タグ別アーカイブ: 群衆モデル

コンクラーヴェの群衆の動きを、数学はどのように予測するか:研究結果 � WIRED.jp

コンクラーヴェの群衆の動きを、数学はどのように予測するか:研究結果 � WIRED.jp
現在研究論文には、群衆モデルについて2つの主要な傾向が存在する。1つ目は微視的アプローチで、歩行者を一人ひとり書き出して、基本的に二次元の環境で 動く固定した小さな点として図式化していく。それぞれの点について、位置と速度が時間とともにどう変化するかを研究する。この際に歩く速度が、それぞれの 歩行者が特定の目的地にたどり着こうとする意志や、歩行者同士が起こす相互作用によって影響を受けていることを考慮に入れる。

これに対して第2のアプローチは、個々の歩行者ではなくより大規模な視点を用い、一瞬間ごとに歩行者たちを観念上は空間に配置された連続的な媒体のようなもの(例えば液体)であるかのように扱い、その密度を考察する。この場合は巨視的なアプローチとなる