タグ別アーカイブ: 赤ちゃん

「夫と一緒にいるのもイヤ」「性欲の塊に見える」…産後豹変する妻たち (産経新聞) – Yahoo!ニュース

夫婦が危機的状況となる期間は、人によって1年や2年など差がある。厚生労働省が平成23年、母子家庭の実態を調査した「全国母子世帯等調査結果報告」では、離婚時の末の子供の年齢は「0~2歳」が最も多く35・1%を占めた。その次が「3~5歳」の20・9%。子供が小さいときほど、離婚を選択する夫婦が多いことが分かり、因果関係を指摘する意見もある。

「妻の変化にショックを受けた夫が、寂しさから浮気に走ることもある」と話すのは、育児工学が専門の小谷博子・東京未来大准教授だ。「浮気が原因で離婚に至ると大変」

小谷さんによると、女性は出産を経て母性のスイッチが入り、目の前の赤ちゃんに集中する。24時間ずっと緊張状態が続く生活に疲れ、夫にまで気を配れなくなる。また、女性の母乳の出をよくするホルモン、プロラクチンは排卵を抑制し、授乳を続けている間は次の子供ができない仕組みとなっている。このホルモンが分泌されている間、性欲がなくなるのが一般的だ。小谷さんは「産後の女性が夫に嫌悪感を抱くのは、生物学的にみても当然のこと。赤ちゃんを守らなくてはという意識が強くなり、夫は『外から雑菌を持ち帰ってくる存在』になる」と断言する。

引用元: 「夫と一緒にいるのもイヤ」「性欲の塊に見える」…産後豹変する妻たち (産経新聞) – Yahoo!ニュース.

赤ちゃんの泣き顔のある大気汚染広告 – 革新的発明と製品情報

煙に赤ちゃんの顔が浮かび上がったアイデア広告。工場から排出される煙をスクリーンにして、遠くから見ると、かなり不気味な感覚を与えて、中国国内の大気汚染問題に警鐘を鳴らすとのこと。

引用元: 赤ちゃんの泣き顔のある大気汚染広告 – 革新的発明と製品情報.

東京)増える赤ちゃん、どう育てる 出生数、役所の想定超す – 各地から – アピタル(医療・健康)

「待機児童ゼロ」を掲げる杉並区はこの春、2~5歳の各年齢で初めて「待機児ゼロ」を達成した。0歳と1歳も「ゼロ」になる見込みだったが計42人の待機児童が出た。「赤ちゃんが想定以上に生まれたため」と田中良区長は説明する。

4月1日現在の0歳児は4480人(外国人含む)。前年同期より327人多く、この10年間で最多だ。

区が2014年度にまとめた子ども・子育て支援事業計画では、0歳児は15年で頭打ちとなり、以降は減ると見ていた。だがその15年、ピークと見込んだ数をはるかに上回る誕生に、保育課は「当分、未就学児は増え続ける」と話す。

23区内では、保育園需要の根拠としてきた事業計画で、こうした見通しの修正が余儀なくされている。

田中区長は「女性の社会参加が当たり前になり、働く女性も子どもを2人、3人欲しい、と願う時代になっている。首長が旧来の感覚で保育対策をしていると後手に回る」と話す。

中央区では4月1日現在の0歳児が1799人(外国人除く)で、前年より202人増えた。

「06年までは生まれる子が年間千人にも満たなかったのに、この2年間は毎月100人以上になる」と矢田美英区長は喜ぶ。

人口減少に危機感を抱いた中央区が定住人口回復対策本部を設置し、人口10万人を目指し始めたのは1988年、矢田区長が1期目の時だ。それでも人口は減り続け、90年代には7万人台まで落ちた。

その後の回復には様々な施策がプラスに働いたとみられる。中学生までの医療費無料化▽妊娠し母子手帳を区で受け取れば通院用に1万円のタクシー券配布▽生まれた子を住民登録すれば3万円のお買い物券プレゼント……。区の人口は約14万人に増えた。

待機児童対策は土地探しとの戦いだ。認可園の整備にはオフィスビルの空きスペースを狙った。運営に株式会社など民間の力を借り、区が賃料を補助した。

引用元: 東京)増える赤ちゃん、どう育てる 出生数、役所の想定超す – 各地から – アピタル(医療・健康).

東京)増える赤ちゃん、どう育てる 出生数、役所の想定超す – 各地から – アピタル(医療・健康)

乳幼児の数は都心に近い自治体ほど増加率が高い。

0~4歳児が2005年から15年までにどれくらい増えたのかを見ると、都心3区が突出している。最も増加率の高い中央区は、05年(1月1日現在)の3587人が15年には7473人と108%増。港区(100%増)、千代田区(85%増)と続く。都心から離れるほど増加率は低くなり、区部では練馬区と江戸川区で逆に減少。多摩地域では武蔵野市が29%増、日の出町が69%増だが、減少が目立つ。

乳幼児の増加は人口ピラミッドでもわかる。全国的には団塊ジュニアと呼ばれる40歳前後をピークに年齢が下がるほど人口が減る。しかし23区(15年)は、9歳(6万384人)から反転し、0歳(7万4873人)の方が約1万4千人多い。

ニッセイ基礎研究所の竹内一雅・不動産市場調査室長は、乳幼児増加の背景の第一に、人口の都心回帰を挙げる。「都心部はバブル経済崩壊後に地価が下がり、宅地として再開発された。特に湾岸部などで大規模開発が続いて子育て世代が多く流入している」

また「人口の多い団塊ジュニア世代の女性が出産できる年齢の上限に達しつつあり、出産に踏み切る人が増えている」とも指摘する。40~44歳で子どもを産んだ都内の女性は、03年の2413人から13年には7288人と3倍に増えた。

一方で、この傾向は長くは続かないという。竹内室長は「団塊ジュニアより下の世代は急激に人口が減る。出産可能年齢の人が減れば、東京でも子どもの増加は止まるのでは」と話す。

引用元: 東京)増える赤ちゃん、どう育てる 出生数、役所の想定超す – 各地から – アピタル(医療・健康).

【日本の議論】真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ」…足指に“異変”も  – 産経ニュース

真っすぐ立っていられない原因の一因は、足指の形も関係しているとみられる。保健室を担当する小澤京子主任養護教諭が平成23年、児童全員分の足型を測定したところ、足の指が床につかない「浮き指」がある児童が81・7%に上った。同2年に測定した大田区の小学校児童の割合16・3%と比べ、約5倍以上。浮き指の子供が急激に増えていることがわかった。

浮き指になる原因は、赤ちゃんのときに、つかまり立ちや、つたい歩きをしない▽幼児期や学童期に歩く距離が短い▽足の指を使う雑巾がけなどの運動をしなくなった-などが原因として考えられるという。

「浮き指」があると、足の前方に力が入らないため、かかとに重心がかかり、バランスを取るために、体は膝を曲げ、腰が落ち、肩が前に出る猫背になりがちだ。

「膝を曲げて、手をぶらぶらさせて歩くのは、ゴリラの姿勢。体つきはスリムで手足は長いのに、姿勢はよくない。進化というより類人猿に退化している印象」と小澤教諭。23年の同小学校の調査では、足の裏のアーチが形成されない扁平(へんぺい)足の疑いがある児童も4人に1人(24・4%)に上った。

引用元: 【日本の議論】真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ」…足指に“異変”も  – 産経ニュース.

26歳の女性脳腫瘍摘出手術で頭から胎児 バニシングツイン現象か – ライブドアニュース

双胎妊娠において、特に二卵性である時によく聞かれる “バニシング・ツイン”という言葉をご存じであろうか。双子を妊娠するも片方がうまく育たず、初期の段階で母体に吸収されて結果として1人だけが誕生する。そして、その胚がもう片方の赤ちゃんの体内に宿ってしまうことも極めて稀に発生するようだ。アメリカから驚きのニュースが飛び込んで来た。

ロサンゼルスの名医の執刀によりこのほど脳腫瘍の摘出手術を受けたのは、「インディアナ大学」の博士課程に身を置いているヤミーニ・カラナムさん(26)という女性。昨年9月に読解、聴解力が非常に低下していることに不安を覚え、医師の診察を受けたところ脳腫瘍と診断され、低侵襲手術の権威であるHrayr Shahinian博士が率いる脳外科手術の専門機関「Skull Base Institute」を紹介されたのであった。

頭蓋骨は半インチの切開のみという内視鏡による手術は無事成功したが、そこで仰天の事実が発覚した。なんと腫瘍の正体は胎児。骨、髪、歯がしっかりと確認されたのであった。彼女は実は双子で、しかし母親の胎内で片方の胎児が成長しなくなる、いわゆる“バニシング・ツイン(Vanishing Twins)”の現象が起きていたと考えられるそうだ。病理検査の結果は心配された悪性の所見もなく、カラナムさんは3週間ほどで普通の生活に戻れるという。

生き残れなかった胚芽や胎児は普通であれば母体の中に自然に吸収されてしまうが、このたびのケースのように稀にはどこかへ移り住んでしまうこともある。香港で2010年、女の赤ちゃんが体の内部にほかの赤ちゃんを2体宿して誕生していたことが今年になって明らかにされ、世界中の周産期医療に携わる人々を驚かせていた。赤ちゃんが生後3週目になってからその胎児が取り出されたが、へその緒、手足、皮膚、胸郭と骨、腸、脳の組織が確認されるなど、かなりの大きさに育っていたという。

引用元: 26歳の女性脳腫瘍摘出手術で頭から胎児 バニシングツイン現象か – ライブドアニュース.

母乳成分が「脂肪燃焼遺伝子」をオンに NHKニュース

母乳に含まれる脂肪酸が子どもの体内で脂肪を燃やす遺伝子のスイッチを入れる働きをしていることを、東京医科歯科大学などのグループがマウスを使った実験で突き止めました。ヒトにも同じ仕組みがあるとみられ、グループは、乳児期に必要な量、脂肪酸を摂取することが糖尿病など生活習慣病の予防につながる可能性があるとみています。東京医科歯科大学の小川佳宏教授らのグループは、生後まもないマウスの赤ちゃんと母乳で半月余り育てた赤ちゃんで、脂肪の燃焼に関連する3つの遺伝子の状態を比較しました。その結果、母乳で育てたマウスの赤ちゃんでは、3つの遺伝子のいずれにも、遺伝子のスイッチの役割をするたんぱく質に母乳に含まれる脂肪酸が結合し、スイッチをオフからオンの状態に変えていました。また、その結果、遺伝子の活動量も、生後まもない赤ちゃんに比べ、2倍から4倍活発になっていました。グループによりますと、ヒトにも同じ仕組みがあるということで、スイッチをオンにできないと体内に脂肪がたまりやすくなり、糖尿病など生活習慣病のリスクが高まることも考えられるということです。小川教授は「母親の健康状態によっても脂肪酸の量は変わるので、それが子ども

引用元: 母乳成分が「脂肪燃焼遺伝子」をオンに NHKニュース.

グーグル、3年間滞空できるドローンの試験を申請 « WIRED.jp

グーグルは2014年4月、ドローンメーカーのTitan Aerospace社を買収した(日本語版記事)。Titan社のドローンは、ソーラーエネルギーで稼働し、最大5年間、上空に滞在できるもので、「大気圏衛星」ともよばれる。

グーグルは、Titanドローンのテストを2014年10月6日から180日間行う許可を求めている。グーグルのこの申請について、コンサルティング・エンジニアのスティーヴン・クロウリーは自らのブログで、試験場所は「ニューメキシコ州アルバカーキの東、同州サンタフェの南」にある非法人地域スタンリーを中心とした正方形の地域だと述べている(米国では、基礎自治体は住民の総意によって設立されるため、自治体が設立されない地域が存在しており、そのような地域が非法人地域と呼ばれている)。

グーグルは今回の試験で、「910~927MHz」と「2.4GHz~2.414GHz」というふたつの周波数帯を利用する。グーグルが何を伝送することになるのかについては、公開版の書類では消されている。またグーグルは、この申請に関するコメントを拒否している。

クロウリー氏によると、2.4GHz帯は「低い周波数帯のWi-Fiと重なる」。また900MHz帯は、無線インターネット・サーヴィス・プロヴァイダーのほか、スマートメーターや料金リーダー、赤ちゃんモニターなどの機器に利用されている。また、この周波数帯を911(緊急)通報における位置サーヴィスに使う計画もある。

引用元: グーグル、3年間滞空できるドローンの試験を申請 « WIRED.jp.

赤ちゃんの突然死、寝具の共有が最大要因 米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

赤ちゃんの突然死は、大人の寝具で添い寝することが最大の要因で、とりわけ新生児の場合はその傾向が強いとする研究報告が、14日の米小児科専門誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に掲載された。

 研究は、米国24州で2004~2012年に起きた睡眠に関連する赤ちゃんの死亡例8207件の政府記録を基に行われた。

 研究では、突然死の69%で眠る場所が誰かと共有されていたことが指摘され、また生後3か月までと生後4か月~12か月とでは、死亡のリスク要因が異なることも分かったという。

 寝具を共有していた割合では、生後3か月までの赤ちゃんで73.8%、生後4か月~12か月の赤ちゃんで58.9%と前者の方が高かった。

 研究での「寝具共有」の定義は、大人用の寝具で、他の人の近く、もしくはその人の上で赤ちゃんが眠ることとされた。

 一方、生後4か月~12か月の赤ちゃんの突然死では、眠る場所に毛布やぬいぐるみなどが置かれ、赤ちゃんがうつぶせの状態で見つかるケースが多かったという。

 米国小児科学会(American Academy of Pediatrics、AAP)は、窒息事故を防ぐためには、赤ちゃんを両親やベビーシッターと同じ寝具で寝かせず、保護者の近くにベビーベッドを設置した上で、硬いマットレスの上で眠らせることを推奨している。

 同学会はまた、赤ちゃんを仰向けに寝かせ、枕や毛布、おもちゃなどをベビーベッドの外に出しておくべきだとした。(c)AFP

引用元: 赤ちゃんの突然死、寝具の共有が最大要因 米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

チンパンジーの「手話」を一部解読、英研究チーム 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)が3日付で公開した英スコットランド(Scotland)のセント・アンドリューズ大学(University of St Andrews)の研究チームの論文には、チンパンジーが互いに何を伝えようとしているかを解読するための初の「チンパンジー手話辞典」ともいえる内容が示されている。

 合計66種類のジェスチャーを解読した研究者らによると、これらは単独で使われるほか、複数をつなげて使うことにより、さらに複雑なやりとりを行うことができる。どの個体によるジェスチャーであれ、意味する内容が一貫して同じだったということが重要な点だという。

 研究チームはアフリカ中部のウガンダで2007~09年に撮影された3400以上のチンパンジー同士のやりとりを対象に、4500を超えるジェスチャーについて調べた。伝えられるメッセージには「2~3のジェスチャーを使うちょっとした頼み事から、もっと多くのジェスチャーを使った社会的な交渉まで、さまざまなものがあった」という。

 母親が赤ちゃんに自分の足の裏を見せるのは、「お母さんに抱きつきなさい」という意味で、ほかのチンパンジーの腕に触るのは、「私の体を掻(か)いて」。葉をかむのは、性的な意味で注意を引こうとしているのだという。

 研究チームは観察によって、「葉をかむ」ことが誘惑のメッセージであるというような、いくつかのジェスチャーとその結果として見られた行動の間に明確なつながりがあることが示されたと説明している。

 その一方で、複数の意味を持つジェスチャーもあるとみられている。別のチンパンジーの体の一部をつかむのは場合によって「やめろ」、「自分に抱きつけ」、「向こうへ行け」という意思表示になるとみられるという。

引用元: チンパンジーの「手話」を一部解読、英研究チーム 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.