タグ別アーカイブ: 結論

スイスチーズの穴の謎解明、100年ごしの研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

「分かったぞ!」――約100年に及ぶ研究の末、スイスの科学者チームが、「スイスチーズの穴」をめぐる謎を解明した。子どもの頃、ネズミがかじって穴ができたと教えられたかもしれないが、実際はそうではない。

 スイス連邦政府の農業研究機関、アグロスコープ(Agroscope)研究所(ACW)の専門家チームによると、エメンタールやアッペンツェラーなどの有名なスイスチーズの特徴でもある「穴」は、材料の牛乳に含まれる微量の干し草と関係しているのだという。これまでは、チーズ内のバクテリアに起因していると考えられてきた。

 研究では、チーズ作りに使われる牛乳の搾乳方法によって穴に変化が生じることがわかった。現代的な方法では、スイスチーズの謎の穴は小さくなるか、消えてしまうこともある。

 ACW広報のレジス・ナイフェラー(Regis Nyffeler)氏は、この違いが生じる原因として伝統的な乳搾りで使われる「昔ながらのバケツ」の存在を挙げた。バケツの中に落ちた干し草の微小片が、最終的にチーズの穴に発生させているのだという。

 このテーマに関する研究は、少なくとも1917年から続けられてきた。当時、米国人研究者のウィリアム・クラーク(William Clark)氏が詳細な研究結果を発表し、牛乳に含まれるバクテリアが放出する二酸化炭素(CO2)によって穴が生じると結論付けていた。

 現代のチーズ生産現場においては、密封された搾乳機が開放状態のバケツに取って代わり、牛乳に含まれる干し草の微小片が完全に排除されている。研究チームは、過去10~15年間で、スイスチーズの穴の数が少なくなっていると説明した。

引用元: スイスチーズの穴の謎解明、100年ごしの研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表 – ITmedia ニュース

つまり日本のミジンコは、(1)遺伝的に北米産ミジンコと同じ、(2)北米産ミジンコとの雑種だが、国内で有性生殖をした形跡がない──ことから、日本固有種ではなく北米からの外来種と結論付けた。日本の池に住むミジンコは、北米から来た4個体の雌から単為生殖だけで増え続けたクローンということになる。

ミトコンドリアDNAの変化を調べて時間的な手がかりを推定する手法(分子時計)によると、4タイプのうち西日本で採取された2タイプはごく近年のものだと分かった。一方、日本に広く分布する残り2タイプは、700~3000年前に日本に来たらしいことが推定された。

最近やってきた2タイプについては外来魚の放流などが考えられるが、ずっと以前に住み着いた2タイプの侵入ルートは謎だ。渡り鳥に付着していたのだとしら、定期的に侵入することでもっと遺伝的に多様になっているはずだという。

有性生殖には、遺伝子組み換えにより変化し続けることで寄生などに対抗するメリットがあるという説(赤の女王仮説)がある。絶対単為生殖型の生物はクローン(コピー)であり、遺伝子組み換えがないため新たな病気などに弱く、ミジンコでは約1000年で集団が寿命を迎えるという計算もあるという。日本のミジンコは雄を受け入れられないため、「もし新たな移入個体がなければ、ミジンコは日本からやがて消えてしまうことになる」という。

引用元: 日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表 – ITmedia ニュース.

3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功 « WIRED.jp

『VentureBeat』の記事によると、Starbugは「Verifinger」という一般的な指紋認証プログラムを使って、指紋を複製したという。

こうした指紋読み取りソフトウェアがハッキングされた例は過去に何度かある。Starbugは2013年、たった48時間でアップルの「Touch ID」をハッキングした(日本語版記事)ことで有名だ(「ガラス表面から撮影したiPhoneの持ち主の指紋」を使うだけで、指紋リーダーの関門を通過できたという)。しかし、写真だけを使って指紋を複製するというのは、よく知られたハッキング技術から一歩進んだものだ。

CCCは、グループのウェブサイトで、Starbugの最新のハッキングについて次のように結論づけている。「(ガラスのコップやスマートフォンの画面など)表面がきれいに磨かれた物体に人が触れさえすれば、その人の指紋を盗み取ることがどんなに簡単であるかは、過去に何度も証明されてきた……(しかし、写真から指紋を複製できるという)この知識があれば、指紋が付いた品を盗む必要はもはやなくなるだろう」

「政治家たちは、公の場で話すときは手袋をはめるようになるかもしれない」と、Starbugは聴衆に語ったと報道されている。

引用元: 3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功 « WIRED.jp.

”大艦巨砲主義”のまぼろし(dragoner) – 個人 – Yahoo!ニュース

戦前の戦争計画では、侵攻してくるアメリカ海軍の戦力を削りつつ、最終的に日本の委任統治領である南洋諸島で決戦を行って撃滅する想定でした(漸減作戦)。戦中の日本海軍はその為に航空戦力・空母戦力の整備に注力し、1944年にほぼ企図した通りにマリアナ沖海戦が展開され、その結果日本は一方的に敗北しました。このように澄川2佐は、日本海軍の想定通りに進んだけど負けた事を指摘しており、アメリカに戦争を挑んだ事自体が敗因だと結論付けています。対アメリカを想定して戦争準備してきたのに、アメリカに戦争を挑んだ事自体が敗因だとすると、大艦巨砲主義・航空主兵思想以前の問題です。

大和建造が間違いだったのではなく、日本人が選んだ道である対アメリカ戦争そのものが間違っていたという結論は、日本人にとって、残酷で不都合な真実でもありました。敗戦の理由を知りたがっていた日本人にとって、「航空戦力を軽んじた大艦巨砲主義」というのは、自分が傷つかない心地よい敗因だったのです。戦後に「大艦巨砲主義批判」を行った人も同様で、批判者に南雲艦隊の源田実航空参謀や、先述の淵田・奥宮両氏のような航空参謀出身者が多い事からもそれが伺えます。敗因を大艦巨砲主義のせいにすれば、航空参謀としての自分の責任を回避でき、自分は傷つかずに済みます。

間違った戦争のおかげで大した活躍も出来ず沈んだ大和は、日本人にとって「間違った選択」の象徴として祀り上げるには都合の良い存在だったのです。本当はもっと根本部分で間違えていたにも関わらず、です。

日本国民にとって、なんとも歯がゆい結論に至ってしまいました。しかし、戦後70年を経た今、これを読んでいるほとんどの方は、大戦の問題からは自由なはずです。そろそろ本当の敗因を見つめ直し、誤った選択を繰り返さないために考えてみるべきではないでしょうか。そして、大艦巨砲主義の象徴のような不名誉かつ誤った扱いから、彼女らを解放してあげてもいいと思うのですが……。

引用元: ”大艦巨砲主義”のまぼろし(dragoner) – 個人 – Yahoo!ニュース.

「中に溜める」ときと、「外に発散する」ときと: やまもといちろうBLOG(ブログ)

私としては、自分の中に何事か溜めていくプロセスと、誰かと繋がって発散するプロセスとの均衡が保てないとややこしいことになるんだ、という結論に落ち着きます。溜めたままでもタコツボに入るであろうし、SNSにどっぷり漬かっていても単なるネット廃人であろうし、入力と出力を高めあっていかなければデジタル時代にネットに繋がっている意味は乏しいだろうと感じるわけですね。

引用元: 「中に溜める」ときと、「外に発散する」ときと: やまもといちろうBLOG(ブログ).

機械との競争[書評] : 投資十八番

特に興味ぶかいのは、スキルを横線に需要を縦線にとった場合、U字曲線となり、ここ10年のアメリカの労働市場で需要が最も落ち込んでいるのは中程度のスキルの人たちであるという事実。最もスキルの高い労働者は高い報酬を受ける一方、高度なスキルを要しない肉体労働などに従事する労働者の需要は、中間的なスキルの労働者ほど需要減に陥っていないことが示されています。中途半端なスキルでは箸にも棒にも掛からなくなってしまうということでしょうか。

簡潔にいうと、テクノロジーの発展によっても人間に比較優位が残るのは、肉体労働と創造性に関わる分野に限定され、その他は機械には勝てず職を奪われるというのが本書の結論です。

引用元: 機械との競争[書評] : 投資十八番.

スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese

ゲーム『スーパーマリオワールド』の世界における表面重力は地球の約8倍(78m/s2、7.96g)であり、おそらくは太陽系外の巨大ガス惑星上に構築されたプラットフォーム上のできごとである可能性が高いとする計算結果を、米ニューヨーク大学の宇宙物理学者 Gabe Perez-Giz 氏が発表しました。

といっても真面目な論文でマリオ世界の実在を論じたわけではなく、米国の公共放送ネットワークPBSで始まった物理・科学教育番組 PBS Space Time のウェブ向けミニエピソードの話です。本編約6分は下に貼り付けた動画でごらんください。

要するに重力加速度とはなにか、地球では9.8m/s2 だがこうやって求められます、数式ではこうなります、では応用としてマリオのジャンプ力の秘密を 仮に実在する環境だったどうなるか? で計算してみましょうとの趣向です。

マリオの縦方向ピクセル数と半公式な身長(150cmちょっと)からゲーム画面内のスケールを割り出し、ジャンプの距離と速度から割り出した結果、スーパーマリオワールド(SNES / スーパーファミコン版)での重力加速度は、マリオのジャンプと落下の速度から計算して 78m/s^2。つまり地球の表面重力の約8倍。

重力が弱いからふわふわと高くまで飛んでいるわけではなく、人間ではただ横たわるにも耐え難い大重力のなかで凄まじい脚力を以ってジャンプしているからこそあの高度と速度という結果になりました。さらにそこまで大重力の惑星は地球型では存在が難しく、太陽系外の巨大なガス惑星上に何らかの力で支えられた平坦なプラットフォーム上のできごとであろう(と考えれば一応辻褄はあう)と結論づけています。

引用元: スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese.

ChromecastはどうやってWiFiを使わずにスマホと接続するのか? 超音波だ – TechCrunch

昨日(米国時間6/26)のI/O基調講演で、GoogleはChromecastにちょっと魅力的な新機能が追加されることを発表した。近く、WiFiにつながっていない友達も、テレビとつながるようになる。同じ部屋にいさえすれば、うまくいくはずだ。

でも、どうやって?

GoogleのRishi Chandraは昨日、新たなWiFiレスペアリングシステムは「様々なテクノロジー」を使用して、Chromecastの近くにいるデバイスを認識すると語ったが、それがどんな技術であるかは明かさなかった。Bluetooth? Googleが作った独自プロトコル? それとも〈マジック〉?

結論を言えば、最後の答に一番近い。少なくとも、マジックに〈みえる〉― 超人的聴力の持ち主以外にとっては。

基調講演後の発表で、もう少し深くしくみを理解することができた。それは超音波 ― 人間の耳には聞こえない。

Chromecastを近くのデバイスからの接続を許可するように設定すると、一意に生成された超音波データを、テレビのスピーカーから発信する。その音波には、スマートフォンがペアリングに必要とするデータがすべてエンコードされている。あなたに音は聞こえないが、スマホには聞こえる。

Chromecast SDKを使っているアプリは、スマートフォンのマイクを使ってこの超音波を聞くことができる。検知されると、Chromecastのペアリングボタンが、WiFiネットワークの時と同じように表示される。

どこかで聞いたことがあるって? Googleのエンジニアたちは超音波ネットワーキングのアイデアを、少なくとも昨年から試行していた。その一方で、昨年9月のTechCrunch Disrupt SFでは、SlickLoginという会社が、2段階認証に超音波を利用する方式を発表した。そして彼らは5ヵ月後にもう買収された?買い手は? もちろん、Googleだ。

引用元: ChromecastはどうやってWiFiを使わずにスマホと接続するのか? 超音波だ – TechCrunch.

ストレスを友達にする方法

私がストレスへの接し方を考え直すことになったある調査をご紹介します。アメリカの成人3万人を8年に渡り追跡したもので、「この1年どれほどストレスがありましたか?」と質問しました。それに「ストレスは健康に悪いと思いますか?」という質問もしました。それから公的な死亡記録で誰が死んだか確認しました。ではまず悪い報せから。前の年に多くのストレスを経験した人は、死亡リスクが43%高くなっていました。でもそれは、その人がストレスは健康に悪いと思っていた場合です。多くのストレスを経験したけれどストレスを害と思ってない人では、死亡率が上がりませんでした。それどころか、その人達は調査対象の中で死亡リスクが最も低かったのです。ストレスが比較的少なかった人よりもです。8年間人の死を追い続けた結論として、アメリカでは182,000人が、ストレスのためではなく「ストレスは体に悪い」という思い込みのために早すぎる死を迎えることになったと彼らは推定しています。これは年に2万人以上になります。この推定が正しいとするなら、「ストレスは健康に悪い」という思い込みは、去年のアメリカにおける死因の第15位にあたり、皮膚ガン、HIV、殺人よりも多くの人がそのために死んだことになります。

引用元: ストレスを友達にする方法.

色覚は3億年以上前から存在か、魚の目の化石が示唆 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

軟組織は通常64日以内に腐敗してしまうため、目の化石が発見されることは極めて珍しいと論文の著者らは指摘している。

 米カンザス(Kansas)州にあるハミルトン採石場(Hamilton Quarry)は、生態系全体が急速に堆積物の下に埋もれてできたとみられ、保存状態の良い化石の宝庫となっている。

 この場所で発見された化石の中には、絶滅した棘魚の一種である「Acanthodes bridgei」の化石が含まれていた。これは、これまで知られているものの中で最古の顎を持つ脊椎動物(顎口類)に分類される。

 長い流線型の体と、とげのあるひれを持つこの生物は、浅瀬の汽水域に生息していたと考えられており、約2億5000万年前のペルム紀末に絶滅した。この時に起きた地球史上最大の大量絶滅では、9割近くの生物種が姿を消した。

 ハミルトン採石場で発見されたAcanthodes bridgeiの化石標本には、元の目の色と形、さらには光を吸収する網膜色素などの要素が保持されていた。

 田中氏はAFPの取材に、この化石はリン酸塩の薄い被膜で覆われて保存されていたと語り、組織の分析から「化石に含まれる石化した桿体細胞と錐体細胞の世界初の記録が得られた」と論文に記した。

 これらの細胞と、光を吸収するメラニン色素がともに存在することは、薄暗い光の中では感度の高い桿体細胞を使い、明るい日中は錐体細胞を使ってものを見ることができた「可能性が高い」ことを示唆している。現代の動物では、錐体細胞が特定の波長の光に個別に反応するため、さまざまな色の識別が可能になっている。

 論文は「錐体細胞の存在は、Acanthodes bridgeiが色覚を持っていた可能性が高いことを示している」としているが、結論付けるためには決定的な証拠が必要だという。

 視覚は5億2000万年以上前から存在したと考えられているが、見つかった化石は色を感知する受容体についての世界初の直接証拠だという。

引用元: 色覚は3億年以上前から存在か、魚の目の化石が示唆 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.