タグ別アーカイブ: 確率

ASCII.jp:短命に終わる「失敗商品」を買う一定の消費者グループが存在

マサチューセッツ工科大学(MIT)は12月23日、短命に終わってしまう「いわゆる失敗商品」を買う一定の消費者グループが存在するという論文を発表した。

これはMITスローンマネジメントスクールなどの研究者によるもので、いわゆるマーケティング分野のビッグデータ解析。2003年~2005年の間に発売された8809種を調査、3年で店舗から引き上げられた商品を失敗商品とした(3年間で約40%の新商品が生き残った)。

消費者購入履歴と商品寿命を照らしあわせ、『ある種の消費者グループ』が売上に占める比率が多いほど、その商品は短命に終わるという明確な傾向を発見した。その消費者グループが売上の20~50%を占めれば成功確率は31%減少し、さらにその消費者が商品を3回買えば成功の見込みは56%減る。そもそも3年間生き残る新商品が40%なので、そこから56%減れば商品は終わったも同然と言える。

消費者と製品寿命から導き出した傾向であるため循環論法(短命商品を買う傾向にある消費者が買う商品は短命に終わる)に見えないこともない。が、これは特定の商品ジャンルに依存しないのがポイントで、不人気飲料好きの消費者が買えば、それがスナックであっても歯磨き粉や洗剤であっても失敗に終わる可能性が高い。

それら消費者がなぜ失敗を予知可能なのかは不明だが、おそらく「メインストリームな商品」に馴染まず「ひどい製品」に鼻が効くのではないかとしている。他の研究者は、この研究はかなり新しい現象の発見であり、マネジメントを革新する可能性もあるという。

発表したMITの研究者は、この研究はある意味「クリスタル・ペプシ」を飲んでいた自伝的なものだという(クリスタルペプシは1992年に新商品として発売されたものの1年で終了した)。MITの紹介記事では、たとえとしてコーヒーコーラ「フリトレー・レモネード」や「オレオ・スイカ味」なども併記している(いずれも近年の北米市場においてひどい失敗作として歴史に残る)。

引用元: ASCII.jp:短命に終わる「失敗商品」を買う一定の消費者グループが存在.

○○で死ぬ確率 海、山、噴火、交通事故、風呂溺死など一覧│NEWSポストセブン

事故、事件、病気、自然災害……気になる「死ぬ確率」(1年間10万人あたりの死者数)を一覧表にまとめてみた。【航空事故】0.0097人【交通事故】3.2人【豚の生レバー】0.71人【ふぐ】0.033人【風呂で溺死】3.1人【階段等で転倒】2.1人【落雷】0.011人【大雪】0.074人【ヒグマ】0.00094人【ハチ】0.015人【火山噴火】0.0028人【地震(津波)】1.0人【津波のみ】0.16人【デング熱】0人【熱中症】1.4人【海】0.28人【山】0.24人【他殺】0.27人【自殺】21.9人

引用元: ○○で死ぬ確率 海、山、噴火、交通事故、風呂溺死など一覧│NEWSポストセブン.

1万件を超えるイベントを主催して、学んだ教訓 | Doorkeeper

参加申し込みをした人のうち、平日に開催されたイベントへは、「実際に来場した」人数が少ないことが、私たちのデータからわかりました。 週の中ほどでは、仕事が忙しく、イベントをキャンセルしてしまう確率が高いのかもしれません。

土曜日のイベントは、申込者こそ一番少ないものの、実際の参加率は、一番高いのです。誰もが、週末の予定は、しっかり企画するので、ドタキャンする可能性は、少ないのかもしれませんね。

引用元: 1万件を超えるイベントを主催して、学んだ教訓 | Doorkeeper.

ASCII.jp:生体脳をコンピューターを介在してシンクロさせることに成功

米デューク大学(Duke University)のブレイン・マシン・インターフェース研究(Miguel A. L. Nicolelis氏の論文)が注目を集めいている。コンピューターを介在させてマウス4匹の脳を並列動作させる「ブレインネット」を用い、複雑な問題を解くなどの成果を上げている。

7月9日に一般公開された論文によると、この研究は大脳皮質に数百の電極を装着、脳内神経活動を記録し、コンピューターで信号をフィルタリングした後、脳に信号を戻すというシステム。BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)として研究が進められている。デューク大学の研究グループでは、電極からの信号を応答で報酬学習を行なったラットを複数用意し、4匹をブレインネット接続した状態で一定の行動を取らせる訓練をさせたところ、協調動作で一定の成果を上げた。

電極を通して報酬(水飲み)時のニューロン活動を記録し、それに合わせた信号をフィードバックしており、単に脳の電気的信号を同期させているわけではない(クリエイティブ・コモンズ4.0における公開:Miguel A. L. Nicolelis)

研究では、1匹のラットのみにある記憶(刺激に対する脳からの復号)を、ブレインネット接続した状態で別のラットから引き出すことに成功している。さらに研究では並列コンピューティングの技術を用いて、4匹のラットに温度と気圧の変化から降水確率を予測するという計算を行わせることに成功。1匹のラットよりも高い精度で答えを出したという。

同研究の別プロジェクトでは、アカゲザルの運動制御と感覚信号を担う脳部分に電極を移植し、CGで作成された仮想3D空間内の腕でモノを掴む動作を訓練。2匹のサルをブレインネットで接続して行動させたところ、協調動作の訓練を行なうことなしにモノを掴む動作が短縮されたことが確認された。

引用元: ASCII.jp:生体脳をコンピューターを介在してシンクロさせることに成功.

2030年の発電コスト「原発が最安」 経産省試算:朝日新聞デジタル

電源別の発電コストを見直している経済産業省は27日、新しい試算結果を公表した。原発は2030年時点で1キロワット時あたり10・1円以上で、下限で比べると、電源別で最も安くなった。11年の前回試算の8・9円以上は上回ったが、再生可能エネルギーや火力などの費用も上がったためだ。

この日あった同省の「発電コスト検証ワーキンググループ(WG)」で示し、大筋で了承された。同省は30年の電源構成(エネルギーミックス)案に反映し、28日の有識者会合で原発の割合を20~22%とする案を示す見通しだ。

原発の発電コスト試算では、前回試算と同じように原発事故後の損害賠償や、立地自治体への交付金などの費用を計上。11年に比べ、原発の安全対策費が増加したことも反映した。ただ、対策を強化した分、事故が起きる確率は半減したとみて、その分だけコストを低く見積もった。

再生可能エネルギーは、前回試算で30年には下限のコストで原発を下回っていた「陸上風力」や「洋上風力」が、今回はともに原発を上回った。再生エネの国の研究開発費などを費用に含めたためだ。

引用元: 2030年の発電コスト「原発が最安」 経産省試算:朝日新聞デジタル.

楽しい方向へ進むススメ。 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ)

これはやめた方がいいんじゃないか、これをやってもうまくいかないんじゃないか。あれこれ余計な事を考えて結局何もしない、行動が小さくなる。「兎に角、自分が楽しそうだと思う方向にどんどん進め。」成功の確率とか考える必要はない。進めば扉がどんどん開く。困難も楽しいから乗り越えられる。気づいたら僕らが想像も付かない成功と出会える。

僕らのアタマで考えることなんて大抵間違ってるし、アタマは基本的に保守的で、リスクを嫌う。アタマのデータベースなんて「過去の知識や経験」しか入ってないし、そんなことから「未来の冒険」についての正しい判断なんか出きっこない。大事なのは、どんどん動くこと(数をこなす)と、その動きから生じた流れを感じること(特に人との出会いからの機会)、そしてその流れてきた機会に「ポンっと乗る」ってことじゃないかな。

教育事業をやっているとやはり「成功者」はこんな感じでさくさく動ける人が多いと実感するし、一方「非・成功者」はいつまでもアタマで考えていて、動かない人が多い。この辺りの学びは学校でも会社でも教えてくれない本質なんじゃないかな。

引用元: 楽しい方向へ進むススメ。 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ).

「半月で3,000万円稼いだ」スマホアプリ「今日、彼女が死んだ」のNagisaが語る「放置ゲーム」で稼ぐためのゲームバランス3要素。 | アプリマーケティング研究所

あと、Twitterで気をつけなきゃいけないのは「サブアカ対策」なんですよ。

最近は「シェアしたら何かもらえる」って、割と当たり前になってきているので、「そのため専用のサブアカウント」をつくっている人が、ほんとうに多くてですね。

当然「フォロワー0」のアカウントがほとんどなので、シェアされたとしても拡散されないわけです。ユーザーも、ある意味賢くなってきている。

なるほど、それはどうしたらいいんですか?

井上:

一言でいうと「本アカウントでシェアしたくなるゲーム」をつくるのが一番。例えば「ねこあつめ」だと「猫こんなに集まったよ」って友だちに自慢したくなるじゃないですか。

もちろん、そういうゲームをつくるのは、簡単ではないと思うので、すぐ出来そうなことでいうと「シェアをお願いする時のテキストを変える」でしょうか。

例えば「シェアしたらプレゼント!」という文言を、「友だちと一緒に遊ぶとプレゼント!」に変えるだけでも、本アカでシェアされる確率って上がると思うんですね。

うちの「ブリ猫」という放置ゲームは、TwitterとFacebookのシェア比率が50:50なんですけど、出来ればそういう「Facebookでシェアされるゲーム」をつくりたいですね。

引用元: 「半月で3,000万円稼いだ」スマホアプリ「今日、彼女が死んだ」のNagisaが語る「放置ゲーム」で稼ぐためのゲームバランス3要素。 | アプリマーケティング研究所.

「伝染性」がん、北米の二枚貝にまん延 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

この種の伝染性のがんは、哺乳類ではこれまでに2種類しか知られていない。1つはタスマニアデビルの間に広まった顔面腫瘍で、もう1つは性感染するイヌのがんだ。

 今回の研究で二枚貝のがんが特定され、さらに多くの疑問が浮上した──がんが出現してどれくらい経つのか。成因は何か。どの程度広まっているのか。他の生物種に転移するのか。突然変異の発生確率を高めたり、貝を衰弱させて病気にかかりやすい状態にしたりする面において、海洋汚染の関与はないのか──などだ。

 科学者らは、これらの疑問に対する答えをまだ一つも得ていない。

「これまでの歴史のどこかの時点で、二枚貝のある個体で発生し、現在も拡散しつつある──分かっていることはこれだけだ」とゴフ氏は話す。

 だが同氏によると、二枚貝の白血病の研究を進めることは、人間のがんの転移に関する興味深い知見をもたらす可能性もあるという。この白血病は宿主から宿主へと非常に容易に移動しているように思われ、がんが体のある部位から別の部位に拡散できるのと非常によく似ているからだ。

「1個の細胞がこれを行うことを可能にしている。これが何なのか、解明が切に望まれている」とゴフ氏は述べる。

引用元: 「伝染性」がん、北米の二枚貝にまん延 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

特許を取得したスタートアップ企業は成長の確率が25倍高いというMITの研究について | 栗原潔のIT弁理士日記

スタートアップ企業にとっての特許の価値について、米国ベンチャーキャピタルY-Combinator創業者のポール・グレアムは(だいぶ昔の)コラムで以下のように書いています(抄訳は栗原による)

我々は投資対象のスタートアップ企業に特許出願を勧めているが、それは競合他社を訴えるためではない。スタートアップ企業の成功とは、大企業に買収されるか、大企業として成長するかのいずれかになる。大企業とし成長したいのであれば他の大企業と対抗できる特許ポートフォリオ構築のために特許を取得しておくべきだ。大企業に買収されたいのであれば交渉材料として特許を取得しておくべきだ。

買収側企業がスタートアップ企業のビジネスに興味を持ったときの重要な意思決定は、自社で類似製品を作ってそのスタートアップと競合するか、スタートアップを会社ごと買ってしまうかのいずれの選択肢を取るかだ。この時、スタートアップ企業が強力な特許を持っていれば、この意思決定は「会社ごと買ってしまう」に大きく傾くことになる。「自社で類似製品を作って競合」では特許によるトラブルに巻き込まれることになるからだ。

引用元: 特許を取得したスタートアップ企業は成長の確率が25倍高いというMITの研究について | 栗原潔のIT弁理士日記.

米MIT流、ベンチャー企業の成功可能性を測定する方法

エコノミストのスコット・スターン(Scott Stern)氏と、共著者で博士課程の学生であるヨルゲ・グツマン(Jorge Guzman)氏は、オーナーの名前に基づいて創設された企業は6年間にわたる成長確率が70%低くなると指摘した。一方、短い社名の企業は50%成功の可能性が高かったという。法人企業は非法人事業体の6倍の成功確率であり、ロゴがあると成功の確率が5倍高まる。特許を獲得している企業は25倍成長の確率が高い。

彼らの分析に含まれているのは今のところスタートアップ企業についてである。税金対策や法律遵守のためにデラウェア州で法人化されたカリフォルニア州の事業についても同じことが言えるという。ある企業がデラウェア州で創業し特許を保有していた場合、その成長可能性はいずれにも当てはまらない企業の200倍高かった。

引用元: 米MIT流、ベンチャー企業の成功可能性を測定する方法.