タグ別アーカイブ: 贅沢

ジョニー・アイブは、デザインに没頭してAppleの決算数値を知らなかった – TechCrunch

Iveは、Appleが他の問題に優先して製品デザインに力を入れていることを指摘し、製品が第一、利益は後からついてくる、という同社の精神は賞賛に値すると言いたげだった。その点を強調するように、IveはAppleが最近発表した2014年度の年間売上1830億ドル、利益400億ドルなどの具体的数値をよく知らないという驚きの告白をした。

「正直なところ、数字は知らないのです」とIveはWSJに答えた。「でも大きい数字であることは知っています」。

Iveが会社の財務状況について具体的知識がないと明言することは、CEO直轄の上級幹部としては異常な行動にも思えるが、この著名なデザイナーは製品デザインに集中していることで知られており、彼が財務状況にさほど興味を示していないという事実は、製品を利益に優先させるという同社の長年の信念を後押しするものであり、顧客は最高品質の製品デザインを手にすることができるというメッセージと言える。

もちろん、製品デザインに100%没頭して、金銭問題を気にせずにいられる贅沢は、好調な企業にのみ許される特権であり、Iveがデザインルームにこもっていられることは驚きではないかもしれない。

Apple Watchは来年早くにデビューの予定で、Appleはファッション業界でもこれを強く推進しており、Vogue誌の記事には写真が紹介され、パリのファッションウィークでもイベントを開催した。それはまた、大きくIveの肩にかかっているApple製品でもある。そのデザインセンスに向けられている注目の大きさと、ユーザーが1日の大半身につけることになるデバイスにおけるデザインの重要性を踏まえれば、当然だろう。

引用元: ジョニー・アイブは、デザインに没頭してAppleの決算数値を知らなかった – TechCrunch.

ワタミが上場初の赤字、居酒屋はもう限界か:PRESIDENT Online – プレジデント

もう一つの傾向は「イベント化」です。アルコールという「モノ」から、仲間と飲むという「コト」に関心が移っていることから、「コト消費」ともいわれます。酒離れによって、飲酒は特別なことに変わりました。定期的に飲酒する機会は減っているのですが、その代わり、飲むことは不定期に「非日常」を演出してくれるイベントに変わっています。

たとえばビール全体の消費は減っていますが、若者の間でも、価格が高いプレミアムビールは消費が伸びています。いつも飲むなら手頃な発泡酒を選びますが、たまに飲むなら贅沢をしたい、と考えているようです。

また、この数年、全国ではラーメンやご当地グルメといった「食」をテーマにしたイベントが人気を集めていますが、このうちドイツビールをテーマにした「オクトーバーフェスト」にも大勢の若者が参加しています。お台場や駒沢公園、横浜港などに数十万人が押し寄せ、一杯1000円程度のドイツビールを楽しそうに飲んでいます。私の身近にも、「飲み会には絶対に参加しません」と宣言していた大学生がいましたが、あるときフェイスブックに「オクトーバーフェストに来ています!」と写真を載せているのをみて、仰天しました。

ソーシャルメディアを意識して生活しているというのも、「さとり世代」の特徴でしょう。友人と連れだって遊びに行くときには、「このネタはどれだけ『いいね』を集められるか」が、大きな動機になります。たとえば「かわいいカフェで話題のパンケーキを食べている」は自慢できますが、「居酒屋でビールを飲んでいる」ではネタになりません。

引用元: ワタミが上場初の赤字、居酒屋はもう限界か:PRESIDENT Online – プレジデント.

ロック解除された iPhone は国際通貨と同じ | maclalala2

国境を越えて働く労働者は、金持ちだろうとなかろうと、カネになる贅沢品を運んではサヤ稼ぎをするのが習わしになっている。数年前ならアジア人が、パリでルイ・ヴィトンやグッチのハンドバッグを買って持ち帰り、高く売ることで旅費を稼いた。90年代初期には東欧に住むアメリカ人が、リーバイスのジーンズで同じことをした。きょうびはそれが iPhone、とくにゴールドの 5S というワケだ。

引用元: ロック解除された iPhone は国際通貨と同じ | maclalala2.

お坊さんって儲かるんだね : 2chコピペ保存道場

うちの寺は檀家が800件程。

月忌参りが毎日20件弱。一件当たり10分程で、単価が2000円程。

法事が月平均10件程。単価が3万円程。

葬儀が月平均4~5件。単価が10万円程。永代経を合わせると20万円~40万円。

年に一度の報恩講では、500万円程頂きます(1件5000円~1万円)。

親父と俺とで回しているが、朝8時から始めると昼には終わる。

もちろん法事や葬儀その他のイベントがあれば、もっと忙しい。

だが普段は、食事・移動の時間を除いたら、実働は3時間ぐらい。

世帯収入が3500万円~4000万円。

労働時間のわりには実入りはいい仕事。

だがあくまでも、檀家さんから頂いた「お布施」なので、贅沢はできない。

車は軽自動車。服は作務衣、ときどきユニクロ。

田舎でパチンコ屋くらいしか遊ぶ場所も無い。

だが檀家さんの目もあるから、パチ屋には行けない。

というか、パチには興味が無い。

仕方ないから、ひたすら仏教書読んでる。

金があっても使い道が無いと意味がない。

個人名義での貯蓄は今年8億を超えたとこ。

引用元: お坊さんって儲かるんだね : 2chコピペ保存道場.

やなせたかし氏が「アンパンマン」で残した“遺産400億円”の行方(日刊ゲンダイ) – エキサイトニュース

「アンパンマン」の単行本は、シリーズとしてフレーベル館から発行。これまでに同社から400冊近い作品を出し、総発行部数は7800万部に上る。

アンパンマンのキャラクターを使ったオモチャや文具などのグッズは軽く1000点を超える。人気絶頂だった99年当時、日経ビジネスは「(アンパンマンの)キャラクター商品は、子供を相手に毎年約400億円を売り上げる」と報じた。

出版関係者が言う。

「やなせ氏の本の定価は500~2600円。そのうちの10%が印税として彼に支払われます。通算7800万部だから、印税を100円で計算して78億円。これにキャラクターの使用料が加わります。キャラクターがオモチャに使われたときは価格の3%が、文具などは2%前後が作者に入る。年に400億円ということは、それだけで毎年10億円くらいの収入があったことになります」

別のデータによると、2010年までのアンパンマンを使ったグッズの総売り上げは1兆1000億円。キャラクター使用料を2%で計算した場合で220億円だ。

<夫人に先立たれ子どももいないので…>

「これに本の印税78億円とテレビ放映料、歌の作詞印税などを加えると全部で400億円になるでしょう」(前出の出版関係者)というからビックリだ。

大金を手にしたやなせ氏だが、私生活は地味だった。日本漫画家協会の会長を務め、新宿区片町にある自分の持ちビルに協会の事務局を間借りさせているが、家賃は取っていないといわれる。金持ちでありながら、生涯、贅沢(ぜいたく)はしなかった。

「問題は遺産の行方です。93年に奥さんに先立たれ、子供も親戚もいないそうです。関係者の間では、遺言で誰かを遺産の受取人に指名しているのか、それとも遺言を残さず遺産が国庫に入ることになるのかが話題になっています」(ある漫画家)

引用元: やなせたかし氏が「アンパンマン」で残した“遺産400億円”の行方(日刊ゲンダイ) – エキサイトニュース.

検索連動型広告のコピー術 おぼえておきたい7種の書き方 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

7タイプとは、次の表に挙げた「限定」「希少」「逃避」「トレンド」「価格」「贅沢」「威光」だ。

製品特性や顧客層に応じたアプローチのヒントになる7タイプ顧客や製品にあわせた広告タイトル・説明文のタイプ

A.限定型 時間や対象、数量を限定している

B.希少型 なかなか手に入らない希少性をアピール

C.逃避型 苦痛から逃れたい顧客を救済

D.トレンド型 流行や「みんながしている」雰囲気でアピール

E.価格型 バリュー価格・割安感をアピールする

F.贅沢型 高品質・上位価格であることをアピール

G.威光型 ブランド、ネームバリューで訴求

Aの「限定型」は、スーパーマーケットのタイムセールなどをイメージすればわかりやすいだろう。Bの「希少型」についても同様で、数や時間が限られていたり、入手困難なものは、思わず欲しくなってしまう人も多い。

Cの「逃避型」は、悩みを持っていたりや何かに困っていると感じている顧客に、救いの手を差し伸べるアプローチ。悩みが解消されるものなら、顧客は興味を持つだろう。

Dの「トレンド型」は、顧客が、周りの人たちと同じ話題で盛り上がりたい。流行に乗りたいといった意識を刺激する方法だ。うまくブームを仕掛けられれば、顧客の心をつかめるだろう。

Eの「価格型」は、割安感をアピールするもの。品質の良い製品やサービスがイメージよりも安かったら利用したくなるものだ。

Fの「贅沢型」は、少し贅沢をして、普段は利用しない高級品を使って満足したいといった欲求を満たすタイプ。より上位で品質のよいものであることをうまく伝える必要がある。

最後のG「威光型」は、広告主の会社や製品自体に権威付けをして、その価値によってアピールする手法。必ずしも有名である必要はなく、創業30年といった、実績や伝統があるものにも向いている。

引用元: 検索連動型広告のコピー術 おぼえておきたい7種の書き方 (1/3):MarkeZine(マーケジン).

2020年、日本で大家族が復活する日 – mizuiro_ahiruの日記

2020年、日本で大家族が復活する日 – mizuiro_ahiruの日記: 時間とともに、年金制度は本格的に崩壊していくでしょう。年金だけでなく社会保障は縮小する一方。増税も本格化し、団塊ジュニア世代はおそらく貯蓄も低水準なのでムダ使いはしたくない。つまり将来老夫婦だけで世帯を持つことが贅沢品化していくわけです。息子or娘夫婦とハウスシェアなりルームシェアして生活費節約するのはウェルカムになっていくのではないでしょうか。