タグ別アーカイブ: 空転

鉄道トリビア (56) リニアモーターカーは日本の5都市の地下をすでに走行中 | 旅行 | マイナビニュース

私たちはリニアモーターカーというと「磁石の力で車体を浮かせ、磁石の力で走る」と思いがちだ。これは国鉄時代から開発され続け、中央新幹線で実現する予定のリニアモーターカーや、過去に日本航空が開発していたHSSTの印象が強いため。しかし、リニアモーターの「リニア」の意味は「直線」、つまり「リニアモーター」は「直線型のモーター」である。「浮上」という意味はない。中央新幹線やリニモは、正確には「磁気浮上式リニアモーターカー」という。

一方、都営地下鉄大江戸線は「鉄輪式リニアモーターカー」である。見かけ上は普通の鉄道のよう。しかし、大江戸線の車両は従来の電車とは異なり、円筒型のモーターを搭載していない。車体の床下と線路に電磁石を設置したリニアモーターによって走行している。

従来の円筒型モーターとリニアモーター

リニアモーター式電車は、台車など床下の機器を小さくできるため、車体を小さくできるというメリットがある。特に地下鉄では小さな車両ほどトンネル断面積が小さくなるため、建設コストが下げられる。また、加速時の車輪の空転がなく、急勾配に強い。これらの理由から、最近は鉄輪式リニアモーターカーの地下鉄路線が増えている。大江戸線のほかにも、日本初の鉄輪式リニアモーターを採用した大阪市営地下鉄の長堀鶴見緑地線、同今里筋線、横浜市営地下鉄グリーンライン、神戸市営地下鉄海岸線、福岡市地下鉄七隈線で稼働している。また、仙台市営地下鉄東西線も鉄輪式リニアモーターカーとして建設中だ。

引用元: 鉄道トリビア (56) リニアモーターカーは日本の5都市の地下をすでに走行中 | 旅行 | マイナビニュース.

JR四国:毛虫大量発生で車輪空転、列車運休…高徳線 – 毎日新聞

JR四国は3日、高徳線讃岐相生駅(香川県東かがわ市)−阿波大宮駅(徳島県板野町)間のレール上に毛虫が大量発生し、踏みつぶした普通列車が坂を上り切れず運休したと発表した。前日にも同じ場所で普通列車1本が立ち往生して運休したという。

同社によると、3日午前8時半ごろ、讃岐相生駅から約2.2キロ南東の県境付近で、高松発徳島行き下り列車(2両編成、乗客57人)の車輪が空転し、立ち往生した。両駅間約5.6キロは山間部を走る上り坂。急勾配ではないが、踏みつぶした毛虫の油状の体液が車輪に付着し、進めなくなった。このため讃岐相生駅に引き返し、乗客は後続列車に乗り換えた。他の列車に影響はなかった。

JR四国広報室は「毛虫による運休はこれまで聞いたことがない。線路沿いの土地は管理者がわからず、勝手に殺虫剤をまくことができないので、苦慮している」と話していた。

引用元: JR四国:毛虫大量発生で車輪空転、列車運休…高徳線 – 毎日新聞.

トラクションコントロールシステム – Wikipedia

自動車が発進・加速を行う際にタイヤへと伝わる強い駆動力は、時として走行路面の摩擦係数との関係からタイヤの空転(ホイールスピン)を引き起こす可能性がある。空転は駆動力を無駄に消費するのみならず、自動車を不安定な状態にすることが多く、安全面でも大きな問題となる。従来は、運転者がアクセルペダルの踏み込みを細かく調節して空転を防止する必要があった。

トラクションコントロールシステムは、車両速度と各タイヤの回転速度などから空転を把握し、エンジンからの駆動力を低減・調節して空転状態を解消する。これにより、特に降雪などで摩擦係数が低下している路面において、ドライバーの能力とは独立に自動車の安定性が高まることになる。このことから、トラクションコントロールシステムはアクティブセーフティを実現する機能の一つと考えられている。

このように有用な装置ではあるが、この装置は前後進時のタイヤの空転防止、すなわち前後方向の車両の不安定挙動はある程度対処できるが、横滑りに代表されるような横方向の車両の不安定挙動には対処できない。そのためトラクションコントロールシステムの完成後は、同システムに加えアンチロック・ブレーキ・システムなどの技術を活用して横滑り防止機構の開発に各メーカーが勤しむこととなった。

引用元: トラクションコントロールシステム – Wikipedia.