タグ別アーカイブ: 組織

ソフトバンク、英移転を一時検討 節税・投資にメリット:朝日新聞デジタル

ソフトバンクグループ(SBG)が、今年に入って一時、英国への本社移転を検討していたことがわかった。法人実効税率の低さや国際的な投資環境の良さが理由だ。ただ、移転したとしても投資先から収益を得るのがかなり先になりそうで、ひとまず時期尚早として断念した。

英国が候補に浮上したのは、節税メリットが大きいためだ。国と地方を合わせた法人実効税率は、日本の32・11%(2016年度から29・97%)に対し、英国は20%と低い。

さらにSBGは近年、インドの新興ネット企業に相次いで投資したほか、インドでの大規模な太陽光発電事業への参入も決定。旧宗主国の英国の方が、インドへの投資がしやすいことも利点と考えた。

SBGは7月、グループ全体を統括する持ち株会社として誕生した。旧ソフトバンクが前身で、日本国内の通信事業を担う旧ソフトバンクモバイルがソフトバンクになった。この組織再編の過程で「さまざまな選択肢を検討した」(広報担当者)中で、本社移転も浮上していた。

引用元: ソフトバンク、英移転を一時検討 節税・投資にメリット:朝日新聞デジタル.

受け継がれるDNA、ジダン次男がヘッドバットで退場 (GOAL) – Yahoo!ニュース

血は争えない。「ジネディーヌ・ジダンの息子がヘッドバットで退場した」と、各国で盛り上がっている。

元フランス代表のジダンは、2006年のワールドカップ決勝でイタリア代表のマルコ・マテラッツィに頭突きを見舞った。この事件は今でも有名だが、その遺伝子が息子にも受け継がれていたというのだから驚きである。

ジダンには4人の息子がおり、いずれもレアル・マドリーの下部組織でプレーしている。今回は次男でGKをしている17歳のルカが退場となった。

レアル・マドリーの下部組織とアトレティコ・マドリーの下部組織のダービーマッチ。両チームともヒートアップする中でルカは、頭が出てしまった。

父親のマテラッツィに対する頭突きとは違い、相手の額に頭を押しつけるような形だったものの、伝説的な選手の息子が同じ過ちで退場となったことは、大きな注目を集めている。プレーヤーとしての才能も受け継いでいることに期待したい。

引用元: 受け継がれるDNA、ジダン次男がヘッドバットで退場 (GOAL) – Yahoo!ニュース.

米政府版マイナンバー情報漏えい、560万人の指紋データも流出していたことが判明 – ITmedia ニュース

米連邦政府の人事管理局(OPM)は9月23日(現地時間)、6月に発表した約400万人(当時発表された数字)の職員および元職員の個人情報流出事件に関連し、560万人分の指紋データも流出していたことがその後の調査で判明したと発表した。

SSNカード(サンプル)

この事件が発覚したのは4月。OPMのITシステムに何者かが不正に侵入してデータを盗んだという。この犯行は中国のハッカー集団によるものとみられている。

6月の発表では影響を受けるのは約400万人とされていたが、23日の発表では2150万人の社会保障番号(SSN、日本のマイナンバーに当たる全国民が持つ背番号)が影響を受け、その中の560万人が指紋データも盗まれたとあり、かなり人数が増えている。

当局は指紋データの悪用の可能性は限定的だとしながらも、悪用の可能性を排除するために、国土安全保障省(DHS)、連邦捜査局(FBI)、国防総省(DOD)を含む関連組織を横断するチームで対策に取り組むとしている。

将来的に指紋データを悪用する手段が開発された場合、指紋データを盗まれた約560万人には改めて連絡するとしている。パスワードならば変更するのは簡単だが、指紋を変えることはできない。

引用元: 米政府版マイナンバー情報漏えい、560万人の指紋データも流出していたことが判明 – ITmedia ニュース.

仕事のパフォーマンスが急激に劣化するおじさん – Akai’s Insight & Memo

ビジネスパーソンが、自分の成果を上げて、昇進していくときには、同時にその人の能力もあがっていくことがよくあります(これは、幸せな関係)。しかし、その人は、自分の部下や、同期も同じように成長していると勘違いしていることが多いのです。

その人は、部下も同期も成長していると思っていますから、自分の昇進に併せて、自分が関係するポジションに彼らを配置(昇進)させるのです。

しかし、残念ながら、自分の成長と、他人の成長は違うのです。

彼らは、平社員や課長レベルでは、非常にすぐれたパフォーマンスを発揮するのですが、上位ポジションでは、「細かすぎる」「根性がない」「命令ばかりする」といったことで、

組織のパフォーマンスを劣化させる方向に成長するのです。

本人としては、昇進もしていきますから、自分の能力に対する自己効力感は上がっています。

上位マネジメントは、自分が人を見る目がなかったということは認められませんから、配置転換は難しいので、だめなおじさんは、劣化したパフォーマンスで、仕事を続けます。

(少し違いますが、ベンチャー経営者が、企業の成長過程で、初期のメンバーと考えが乖離していくというのはよくある話です。経営者の本などを読むと、経営者の成長に比較して、他の社員が成長できないことがあるといった意見があります。人の成長には差ができるというのは、企業の規模を問わず起こることでしょう)。

引用元: 仕事のパフォーマンスが急激に劣化するおじさん – Akai's Insight & Memo.

仕事のパフォーマンスが急激に劣化するおじさん – Akai’s Insight & Memo

大きな企業では、やたら社内政治の好きな人がいて、仕事もほどほどに、組織拡大に全精力を注ぎ込む人がいます。やたらと、部下の人数を増やす活動をしたり、部署ごと吸収しようとしたりです。そんなことをやっていますから、仕事のパフォーマンスは劣化します。これは分かりやすい事例ですね。

そういうことをいろいろと見てきているので、30代の頃から、急速、劣化しない人になりたいなと思っていたものです。

つまらない大人になりたくない!

引用元: 仕事のパフォーマンスが急激に劣化するおじさん – Akai's Insight & Memo.

アルツハイマー病の原因物質 人から人に感染か NHKニュース

アルツハイマー病の原因とされる特殊なタンパク質が、30年前まで使われていた薬剤の投与によって、人から人に感染していた可能性があると、イギリスの研究チームが発表し、さらなる研究の必要性を呼びかけています。

これは、イギリスのロンドン大学などの研究チームがイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表しました。

研究チームは、子どもの頃、身長の伸びに問題があったため成長ホルモンの薬剤を投与され、その後脳の組織が破壊される難病、クロイツフェルト・ヤコブ病を発症して死亡した、36歳から51歳の患者8人の脳を調べました。

その結果、患者8人のうち7人で、高齢ではないのに脳内に、アルツハイマー病の原因とされるアミロイド・ベータという特殊なタンパク質の蓄積が確認されたということです。この薬剤は、人間の遺体の脳の細胞から抽出したもので、混入した異常なタンパク質によって、ヤコブ病を発症する報告があったため、30年前に使用が中止になりました。

調べた患者には、比較的若い年齢で、アルツハイマー病を発症するリスクを高める遺伝子の変異がなかったことなどから、研究チームは「子どもの頃に投与されたこの薬剤にアミロイド・ベータの「種」が混入して感染した結果、蓄積が進んだ可能性がある」としています。

調査した研究者は「今回調べた患者は特殊な事例で、アルツハイマー病が人から人に感染することを示したわけでは決してないが、発症のメカニズムをさらに研究する必要がある」と呼びかけています。

引用元: アルツハイマー病の原因物質 人から人に感染か NHKニュース.

出血を瞬時に止めるジェル「VetiGel」、動物用出荷へ « WIRED.jp

ジョー・ランドリーナが瞬時に出血を止めるジェルを発明したのは、17歳のときだった。それから5年、彼が発明したこの止血ジェルは、「Vetigel」という製品名で米国での出荷が開始されようとしている。

Vetigelは、天然の藻類をベースとしたポリマーからつくられたジェルだ。ランドリーナ氏はこのポリマーが、体の内部で生じる血液凝固作用を促進して、止血を早めることを発見した。損傷した組織に網の目のような構造を形成し、傷の表面でのフィブリン(組織修復タンパク質)の産生を促進するという。

ランドリーナ氏は、ニューヨーク市にバイオ企業Sunerie社を起業し、このジェルの製造販売を行っている。このジェルは、大量に出血していていてもそのほとんどを12秒以内に止めることができるという。世に知られているどの方法よりも素早く、より効果的に止血できると証明されているデータといえるだろう。

『Business Insider』の記事によると、Suneris社は今夏、動物用のVetiGelの出荷を開始する予定だ。

現在、VetiGelの予約受付中であり、5mlの注射器5本入りで、価格は150ドルだ。

引用元: 出血を瞬時に止めるジェル「VetiGel」、動物用出荷へ « WIRED.jp.

CIAが支援する謎のビッグデータ企業 「Palantir」の市場価値は2.5兆円   | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Palantir Technologiesは秘密主義のビッグデータのスタートアップだが、今月4億5千万ドル(約557億円)の資金調達を行ったことがSEC(米国証券取引委員会)へ提出した書類から7月23日に判明した。同社は今回のラウンドで5千万ドル(約62億円)の株を売りたいと考えており、合計で5億ドル(約620億円)を調達する見込だ。

同社に親しい情報元よれば、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く同社の時価総額は200億ドル(約2兆5000億円)とのこと。このラウンドに関する報道は以前にBuzzfeedとウォール・ストリート・ジャーナルにより行われ、同社が11月時点で市場価格150億ドル(約1兆8570億円)と評価されたことを伝えている。

CIAのサポートを受け大企業や政府組織向けのデータマイニング・ソフトウェアの開発を行うPalantirは今回の資金調達により世界で4番目に高い市場価値を持つ、ベンチャーキャピタルから資金調達した企業になった。同社はウーバーやシャオミ、Airbnbに次ぐ存在になった。Airbnbは先月のファンディングにおいて15億ドル(約1860億円)の資金を調達した。

今回の資金調達でPalatirの資金調達額は15億ドル(約1860億円)を越えた。このラウンドで誰が出資したのかは依然として不明だ。しかし過去の投資家にはCIAの投資部門のIn-Q-Tel、Founders Fund、Tiger Global Management、それにケニス・ランゴンやスタンリー・ドラッケンミラー等の多くのビリオネアが出資している。

PalantirのCEOのアレクサンダー・カープも、同社の市場価値の増大によりビリオネアとなった人物だ。彼が所有する推定8%の株式は、16億ドル(約1980億円)の価値がある。

Palantirの広報はフォーブスの取材に対し、資金調達についてのコメントを拒否した

引用元: CIAが支援する謎のビッグデータ企業 「Palantir」の市場価値は2.5兆円   | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン).

トヨタの米国人女性役員、麻薬輸入容疑で逮捕 容疑否認:朝日新聞デジタル

組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者は今月11日、米国から麻薬成分のジヒドロヒドロキシコデイノン(通称オキシコドン)を含む錠剤57錠を輸入した疑いがある。米国から成田空港に着いたハンプ容疑者宛ての国際郵便の小包を東京税関が調べたところ、荷物の底で袋に入れられた状態で見つかったという。

厚生労働省によると、オキシコドンなどの医療用麻薬を個人が日本に持ち込むには、医師の診断書などを示して厚労省の許可を得る必要がある。処方された本人が携帯する場合に限られ、郵送での持ち込みは認められていない。

オキシコドンはモルヒネと同様に鎮痛作用があり、がん治療など医療目的で処方されることもある。一方で、米国では乱用が社会問題になっている。

同課の説明では、オキシコドンの購入には米国でも処方箋(せん)が必要。警視庁は、押収した量などから、ハンプ容疑者が自分で使うために輸入したとみている。

ハンプ容疑者は、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)や、ペプシコーラで知られるペプシコで副社長を務め、2012年に北米トヨタに移籍。今年4月にトヨタ本体の常務役員に抜擢(ばってき)された後は、広報担当として主に東京で勤務していた。就任直後に「トヨタを尊敬される会社だけでなく、愛され、親しまれる会社にしたい」などと抱負を語っていた。

トヨタは18日夜、「お騒がせをして申し訳ございません。今後の捜査を通じて、ハンプ氏に法を犯す意図はなかったということが明らかにされると信じています」とコメントした。

引用元: トヨタの米国人女性役員、麻薬輸入容疑で逮捕 容疑否認:朝日新聞デジタル.

藤沢市 標的型メールの抜き打ち訓練 NHKニュース

標的型メールによるサイバー攻撃を防ぐため、神奈川県藤沢市は、職員にテスト用の標的型メールを送る抜き打ち訓練を行っています。しかし、メールを開封してしまう職員も多いということで、市は職員用のパソコンがウイルスに感染することを前提とした対策を進めています。

藤沢市は去年1月、市の各課のIT担当職員160人に対し、抜き打ちでテスト用の標的型メールを送って訓練を行いました。メールには情報セキュリティー研修会への参加のお礼というタイトルが付けられ、研修会で配布した資料をダウンロードできるとするアドレスが記されていますが、研修会も、差出人の「情報推進課」も実在しないものでした。

しかし、対象者の4割近い60人余りがメールを開いてリンクをクリックしてしまったということで、訓練を行ったIT推進課の大高利夫課長は「啓発を行っても、実際に送られてくるメールは実在したり、実在しそうな組織名や内容が記されて送られてくるので完全に防ぐのは困難だと実感した」と話しています。

実際にリンクをクリックしてしまった職員は、「多少怪しいとは思ったが、研修会についてのメールはよく来るので開けてしまった」と話していました。

このため、藤沢市は、標的型メールによる攻撃を受け、仮に、職員のパソコンがウイルスに感染しても、被害が広がらないようにする対策を進めています。職員がメールやインターネットを使用する端末と、税や住民票などの個人情報にアクセスできる端末とを完全に分け、万が一の情報流出を防いでいます。

また、庁舎内のすべての端末で、ウイルスや不審な通信を検知する装置を導入していて、警報装置が作動した場合は、直ちにその端末の回線を引き抜く措置を取っているということです。

今回の問題を受けて、藤沢市は2日朝、職員3300人に対して改めて情報セキュリティ対策を強化するよう周知しました。大高課長は、「新しいマイナンバー制度では、日本年金機構とも情報をやり取りせねばならず、市民の不安を取り除くためにも機構には、安全対策を早急に取ってもらいたい」と話していました。

引用元: 藤沢市 標的型メールの抜き打ち訓練 NHKニュース.