タグ別アーカイブ: 近畿

大学キャンパス、都心回帰 駅近便利・最新設備も魅力:朝日新聞デジタル

大学が都市部の駅前にキャンパスを新設する動きが、首都圏に続き近畿圏でも加速している。18歳人口が減るなか、アクセスなど利便性をアピールするねらいだ。移転によって学生が去った自治体は、新たな振興策を迫られている。

立命館大(京都市)は今春、大阪府茨木市に「大阪いばらきキャンパス」を新設した。5年前、サッポロビールの工場跡地約12万平方メートルを190億円で購入。JR大阪駅から快速電車で約12分の茨木駅近くにあり、京都と滋賀の2キャンパスから約5500人が移った。

「教育環境を維持しつつ規模拡大をめざすには、2キャンパスでは限界」と担当者。「兵庫や大阪南部も通学圏内に入り、広く学生を呼び込める」。将来の展開に備えて、敷地内に約1万1千平方メートルの空き地を残す。

校舎には、壁一面がスクリーンになる大教室や学部ごとの共有ラウンジを整備。8月のオープンキャンパスには2日間で約7千人が訪れた。兵庫県尼崎市の高校3年石井美羽さん(17)は「通学に便利で校舎もきれい。受験勉強にも張りが出ます」と話す。

周辺に全国有数の商業施設が集積するJR大阪駅から徒歩5分。大阪工業大(大阪市)は市立小学校跡地を90億円で購入し、22階建て校舎を建設中だ。2017年春からロボット工学科などの約1200人が学ぶ。上田和徳・学長室長は「少子化のなか、多額の投資は一つの挑戦だが、都心に進出する価値は大きい」と期待を込める。

国立の大阪大も今年6月、大阪府箕面市のキャンパスを、大阪都心部から直結する同市内の北大阪急行の新駅前に移転すると発表。21年春、駅直結の高層校舎に約3千人が移り、大学の中核施設に位置づける計画だ。

引用元: 大学キャンパス、都心回帰 駅近便利・最新設備も魅力:朝日新聞デジタル.

<近畿大>養殖 次の戦略は! 「ウナギ味ナマズ」の試食会 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

近畿大がウナギ味のナマズを開発した。土用の丑(うし)の日(24日)に、大阪と東京の養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」でかば焼きが入ったナマズ御重(2200円)を各30食限定で販売する。

ウナギは、稚魚の激減で国内の供給量が15年前の約3分の1に。業者から相談を受けた有路昌彦准教授は完全養殖可能なマナマズに着目。水質と餌の配合を研究し、6年かけウナギ味を実現した。

地下水で育てて泥臭さをなくし、7種の餌でウナギに似た脂の乗り、香り、味を再現した。「人気もうなぎ登りにしたい」と関係者は期待を寄せる。

引用元: <近畿大>養殖 次の戦略は! 「ウナギ味ナマズ」の試食会 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

地方移住:4年で2.9倍 「首都・近畿圏から」3割 – 毎日新聞

調査は昨年12月、アンケート形式で実施。人口が集中する東京都と大阪府を除き、移住相談の窓口や中古住宅を活用する「空き家バンク」などの支援策を利用した人や、住民票提出時の意識調査で移住目的とした人のうち、別の都道府県から移り住んだ人数を各市町村に尋ねた。市町村の情報を把握している鳥取や島根、高知などの18県は県に問い合わせた。残りの27道府県1096市町村のうち92%にあたる1008自治体から回答を得た。

移住者数は09年度が2822人、10年度が3819人、11年度が5143人、12年度が6043人、13年度が8169人。移住者数が最も多かったのは鳥取県で962人、続いて岡山県が714人だった。ただ、他県でも移住者数を集計していない自治体があることや、行政の支援策に頼らず移り住んでいる人もいるため、実際の移住者数はさらに多いとみられる。

一方、13年度の移住者の元の居住地を分析したところ、東京や神奈川、埼玉、千葉など首都圏からの移住者が1365人、大阪、兵庫、京都などの近畿圏からは1035人となり2大都市圏で全体の29.4%を占めた。鳥取の場合、大阪から202人、兵庫から127人など近畿圏からの移住者が3分の1に達し、隣接する岡山が85人で続いた。

市町村別で移住者が多かったのは、大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市で、13年度は県外から114人が移り住んだ。市の人口は1950年の約4万9200人をピークに約2万3500人(昨年11月)まで減少したが、空き家バンク制度の導入や、新婚世帯を対象に割安で入居できる集合住宅を建設するなど若者を呼び込む施策を実施。昨年4〜11月で、市への転入が転出を86人上回った。市は2021年までに3万人を目指すとしている。

引用元: 地方移住:4年で2.9倍 「首都・近畿圏から」3割 – 毎日新聞.

飛ばないテントウムシ、見参! 逃げずサボらず害虫退治:朝日新聞デジタル

品種改良で生まれた飛ばないテントウムシが、害虫アブラムシの天敵として、ビニールハウスで使われることになった。飛距離の少ないものを約30世代にわたって選び続けた。羽根はあるのに飛ぼうとしても飛べず、逃げたり仕事をさぼったりしないのが利点だ。

テントウムシは、作物の汁を吸うアブラムシの天敵として農業に活用されてきた。だが、多い時は半分がビニールハウスの天井に張り付き、仕事をしない。

飛ばないテントウムシは農業・食品産業技術総合研究機構の近畿中国四国農業研究センター(広島県)が開発。屋内限定の「生物農薬」として登録され、茨城県のメーカー・アグリセクトが16日に発売を始めた。国産のナミテントウという種で、飛距離を測って少ないものを繁殖し続けた。

引用元: 飛ばないテントウムシ、見参! 逃げずサボらず害虫退治:朝日新聞デジタル.

「おもらし我慢」に興奮 変態タクシー、運転手を逮捕 女性客に利尿薬(1/2ページ) – MSN産経west

タクシーの乗客女性に利尿薬を混入した菓子を食べさせたうえ、トイレに行かせずに車を走行させ続けたとして、大阪府警門真署は5月7日、暴行と監禁容疑で、大阪府四條畷市のタクシー運転手(41)を逮捕、送検したと発表した。容疑者の運転手は「女性が排尿を我慢する表情やしぐさに興奮し、様子を車内カメラで録画していた」と容疑を認めているという。 警察によると、容疑者は平成24年7月から同様の手口で犯行を繰り返していたと供述。自宅からは、同じ被害にあった女性約40~50人分の動画が残っていたパソコンや、高血圧などの治療に使う利尿薬が約120錠見つかった。 逮捕容疑は平成25年10月29日午後4時40分ごろ、門真市内で乗車した20代の女性客に「サービス」といって利尿薬入りクラッカー1枚を食べさせ、尿意を催すように身体の生理機能に障害を与えたほか、午後4時50分~6時半ごろにかけ、女性が降車を求めても応じずに阪神高速や近畿自動車道を走り続けたとしている。

引用元: 「おもらし我慢」に興奮 変態タクシー、運転手を逮捕 女性客に利尿薬(1/2ページ) – MSN産経west.

ユニーク・難解…「学士」増殖、700種類に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大学卒業で授与される学位「学士」の名称が過去約20年間で大幅に増え、約700種類に上っていることがわかった。

省令で定めていた1991年までは25~29種類だったが、その後20倍以上になっていた。「キャリアデザイン」(法政大)や「観光交流文化学」(杏林大)などユニークな名称が多く、大学が独自色を出すことで、学生を集めようとしたためとみられる。

読売新聞の「大学の実力」調査で判明した。調査は全国の大学740校を対象に6月に行い、648校の回答を得た。

学士の名称は戦後、大学設置基準(省令)で定めてきたが、基準緩和で91年以降、自由につけられるようになり、年々増加。今回の調査回答では696種類が確認できた。その大学にしか存在しない名称も426種類に上り、約6割を占めた。

「環境情報学」(慶応大ほか)や「国際日本学」(明治大)など、時代に合わせて情報や文化、福祉、国際の言葉を使った名称が目立った。伝統校でも今年度、「グローバル地域文化学」(同志社大)など新しい学士名称を打ち出したところもあり、学生集めに工夫を凝らす必要に迫られる大学の実情をうかがわせた。

ただ、「映像身体学」(立教大)や「キャリア・マネジメント学」(近畿大)、「国際共生教育」(福岡教育大)など内容をイメージしにくいものも多い。「就職の採用面接で学問内容を問われた学生が『即答できなかった』と嘆いていた」(私大教授)といった声も聞かれる。

海外留学などの際に「相手校にうまく学問内容を伝えられない」(私大職員)といった現象もあり、グローバル化の足かせになっているとの懸念も出ている。

国立教育政策研究所の浜中義隆総括研究官は「留学を希望する相手校にとって、学士の名称で何を学んだかが分かりにくいと『何が専門か』と不安に思うこともある。グローバル化に逆行する」と話す。学習院大学の佐藤学教授は「ユニークさを競うあまり、多様になりすぎているきらいもある。ルール作りも考えるべきだ」と指摘している。

引用元: ユニーク・難解…「学士」増殖、700種類に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).