タグ別アーカイブ: 細分化

“特徴のない飲食店を話題にする”ビジネスの仕掛け方 – マーケティングの現状と未来を語る – Yahoo!ブログ

ご存知”飲み放題””食べ放題”。2時間飲んで3000円というように、一定時間・一定金額で固定されている。

これをもっと細分化して、時間単位で課金するというやり方も考えられるだろう。”飲み放題””食べ放題”を10分単位で課金するのだ。3000円を2時間で割ると、1分あたり25円となる。単純計算で行けば10分250円を課金することとなる。しかし2時間の”食べ放題””飲み放題”で時間ギリギリまで食べたり飲んだりする人は実際には少ない。それであれば、10分単位にした時に単価をあらかじめ上げておく方が良い。例えば10分300円にしたとしよう。そうすれば1時間20分で3000円となる。これで良いのだ。早く切り上げようとする人が増えれば増えるほど、客の回転数は上がり、客数は増える。そもそも”食べ放題””飲み放題”はあらかじめ決められた料理を作って置いておけば良い。つまりお客さんのセルフサービスに近い。店員の手間があまりかからないのだ。このように「俺の~」と違う形で、客数を上げてビジネスを上向かせることも可能だ。

引用元: "特徴のない飲食店を話題にする"ビジネスの仕掛け方 – マーケティングの現状と未来を語る – Yahoo!ブログ.

参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO

困っていたこととして、ネットワーク構成上ブロードキャストドメイン(L2ドメイン)が広くなっており、サーバのNICがdown/upしてMacアドレステーブルがフラッシュされてしまったタイミングで1Gbps超のデータが発生する(unknown unicast flooding)問題が発生していたそうです。対策としてはL2ドメインを狭めることとして、元々は集線スイッチ単位でL2ドメインを構成していたものを、エッヂスイッチ単位でL2ドメインが分かれるように構成を変更したそうです。またシステム構成上インターネット向けの通信だけでなくサーバ間通信も大量に発生するため、各集線スイッチからインターネットに出る線とは別に集線スイッチ同士を繋ぐ線を用意し、通信を分離する施策も行ったとのこと。またL2ドメインを細分化したことに合わせて、これまでL2DSR方式で行っていたロードバランサをL3DSR(DSCP)に変更したそうです。

引用元: 参加レポート: LINE Developer Conference (Infra Day) | Developers.IO.

そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! | Agile Cat — in the cloud

1. テリトリーとは、車を運転して取引先を訪問し、夕方には帰宅するという、営業担当者の顧客カバレッジ向上のために、作成されたものである。

2. 割当とは、企業の利益に対する貢献度を引き上げるために、1つのテリトリーを細分化し、それぞれの営業担当者に数値目標として持たせるものである。

3. 手数料に、一定の月額ベースを加えることで、それぞれの営業担当者の報酬総額を構成される。 セールスの成績が、約束された割当を超えている場合には、手数料が高くなるだろう。

引用元: そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって! | Agile Cat — in the cloud.

ネット通販が量販店を潰す日(山本 一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

ネット通販が量販店を潰す日(山本 一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース: この大きな流れというのは一般的なコンシューマーの世界よりも先に細分化された市場で先に発生していて、一時期はオタクの街となった秋葉原がオタク商材のコモディティ化によって通販に客を奪われ、聖地なのに先鋭化しすぎて過疎り始めている状況というのもまた興味の対象であります。