タグ別アーカイブ: 磁石

鉄道トリビア (56) リニアモーターカーは日本の5都市の地下をすでに走行中 | 旅行 | マイナビニュース

私たちはリニアモーターカーというと「磁石の力で車体を浮かせ、磁石の力で走る」と思いがちだ。これは国鉄時代から開発され続け、中央新幹線で実現する予定のリニアモーターカーや、過去に日本航空が開発していたHSSTの印象が強いため。しかし、リニアモーターの「リニア」の意味は「直線」、つまり「リニアモーター」は「直線型のモーター」である。「浮上」という意味はない。中央新幹線やリニモは、正確には「磁気浮上式リニアモーターカー」という。

一方、都営地下鉄大江戸線は「鉄輪式リニアモーターカー」である。見かけ上は普通の鉄道のよう。しかし、大江戸線の車両は従来の電車とは異なり、円筒型のモーターを搭載していない。車体の床下と線路に電磁石を設置したリニアモーターによって走行している。

従来の円筒型モーターとリニアモーター

リニアモーター式電車は、台車など床下の機器を小さくできるため、車体を小さくできるというメリットがある。特に地下鉄では小さな車両ほどトンネル断面積が小さくなるため、建設コストが下げられる。また、加速時の車輪の空転がなく、急勾配に強い。これらの理由から、最近は鉄輪式リニアモーターカーの地下鉄路線が増えている。大江戸線のほかにも、日本初の鉄輪式リニアモーターを採用した大阪市営地下鉄の長堀鶴見緑地線、同今里筋線、横浜市営地下鉄グリーンライン、神戸市営地下鉄海岸線、福岡市地下鉄七隈線で稼働している。また、仙台市営地下鉄東西線も鉄輪式リニアモーターカーとして建設中だ。

引用元: 鉄道トリビア (56) リニアモーターカーは日本の5都市の地下をすでに走行中 | 旅行 | マイナビニュース.

世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース

この模型の具体的な仕組みは、まず「磁力浮上」について、レールに取り付けられた帯状の磁石と、各車両底部の四隅に搭載した4つの磁石の反発力によって、車体が約2mm浮上するそうです。

「磁力走行」については、各車両に「高速磁気センサー」と「推進用コイル」を搭載。レール上の磁石を感知し、コイルに電流が流れて磁界が発生すると、レールと車両の磁石同士の反発で推進力が生まれ、車両が前進する仕組みです。

発売は2015年9月の予定で、希望小売価格は税抜き3万5000円とのこと。ちなみにその線路は、実際に山梨リニア実験線に存在している鉄橋などがイメージされており、トンネルには微気圧波を低減するための多孔板まで再現されているという、こだわりのあるものになっています。

引用元: 世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース.

世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース

「プラレール」や鉄道模型「TOMIX」で知られるタカラトミーは2015年5月26日(火)、「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」の発売を明らかにしました。

車両はJR東海の超電導リニアL0系がモチーフ。L0系は2015年4月、603km/hという世界最速記録を達成している(画像出典:タカラトミー)。

ポイントは、本物の超電導リニアと同様に磁力で浮上し、磁力で走行すること。タカラトミーは「磁力浮上・磁力走行する世界初の量産型ミニチュアリニアモーターカー」といいます。

ただし、浮上走行するシステム自体も本物の超電導リニアのように、ニオブチタン合金を液体ヘリウムを使ってマイナス269度に冷却、超電導状態を生み出して高速走行――というのは無理な話です。タカラトミーが独自開発した「高速磁気センサー」技術を用い、回転式モーターや車輪、ギアといった通常駆動に必要な要素を一切排除。車両に搭載した磁石とコイル、それとレールに取り付けられた磁石との反発によって、非接触で浮上走行するそうです。

同社によると、車輪と地面との摩擦が無くなり高速走行が実現したといい、実際の超電導リニアL0系が予定している営業最高速度と同じ、500km/hのスケールスピードを達成(模型のサイズは90分の1)。また摩擦が無いため、走行音も静かだそうです。

引用元: 世界初、量産模型でリニアの磁気浮上走行を実現 最高速度も500km/h相当 タカラトミー | 乗りものニュース.

冷蔵庫収納用マグネットクリップ – 革新的発明と製品情報

冷蔵庫の上部に取り付けて使うマグネットクリップ。強力な磁石でビール瓶などを吊るすことができて、上部のスペースでも十分に活かしてくれる。

引用元: 冷蔵庫収納用マグネットクリップ – 革新的発明と製品情報.

95階まで43秒・分速1200メートルの世界最速エレベーター、日立が中国の超高層ビルに導入 – ITmedia ニュース

日立製作所は4月21日、世界最高速となる分速1200メートル(時速72キロ)の超高速エレベーターを中国で2016年開業予定の超高層ビルに導入すると発表した。地上1階から95階までの440メートルを約43秒で移動するという。

中国・広州で建設中の超高層ビル「広州周大福金融中心」に2台を納入する。大出力・薄型化を両立した永久磁石モーターを開発したほか、高速運転中でも安全に停止できるよう耐熱性に優れた制動材を採用したブレーキ装置、エレベーター昇降時の耳が詰まる感じを緩和する独自の気圧制御方式、横揺れ防止技術などを搭載する。

超高速エレベーターに加え、ダブルデッキエレベーター28台、分速600メートルのエレベーター13台など計95台のエレベーターを同ビルに納入する予定。

引用元: 95階まで43秒・分速1200メートルの世界最速エレベーター、日立が中国の超高層ビルに導入 – ITmedia ニュース.

磁気付きハンガー – 革新的発明と製品情報

ドイツデザインスタジオFlow Designは、この実用的な磁性ハンガーを設計した。フック部分の代わりに、強力な磁石を採用し、鉄製のものにしっかりと吸着されていて、何度移動されても服を落とさない。

引用元: 磁気付きハンガー – 革新的発明と製品情報.

磁気付きタオル – 革新的発明と製品情報

片側に磁石を備えたタオル。簡単に冷蔵庫などに貼り付けて、使用に便利。

引用元: 磁気付きタオル – 革新的発明と製品情報.

セルモーター – Wikipedia

セルモーターはイグニッションキーやエンジンスターターボタンといったスイッチの操作により、バッテリーを電源として動作する。セルモーターの回転速度はおおむね50rpmから200rpm程度である。[要出典]エンジンの圧縮行程で発生する回転抵抗に打ち勝って十分な速度で回転させるだけの強力なトルクを発生する一方で、動作時間は短く、日本工業規格 JIS においても連続30秒間とされている[要出典]。セルモーターの主要部は直流電力によって動作する電磁石界磁形整流子電動機で、多くは直巻整流子電動機が採用され、少数ながら複巻整流子電動機が採用される。セルモーターのトルクはギアで減速されてエンジンの出力軸に伝達され、これらのギアとギアの噛み合いを断接するクラッチ機構を含めてセルモーターASSYとされる場合が多い。自動車の場合はエンジンの出力軸にはリングギアという大歯車があり、セルモーターの小歯車(ピニオン)を噛み合わせている。ピニオンはソレノイドアクチュエータによって軸方向にスライドし、モーターのスイッチが入れられた際にのみリングギアに噛み合うようになっている。オートバイの場合はトルク伝達経路にスタータークラッチと呼ばれるワンウェイクラッチを設けてエンジン運転中の回転がセルモータ%

引用元: セルモーター – Wikipedia.

「見なくても時間のわかる腕時計」の発明に大コーフン! – ICHIROYAのブログ

小さなボールは、内部の磁石によって動いており、触ると多少動くようになっているが、少し振ると、磁石で元の場所に戻る。そこは、重要な工夫がされている点だ。もともと、視覚障がい者向けに、ふたを開けて、針を触ることのできる時計があるのだけど、繊細な針を直接触るということで故障も多いらしいのだ。その点、この仕組みだと、強く触ってしまっても、潰してしまう心配がない。

引用元: 「見なくても時間のわかる腕時計」の発明に大コーフン! – ICHIROYAのブログ.

伊藤穰一:学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」 « WIRED.jp

これだけ世の中にスピードが出てきて複雑になると「地図」、つまり事前の計画は役に立ちませんし、地図を製作するためのコストも高くつきます。むしろ、大事なのは「何をしたいか」という「コンパス」をしっかりもつことで、企業でもトップがしっかりした磁石をもっていれば、現場は方向性を間違えずに動けます。3.11のときいちばんカッコよかったのは消防のサイバーレスキュー隊でした。彼らは現場にあって自分たちのコンパスを頼りに仕事を遂行しましたが、地図だけをあてにしていた偉い人たちは、結局何の対処もできませんでしたよね。

既成の地図をあてにしていると、すでにある道を一歩一歩前進することしかできなくなってしまいます。既成の権威を疑って自分で考えること、素直かつ謙虚に権威を疑うことが必要なのです。子どもたちには、そのための倫理やインスピレーションを学ぶためのメンターやロールモデルが必要で、そうした体験を提供できなければ、学校の価値は減る一方でしょう。学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」なのです。

引用元: 伊藤穰一:学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」 « WIRED.jp.