タグ別アーカイブ: 詐欺

5歳男児放置死、父「育児がわからず」 懲役19年判決:朝日新聞デジタル

神奈川県厚木市のアパートで昨年5月、死後7年経った斎藤理玖(りく)君(死亡当時5)の白骨化遺体が見つかった事件の裁判員裁判で、横浜地裁は22日、殺人などの罪に問われた父親の斎藤幸裕被告(37)に対し、懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。伊名波宏仁裁判長は「長男の生命をあまりに軽視し、栄養失調死させた残酷さは想像を絶する」と述べた。

判決によると、被告は妻が家出した2004年10月から理玖君を1人で養育。トラック運転手として出勤する際は保育園などに預けず自宅に閉じ込めた。

その後、別の女性と交際を開始。電気、ガス、水道が止まったアパートに行って理玖君の面倒を見るのが嫌になり、食事や飲み物を与える回数が減った。

低栄養状態が続き、理玖君の関節が曲がって固まる症状が見られた06年12月中旬以降も、十分な食事を与えたり適切な医療を受けさせたりせずに放置。翌年1月中旬ごろに栄養失調で死亡させた。

コンビニで買ったパン一つ、おにぎり一つ、ペットボトルの飲料1本をかつては1日2回与えていたが、亡くなる直前には2~3日に1回あるいは週1回ぐらいしか与えていなかった。

弁護側は公判で殺意はなかったと主張したが、判決は「相当衰弱した状態を認識しており、医師による適切な処置を受けさせなければ死亡する可能性が高いことを認識していたのは明らか」と殺人罪の成立を認めた。伊名波裁判長は「唯一すがるべき存在だった父親から十分な食事も与えられず、ゴミに埋もれた不快で異常な環境に放置され、極度の空腹による苦痛を感じ、絶命していった。涙を禁じ得ない」と述べた。

判決は、被告が理玖君の死亡を勤務先に届けず、家族手当41万円をだまし取った詐欺の罪も認定した。

引用元: 5歳男児放置死、父「育児がわからず」 懲役19年判決:朝日新聞デジタル.

マイナンバーに便乗 現金詐取も NHKニュース

マイナンバー制度に便乗して個人情報を聞き出そうとするうその電話が全国で相次ぐなか、現金をだましとられる被害も起きていたことが分かり、消費者庁が注意を呼びかけています。消費者庁によりますと、現金をだましとられたのは、関東地方の70代の女性です。まず、女性の自宅に公的な機関を名乗る人物から電話があり、うそのマイナンバーを教えられ、その後、別の電話で、「公的な機関に寄付をしたいのでマイナンバーを貸してほしい」と頼まれました。女性が番号を伝えると、次の日、さらに別の電話で、「マイナンバーを教えたことは犯罪にあたる」と脅されて、要求された現金を支払ってしまったということです。被害の金額は明らかにできないとしています。消費者庁によりますと、マイナンバー制度に便乗したうその電話に関する相談は、これまでに全国の消費生活センターにおよそ20件寄せられていますが、現金をだましとられる被害が確認されたのは初めてだということです。消費者庁は、「名前やマイナンバーを貸してほしいという依頼は、典型的な詐欺の手口で、不審な電話はすぐに切ってほしい」と注意を呼びかけています。

引用元: マイナンバーに便乗 現金詐取も NHKニュース.

有明海で大漁のクラゲ、中国で珍重 取引に暴力団の影 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

「最近ではクラゲ様々。海が汚れた代わりにビゼンクラゲが大漁なんて、皮肉なもんだ」。7月下旬、日々の収支を記した帳簿をめくりながら、有明海沿岸のある漁師の男性は話した。漁期はおおむね夏いっぱいで、7月からお盆ごろまでは土日も関係なく、ほぼ毎日クラゲ漁に出たという。

中国で高級食材として珍重されているビゼンクラゲ。漁師から仲買人に売り渡すときの相場は、足の部分が1キロ300~350円、傘の部分が同30~50円。男性は1日の漁で足500キロ、傘700キロほどを取り、ざっと20万円ほどの収入になったという。

この男性によると、原因ははっきりしないが、有明海では2012年ごろからクラゲが特に大量発生するようになったという。財務省の貿易統計によると、門司税関からの食用クラゲの輸出量は、11年には統計に上がらないほどだったが、12年に2964トンに急増。13年には2564トン、14年は1434トンと推移し、この3年間の輸出総額は25億円以上になる。ほとんどが有明海産のビゼンクラゲとみられ、輸出先は中国が半分近くを占める。

急激に漁獲量が増えたビゼンクラゲだが、魚市場や地元の水産業者など、既存の流通網は中国とのパイプが乏しい。そのため、クラゲの加工・輸出を担う中国系の業者と漁師側の間を取り持とうと、新興の仲買人がこぞって押し寄せた。

漁師らが所属する漁協に直接訪れ、「うちで買わせてくれ」と直談判する仲買人も。有明海沿岸のある漁協幹部は、便宜を図ってもらおうとする仲買人に現金を差し出され、拒んだこともあったと打ち明ける。

佐賀県では今年6月、「1千万円預けてくれたらクラゲを全部卸す」などと言って、クラゲ加工輸出業者の男性から1千万円をだまし取ったとして、仲買人をしていた指定暴力団道仁会系組員が詐欺容疑で県警に逮捕される事件があった。組員は、約束したクラゲの一部は業者に納めていたといい、捜査関係者は、ほかにも暴力団がクラゲの売買に介入し、組の資金源にしている可能性があるとみている。

引用元: 有明海で大漁のクラゲ、中国で珍重 取引に暴力団の影 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース.

偽クレーム電話:「パンに髪」45歳女を詐欺容疑で逮捕 – 毎日新聞

「パンに髪の毛が入っていた」などと電話でうそのクレームをつけ、パン店などから現金や代替品をだまし取ったとして、兵庫県警伊丹署は26日、同県伊丹市南本町5、無職、小野谷(おのたに)知子容疑者(45)を詐欺の疑いで逮捕した。伊丹署によると、携帯電話には、今年2〜7月、30都道府県のパン店やケーキ店、精肉店など約1200店に約7000回通話した履歴があった。番号案内「104」に約4650回かけており、クレームをつける店を探していたとみられる。

逮捕容疑は今年5〜6月、大阪府豊中市のケーキ店と神戸市北区のパン店に電話をし、商品に「髪の毛が入っていた」などとうそをつき、自宅近くの駐車場で食パン代金や代替品など計1700円相当をだまし取ったとされる。商品は購入していなかった。返金のほか、おわびの品として「クリームパン二つ」などと要求したという。

伊丹署によると、容疑者宅で現金書留用封筒が複数見つかっており、同署は遠方の店に郵送させていたとみている。小野谷容疑者はネット上で「クレーマー」として知られ、同業者に注意を呼びかける書き込みが相次いでいた。容疑を認めているという。

引用元: 偽クレーム電話:「パンに髪」45歳女を詐欺容疑で逮捕 – 毎日新聞.

振り込め詐欺の常とう句を検知する装置開発 NHKニュース

振り込め詐欺の犯人がよく使うことばを検知し、実際に電話がかかると電話を受けた人の家族に注意を呼びかける装置を東京都内のメーカーが開発しました。

この装置は杉並区の通信機器メーカー「岩崎通信機」が開発したもので、電話に取り付けると、「携帯を変えた」や「かばんをなくした」、「会社が倒産した」といった、振り込め詐欺の犯人がよく使うことばが流れると検知できます。すると、事前にアドレスを登録した家族などに「振り込め詐欺の電話がかかっている可能性があります」などと注意を呼びかけるメールが送られます。

杉並区によりますと、こうした装置は全国でも例がなく、まだ市販されていませんが、1日から1年間、区とメーカーが協力して50の高齢者世帯に無償で設置することになりました。1日はメーカーの担当者などが81歳の女性の自宅を訪れて、装置が実際に動くかどうかテストしました。別の家で暮らしている女性の長女は「被害に遭わないか、いつも心配しています。メールが来たらすぐに母に電話して『詐欺だ』と伝えます」と話していました。

メーカーでは、詐欺で使われる新たなことばが出てきた場合、警視庁の協力を得ながら検知できることばを追加し、将来的には市販したいとしています。岩崎通信機の大川毅裕部長は「実際の通話でどれだけ怪しいことばを検知できるのか確かめさせてもらい、振り込め詐欺の被害の防止につなげたい」と話していました。

引用元: 振り込め詐欺の常とう句を検知する装置開発 NHKニュース.

疑惑浮上の家電通販サイト「まいど」運営会社が破産 負債75億円 – ITmedia ニュース

帝国データバンクによると、家電通販サイト「まいど」運営企業と関係会社が4月27日、自己破産を東京地裁に申し立て、28日に破産手続き開始決定を受けた。負債総額は2社合計で約74億9000万円。

2社は、「まいど」を運営していたディーケイシー(東京都大田区)と、DMC(東京都台東区)。

ディーケイシーは1998年設立。自社サイトのほか、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどに出店して家電通販を手がけ、2014年3月期の売上高は約116億円に上ったという。13年には「ヤフーベストストア」AV部門で第1位になったなどと公表していた。

だがサイトは今年3月に突然閉鎖。架空発注を繰り返し、ヤフーのポイントを大量にだまし取っていた疑惑が浮上したためとみられ、ヤフーは詐欺罪で告訴する準備を進めているという。

引用元: 疑惑浮上の家電通販サイト「まいど」運営会社が破産 負債75億円 – ITmedia ニュース.

「パッキャオけが隠していた」、ファンが集団訴訟 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で2日に行われたフロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、米国)対マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao、フィリピン)のボクシング世界ウエルター級王座統一戦をめぐり、ネバダ州の2人の男性が5日、パッキャオらに対し、試合前に右肩のけがを不正に隠していたとして数百万ドル(数億円)の損害賠償を求める集団訴訟を起こした。

 パッキャオは判定負けを喫した後、肩の症状のために試合で実力が出せなかったと述べた。

 原告らは、試合前に肩のけがを公表しなかったことで、パッキャオと同陣営は詐欺的取引慣行に関する州法に違反したと主張している。

 原告らは試合のチケットを購入し、有料放送視聴料や対戦の掛け金などを支払った。オンラインで入手可能な裁判文書によると、被告人らはパッキャオが腱板を断裂して重傷だということを熟知していた上、「そのような損傷が彼の対戦の能力に重大な影響を及ぼし得ることを理解している」と原告らは主張している。

「被告人パッキャオの負傷については、公衆のみならずネバダ州立体育委員会(NSAC)に対してさえも、被告人らの誰一人として情報提供あるいは通知をしていない」

「世紀の一戦」とされた今回の対戦は、総収入4億ドル(約479億円)もの富をもたらす試合として、確実に歴史に残るものとされていた。

引用元: 「パッキャオけが隠していた」、ファンが集団訴訟 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル

■特殊詐欺の被害額減少、でも73億円 1~2月

今年1~2月の全国の特殊詐欺の被害額は昨年の同時期より約2千万円少ない約73億4千万円で、統計のある2011年以降、初めて1~2月の累計が前年同期を下回ったことが警察庁のまとめでわかった。

これまで年間被害額は年々増加し、昨年は過去最悪の約559億4千万円を記録していた。減少に向かうかについて、警察庁の担当者は「被害件数自体は増えており、予断を許さない情勢だ」とみる。

現金受け渡しの手口別では、手渡し型が約31億4千万円(前年同期比約4億2千万円減)、送付型が約24億7千万円(同約1億2千万円増)、振り込み型が約16億円(同約2億3千万円増)と続いた。いずれも昨年後半の月別被害額と比べても減っている。

一方、被害件数は全体で2155件で、昨年の同じ時期より636件増えた。このうち手渡し型が716件(同102件増)、送付型が403件(同100件増)、振り込み型が987件(同407件増)。担当者は「民間の力を借りてさらに対策を強化したい」と話している。

引用元: 上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル.

上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル

「息子」を名乗って地方で暮らす高齢者を東京に呼び寄せ、現金をだまし取る「上京型詐欺」に警察が警戒を強めている。新手の「特殊詐欺」といい、金融機関や郵便・宅配業者との連携にとどまらず、公共交通機関への働きかけを始めた。

日没が迫る羽田空港。飛行機を降りた70代女性がきょろきょろとまわりを見回していた。日本航空の旅客サービス業務などを担うJALスカイの阿部碧(みどり)さん(27)が声をかけた。

「熊本から来て夫とはぐれた。息子から1千万円を持ってくるよう言われた」

女性は夫ではない誰かと携帯電話で連絡を取り合っていた。阿部さんが電話に出て「息子さんですか」と尋ねると、「はい」と答えが返ってきた。近くのターミナル駅で落ち合うという。

だが、どうも不審に思えた。女性と夫を上司が交番に案内。上京型詐欺に巻き込まれていることがわかった。今年2月の話だ。「道案内をしていて話を打ち明けられた。詐欺がこれほど身近にあるとは思わなかった」。阿部さんは振り返る。

JR東海の車掌長宮本直幸さん(28)も、乗務する東京行きの新幹線で「息子に現金を届けに行く」というお年寄りから相談を受け、被害を防いだ。「新幹線に乗ってまでお金を届けに行き、被害に遭う人がいるとは。高齢者の切符を点検するときには注意したい」

上京型は非対面で相手をだます「特殊詐欺」の一つだ。現金を金融機関の口座に振り込ませる「振り込み型」、宅配便やレターパックで送らせる「送付型」といった手口別の分類では、被害者宅などで現金を直接受け取る「手渡し型」にあたる。

引用元: 上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル.

上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル

■警察、交通機関と対策

被害者は北海道から九州まで広がる。警察は被害の拡大を防ごうと躍起だ。

警視庁は昨年秋、車内や駅構内の電光掲示板や放送で注意を呼びかけるよう、JRや私鉄各社に要請した。日本航空は独自の取り組みとして、今年2月、空港ロビーなどで不安な様子の人に積極的に声をかけるよう従業員に指示した。

昨年以降、被害相談や届け出を受けた総額が約1億2千万円に上る岩手県警。防犯団体と一緒にポスター700枚を作製した。新幹線の駅に加えて、高齢者の目に付きやすいよう寺に掲示。「『父さん母さん 東京までお金を持って来て!!』 詐欺です」と呼びかける。

熊本県警は今年になって計6件、約2200万円の被害を確認した。熊本空港に依頼して、保安検査で高額の現金を見つけた際に通報してもらう「水際作戦」を3月から始めた。「詐欺を防ぐためには何重にも施策を打ち出したい」と県警の担当者。大分県警は、大分空港に向かうバスの車内で注意を呼びかける予定だ。

犯行グループがお年寄りらを呼び出す先は、東京だけに限らないという。昨年、約1億3千万円の被害を把握した岐阜県警によると、県内在住者が名古屋市や静岡県内に呼び出された事例があったという。

一方、富山県警は先月までに約2900万円の被害を確認したが、いずれも東京都内でだまし取られていた。先月14日に北陸新幹線が開業して東京へのアクセスが格段によくなるなか、県警はJRと連携した新たな防止策を検討している。(高田正幸、中野浩至)

引用元: 上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う:朝日新聞デジタル.