タグ別アーカイブ: 賭け

【仮想化道場】ARMプロセッサとGPUに賭けるAMD ARMとx86プロセッサのピン互換を実現 – クラウド Watch

なお、APU化したARMプロセッサは、ネットワーク関連の組み込みプロセッサとしては、高い性能を持つかもしれない。GPUは並列処理性能が高いため、ネットワークを流れるデータパケットを高速に処理できる可能性があるからだ。こういった性能が認められれば、ファイアウォールやL3スイッチなど、専用チップを使って処理しているネットワーク機器で、APU採用が加速するかもしれない。

引用元: 【仮想化道場】ARMプロセッサとGPUに賭けるAMD ARMとx86プロセッサのピン互換を実現 – クラウド Watch.

帰ってきたバッタ博士[前篇] バッタ博士の「今週のひと工夫」番外編:PRESIDENT Online – プレジデント

ところで博士、面接のときの格好は? まさか、モーリタニアの民族衣装?

【前野】いや、スーツです。ただ、人生を賭けてひとつ仕込んで行きまして。眉を、白く、塗っていきました。「白眉」ということで。

――やらかしましたね。

【前野】ライバルたちに勝つにはどうすればいいか、考えました。たとえば100人並ばされて、この中で誰がいちばん白眉研究者らしいかとなったときに、眉が白ければそれは完全に白眉研究者だろう、ということに気づいてしまいまして。でも、やっちゃ駄目だろうという葛藤もあって。

――あ、葛藤はしたんですね。

「人生を賭けてひとつ仕込んで行きまして。眉を、白く、塗っていきました」(撮影・編集部)

【前野】はい。これで駄目だったら完全に路頭に迷いますので。でも、勝負、賭けてみました。面接前に秋田の実家に帰るときに、Amazonで舞妓さんとか歌舞伎役者が使う1500円の白粉(おしろい)を買いまして。実家の洗面所でいちど練習しました。鏡を見て「これはやっちゃいかんだろう」とも思ったんですが、ここは一世一代の勝負だろう、と。ただ、ネットで調べたんですけど、白眉って「全部が真っ白い眉」じゃなくて「白い毛が混ざった眉」らしく、それに合わせてまだらに白く塗って、より「リアル白眉」を目指しました。面接当日、京大のトイレで10分前に塗ってみました。

――伯楽や総長の反応はどうでしたか。

【前野】完全スルーでした……。伯楽委員も総長も、誰も突っこんでこなくて。まったく、反応がありませんでした。「京大、怖ぇ!」と思いました。

さらに恐ろしい話がある。後日、編集部が白眉関係者から聞いたところでは、かつて松本総長はこう言ったことがあるという。「白眉なんだから、誰かひとりくらい眉を白く塗ってくる人はいないもんかね」。京大、恐るべし。バッタ博士の企みは、すでに予想の範囲だったのだ。

引用元: 帰ってきたバッタ博士[前篇] バッタ博士の「今週のひと工夫」番外編:PRESIDENT Online – プレジデント.

テレビでおなじみ「負けたら食事代おごり」のゲーム 「賭博罪」にはならないの? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

「この番組は、頼んだ料理の値段を当てて、もっとも遠い金額になった人がその食事代金を支払うというものですので、この定義からすると『賭博』にあたることになります。

ただし、これには例外があって、『一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまる場合』は賭博罪にはあたらないのです(刑法185条ただし書)」

どういうことだろうか?

「わかりにくい言葉ですが、すぐに使ってなくなってしまう物、食事や飲み物などを賭けたに過ぎない場合には、賭博罪として処罰されないのです。

今回、番組で賭けている物は、その場ですぐになくなってしまう食事の代金に過ぎませんので、賭博罪で処罰されるようなことはなさそうです」

引用元: テレビでおなじみ「負けたら食事代おごり」のゲーム 「賭博罪」にはならないの? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース.

【TED】イーロン・マスクが取り組む3つのイノベーション | アストロプレナー | 宇宙ビジネス最新ニュース

C 私の理論では、あなたはデザインを、システムのレベルで考える能力があって、テクノロジーとビジネスとデザインを、TEDならぬTBDですね、これらをひとまとめにして類まれな方法で総合することができる。そしてここが肝心なんですが、そのまとめあげたものに凄く自信を持っていて、とんでもなく大きなリスクも負うことができる。あなたは自分の財産をそれに賭けました。しかも何度もやっています。ほとんど誰にもできないことです。その秘伝を教えることはできないでしょうか?それを教育システムに組み込んだり、誰かに伝えることは出来ないものでしょうか?あなたがしたことは本当に驚くべきことだから。

E ありがとうございます。考えるための素晴らしいフレームワークがあります。

物理学です。原理と推論、つまり物事を本質的な真理まで煮詰め、そこから推論するということです。アナロジーで推論するというのでなく、我々は生きていく上でアナロジーによる推論をしています。これは本質的には人のしていることを真似て少しだけ変えるということです。それは必要なことです。そうしなければ、日常生活も精神的に困難になります。しかし、何か新しいことをしようという時は物理学のアプローチを使う必要があります。物理というのは、量子力学のような直感に反する新しいものを見つける方法なんです。だからそのようにするのが重要だと思っています。またネガティブなフィードバックに注意を払うことも重要です。特に友人に意見を求めることが大切です。シンプルなアドバイスに聞こえるかもしれませんが、ほとんど誰もやっていないことで、凄く力になるんです。

引用元: 【TED】イーロン・マスクが取り組む3つのイノベーション | アストロプレナー | 宇宙ビジネス最新ニュース.

Life is beautiful: 「へんな会社」と「出るクギを打つ」社会の話

このブログを読んでいる若いエンジニアの人たちに覚えて欲しいことは、「やっぱり『普通の会社のやり方』をちゃんと勉強しなきゃ」なんて保守的な考え方ではなくて、「(はてなのように)ワンマン社長のいる会社に入ると、社長の鶴の一声で会社の経営方針が一晩で大きく変わったりすることもある」というリスクの理解であり、「そんなリスクを追ってでも『この人に付いて行きたい』と心の底から思ったのであれば、少なくとも何年間かの間はその人に賭けてみるのも悪くない」ということである。

ベンチャー企業に務めるというのはまさにそういうことである。そんなリスクが負えないならば、経営者にそれだけの魅力を感じられないならば、ベンチャー企業などに来るべきではない。逆に自分がベンチャー企業の経営者になるのであれば、そんなリスクを乗り越えてでも自分に付いて来てくれる人を見つけなければならないし、そう思われるのにふさわしい経営者としての魅力を身につけなければならない。

引用元: Life is beautiful: 「へんな会社」と「出るクギを打つ」社会の話.

33歳、無収入、職場はアフリカ バッタ博士の「今週のひと工夫」第1回:PRESIDENT Online – プレジデント

モーリタニアの国土は日本の3倍で日本人の民間人が私一人だけという孤独な環境が整っており、ありったけの財産と全身全霊を注いで研究した結果、就職はおろか次のポストも決まらず無収入のままアフリカで研究をするという無駄に苛酷な状況に陥ってしまいました(←今ココ)。我ながら気の毒な33歳なのですが、このまま終わってなるものかと奮起し、無理やり活路を見出そうとしております。

ギャンブルの類は一切やらず手堅い人生を歩んできました。初めて賭けたものが「人生」という軽く取り返しのつかない生活を送っているのですが、すべては幼いころからの自分の夢を叶えるためなのです。

引用元: 33歳、無収入、職場はアフリカ バッタ博士の「今週のひと工夫」第1回:PRESIDENT Online – プレジデント.

文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第3定理「技術者の眼」

インターネットが負けるほうに賭けるな。── エリック・シュミット

Don’t bet against the internet. ──Eric Schmidt

引用元: 文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第3定理「技術者の眼」.

ExGameの製作で感じたこと » nmi.jp

海外の才能と戦う件について。才能豊かなエンジニアは世界中におり、そして日本にも存在します。コンピュータのあらゆる分野に幅広い才能があるエンジニアですら、私の知る限り日本に数名おります。そんな彼らと比較しても、私の感じた限り、決してサンフランシスコのエンジニアスキルが全体的に日本よりもずば抜けて高い、ということはありませんでした。

そして、ずば抜けた才能を持っているエンジニアは、みな彼らの一生を賭けて達成すべき何らかの目標を持っていました。それは本当に一途であり、そして彼らはその分野で非常に高い成果を挙げています。今にして思うと、JavaScriptのクロスブラウザという、大変辛い割にはコンピュータサイエンス的に面白みに欠ける分野に対して、必死にコミットするエンジニアはそうはいなかったのでしょう。少なくともExGameでは、自分程度の才能でも世界を相手に戦うことができました。

最先端の技術にせよ、日ごろ自分たちが扱っているものにせよ、日本のエンジニアが世界に対して劣っているということは決してないということに、今は自信を持っています。アメリカ、特にシリコンバレーの方が環境として進んでいるのは間違いありませんが、しかし一人ひとりのエンジニアの質の差はそれほどない、と考えております。日本において自分の技術力に自信があるのであれば、世界でも自信を持ってよいと思います。

引用元: ExGameの製作で感じたこと » nmi.jp.

ゲーム開発会社シミュレーションの「海賊版」に「海賊版のせいで売上悪化」するトラップが仕込んであってパニック – DNA

さて「Game Dev Tycoon」の発売と同時に、開発者の一人であり開発元のGreenheart Gamesの共同設立者であるPatrick Klugはとある賭けに出ました。

こっそりと「Game Dev Tycoon」の「海賊版」を作り、自分が開発者であることがバレないようにBitTorrentを使ってバラまいたのです。

1日後に計測された匿名の使用統計。正規購入者の10倍以上、全体の9割を超える人が海賊版で遊んでいることが分かったのです。

誰がどう考えてもこういう結果が出るのは明らかですが、なぜこんなことをしたのでしょうか……。

「海賊版」にはある仕掛けがしてありました。なんとゲームが進むと「ユーザーが海賊版ばっかり買うから破産」イベントが仕掛けてあり、クリアできないようになっていたのです。

引用元: ゲーム開発会社シミュレーションの「海賊版」に「海賊版のせいで売上悪化」するトラップが仕込んであってパニック – DNA.

生命保険を更新して驚いたこと – UEI shi3zの日記

生命保険を更新して驚いたこと – UEI shi3zの日記: ちなみに、お金の達人である、去る資産家の方に「生命保険とかどんなのに入ってるんですか?」と聞いたら一笑に付されたことがある。

「負けるに決まってる賭けに誰が賭けるか」

生命保険は、会社の経営者にかけるようなかなり特殊な場合でも1億円が限界。

とすれば、現金で百億も持っているような人は、生命保険が満額降りても一円も得をしないどころかむしろ損することになる。相続税の方が生命保険より遥かに高いのだ。

逆に言うと、それくらい裕福な人は生命保険に入る必要すらないということ。

これは目からウロコだった。