した。1歳で聴覚を失い、うまく話せない。選挙運動を細かく規制する公職選挙法が立ちはだかる中、候補者50人中トップの6630票を集めた。

青森県出身で2007年に上京。銀座のクラブでホステスとして働き、筆談での接客が人気を集めて自叙伝も出版された。知人の前区議から誘われ、「障害者の声を政治の世界に届けたい」と立候補した。

斉藤さんは27日未明、同区の選挙事務所で、筆記ボードに「まだ信じられない」と感想を書いた。「バリアフリー社会の実現」に力を注ぐという。

公選法上、区議選では選挙用ビラを配れない。斉藤さんは街頭演説の代わりに、ボードに文章を書いて見せようと考えたが、公選法が禁じる「文書図画の掲示」にあたる可能性があるとして断念。告示後は有権者一人ひとりに名刺を渡してPRしたが、これも違反の恐れがあると警察から指摘され、支援者とともに有権者に声をかけるしかできなかった。

「今の選挙制度は、『音』があることが前提。言語や聴覚の障害者を排除しているのでは」と訴える。

手話は「初心者レベル」で勉強中だ。区議会では、パソコンの音声読み上げソフトを使って質問するなどの方法を考えており、議会側と相談していくという。

引用元: 「筆談ホステス」斉藤さん当選 音使わぬ選挙戦に法の壁:朝日新聞デジタル.

「民主主義のない中国に衝撃与える」帰化して新宿区議選に出馬した李小牧さんに密着|弁護士ドットコムニュース

すでに日本の永住権を取得している李さんは、日本での生活を続けるために帰化する必要はなかったが、2014年3月、日本への帰化を宣言した。同年6月、日本国籍を申請し、2015年2月に正式に受理された。

なぜ帰化をしたのか。李さんは「選挙権を手に入れ、立候補するため」と話す。

「いまだに民主主義がない中国では、出版や言論の自由がない。もちろん、一般市民には投票権もなく、選挙の仕組みを知らない人もたくさん居る。中国人(当時)の自分が、日本国籍を取って選挙に出馬すれば、中国人にとって大きなインパクトになる」

●「出馬宣言」中国人から800万回のリツイート

背景には、冷え切った日中関係もある。「そもそも、中国と日本の価値観がもっと近ければ、争いは起きないですよ」「仲良くするには、お互いの考えを理解し、尊重することが大切。そのためには、中国にも民主主義の考えが必要だと思う」と語る。

自らが民主主義の世界に飛び込み、その体験を発信することで「日中の架け橋」になれると李さんは考えた。「中国生まれの私が選挙に出たら、中国の人たちも選挙や民主主義について注目してくれるでしょう。民主主義とは何なのか、中国はこのままでいいのかと、考えるきっかけになるはずです」

外国人に参政権がない日本では、帰化するしかその方法はない。李さんは、選挙へ出馬するために、日本国籍を取得することを決断した。

「私が日本に帰化すると発表したら、裏切り者、売国奴といった非難の声がたくさん上がりました。次に、選挙に出馬するとウェイボー(微博、中国版ツイッター)に投稿したら、800万回も再投稿(リツイート)されました。今度は応援の声もたくさんありましたよ」

引用元: 「民主主義のない中国に衝撃与える」帰化して新宿区議選に出馬した李小牧さんに密着|弁護士ドットコムニュース.

選挙カー、名前連呼には理由があった ところで効果は…:朝日新聞デジタル

「サトウ、サトウ、サ・ト・ウをお願いします」

選挙期間に突入すると、どこからともなく聞こえてくる候補者名の連呼。選挙カー乗車歴24年の安東美智子さん(46)は、約250の選挙でマイクを握った。「指の間から票が逃げないように」と、手を振る時は必ず指を閉じて。いつもの験担ぎだ。

でも、そんなに名前ばかり繰り返さなくてもいいのに――。いや、繰り返すしかないのだ。

理由は公職選挙法にある。走行中の選挙カーで演説などの選挙運動をすることは原則禁止されているが、例外として連呼は認められている。1964年、ポスター掲示などをめぐる規制が強化されたのと同時に決まった。「規制と緩和。バランスをとろうとしたのでは」と総務省。

1軒ごとに票をお願いする戸別訪問が禁止されている日本では「連呼は貴重な選挙運動の一つ」と当選2回の神奈川県議は言う。

選挙カーの声が届かないと「うちらを忘れたのか」と怒る支持者もいるとか。「ちゃんと見てますというPRなんだ」。相模原市議選の現職陣営がそう話していた。ただ、山形県選管が2013年に公表した調査では、連呼を参考に投票先を決めた人は0・4%。選挙運動に「正解」はない。

引用元: 選挙カー、名前連呼には理由があった ところで効果は…:朝日新聞デジタル.

政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超/自民参院議員43人

このうち林芳正前農水相(山口)、礒崎陽輔総理補佐官(大分)はじめ43人の支部が「選挙関係費」として、本人あて(4人は選挙事務所あて)に寄付。受け取った時期は、2人をのぞいて41人の政党支部が、同年7月4日の参院選公示前後です。

受け取った金額は、ほぼ半分の24人が1000万円。うち、古川俊治参院議員(埼玉)は、同年に受け取った1900万円のうち、1000万円を公示日に自分に「寄付」、あとの900万円はすべて「人件費」に支出しています。

ほかは800万円、600万円、500万円などですが、端数を寄付している議員も。

宮本周司参院議員(比例)は、7月2日に577万5850円を自分に「寄付」、使い残して562万5454円を「基金」としていますが、高野光二郎議員(高知)は、6月16日に105万5382円、7月11日に500万円を自分に「寄付」、同年に受け取った1700万円をすべて使い切っています。

三木亨(とおる)議員(徳島)も、公示日の7月4日に200万円、投票日前日の7月20日に259万9826円を自分に「寄付」、1700万円を使い切っています。

政党助成金の原資は国民の税金なのに、使途については基本的に条件も制限も課していません。多額な「寄付」を自分におこなった後は、どういうことに使ったかは闇の中。税金で肥え太ってもチェックできず、文字通り私物化している格好です。

引用元: 政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超/自民参院議員43人.

政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超/自民参院議員43人

2013年の参院選(補選含む)で当選した自民党参院議員66人のうち、43人が、自民党本部から受け取った政党助成金を「選挙資金」の名目で、1000万円、800万円と自分あてに「寄付」していたことが本紙の調べでわかりました。その“お手盛り”の総額は3億4400万円を超えます。受け取った本人が、どう使ったかはチェックされません。

参院議員が支部長を務める自民党支部の13年分の政党交付金使途等報告書を調べたもの。

これによると、大半の政党支部が同年に1700万円の政党助成金を党本部から受け取り、人件費、事務所費、宣伝事業費、組織活動費などに支出しています。

引用元: 政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超/自民参院議員43人.

フランス政界に激震、欧州議会選で極右政党が首位 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

2~25日に投票が行われた欧州連合(EU)の欧州議会選挙で、フランスの極右政党・国民戦線(National Front、FN)が仏有権者の4分の1余りからの支持を得て同国の首位政党となる見込みであることが分かり、仏政界には激震が走っている。

 仏内務省が発表した開票率80%の暫定結果によると、マリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首(45)が率いる反移民・反EU政党の国民戦線が26%の得票を確実にした。これによりフランスが欧州議会に保有する74議席中の3分の1を国民戦線が占めることになる。

 仏経済低迷の責任はEUにあるとするEU懐疑論と現政界への怒りと失望という2つの潮流に後押しされた国民戦線は、保守中道の連合政党・国民運動連合(UMP)の得票率を20.6%に抑え、首位に躍り出た。この欧州議会選で国民戦線は、フランス全土で行われた選挙としては過去最高の支持率を獲得した。

 一方、フランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領の社会党(Socialist Party、SP)の得票率はわずか13.8%で、3位に甘んじた。

 マニュエル・バルス(Manuel Valls)首相は、投票結果について「フランスの全政治家に対する新たな警告、衝撃、地震」であり、早急に政治と経済改革を推し進める必要性を示しているとコメント。またオランド大統領も、この敗北を受けた対応を協議するため、26日の朝一番に閣議を開くことを決定した。

 オランド大統領の側近は「今後の教訓に生かさなければいけない」と認めた上で、「欧州(連合)を去ることなく欧州を変革することができると仏国民を説得する方法を見つけなければいけない」と述べた。

引用元: フランス政界に激震、欧州議会選で極右政党が首位 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

貧困の新しい姿 「米国では貧困層でもiPhoneを持っているが、医療と高等教育への道は閉ざされている」ニューヨーク・タイムズ – Market Hack

今年アメリカでは中間選挙があります。その関係で、選挙の争点になるであろうと思われる問題に関する記事を最近多く目にします。格差問題はその中でも注目度の高い問題です。今日のニューヨーク・タイムズの一面トップ記事は「貧困の姿が変化した」と報じています。「マイカーがあり、液晶テレビも持っており、ネット環境もある……それなのに貧困と言えるのか?」これが、その記事が発する問いです。答えはYES。過去10年の間にテレビやパソコンなどの価格は、ものすごく下がりました。その一方で、大学教育、医療、チャイルドケアなどのコストは上昇しました。大学教育やチャイルドケアは、貧困から抜け出すために必要なサービスです。だからそれらが高すぎて受けられない家庭は、永久に貧困から抜け出せないのです。よく「アメリカはチャンスの国だ」と言われます。恵まれない家庭に生まれても、本人の才覚と努力で克服できる……このような経済的移動可能性(economic mobility)をちゃんと保証することは、アメリカ流民主主義の根幹にかかわる問題です。もしそれが失われると、階級制度(class system)になってしまいます。

引用元: 貧困の新しい姿 「米国では貧困層でもiPhoneを持っているが、医療と高等教育への道は閉ざされている」ニューヨーク・タイムズ – Market Hack.