タグ別アーカイブ: 緊張感

ツァイガルニク効果 – Wikipedia

ツァイガルニク効果(ツァイガルニクこうか、Zeigarnik effect)とは、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。

ドイツのゲシュタルト心理学者クルト・レヴィンの「人は欲求によって目標指向的に行動するとき 緊張感 が生じ持続するが、目標が達成されると緊張感は解消する」という考えに基づき、リトアニア出身で旧ソビエト連邦の心理学者ブルーマ・ツァイガルニク(1901年11月9日 – 1988年2月24日)が「目標が達成されない行為に関する未完了課題についての記憶は、完了課題についての記憶に比べて想起されやすい」との事実を実験的に示した。[1] 以上がツァイガルニク効果。

引用元: ツァイガルニク効果 – Wikipedia.

経営幹部候補の育成プログラム、スタート – The Songlines – 渋谷で働くCFOブログ

経営幹部を目指すのであれば、我々の会社が足もとで年間100億円のコストを使っており、1ヶ月換算だと約9億円、一日換算だと約3000万円のコストで事業を運営していることを念頭に入れて受講してほしいと伝えました。

要するに、朝起きて、オフィスに出社して、夜オフィスを退社して、帰宅するまでの間に、家が一軒建ってしまうような金額が毎日消えているわけです。

意思決定が1日遅れれば、すなわち3000万円を無駄にする。このような意識(マインド)を常に持ちながら、その緊張感のなかでもスピード感をもって意思決定出来るよう、しっかりとテクニックやツールを身につけてもらいたいと思います。

引用元: 経営幹部候補の育成プログラム、スタート – The Songlines – 渋谷で働くCFOブログ.

2008年10月31日(金)経営方針説明会/第2四半期(中間)決算説明会 質疑応答

私は自社が磐石だと考えたことは一度もございませんし、また磐石という考えを万が一持ってしまったとすれば、それこそが非常に危険なことではないかと思います。これから任天堂では、ゲームキューブやNINTENDO64のときに、結果的にマーケットでメインストリームになれずに苦しんだ経験をした人は会社の中で減っていきます。逆に言うと、その苦しみを知らない人の割合が会社の中で高まっていくわけです。そうなったとき、すなわち、われわれが前回のラウンドと今回のラウンドで何が違って、どんな些細な、小さなことがその命運を分けるのかということがまったく自覚できない人の割合が高まってしまったときに、どうやって組織全体が緊張感を持って運営ができて、どうやって大事なことを忘れずに、どうやって企業が自滅的な行動を取らないようにあれるのかが問題です。これはよい状況が続けば続くほど、チャレンジのハードルは上がっていくと思います。

まあ、産業、ビジネスの歴史の中で永遠に好調が続いた会社は見たことがないので、そのチャレンジが来たときに、なるべく辛い時期をうまく乗り切れるようでありたいと思います。

引用元: 2008年10月31日(金)経営方針説明会/第2四半期(中間)決算説明会 質疑応答.

経営幹部候補の育成プログラム、スタート – The Songlines – 渋谷で働くCFOブログ

本日のキックオフでは、経営幹部を目指すのであれば、我々の会社が足もとで年間100億円のコストを使っており、1ヶ月換算だと約9億円、一日換算だと約3000万円のコストで事業を運営していることを念頭に入れて受講してほしいと伝えました。

要するに、朝起きて、オフィスに出社して、夜オフィスを退社して、帰宅するまでの間に、家が一軒建ってしまうような金額が毎日消えているわけです。

意思決定が1日遅れれば、すなわち3000万円を無駄にする。このような意識(マインド)を常に持ちながら、その緊張感のなかでもスピード感をもって意思決定出来るよう、しっかりとテクニックやツールを身につけてもらいたいと思います。

引用元: 経営幹部候補の育成プログラム、スタート – The Songlines – 渋谷で働くCFOブログ.

似非管理者の寂しい夜:ごく小さな事にも忠実 – livedoor Blog(ブログ)

似非管理者の寂しい夜:ごく小さな事にも忠実 – livedoor Blog(ブログ): つまり、「ごく小さな事(仕事)に忠実な人は多くのことにも忠実である」と言うことです。

というわけで、小さく思える仕事にも、緊張感をもってちゃんと取り組もうと思いました。