タグ別アーカイブ: 組み込み

これから始める人のためのNginx(1):高速・軽量・高機能……Nginxの基礎知識 (2/2) – @IT

Nginxが大量のリクエストでも同時に高速処理できるのは、イベント駆動方式を採用しているためです。

Webサーバーのように同時に複数の処理を行うには、ディスクやネットワークといったI/Oの多重化が必要になります。I/O多重化の実装には「select」や「poll」といったシステムコールが従来使われています。

Apache HTTPでプロセスベースやスレッドベースのMPM(マルチプロセッシングモジュール、注6)を選択すると、こうしたシステムコールが使用されます。select/pollでは、プログラムがアクセスするファイルネットワークソケットなどをOSが識別するための「ファイルディスクリプター」を1つ1つチェックします。チェックするディクリプタが増えれば処理にかかる時間も比例(注7)して長くなり、同時リクエスト数が2倍になれば処理に掛かる時間も2倍に膨らみます。

Niginxのイベント型では、I/O多重化を実装するのに「epoll」システムコールを使用します。epollではディスクリプターの状態がカーネル内で管理されるため、プログラムが1つ1つチェックする必要がなくなります。この場合、処理にかかる時間はリクエストによらず一定(注8)になります。そのためNginxは、万単位のリクエストも高速に効率良く処理することができます。

また、メモリの使用量が少ないのも特徴です。Apache HTTPのプロセスベースやスレッドベースのMPMでは、リクエストを処理するのにプロセスやスレッドを起動するため、使用するメモリもリクエスト数に応じて増加します。一方Nginxは単一プロセスで全てのリクエストを処理するため(注9)、リクエスト数に応じてメモリ使用量が変化することはありません。

Nginxの省リソースの恩恵は、数万単位のリクエストを処理するような大規模サイトだけではなく、組み込みPCやマイクロサーバーのように限られたリソースしか使用できない状況にも有効です。

引用元: これから始める人のためのNginx(1):高速・軽量・高機能……Nginxの基礎知識 (2/2) – @IT.

今後のNUCはどうなる?:米Intelがファンレス仕様の新型NUCを発表、“Broadwell”ベースNUCの投入計画も (1/2) – ITmedia PC USER

同社は、本会議にあわせて新しいNUC(Next Unit of Computing)として、組み込み向けAtomを採用した「DE3815TYKHE」を発表した。同製品は“Thin Canyon”(シン・キャニオン)の開発コード名からも分かるとおり、シンクライアントをメインターゲットに開発したNUCだ。

SoCにはBayTrailベースのAtom E3815を採用。最大動作周波数は1.46GHzのシングルコアで、5ワットのTDPに抑えられているため、ファンレス動作を実現している。メモリインタフェースはシングルチャネルのDDR3L-1066で、最大8Gバイトのメモリを搭載可能となっている(SoCのスペックでは、発表時は最大4Gバイトとされていた)。

ただし、安定したファンレス動作を実現すべく、2.5インチHDD/SSDを搭載するスペースを、基板横に設けているため、これまでのNUCとは異なり、40(幅)×116(奥行き)×190(高さ)ミリの細長いケースデザインへと変更された。また、オンボードストレージとして4GバイトのeMMCを搭載し、HDDレスでVirtual Desktopなどのデスクトップ仮想化環境を構築することもできる。

引用元: 今後のNUCはどうなる?:米Intelがファンレス仕様の新型NUCを発表、“Broadwell”ベースNUCの投入計画も (1/2) – ITmedia PC USER.

【仮想化道場】ARMプロセッサとGPUに賭けるAMD ARMとx86プロセッサのピン互換を実現 – クラウド Watch

なお、APU化したARMプロセッサは、ネットワーク関連の組み込みプロセッサとしては、高い性能を持つかもしれない。GPUは並列処理性能が高いため、ネットワークを流れるデータパケットを高速に処理できる可能性があるからだ。こういった性能が認められれば、ファイアウォールやL3スイッチなど、専用チップを使って処理しているネットワーク機器で、APU採用が加速するかもしれない。

引用元: 【仮想化道場】ARMプロセッサとGPUに賭けるAMD ARMとx86プロセッサのピン互換を実現 – クラウド Watch.

Intel、産業システム用の仮想化プラットフォームファミリを発表 | マイナビニュース

Intelは、OEM、装置メーカー、システムインテグレータ向けに、産業用組み込みシステムの迅速な実装を実現する「インテル Industrial Solutions System Consolidation Series」を発表した。

同プラットフォームは、事前に統合、検証された組み込みシステム用仮想化製品で、それぞれ離れた場所にある複数の分散されたシステムを単一のデバイス上で統合して管理できるため、より効率的な自動化プロセスに低リスクで移行できる。同ファミリにより、産業用システムやオートメーションシステムの設計コストを削減し、新しい製品をより高速かつ効率よく市場に提供することができる。

また、同プラットフォームは、完全にパッケージ化されたソリューションで、「インテル Core i7プロセッサ」と事前に統合された仮想化ソフトウェアを備えた組み込み用コンピュータが含まれている。仮想化ソフトウェアは、あらかじめ環境設定された「Wind River Hypervisor」を搭載し、論理的に3つに区切られたインスタンスのうち、「Wind River VxWorks」で動作する2インスタンスでリアルタイムな稼働が必要なアプリケーションを稼働させ、「Wind River Linux 5.0」で動作する1インスタンスでリアルタイムな稼働が不要なアプリケーションを稼働させる。

引用元: Intel、産業システム用の仮想化プラットフォームファミリを発表 | マイナビニュース.

テレビ東京『路線バスの旅』が『めちゃイケ』超えで、追い詰められるフジテレビの苦悩 – ライブドアニュース

2007年よりテレビ東京系『土曜スペシャル』で不定期放送されている人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』。以前から高視聴率で話題になっていた番組だが、年明け4日に放送された回では同時間放送帯のトップを獲得した。

「フジテレビの『めちゃ×2イケてるッ!』を抑えて1位になったのには驚きました。『めちゃイケ』は600回SPだったので、当然1位だと思っていましたが、意外でしたね」(芸能事務所関係者)

『めちゃイケ』が12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったのに対し、『路線バス』は13.0%。数字上は僅差ではあるが、その差はもっと大きいと、あるテレビ局関係者は語る。

「この『路線バスの旅』は、いつ放送しても安定して12~13%取れるんです。出演者は太川陽介さんと蛭子能収さんに、毎回マドンナとして女性ゲストを迎え3人で放送しているので制作費も安い。それに比べて『めちゃイケ』はゲストも多いですから、費用対効果を考えても『めちゃイケ』より『路線バス』のほうがはるかに優れているんです」

さらに、話は大みそかの特番までさかのぼる。

「フジの大みそかは東京五輪を見据えて、オリンピックネタを中心に今年を振り返るというものでしたが、視聴率が0%台の瞬間もあったように、惨敗を喫しました。テレ東は、数字はNHKや日テレに及ばないものの、ボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志の防衛戦を放送して、同局の大みそか歴代最高視聴率タイを記録しました。これを見たテレ東の関係者は『年末年始はフジテレビにも勝てる! 今年はこれに『路線バス』も組み込みたい』と意気込んでいるみたいです。『路線バス』だと生放送じゃなくてもいいですし、3時間くらいでも持つ番組ですからね。この春にDVDを発売しますが、その売り上げ次第では、大みそかか元旦に放送する可能性も出てくるかもしれませんね」

テレビ東京にまで追い詰められた、元王者のフジテレビ。彼らに挽回のチャンスはあるのだろうか――。

引用元: テレビ東京『路線バスの旅』が『めちゃイケ』超えで、追い詰められるフジテレビの苦悩 – ライブドアニュース.

「オープンソースが組み込み機器にもたらすインパクトとは」—ET2008でまつもとゆきひろ氏らが討論:ITpro

アプリックスの郡山龍氏は「ソフトウエアは人間の叡智だけで作られている唯一の工業製品であり、ソフトウエアこそが機械に生命を吹き込む」と組み込み機器におけるソフトウエアの重要性を強調。そして「昨日自分が書いたコードより、今日書いたコードの方が進歩している。昨日のソースはもういらない。誰かがすでに作ったものと同じものを作って人間の叡智を無駄遣いしないためには、昨日のソースコードは共有し、新しいこと、差別化になる部分に叡智を使わなければならない」と指摘した。

引用元: 「オープンソースが組み込み機器にもたらすインパクトとは」—ET2008でまつもとゆきひろ氏らが討論:ITpro.

最新Red Hat Enterprise Linux 6.0の全貌 – アイドル時の消費電力を20%削減:ITpro

最近のRAIDカードやネットワークカードの消費電力は意外と大きく、専用処理のチップとして組み込みのPowerPCやMIPS、ARMベースの1GHzデュアルコアチップが搭載されているものまで製品として出ている。小さなコンピュータ並みだ。

引用元: 最新Red Hat Enterprise Linux 6.0の全貌 – アイドル時の消費電力を20%削減:ITpro.