タグ別アーカイブ: 自然環境

プーチン大統領、グリーンピースに鉄槌 石油掘削基地侵入で30人拘束+(4/4ページ) – MSN産経ニュース

ロシアは活動家たちを簡単に許すつもりはないようだ。約30人の活動家は米、豪、ブラジル、仏、伊、加など18カ国から集まっており、身柄引き渡しなどが外交問題にもなりかねないが、ロシア捜査委員会のウラジーミル・マーキン報道官はAFPに「今回の抗議活動の参加者は全員、国籍を問わず起訴する」ときっぱり。大統領も壊れやすい北極の自然環境は慎重に扱われるべきだが、グリーンピースの抗議活動は単なるパフォーマンスだと一蹴した。

プーチン大統領はそもそも環境保護団体の訴えを気にしていないようにも思える。英紙デーリー・メールなどによると、2010年8月、大統領は極東カムチャツカ半島を視察中、生態調査サンプルの採取との名目で、ゴムボートでのクジラ撃ちに挑戦。そのとき彼はこう言った。

「本当に興奮した。3回失敗したが、4回目で命中した」

引用元: プーチン大統領、グリーンピースに鉄槌 石油掘削基地侵入で30人拘束+(4/4ページ) – MSN産経ニュース.

視点・論点 「黒人選手は本当に"速く""強い"のか」 | 視点・論点 | 解説委員室ブログ:NHK

視点・論点 「黒人選手は本当に”速く”"強い”のか」 | 視点・論点 | 解説委員室ブログ:NHK: 、
ナンディのトップレベルの選手と、他のケニア人の生活習慣に関する、最近の調査があります。
この研究は、学童期の通学手段と通学距離に注目します。
通学の手段として、「交通機関」「歩く」「走る」のいずれを利用したか、との問いに対して、レベルの高いアスリートほど、高い割合が「走る」と答えました。
それから、通学の距離は「5キロ未満」「5キロ以上10キロ未満」「10キロ以上」のいずれか、との問いに対して、同じように、レベルの高いアスリートほど、高い割合が「10キロ以上」と答えました。
長距離走者としてのナンディの名声は、恵まれた自然環境、経済構造や秩序、生活様式などの文化的な習慣、さらには、個々の人びとの経済的地位と、日常的な経験の積み重ねなど、多くの要因の、総合的な作用によって築かれました。