タグ別アーカイブ: 繰り返し

僕の結婚は失敗でした。 – Everything you’ve ever Dreamed

繰り返し僕は言っている。「結婚すれば喜びは二倍、悲しみは半分」そんな結婚は嘘だと。結婚は悲しみだけでなく喜びも半分にしてしまうものだと僕は考える。ハーフサイズの喜びや悲しみを、一枚のクッキーを二つに割って食べるように共有して味わう。その共有を楽しむ。それが僕の考える結婚だ。結婚とは思ったよりずっとハードコアなのだ。

引用元: 僕の結婚は失敗でした。 – Everything you've ever Dreamed.

ゾウが鼻息を利用してえさを取る行動を実証 NHKニュース

ゾウが長い鼻を器用に使うことはよく知られていますが、総合研究大学院大学のグループがゾウが鼻息を利用して、えさを引き寄せる行動を取ることを実証しました。こうした行動は「進化論」を提唱したチャールズ・ダーウィンが著書に記載していましたが、その後、報告がなくグループではゾウの認知能力の高さを改めて確認したとしています。

研究を行ったのは、当時、神奈川県にある総合研究大学院大学の大学院生で、現在は京都大学の水野佳緒里さんたちのグループです。グループでは動物園の2頭のアジアゾウについて、遠くに食べ物を置いて行動を調べる実験を100回以上繰り返したところ、ほぼ毎回、鼻息を吹きかける行動が観察できたということです。この際、ゾウは一見して鼻が届かない場所にえさがある場合は、鼻でつかもうとはせずに最初から壁などに向かって鼻息を吹きかけるケースが多かったということで、グループでは象が意図的に鼻息を利用していることが確認できたとしています。

グループによりますと、ゾウのこうした行動はおよそ140年前にダーウィンが著書の中で報告していたということですが、それ以降の報告はなく、その真偽については実証されていませんでした。グループではゾウの認知能力の高さが改めて確認できたとしていて、今後、息を吹きかける行動をどのように習得したのか調べることにしています。

引用元: ゾウが鼻息を利用してえさを取る行動を実証 NHKニュース.

「銃乱射が日常化」=米大統領、怒りあらわ (時事通信) – Yahoo!ニュース

オバマ米大統領は1日、ホワイトハウスで記者会見し、西部オレゴン州で起きた銃撃事件について「われわれは数カ月ごとに銃の乱射事件を繰り返している唯一の先進国だ」と怒りをあらわにした。 また、事件や報道、自身の対応を含め、全てが「日常化している」と非難した。 大統領は、銃規制強化の反対派が今回の事件を受けて「(身を守るために)銃がもっと必要」と主張するだろうと指摘。その上で「誰がそれを本気で信じるのか。多くの責任ある銃の所持者はそれが真実でないと分かっている」と強調した。 さらに、記者団に対し「過去10年にテロで亡くなった米国人の数と銃で死亡した数を集計してもらいたい」と呼び掛けた。テロ攻撃から米国を守るため、これまでに1兆ドル(約120兆円)以上を費やしているのに対し、議会は銃の死者を減らす努力を阻んでいると批判した。

引用元: 「銃乱射が日常化」=米大統領、怒りあらわ (時事通信) – Yahoo!ニュース.

9月26日、紋別市上渚滑町立牛のデントコーン畑で、体重400キログラムのオスのヒグマが駆除された。冬眠に備えてデントコーンを食べ、そこで寝るという日々を繰り返していたらしく、かなり太った体格だった。2人組で駆除に当たったハンターの1人は「50年やっているが、こんなに大きなクマは見たことが無い」と驚いている。市内では他に、渚滑町宇津々と藻別でも推定350キロ以上の巨大ヒグマの足跡が確認されていて、紋別市は猟友会の協力を得てパトロールを実施するなど警戒している。

今年は国内最悪の獣害とされる三毛別羆(さんけべつ・ひぐま)事件(1915年12月、7人死亡・3人負傷、北海道・苫前町)からちょうど100年。このときのヒグマは体重340キロで、今回の巨大クマはさらに大きい。なお紋別市民会館2階ロビーに展示されているヒグマの剥製(北米・アラスカで駆除)も、体重が400キロだったと記されている。

ハンターの1人によると、デントコーン被害によるヒグマ駆除依頼を受けて現地を確かめたところ予想以上のひどさだったため、仲間を呼んで2人態勢で臨むことにしたという。

残っていたデントコーンをコンバインで刈り取ってもらい、ヒグマが隠れているエリアを狭めていったところ、突然、巨大なクマが飛び出してきたという。そこで猟銃を撃ち、命中させた。

ユニックで吊り上げて測定したところ、体重はちょうど400キロ。このハンターが10年前に仕留めた310キロのクマを優に超える新記録となった。「巨大ヒグマを捕った」との話題は地域を駆け巡り、集まった大勢の人たちも、その大きさに驚いたという

引用元: .

50歳・山本昌が引退へ 中日、チーム若返りで決断:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

プロ野球最年長勝利記録を持つ中日の山本昌投手(50)が今季限りで現役引退する意向を固め、二十五日、白井文吾オーナー(中日新聞社会長)に伝えた。今季は米大リーグの最年長勝利記録(四十九歳百八十日)超えを目指したが、けがに苦しんで未勝利だった。

近く会見して、正式に表明する。引退試合は来春のオープン戦で実施する見込み。

八月の一軍初登板で左手人さし指を痛め、二軍での調整を続けていた。自身の去就については「来季のことは、シーズンが終わってから考える」と白紙であることを強調していた。ただ、今季のチームの残り試合が四試合と少なくなり、復帰は困難と判断。チームの若返りが進む中、自ら身を引く決断をした。

今季は三月に二軍の教育リーグで右膝を痛めた。六月に戦列に戻ってから二軍戦で七試合を投げ、順調に結果を残して一軍に昇格。八月九日のヤクルト戦で、四十九歳三百六十三日で初登板を果たしたが、投球中に突き指するアクシデントに見舞われて1回0/3を投げ、1失点、22球で降板した。

その後は、キャッチボールやダッシュを繰り返して今季中の復帰を目指したが、指の痛みが取れず本格的な投球練習を再開できないままだった。

◆幸せな野球人生

<山本昌の話>最後のシーズンで勝てなかったのは残念だったが、今はさっぱりしている。野球選手として本当に幸せな人生を送れた。監督、コーチ、チームメート、裏方の皆さん、そして両親に本当に感謝している。人情味のある名古屋という土地だからこそ、ここまでできた。

◆ドラゴンズの宝

<白井文吾オーナーの話>立派な決断だ。彼は十分やるべきことはやった。中日ドラゴンズの宝だ。いずれは、自分の蓄積を伝えるべき人に教えてあげなさいと言った。

引用元: 50歳・山本昌が引退へ 中日、チーム若返りで決断:一面:中日新聞(CHUNICHI Web).

ラグビーW杯 日本が南アフリカに歴史的勝利 NHKニュース

ラグビーのワールドカップイングランド大会は、19日、日本が1次リーグ初戦で、世界ランキング3位の南アフリカに34対32で勝ち、歴史的な勝利を挙げました。

1次リーグは5チームが総当たりで対戦し、上位2チームが準々決勝に進みます。

世界ランキング13位の日本は、19日、イギリス南部のブライトンで、過去2回の優勝経験があるランキング3位の南アフリカと対戦しました。

日本は前半、フォワードの平均身長が1メートル90センチを超える南アフリカの攻撃に対して、低いタックルと人数をかけた粘り強いディフェンスで、互角の展開に持ち込みました。

攻撃では、五郎丸歩選手がペナルティーゴールを決め、さらにラインアウトからのモールをバックスも一緒になって押し込んで、キャプテン、リーチ マイケル選手がトライを挙げるなど、前半は10対12と、2点を追う展開で折り返しました。

後半、日本は13分に19対19の同点に追いつき、その後は南アフリカが突き放しては日本が追いつく展開で、終盤を迎えました。

日本は33分、南アフリカにペナルティーゴールを決められ、29対32とリードされましたが、ここで諦めず、残り5分を切ってから、相手陣深くに入って攻撃を繰り返しました。そして、相手の足が止まった試合終了間際に、素早い展開から、途中出場のウイング、カーン・ヘスケス選手がトライを奪って、34対32と逆転し、日本が勝ちました。

日本がワールドカップで勝利するのは、1991年の第2回大会以来24年ぶりで、目標のベスト8進出に向けて絶好のスタートとなりました。

引用元: ラグビーW杯 日本が南アフリカに歴史的勝利 NHKニュース.

スーパーマリオメーカーとかいうゲームはヤバイ – はてな匿名ダイアリー

どれくらいヤバイかっていうと、ここ数年ろくに会話していなかった反抗期の息子と超喋ってるくらいヤバイ

息子が新しいステージを作っている間、絶対見ちゃ駄目だよ!って言われて2時間くらい自分の部屋に閉じ込められるんだけど、いいよーって呼ばれて行くとすげーテカテカした顔で俺のこと待ってんの

俺が、息子の作ったステージのデバッガーになるんだ

で、息子の仕掛けた罠に見事にハマると横でゲラゲラ大笑いしてんの

詰まってモタモタしてると、そこはブロック開いてから乗ったほうがいいよーとかアドバイスをくれたりもする

でも、ここはどうしたらいい?って聞くとさあ〜?ってニヤニヤ笑って教えてくれないんだ

なんとかクリアしたら次は俺がステージを作る番になる

俺がステージを作っている間、息子は勉強をする決まりにした

普段は1日10分も勉強してないくせに、あいつ、この土日で5時間は勉強してたな

でも15分おきくらいに、お父さんまだー?って急かされる

俺のステージが完成したら息子の勉強も終わりだから、なるべく凝った造りにする

完成したら息子がプレイする

あーでもないこーでもないと試行錯誤を繰り返して成長していく息子に、ヨチヨチ歩きの頃の姿を重ねてしまってなんだか涙が出そうになる 嘘だけど

もちろんこれは勝負になっていて、コンティニュー回数の多いほうが負けで、罰ゲームには腕立て伏せ50回をする

負け越しの俺は、おかげで筋肉痛だ

これが家族団らんなのか

超楽しいじゃん

超幸せじゃん

どうか息子が飽きませんように

引用元: スーパーマリオメーカーとかいうゲームはヤバイ – はてな匿名ダイアリー.

1万時間の練習で一流になれる「1万時間ルール」は万能でないという見解が登場 – GIGAZINE

分野によっては1万時間ルールがほとんど通用しないというメタ分析の結果は、「厳格なルール」の有無が原因であると考えられています。すなわち、クラシック音楽やチェスなどのようなルールが大きく変わることのない分野の競争においては、真摯な練習を繰り返し積み重ねることが非常に大きな意味を持つのに対して、ロックンロールやビジネスなどの、絶対的なルールがなく、時として固定概念を打ち破り枠からはみ出ることで高い評価を受け得る分野においては、1万時間の修練はそれほど絶対的な成功への近道とは言えないということです。

引用元: 1万時間の練習で一流になれる「1万時間ルール」は万能でないという見解が登場 – GIGAZINE.

<温泉巡り>称号競争が過熱 ついに究極の位が決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

市観光協会で温泉道を担当する堤栄一郎さん(33)は「88カ所巡りは本来、別府の数多い温泉を何年もかけて愛してほしくて始めた。温泉への愛よりスタンプ数が優先しては本末転倒だ。区切りが良い88×88で打ち止めにしました」と話す。

現在ただ一人「泉聖」の称号を持つのが東京都東大和市の指原(さしはら)勇さん(67)だ。5月15日に認定された。44巡への到達が3番目だった指原さんは55、66、77、88巡で一番乗り。家族を東京に残し、1人で別府市の実家に住んで温泉を巡った。この1年は別府に1カ月、東京に1週間の繰り返しだったという。

これ以上称号が新設されないと知った指原さんは「正直ほっとしました。追い抜かれるのが怖くて、3月から1日11カ所のペースで湯に入った。市広報の表紙にも使われ、他の人には負けられないという重圧があった」と話す。

電話工事会社に勤め、アフリカや東南アジアでの生活が長かったが、「定年後、これほど夢中になったものはない。温泉道から生きがいと誇りをもらった。今後はボランティアで別府の身障者の入浴を助けながら1日に1温泉のペースでのんびり湯につかりたい」と話している。

引用元: <温泉巡り>称号競争が過熱 ついに究極の位が決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

セックス中に女性の歯抜く、NZ男に禁錮6年 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

ニュージーランド・ウェリントン(Wellington)地裁は19日、女性とのセックスの最中に女性の歯をペンチで抜く行為を繰り返したとして、傷害罪や強制わいせつ罪で有罪となった男に対し、禁錮6年の量刑判決を言い渡した。

 公判でフィリップ・ライル・ハンセン(Philip Lyle Hansen)被告(56)は、歯のない女性を好む性癖があり、横暴で支配的な性格だとされた。

 検察によると、被告のパソコンには、歯学や抜歯に関するインターネット検索履歴が600件以上残っており、中には「太った歯のない女性」とのワード検索も含まれていた。

 被害に遭った女性たちの名前は伏せられているが、被害女性の一人は出会い系サイトを通じて知り合ったハンセン被告から受けた苦痛の詳細を証言した。

 女性が合意のうえでハンセン被告と車の後部座席で性行為におよんでいると、被告が突然ペンチを取り出し女性の歯を引き抜き、その歯を車外に投げ捨てた。歯茎からの出血を止めるため、被告は女性に油が染みたぼろ布を与えたという。

 女性はハンセン被告を恐れるようになったが虐待は続き、ある夜にはベッドでふと目を覚ますと、被告が覆いかぶさっていて他の歯も抜こうとしていたという。

引用元: セックス中に女性の歯抜く、NZ男に禁錮6年 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News.