タグ別アーカイブ: 逃避

シンガポールは日本の友人か、隠れた仮想敵か: やまもといちろうBLOG(ブログ)

短期的には、この進出ラグが身軽な犯罪者の逃避地としてのシンガポールという問題を引き起こします。シンガポール当局は事情をひとつひとつ知らなくても然るべき財産があって費用を拠出していれば、日本で何がしかの問題をやらかした人たちも受け入れます。むしろ、積極的に彼らの問題ある経済活動を覆い隠す可能性もあるわけで、ここ近年の租税事案でシンガポールがらみは香港以上の件数、金額の伸びになっているように見えます。

また、そういうシンガポールへの犯罪資金も含めた逃避を手引きするサービスが充実し始めている現状があるように見受けられます。もちろん、事件化までしてしまえば簡単に追跡するわけですが、そういう段階にまで至る前に歯止めをかけなければ当局としては齟齬を来たしてしまうので、「重大な事案ではない」と後回しにされた小粒な事案ほど放置され、社会的公平性が失われてしまうという問題を起こしているのでしょう。

「成長するアジア経済を取り込め」とスローガンを掲げるのは簡単ですが、犯罪者が日本で不当に稼いだ金を片手に高飛びをしたり、支払うべき税金を逃れるために安易な海外移住を志向する仕組みは国益にそもそも適いませんし、それを目当てに奨励する政策を取ったり隠れ蓑を積極的に提供する国や地域は日本にとって友人とはいえないという結論になるのではないでしょうか。

ちょっと言い方は悪いですが、ある意味で成長セクターに特化していることを利用して、日本の成長率や納まるべき税金が横取りされているとも言えます。そこには、流入する労働者の人権やマレーシア他近隣国の利益はあまりきちんと保証されず、フリーライダー状態になって手をつけられなくなる可能性もあるんですよね。

引用元: シンガポールは日本の友人か、隠れた仮想敵か: やまもといちろうBLOG(ブログ).

犬と猫|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」

人間は裏切ることもあるでしょうし、信頼していた人に裏切られるのは辛いことでしょう。でも、裏切る可能性がある人間同士で信頼関係を築くことに価値があると思うんですよね。だから、裏切らない犬との間の信頼関係というのは、誰でも築けるのではないかと思うので、それで安心してたら、人間との信頼関係確立に向けての努力を怠る結果に繋がるのではないかな(つまり、逃避というか、諦めというか)。

まずは、裏切る人もいるんだということを受け入れることなんでしょうか。

本筋とずれてしまった?

引用元: 犬と猫|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」.

「群れ」の科学 « WIRED.jp

例えば、強い照明を当てると魚たちは一斉に暗がりに移動する。おそらく主要な防御手段が「逃避」であるような魚にとって、暗がりは比較的安全な場所を意味するのだろう。このような行動はよく「たくさんの間違いの原理」によって説明される。1964年に発表されたこの説によれば、どこに行くべきかを1匹1匹の魚が不完全に判断し、その微妙に間違った数多くの判断が、群れの中で相互作用と集団化によって平均化され、最適な方向が決定されるという。ジャーナリストのジェームズ・スロウィッキーは『「みんなの意見」は案外正しい』という本のなかでこの概念を「集団の知恵」として紹介し、一般にも知られるようになった。

だがカズンの観察では、この説はゴールデンシャイナーには当てはまらないことがわかった。群れは不完全な判断を出し合ったりしていない。どこが暗いかを1匹1匹が判断しているわけではないのだ。魚たちはある単純な規則に従っているにすぎない。それは、暗い所ではゆっくり泳ぐ、ということだ。ばらばらの魚たちのグループが暗がりに行き当たると、端にいる魚が速度を落とし、グループ全体が暗がりの中に入る。全体に光が当たらなくなると、まるで高速道路で渋滞する自動車のように全体の動きが鈍くなって密集する。「これはまさに創発特性と言われるものです。群れのレヴェルになって初めてこの知覚能力が発動するのです」。つまり、1匹1匹のゴールデンシャイナーは何の意図ももたず、群れに全体を修正する知恵などない、ということだ。

引用元: 「群れ」の科学 « WIRED.jp.

検索連動型広告のコピー術 おぼえておきたい7種の書き方 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

7タイプとは、次の表に挙げた「限定」「希少」「逃避」「トレンド」「価格」「贅沢」「威光」だ。

製品特性や顧客層に応じたアプローチのヒントになる7タイプ顧客や製品にあわせた広告タイトル・説明文のタイプ

A.限定型 時間や対象、数量を限定している

B.希少型 なかなか手に入らない希少性をアピール

C.逃避型 苦痛から逃れたい顧客を救済

D.トレンド型 流行や「みんながしている」雰囲気でアピール

E.価格型 バリュー価格・割安感をアピールする

F.贅沢型 高品質・上位価格であることをアピール

G.威光型 ブランド、ネームバリューで訴求

Aの「限定型」は、スーパーマーケットのタイムセールなどをイメージすればわかりやすいだろう。Bの「希少型」についても同様で、数や時間が限られていたり、入手困難なものは、思わず欲しくなってしまう人も多い。

Cの「逃避型」は、悩みを持っていたりや何かに困っていると感じている顧客に、救いの手を差し伸べるアプローチ。悩みが解消されるものなら、顧客は興味を持つだろう。

Dの「トレンド型」は、顧客が、周りの人たちと同じ話題で盛り上がりたい。流行に乗りたいといった意識を刺激する方法だ。うまくブームを仕掛けられれば、顧客の心をつかめるだろう。

Eの「価格型」は、割安感をアピールするもの。品質の良い製品やサービスがイメージよりも安かったら利用したくなるものだ。

Fの「贅沢型」は、少し贅沢をして、普段は利用しない高級品を使って満足したいといった欲求を満たすタイプ。より上位で品質のよいものであることをうまく伝える必要がある。

最後のG「威光型」は、広告主の会社や製品自体に権威付けをして、その価値によってアピールする手法。必ずしも有名である必要はなく、創業30年といった、実績や伝統があるものにも向いている。

引用元: 検索連動型広告のコピー術 おぼえておきたい7種の書き方 (1/3):MarkeZine(マーケジン).

金持ち vs 国家の時代 – 統計学+ε: 米国留学・研究生活

金持ち vs 国家の時代 – 統計学+ε: 米国留学・研究生活: 一方ギリシャは、資本移動が自由な先進国であるため、
債務危機発生以降、大規模は資本逃避が起こっている。
資産を国外に退避することに成功した富裕層は、
ギリシャ国債やギリシャ国内の銀行が破綻しても無傷であり、
通貨の切り下げが行われた場合には、
一国の経済が苦しむ中で、逆に現地通貨ベースでは
大きな富を手に入れることになる。