タグ別アーカイブ: 解決策

エジプト富豪、「島の購入」を申し出 難民の受け入れ先に (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

欧州諸国に中東やアフリカから難民、移民らが殺到している問題で、エジプトの富豪は6日までにイタリアもしくはギリシャで島を自費で購入し、これらの人々を収容させる支援策を申し出た。

この人物は通信企業グループ「オラスコムTMT」の経営者で中東でも指折りの富豪とされるナギーブ・サウィリス氏。ツイッター上で、イタリアやギリシャ両国に島を売るよう呼び掛け、島の名前を「希望」にすることも示唆した。購入費については「いくらでも出す用意がある」としている。

両国沖合には無人の数十の島々があるとし、10万~20万人が居住可能と指摘。自らの案は決して馬鹿げたものではないとも主張した。

また、同氏はCNNの取材に応じ、極めて簡単な解決策と説明。島を買った後、臨時の避難施設を用意し、小規模の港を造って難民らの船を到着させるとの考えを示した。難民らを雇用して自宅、学校、病院、大学やホテルを建設させるとも述べた。難民らはいつでも母国へ戻れる自由を持ち、島に住み続けることも出来ると語った。

島購入などを思い付いた動機に関連し、「政治家たちは感情がないとも時に感じる」とも強調した。

サウィリス氏の提案に対するイタリア、ギリシャ両国の反応は明らかでない。

引用元: エジプト富豪、「島の購入」を申し出 難民の受け入れ先に (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース.

2020年、国会図書館が満杯に 納本は年50万点超:朝日新聞デジタル

国内最多の蔵書を誇る国立国会図書館(東京都千代田区)に、「2020年問題」が浮上している。本の収蔵スペースが不足し、現状のままだと20年春に書庫が満杯になる見込み。増築計画はあるが、実現してもスペース不足の抜本的な解決策にはなりそうにない。

京都府精華町の国会図書館関西館。サッカー場三つ分のスペースに置かれた書庫に、本や雑誌が整然と並ぶ。本を傷めないよう室温は22度、湿度は55%前後に保たれている。

関西館は、書庫の拡大などを目的に02年に開設された。厚さ3センチの本に換算して約1200万冊を収蔵可能な東京本館(新館書庫を含む)に、余裕がなくなったためだ。約600万冊を収蔵でき、新たな納本の一部や、東京の蔵書の一部を受け入れて「分散化」に一役買ってきた。

引用元: 2020年、国会図書館が満杯に 納本は年50万点超:朝日新聞デジタル.

世界をつなぐ熱量拡張現実技術 – 革新的発明と製品情報

ドイツMetaio 社は、熱量の拡張現実技術を利用して、まったく新しいモノのインターネットの解決策を発明した。モノをタッチする際には、熱量を残したので、赤外線カメラでその瞬間を撮影できて、特殊なメガネを着用すれば、タッチすることがシンプルクリックに相当し、モノのインターネットが実現できるようになる。

引用元: 世界をつなぐ熱量拡張現実技術 – 革新的発明と製品情報.

「夢が非現実的であるほど、ライバルは減る」 Google創業者による”クレイジーな生き方”のススメ | ログミー

つまり、「不可能なことなどない」をモットーに問題に対して新しいアプローチを取り続ければ、全く新しい解決策が生まれるのです。

ものすごく大きい、バカみたいな夢を見ることは成功するためのキーだと思います。バカなことを言っている、と思うでしょう? 夢が非現実的であればあるほど、競争者がいなくなる。今現在、私レベルにクレイジーな人は世の中に数えるほどしかいないので、彼らの名前を空(そら)で挙げられるくらいです。

(会場笑)

クレイジーはクレイジー同士、惹かれあうものなのです。大きく成功する人は大きな挑戦をします。これはGoogleも同じです。私たちのミッションは世界中の情報を整理して、世界中の人々が整理された情報にアクセスできるようにすることです。こんな素晴らしいアイディアにわくわくしない人などいないでしょう?

引用元: 「夢が非現実的であるほど、ライバルは減る」 Google創業者による"クレイジーな生き方"のススメ | ログミー.

ブルックスの法則 – Wikipedia

ブルックスの法則は、しばしば「9人の妊婦を集めても、1ヶ月で赤ちゃんを出産することはできない」と説明される。ブルックスの法則がしばしば引用される一方で、『人月の神話』でブルックスの法則が述べられる直前の「ブルックスの法則を一言で述べると」という行が引用されることはめったにない。

根拠

ブルックスによれば、この法則が成り立つ主な理由は二つある。

新たに投入された開発者が生産性の向上に寄与するまでには時間がかかる。ソフトウェアプロジェクトは複雑な作業であり、新たにプロジェクトに参加した人は仕事に取りかかる前に、まず開発の現状や設計の詳細などを理解しなければならない。これを既存のチームメンバの側から見れば、新入りの教育にリソースを割かなければならないということであり、従って人員の増加がチームの生産性に与える効果は短期的にはマイナスになる。また、プロジェクトに慣れない間はミスを犯しやすいので、新たなバグの挿入によってプロジェクトが更に遅れる可能性もある。

人員の投下は、チーム内のコミュニケーションコストを増大させる。プロジェクトを進めるに当たっては、チームが協力して同じ課題に取り組む必要があるが、これを実現するには調整のためのコストがかかる。一般に、人が協調して仕事を進めるためには、のコミュニケーションチャンネルを調整する必要があるので、結局、プロジェクトの人員に対してコミュニケーションコストはのオーダーで増加することになる。単純にいえば、開発メンバーを二倍に増やしたチームは、それに伴って四倍のコミュニケーションコストを負担するのである。

解決策

ブルックスの法則で言及された問題を避けるためには、問題全体を小規模のグループが担当できるサイズに分け、より上位のチームがシステムの統合を引き受けるというものだ。ところがこれも問題を分ける過程が正確でなければチームの間の意思疎通コストが増えるようになり、問題をもっと大きくする場合があるという短所がある。

引用元: ブルックスの法則 – Wikipedia.

参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO

グローバルに展開しているサービスであるため海外でも同様に高い品質を保つ必要がありますが、海外ではインターネット回線の品質が高くない場合も多く、海外利用者の品質確保が課題とのことでした。そこで品質が低下するポイントを調査したところ、一つは通信キャリア同士の相互接続ポイント、そしてもう一つは日本と海外という物理的な距離に起因するものであることが分かったそうです。

そこで解決策として、各通信キャリアとLINEの直接的なパスを作り、キャリア同士の相互接続ポイントでの品質低下を極力回避すること、加えて海外にもサーバを配置し、出来るだけ利用者に近い位置にあるサーバに接続してもらうようなアプリケーションの仕組みにしたとのことでした。

このために世界中にLINE拠点を作り、拠点間は孤立が発生しないように専用線で接続してリングトポロジを構成しているそうです。またその上でMPLS+Pseudo Wireを構築し、物理トポロジに捕われないネットワークを構成しているとのこと。アプリケーションの接続サーバの選択は接続キャリアや電話番号、GeoIPなどを使って静的に割り当てているそうですが、将来的にはグローバルロードバランサの導入も検討中だそうです。この辺はグローバルサービスだからこその取り組み事例ですね。

引用元: 参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO.

問題を違った角度から捉えてみるとシンプルな解決策が浮かんでくる | IDEA*IDEA

問題を違った角度から捉えてみるとシンプルな解決策が浮かんでくる場合があるよ、という事例です。

他にも思いあたる事例があったので多少うろおぼえがはいってますが、書いてみます。

問題:犯罪が多い地域をどうするか?

うまくいかなかった解決策:セキュリティシステムの導入。フルタイムのガードの雇用。

うまくいった解決策:現役の警察官に無料で住居を提供。→ そこにパトカーがとまっているだけで犯罪が減ったそうです。

問題:エレベーターが来るのが遅い

うまくいかなかった解決策:新しい高速エレベータの設置(コストがかかりすぎるので断念)、指定階しか止まらない「エクスプレスエレベータ」の導入。

うまくいった解決策:エレベータの横に鏡を設置。→ エレベーターを待っている間にすることができたのでイライラしなくなった。

問題:駐輪場の自転車がガタガタで近所迷惑

うまくいかなかった解決策:立て看板、注意。

うまくいった解決策:駐輪場に線を引いた。→ 線をひくと人はその線に沿って自転車をとめるようになった。

問題:工場でミスが多い(アメリカの事例)

うまくいかなかった解決策:生産性コンサルタントの起用。

うまくいった解決策:働いている人の呼び方を「Worker(労働者)」から「Craftsman(職人)」へ変えた。→ 働いている人が誇りを持って仕事ができるようになり、ミスが減った。

引用元: 問題を違った角度から捉えてみるとシンプルな解決策が浮かんでくる | IDEA*IDEA.

【日本版コラム】アップルに買収された「Siri」が生まれたわけ、技術移転の“秘伝”/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com

「技術を出発点に会社を設立すると、失敗は目に見えている」とウィナースキー氏は主張する。そうではなくて、大きな市場機会があったから、それに見合った技術を事業化したのだという。SRIでは2003年に「携帯電話が次の偉大なコンピューターになる」という調査結果をまとめ、その波にいかに乗るかを考え続けていた。そして2007年、ちょうど初代アイフォーンが発売になったころ、同氏らはある問題に気付いた。チケット販売やレストランの予約といったウエブサービスが、スマートフォン使用者による利用拡大に大きな期待を寄せていたが、小さな端末はクリックがしにくく、クリック操作が1つ増えるたびに多くの顧客を失うという問題が発生していた。この問題の解決策は「クリック数をゼロにすること」(同氏)。ではどうすればクリック数をゼロにできるかを考え、生まれたのがSiriのコンセプトだったのだ。

引用元: 【日本版コラム】アップルに買収された「Siri」が生まれたわけ、技術移転の“秘伝”/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com.

不運な目に遭っても、「すべて自分のせい」と思えるか 「年収1億円」稼ぎのエッセンス 第1回:PRESIDENT Online – プレジデント

ぜんぶ自分が悪いのだと、まずは思え。

そうすれば、自然と解決策が生まれてくる。ところが、相手のあそこが悪い、ここが悪いと言い出すから、何の解決にもならず、同じ諍いを繰り返す。

自分にとっての新しい気づきがないだけでなく、人間的な成長もなくなる。自分が成長しないどころか、どんどん後退していくことになるのだ。

つまり、とても自分のせいとは思えないような不運に遭っても、すべてが自分のせいであると自然に考えられるのが、1億円以上を稼ぐ人の思考である。

ほかの誰のせいでもない。自分が引き受けていくしかないと思えば、すべてに覚悟を決めて向き合うことができる。そのときには、これまでのやり方では通用しない。考え方そのものを変えなくてはならないかもしれない。

だが、まずは「起こったことは、すべて自分のせい」と受け止めることができるかどうか。すべてを自責と考えることができる人は、何があってもポジティブに解決策を考えていける人でもある。

そして、そのような前向きな行動力をもった人だけが、とてつもない報酬を手にすることができるのだ。

引用元: 不運な目に遭っても、「すべて自分のせい」と思えるか 「年収1億円」稼ぎのエッセンス 第1回:PRESIDENT Online – プレジデント.

らいおんの隠れ家 : ポール・グレアム「なぜ賢い人が愚かな考えにハマるのか」 – livedoor Blog(ブログ)

1週間も「ウォール・ストリート・ジャーナル」を読んでいれば、誰でも新しい起業のアイデアが2つや3つは思い浮かぶ。記事のままじゃ、解決すべき問題が山積みだ。でも応募者の大部分は、そこからたいして先に進んでいるようには思えない。

私たちは、いちばんありがちなアイデアは、多人数参加型のオンライン・ゲームだと予想していた。そしてその予想は、さほど外れてはいなかった。これは2番目に多かった。最もありふれていたのは、ブログ、スケジュール表、出会い系サイト、ソーシャル・ネットワーキングの何らかの組み合わせだった。誰にでもわかる重要な未解決問題があるのに、どうしてひねくれ者たちは、霧の中をさまよい歩くんだろう? なぜ誰も小額決済の新しいアイデアを提案しないんだろう? たぶん野心的なプロジェクトなんだろうけれど、あらゆる代替案を考えつくしたとは思えない。新聞や雑誌のアイデアのままじゃ、解決策にはほど遠いんだ。

どうしてほとんどの応募者は、顧客が本当に欲しいものについて考えないんだろう? 私の考えでは、問題の多くは20代前半の時期に人生をまるごと、サーカスの輪っかくぐりの訓練に費やすからなんだ。彼らは15年から20年を、他人が用意した問題を解くのに費やす。でもどの問題か解くのに値するかを考えるのに、どれくらい時間を費やしたんだろう? 2~3単位くらいかな? 彼らは問題を解くのは上手いけど、選ぶのは下手なんだ。

私はそれは訓練のせいだと信じている。もっと正確に言えばランク付けのせいだ。効率的にランク付けしたいなら、みんなが同じ問題を解く必要がある。そしてそれは、問題をあらかじめ決めておくってことを意味する。学校が問題をどう選ぶか、そしてどう解決するかを学生に教えているなら幸いだが、私はそんな授業を実際にどう行えばいいのかわからない。

引用元: らいおんの隠れ家 : ポール・グレアム「なぜ賢い人が愚かな考えにハマるのか」 – livedoor Blog(ブログ).