タグ別アーカイブ: 講談社

米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社]

米国の刑務所には、日本の自動車部品メーカーの幹部ら51人が収監されているのだ(2015年3月9日現在)。米国の独占禁止法に違反する「価格カルテル」で摘発され、有罪判決を受けた人々である。

米司法省による日本の部品メーカー幹部の摘発がはじまったのは2010年頃から。記者が入手した資料によると、2011年9月に古川電機工業の社員3人が約10年間にわたってカルテルにかかわっていたとして2億ドルの罰金が課せられ、幹部3人が禁固刑に処された。

続いて矢崎総業に4億7000万ドルの罰金が課せられ、幹部6人が禁固刑に。他にもデンソー、日本精機、パナソニック、日立オートモティブシステムズ、三菱電機、三菱重工、東洋ゴム、ブリジストン、日立金属、日本ガイシなど計34社、51人に禁固刑が科された。

米国は他の先進国、資本主義国の中でも、自由競争を妨げるような行為に対する取り締まりが厳しい。ライバル企業間であっても、担当部署の人間同士が頻繁にあって情報交換したり、他社と調整しながら製品開発したりする日本の企業文化は米国には馴染まないのかもしれない。

だが、それだけで米国で有罪判決を受けた人間の大部分が日本人であり、日本企業であることの説明がつくだろうか。

こうした実態に疑問を投げかけた議員もいる。自民党の三原じゅんこ参議院議員だ。ことし3月16日の予算委員会で、宮澤洋一経産相(当時)にこう問うている。

<グローバル競争の中で闘う日本の企業戦士51名が、現在アメリカの刑務所に数珠つなぎにされております。具体的に申し上げると、我が国の自動車部品メーカー、これがアメリカの反トラスト法、この法律の下でカルテルを行ったというアメリカの司法省の摘発で30社51名にのぼる日本人社員が起訴または収監されているんです>

引用元: 米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社].

米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社]

異常破裂の原因とされているのは、エアバックを膨らませるインフレーター内でガスを発生させるために使われる「火薬」だ。タカタは2000年以降、硝酸アンモニウムという火薬を使ってきた。

世界の部品メーカーで硝酸アンモニウムを使ってきたのはタカタのみ。他社は、世界シェア首位のオートリブ(スウェーデン)をはじめ硝酸グアニジンを使ってきた。

硝酸アンモニウムは爆発力に優れている反面、水分を吸いやすく、高温多湿の地域では体積が変化してしまうのが難点と言われていた。他の部品メーカーはこの難点を解消できなかったために採用しなかったのだが、唯一、技術的にクリアできたのがタカタだった。

タカタは自前でインフレータから布まで一貫生産する唯一の国産メーカー。もとはクルマ搭載のシートベルトを主製品にする典型的な部品メーカーだったが、80年代、タカタの「後見人」と目されるホンダからエアバック製造を持ちかけられ、経営リスクを負いながらも事業にのりだす。

ホンダは87年、高級車「レジェンド」に初のエアバックを搭載。もちろんタカタ製だ。タカタはクルマの安全文化に貢献したとして2005年、米高速道路交通安全局(NHTSA)から「特別功労賞」を受賞している。

引用元: 米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社].

「宝くじ業界」に君臨するみずほ銀行(旧第一勧銀)親密企業「日本ハーデス」の正体  | 伊藤博敏「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社]

記者という職業柄、秘密主義の会社に出会うことは少なくないが、日本ハーデスほど徹底した会社も珍しい。

登記地に会社はなく、九段北のビルにグループ各社とともに本社を置いているものの、社名表示はいっさいなく、ガードマンによるセキュリティはしっかりしており、民間調査会社の問い合わせにも応じないから、日本ハーデスはもちろん、30社近い傘下企業の概要は、一切、分からない。

実際の本社

おそらく次のような事実を、表に出したくないのだろう。

3人の代表取締役は、すべてみずほフィナンシャルグループの元副社長(副頭取)で、機能別子会社(宝くじの物品販売、販売用ボックスのレンタル、証票の封入業務など)11社と、地域販社(全国各地で宝くじを販売)17社の代表取締役は、すべてみずほ銀行の元中堅幹部である。

正確にいえば、みずほ銀行というより、旧第一勧銀の出身者で占められており、もっと正確にいえば、旧第一銀行と旧日本勧業銀行が合併する前の旧勧銀出身者の"牙城"が、日本ハーデスなのである。「宝くじ」という公益性の高い事業を、銀行利権にし、大量の天下りを抱えている。

「宝くじ」は事業仕分けの対象となり、日本宝くじ協会など総務省や自治体の「天下り機関」となっている公益法人への委託業務は、大幅にカットされた。

しかし、日本ハーデスは「当行の関係会社ではありません」(みずほ銀行経営企画部)という"建前"に守られ、また「民間」ということもあって"やり玉"にあげられることはなかった。

というより、「宝くじ」の販売において、その過半を旧第一勧銀OBが運営する企業グループに再委託されている事実が、みずほ銀行の「保秘」によって知らされておらず、批判の刃が向けられてない。

引用元: 「宝くじ業界」に君臨するみずほ銀行(旧第一勧銀)親密企業「日本ハーデス」の正体  | 伊藤博敏「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社].

島耕作:25年間、悪役・今野のルビ間違う 講談社が訂正 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

30年以上連載されているサラリーマンマンガ「島耕作」シリーズに登場する小悪党の脇役キャラクター「今野輝常(こんの・きつね)」の振り仮名(ルビ)が「こんの・てるつね」と誤って、25年間振られていたことが19日、明らかになった。発行元の講談社は「作者の弘兼憲史さんと、読者の方におわびします」と話している。

今野は、上司にはご機嫌取りをし、部下には厳しく当たる小悪党サラリーマンで、1989年に登場した。島耕作の部下だったが、何事にも筋を通す島を嫌って嫌がらせをしては失敗に終わり、島に自身の問題行動を忠告されて感情のままコップの水をかけるものの、島を慕う部下に逆に仕返しされるダメな人物として描かれている。

同社によると、1990年の連載時、今野が耕作に代わって「ショウルーム課の課長」に就任するシーンがあり、名刺に「てるつね」とルビを振ったのが間違いの始まり。後日、今野が新入社員に自己紹介をするときにフルネームをボードに書き、「これが私の名前です。コンノ・キツネと呼んでください」「カハハハハ」と“渾身のギャグ”を放って見事にすべるシーンが描かれているが、その時、担当者は「てるつね」が正しく、「きつね」と読ませる冗談を今野が持ちネタにしていると誤解してしまったという。

弘兼さんは今野を「最も好きなキャラクターの一人」といい、ルビの振り間違いは、今野のことが最近、弘兼さんと編集担当者の間で話題になり、長年間違えていたことが判明した。

シリーズ最新作「会長 島耕作」には久々に今野が登場しており、同社はそれに合わせて電子マンガ「今野輝常マガジン」を電子書籍アプリ兼サイト「Dモーニング」の会員登録者を対象に配信する。約40ページで、今野が子会社の社長を解任されて一般社員に格下げされ、定年までのエピソードが読める。「今野輝常マガジン」には、「てるつね」ではなく、「きつね」とルビが打たれている。

引用元: 島耕作:25年間、悪役・今野のルビ間違う 講談社が訂正 – MANTANWEB(まんたんウェブ).

前代未聞の年齢詐称疑惑…42歳ではなく17歳と証明される | ゲキサカ[講談社]

ラツィオのユースチームに所属しているカメルーン人MFジョゼフ・ミナーラが、17歳であることが証明された。 ミナーラは今年4月にトップチームデビューを飾るなど、期待の逸材だ。17歳の彼がユースチームに所属していること、それ自体に何ら問題はないが、容姿から抱く疑問を一部メディアが、パスポートを偽造しているのではないかと報じたことで疑惑が拡大。実年齢は42歳ではないかとの声が挙がっていた。 これを受けてイタリアサッカー連盟FIGCも調査に乗り出した。しかし『FOXSports.com』など複数メディアが報じたところによると、FIGCは「彼の年齢についての疑問は解消された。彼は17歳だ」と声明を発表。17歳が42歳と疑われた前代未聞の年齢詐称疑惑は、問題なく17歳ということで決着をみた。『ミラー』によると、ツイッターを更新したミナーラは、「羨望は人間の弱さだ」などとつぶやいている。

引用元: 前代未聞の年齢詐称疑惑…42歳ではなく17歳と証明される | ゲキサカ[講談社].

レッドソックス田澤が持ち込んだ「日本のお菓子」が大ブーム  | アスリートと「食」 | 現代ビジネス [講談社]

ニューヨークやロサンゼルスへの遠征時には、田澤選手自ら日系スーパーに行って大量に買い込んでいたこともあった。しかし、いくらチームメイトのためといえども、毎回買いに出向くのは物理的にも困難ということで、田澤選手から球団を通して森永アメリカに直接購入させてもらえないかと相談を持ち掛けた。

すると、森永アメリカから「それならばサンプルで提供しましょう」と提案があったのだ。

「今ではホーム、ビジターそれぞれのクラブハウスにも常備し、メジャー選手の多くが“やみつき”の状態になっています(笑)。

選手の間でも社内でも予想以上に反応があったので、日本のお菓子が手に入りにくいニューイングランド地方(米大西洋岸北東部)の人々にもハイチュウの名前を広めるお手伝いができればと森永アメリカの河辺輝宏氏(COO & Senior Vice President)にパートナーシップのご相談をしたところ、ぜひ一緒にやりましょうと言っていただきました」

引用元: レッドソックス田澤が持ち込んだ「日本のお菓子」が大ブーム  | アスリートと「食」 | 現代ビジネス [講談社].

与沢翼独占弱音告白「部下にもオンナにも裏切られました」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

今は持ち直してはいますが、今年の7~10月頃は全体の収益がガクンと減りました。個人の預金も絶頂期の3分の1程度に減っています。フェイスブックやツイッターなどのSNSをビジネスに使うのをやめたので、その影響が出ているのでしょう。これからは打ち上げ花火のようなビジネスでなく、地に足のついた教育産業に力を入れていきたい。もうマスコミにも出ないし、小銭も捨てません。この50万円貯まる貯金箱に、毎日貯金します。『1円を笑う者は1円に泣く』という言葉の意味が、最近やっとわかってきたんです。これまでの与沢翼は完全に死にました

引用元: 与沢翼独占弱音告白「部下にもオンナにも裏切られました」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社].

大銀行と暴力団その深く長い関係【第1部】あまりに怖すぎてどこも書かない なぜ「みずほ」ばかりが狙われるのか  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

さる建設会社の社長が、覚醒剤で逮捕歴のある俳優と飲み屋で知り合って一緒に写真を撮り、それを社長の友人がブログに載せた。

すると、たまたまそのブログを見た取引銀行の担当者から電話が入り、

「今後一切、取引はお断りします。融資契約は解除させてもらいますので、すぐ資金を返済してください」

と伝えてきたという。

「これがいまどきの銀行の姿です。メガバンクはこのくらいコンプライアンスに厳しく、神経質になっています。それだけに、同じ銀行員として思うのは、このコンプライアンス担当役員、もしくは頭取が反社会的勢力に弱みを握られているのではないかという疑念です。小口融資とはいえ、反社会的勢力と230回も契約しているわけです。中には複数回、融資した相手もいる。弱みでも握られてなければ、こんな危ない融資を2年間も放置できるわけがない。みずほが今回の件で、即座に記者会見を開かなかったのもおかしい」(メガバンク関係者)

引用元: 大銀行と暴力団その深く長い関係【第1部】あまりに怖すぎてどこも書かない なぜ「みずほ」ばかりが狙われるのか  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社].

知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「生き残る会社」と「なくなる仕事」教えます  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

たった7年と甘く見ないほうがいい。たとえば過去7年に倒産した企業を振り返ると、英会話のノヴァ、米大手証券リーマン・ブラザーズ、大和生命保険、貸金業のSFCG、穴吹工務店、百貨店の丸井今井、日本振興銀行、JAL(日本航空)、武富士、ウィルコム、半導体大手のエルピーダメモリ……。誰もが潰れないと思っていたはずの大企業が、時代の変化に逆らえずにいとも簡単に倒れた。

 スマートフォンの急速な普及でパソコン産業が壊滅的な大打撃を受けるとは、7年前に誰が想像しただろうか。数千億円規模の大赤字を出すまでに落ちたパナソニックが、’08年に「22年ぶりに過去最高益を更新」と沸いていたことを憶えている人はいるだろうか。

引用元: 知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「生き残る会社」と「なくなる仕事」教えます  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社].

悔しさ通り越した長友 「中学生とプロのレベル」 | ゲキサカ[講談社]

「この結果で言うのは恥ずかしいけど、トップを目指したい。自分の人生なんで。笑われても構わない。笑ってください」。いまだかつて味わったことのない屈辱。それでも、ここで下を向き、立ち止まるわけにはいかない。「越えられない壁ではないと思っているし、この1年の僕の努力次第だと思っている」。最後は自分に言い聞かせるように必死に前を向いた。

引用元: 悔しさ通り越した長友 「中学生とプロのレベル」 | ゲキサカ[講談社].